2008-08-06 19:34:11

+ そういえば夢も見た。

テーマ:* 父が食道癌

 2月の終わり。毎晩のように父の夢を沢山見る。


 気になって夢判断のサイトを検索。
 「女性の夢に出てくる父親は、本当は父親の事ではなく恋人の意味」と書かれてあるのを見て、「ああ、遠くに居るアノヒトは・・・」なんて暢気に想いを馳せる。


 大抵は夢らしいハチャメチャなものばかりだったが、ひとつだけ「え?」と思ったのがあった。
 みんなで筍掘りに行っている夢。

 現実でも筍掘りは毎年の恒例行事だ。メンバーもそのメンバーで、夢にしては筋が通っている。


 父は何をするにも抜かりなく、母が天然でオッチョコチョイ。だから私は母の心配しかしていなかった。「転ばないだろうか?」「足をひっかけないだろうか」。

 ところが父の方が斜面で足を滑らせる。「父の事だから、まぁ大丈夫だろう」と思いつつも、私は念のため父が着ているパーカーの襟を掴む。

 ところがスルっとパーカーが脱げてしまい、父はそのまま斜面を転げ落ち、下の道路で額を打つ。


 何日後かまで時間が飛び、私は車椅子の父の横に居て、誰かに向かって喋っている。

 「あれ以来、父は性格が変わっちゃって扱いにくくなったのよ」



 寝覚めの良くない夢を見る事は珍しくない。


 だけど今思い返せば、脈絡のないものを含めて、あれだけ父の夢を立て続けに見たのは初めての事。もう少し気になっていれば良かったのに。


 余談だが、父は検査結果を聞きに行く前の夜、父の両親が暗い所で並んで座って、父の方を見ている夢を見たそうだ。

 亡くなって何十年経つ祖父母が未だに夫婦として並んで座り、初老の我が子を見守るという構図がとても暖かく有難いものに感じた。

 同時に「検査結果聞きに行く時に夢に出られても遅すぎる。数ヶ月前に出てきて、早く検査に行くよう促してくれれば良かったのに」とも思ってみたりする。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-08-04 19:26:16

+ サインを出していてくれたのかも知れない。

テーマ:* 父が食道癌

 3月の始め、たまたま実家に帰る日に両親がホームパーティをするというので、同席させて貰った。
 ゲストは実家をリフォームした時、設計をして下さった母の友人の建築士さんご夫婦だ。


 デザートも近くなった頃、旦那さんの方が「ご両親が歳を取っていく事、心配?」と"老後の世話をする気があるのかな"的な事を遠回しに聞いてこられた。
 話の運びからすると、旦那さん自身が自分の娘には照れて聞けない事を、酔いに任せて同い年の私に聞いているという感じだ。
 ご夫婦はユタカなので、頼る気満々なのではなく、気にかけてくれてると嬉しいなというレベルの聞き方で。


 兄弟が首都圏で就職した時点で、老後の両親の面倒は私が見る事になるのだろうという心構えは、あった。
 キャパが狭いから、周りにいっぱい迷惑かけて、見苦しさ全開になるんだろうなぁとか思いつつ。


 ストレートに答えるのも照れるし、普段から気になっていた事を言った。

「心配はしているけれど、体調が悪くなっても、悪い悪いと言うばかりで病院に行かないんですよ。しつこく言うと怒り出すし。

 もし何かあった時、"あの時無理矢理にでも連れて行っておけば"なんて後悔したくないんですけどねぇ。**さんからも言ってやって下さい」と。


 毎日のように「グラグラしてる」と言いながら、病院に行かず結局何ヶ月も放ったらかしにしておいて、抜かざるを得なくなった母の歯を思い出しながら。
 風邪で高熱なのにわざわざ雨の中畑仕事をして、肺炎で入院した時の父を思い出しながら。
 
 「行かなきゃとは思ってるんですが、この歳まで何十年も病院に行っていない。今病院に行ったら悪い所が山ほど出て来て、病人になってしまいそうで怖いんですよ」と母が答える。


 治療という形で白黒つけ、白であると証明出来るまで白くする事で発生するデメリットは確かに有る。

 だからまぁ、「病院に行くと病人になる」という発想も有りかなぁと少し思いつつも、何故かこの日の話はひっかかっていた。


 父は昔からとても良く動いて、良く働くのに、食べる事が大嫌いだ。カロリーの殆どはアルコールで摂取しているのではないかと思われる。
 この日も勧められた料理に対して「喉がひっかかって飲み込み辛いから、結構です」と断っていた。

 「昼沢山食べたから」「昼が遅かったから」「昼同じものを食べたから」「昼油モノだったから」「この食べ物のニオイが苦手だから」「会社でお土産を夕方食べてしまったから」
 物心ついた時から聞かされ続けてきた、父が食べまいとする言い訳は多種多様で、「ああ、また始まった」としか思えなかった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。