さて。ずいぶん間があきましたが、大好評企画と信じてやまない、エビちゃんcancam卒業企画その⑤でございます!


その①
その②
その③
その④



本日は蛯原友里という人物とそのカリスマ性に迫って参りましょう。


エビ様は1979年に宮崎にお生まれあそばれました。


そうです。

今をときめく宮崎県でございます。

東国原知事、

小渕健太郎、

井上康生

などを擁する宮崎県でございます。


昨年のレコード大賞でエビ様が司会を務めた際、同郷のコブクロ・小渕健太郎氏が大賞を獲得し感激で声を詰まらせる場面で、堺正章のインタビューを、


「はいそれでは歌っていただきましょう!」


と伊東美咲真っ青の棒読みでぶったぎった彼女をある意味尊敬しております。


それよりも私は、同じく司会を務めた押切もえが、受賞曲「蕾」の前奏がはじまっているにもかかわらず優雅に、しかも堂々とコブクロの二人の前をカメラを塞ぎながら横切ったことに多大なイラつき感を覚えたのでございます。


まぁ私の個人的愚痴は置いておきましょう。



宮崎ですくすくとお育ちになられたエビ様は、大学在学中にモデル業に目覚められ、上京。

目標のモデルはSHIHOさんとされております。

いまや給与・待遇など完全にエビ様の方が上であることは間違いないのでございますが、SHIHO様の健康的な印象とはまったく正反対の、ある意味「近未来アンドロイド的モデル像」をエビ様は完成されたのでございます。


その証拠に、誌面での活躍こそ目覚しいのですが、ドラマやバラエティなど動くものはからきしダメ。


「からきしダメ」


と非常にネガティブな言葉を使わせていただきましたが、実際にそうなのでございます。


女優としてドラマなどにも数本出演しておりますが、どれも、


「cancamのエビちゃんOL」


なのです。

演技が上手・下手というよりも、表情がないのです。

それは伊東美咲・長谷川京子など歴代のcancamモデル出身女優に共通致します。


なぜでしょうか?

cancamという華やかな印象とは裏腹に、撮影現場では無表情にならざるをえない、由々しきイジメが横行しているのでございましょうか。


その点では、小栗旬効果を得た山田優が人間臭く頑張っているほうかと思われますが、モデルとしてはアンドロイドエビ様のひとり勝ちでございます。


伊東美咲・長谷川京子など、近年頭角を現してきていた、


「アンドロイド系モデル」


の完成系として世に送り込まれることとなったエビ様は正に時代の寵児。

そのカリスマ性は凄まじいばかりでございます。



例えば。ジュエリー特集での意味不明なキャッチコピーも、エビ様がニッコリ微笑まれるだけで「エビ売れ」という馬鹿売れ現象が起こるのでございます。



ニューハーフあんどう蒼の「超・乙女改革」

その① 「お気にのジュエリーをつけた夜は、ベリーみたいに甘い関係でいようね」


はい。

まぁこれは要約すると、


「めっちゃ欲しい宝石あるから買うてや。買うてくれたらめっちゃ仲良くしたるで」


という意味でございます。

ストロベリーやラズベリーなどの「ベリー」と思わせておいて、その実は、「めっちゃ・すごく」のveryであることに注目いただきたく存じます



ニューハーフあんどう蒼の「超・乙女改革」

その② 「思わず見つめたくなる… 上品リュクスなジュエリーに恋して(はぁと)」


完全に錯乱状態でございます。

何が言いたいのか一切誌面の向こう側の私たちには伝わって参りません。


「おもわず見つめたくなる…」


の部分は誰が?何を?と疑問を持ちつつ流したとしても、


「上品リュクスなジュエリーに恋して」


という意味が難解でございます。

「リュクス」とは女性誌などで最近よく使われる言葉なのでございますが、


「自分だけの贅沢・価値のあるもの」


という妙に抽象的な意味合いなのでございます。


OLがよく使う「自分へのご褒美に買っちゃった♪」


的な捕らえ方で十分かと存じます。

そのリュクスが上品だろがそれに恋をしようが、どうでも良いのです。

エビ様の笑顔があればそれで馬鹿売れなのでございます。



ニューハーフあんどう蒼の「超・乙女改革」

その③ 「私のLOVEが伝わりますように… 最愛ジュエリーに想いをたくして(はぁと)」


「私のLOVEが伝わりますように…」
完全にルーです。

ルー大柴です。

本当にありがとうございました。


とにかく横文字とおしゃれっぽい造語を組み合わせていれば乗り切れると小学館cancam編集部はお考えなのでございましょう。

馬鹿売れのためならルー大柴も辞さない構えでございます。


しかしながらその作戦は大成功。

エビ様スマイルがルー大柴を非常にオシャレに魅せている稀有な例でございます。



さて、次回のcancamエビちゃん卒業特集は「エビちゃん後継者争い!cancamは戦国だ!」でございます。お楽しみに!


←押してくれたら漏らす。





AD