2011-07-12 20:21:02

+ 純平、考え直せ【奥田英朗】

テーマ:* 最近読んだ本。

 やくざものや、不良もののフィクションは基本的に好きではないのだけど、題名と純平のキャラで微笑ましく読ませてもらった。


 滅茶苦茶で調子に乗ってても芯は通ってて、決める所は決めて、それなりの名場面や名言を残すあたり、基本に忠実な良い話だなぁと思う。安心して読める。


 ラストの方のおじいちゃん名言ラッシュがなかなか良くてね。


「たとえば、さあ殺せ、と大の字になるヤカラがいる。しかしそのヤカラは、自分に殺されるだけの価値がないことを知っていてやっているに過ぎない。向こうだって内心、こんな奴を殺してもしょうがないと思っている。それを当人は知っている。本当に価値のある人間は開き直ったりはしない。開き直るのはいつも誰からも頼りにされていない価値の低い人間だ(P240)」


「若いと大変だなぁ。成功体験が乏しいから、待つことを知らない。今しか見えない。待った先に何があるかわからない。ああ、青春は面倒だ。もう一回やれと言われても、ぼくはいやだ(P242)」


 若いモンが「待てない」のは成功体験云々ではなく、単純に体感時間の差だと思うのだが(小学生だった時の1ヶ月と大人になってからの1ヶ月の長さの差といったら!)、「経験が少ないから今しか見えないんだよ」という言い方をされると、なんだか上手く諭されてしまう。


 表紙は・・・今中信一さんという方なのか?

 なんか青臭くて痛々しくて、生意気なコワッパ感がとても良い。タイトルも少しMSゴシックぽくてネットの書き込みのシーンを思い出させる。


 タイトルが「考え直せ」だからって考え直す方がリアリティがなく、「考え直せ」と言ってくれる人間が周囲に居た事の方が大事なんだよな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-07-07 23:39:24

+ ポリティコン【桐野夏生】

テーマ:* 最近読んだ本。
 老人問題だとか産業としての農業の難しさだとか、外国人妻だとか、あらゆる格差だとか、脱北だとか祖国だとか、色んな難しいファクターがあったにも拘わらず、テーマは人間臭い主人公トイチをユートピアに放り込んで、トイチという人を浮き彫りにする事だったんじゃないかな。

 だから感想としては「トイチうざい。」(笑)

 身よりのない美人女子高生に「学費を出してやるから、オレと付き合え」と一筆書かせて処女ゲッチュしたり、夫の元から逃げて来た身よりと国籍のない外国人妻達に関係を迫って、うち一人を妊娠させて苦悩したり。

 携帯電話を押しつけて恩着せたり、自分が無理強いしてる関係のくせに電話がなかったら怒ったり、拒まれるとヤクザに売り、トイチの愛は愛じゃない。ただの性欲で迷惑なものだ。

 物語の始めでトイチが去勢しとけば、みんな平和に暮らせたのになーなんて思いつつ、でもトイチの村が発展した原動力は男の性欲と出世欲だったから、トイチやトイチ父が紳士だったなら村は人知れずひっそりと上品に消えていったのだろうなとも思い。ああ、そういう意味で男とは偉いのか・・・と。
 私の中ではトイチ→加害者・独裁者、マヤ→被害者なのに、二人でまた一つの国を作ってしまおうという申し出をマヤが受けたラストにドン引きすると共に、リアルさと器の大きさを見た気もする。

 登場人物の平均年齢が高いせいか、全員が泥臭い。私なら耐えられない村だ。
 で、登場人物がみんな濃い。
 良くも悪くもモヤモヤが残った本だった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。