2008-01-22 20:08:24

+ 2007年見てたテレビ。

テーマ:* 日記。

【地球へ】

 竹宮恵子といえば、懐かしいんだけど濃い、少し古い・・・・・・時代に左右される内容のイメージがある。

 実際、姫クンシリーズなんかは、今見ると違和感満載かもで。


 だからタノシミで見るというより、再確認の為に見るというスタンスだったんだけど、骨太な話の作りはやっぱり安心して見れるし共感出来る。感動出来る。

 世代的な感性が近いからなのか、客観的に見て本当に良い作品だからなのかは分からないんだけどね。


【Darker than Black 黒の契約者】

 ボンズの丁寧な作りでハマり。季君が、鋼のマスタング中佐に見え。

 最初、無意味にスプラッタな人死にの出方にウンザリして見てなかったのだが、途中からは赤面のメロドラマ路線になり、心地よく砂を吐きながら見る。


【学園アリス】

 基本に忠実というか、ほのぼのっぷりが良いというか。安心して見れたな~。


【弁護士のクズ】

【Tiger And Dragon】

 再放送を。

 両方面白かったよー(T^T)


【ガリレオ】

 推理をしている時に描く数式と、推理内容との関わりがよく分からない。

 ビジュアルにした時、ああにでもしないと見せ場がないんだろうなーー

 

【医龍】

【オリエンタルラジオの経済白書】

 たまたま知ってる業界の事をやってる時があって、「あれ??」と思った。針小棒大っぽいとゆーか、脚色が強いとゆーか。

 それでも知らない業界の事は「あーーそーなんだ」と思う事が多く、毎回チェックして見てました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2008-01-20 20:20:07

+ アイ・アム・レジェンド

テーマ:* 観たもの。

 映画の予告編を見ていると、「**を越える伝説のファンタジーが今蘇る!」とか「地球最後の**」とか「至上最高の感動の物語」とか、「一体年間幾つの"ド肝を抜く、今までにない、感動する物語"が排出されてるんだろう」 と思う。


 その割には、他人に「今までで良かった映画は?」と聞くと、返答は何年(もしかすると何十年)も前の映画だったり「うーーーん」だったりするのだ。

 

 一体あの予告編の文言は、制作費用は何なんだろう・・・その場で「面白かったね」と言われて、忘れ去られてしまう映画って実は結構多いんじゃないか?とずっと思って来た。


 何かコレ見た時、ちょっと分かった気がした。

 セットやCGに金は使ってるかも知れない。有名な俳優を使ってるかも知れない。「人類最後」だとか「最終戦争」だとか「地球の最後」だとか、王道のキャッチフレーズを振りかざしてるかも知れない。


 だけど、そこまでしてるのに中身がない映画って、あるんだなぁって。


 「人類が絶滅した近未来を舞台に、たった1人生き残った男」

 ハイ、これ嘘。絶滅してません。たった1人じゃありません。作中にも人間出て来ます。

 ここまでくると、広報の神経を疑う。

 人々がゾンビ化してしまう伝染病によって封鎖された地域の中に主人公が残って血清の研究を続けてるだけ。

 で、そのゾンビに襲われて逃げて襲われて逃げて時々殺して・・・ってだけの話でしたわ。


 人類が絶滅し、一人残った時の想像を絶する孤独感だとか、無為感とか、その上で主人公がどう生きるのかという作品だと思うじゃないですか。あのCMだと。


手塚治虫「火の鳥(未来編)」みたいな、さ。


 そう。あのCMを見て、この映画を見ようと思った人は、期待はずれな結果になると思う。寧ろそのまま本屋か漫画喫茶へ行って、火の鳥未来編を読む事をお薦めするわ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-01-14 18:48:42

+ おまえはケダモノだ、ヴィスコヴィッツ 【アレッサンドロ・ボッファ】

テーマ:* 最近読んだ本。
 そのまんま、生物学者が描く、ケダモノ(動物)の寓話オムニバス。

 全編を通じて「ヴィスコヴィッツ」という名の悩める主人公は、話毎に様々な動物として登場する。

 種族特有の生態に歪められたヴィスコヴィッツの愛や哲学は、人間の想像するそれを軽く飛び越えてしまって、寓話にするにはとても気持ち悪くて深くて面白い。


 カタツムリになれば雌雄同体、カッコウになれば託卵に疑心暗鬼になり、ヤマネになれば人生の2/3を夢の中で過ごす。・・・・・・一番恐怖だったのは海綿になった時だな。


 いや、意外と海綿の方でも「人間って何ておぞましい!」と思ってるのかも知れない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。