2006-11-23 19:10:49

+ 棒読み好きになってきた。

テーマ:* 日記。

 FF10では、声優の棒読みっぷりとCGのアルカイックスマイルが場にそぐわなくて気持ち悪く、なまじリアルな画面だったので脳内補完も出来ず、登場人物が頭の悪い人に思えて気持ち悪くてプレイ出来なかった。


 大概のシーンが使い回しが効くように半笑い。その半笑いの顔で「わっ驚いた!!」「世界を救うぞ!」「悪を倒すぞ!」。


 でもちょっと前からゲームの棒読みが気持ちよく感じるようになってきて・・・・・・「慣れてきたのかな」と思っているうちに、逆に感情たっぷりの演技の方を気持ち悪いと感じるようになってきて・・・・・・「まぁ非日常のゲームの世界の事だからな」とか思っているうちに、ゲームに限らずドラマでも棒読み風の抑揚のない演技が気持ちよくなってきて。

 

 ・・・・・・今ではすっかり、棒読み派。


 こんな風に時代は変わっていくのか、常識は、礼儀作法は変わっていくのだなぁと実感しつつ、声さえも「生」のものを気持ち悪いと思い、排斥しちゃう時代になってきたのかなぁと、複雑な心境・・・・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-11-12 21:36:45

+ 苛められる方も悪い?

テーマ:* 日記。

 ・・・・・・ちょっとだけそのキモチは、分かる。


「**君がブサイクだから、生まれつき頭が悪いから、トロイから、貧乏だから苛められて当然」という意味で言っているのではなく。

 風邪ひきの人に向かって「風邪をひくなんて自己管理がなってない証拠」という意味で言っているのなら、その気持ちは少しだけ、身に覚えがある。


 言う側の彼らは、きっと普段から苛められない為の自助努力をしているのだ。

 その努力の必然性や、そんな努力を必要とする環境の良し悪しは、さておき。

 やりたい事をストレートに出来なかったり、クラスの権力者にイヤな事をされても我慢しなきゃいけなかったり、連れションに付き合わなきゃいけなかったり、飛び抜けた行動を慎んだり、目立たないように気を付けたり。そんなやりたくもない空しい努力を、自衛の為にコツコツと、半ば脅えながら。


 苛められる人間が、その努力を怠った人間だったとしたら?

 そういう人間を積極的に苛めようとは思わない。だけど、私なら危険を冒してまで助ける気にはならないだろう。まぁ年齢と、その時に持っている力にもよるけどな。


 冬の日、雪遊びがしたかったけど、自分も友達も防寒着を着てきていない。

 風邪をひいてはいけないので、残念だけど、まっすぐ家に帰る。友達は薄着のまま外で遊ぶ。その気楽な光景は、もしかしたら、羨ましいかも知れない。

 そして翌日、その友人が風邪をひいてしまったとしたら?心の中では「ほら、みたことか」と思ってしまうんじゃないだろうか?外は冬なのだから。


 「苛められる方も悪い」という言葉が、そんな気持ちから出たものなら、私にも理解は出来る。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-11 20:00:55

+ 予知夢もどき

テーマ:* 日記。


 数日前、引き出しの中から電子辞書を取りだして、「電池が切れてるなぁ。買って来なきゃ・・・」と思う夢を見た。


 本日、初の海外出張が決まり、今後も海外行き来がちょくちょくありそうな雰囲気。

 「英語なんて学生時代以降やってないしなぁ・・・」などと思いつつ、引き出しから電子辞書を取りだし、ボタンon。「電池が切れてるなぁ・・・」と思った所でデジャヴュ。


 私は見る夢のパターンが殆ど決まっていて。

1) 急ぎの用があって電話をかけようとするが、プッシュボタン部分が変で、どうしてもかけれない夢。

(バス通学していた頃のトラウマだろう。門限が厳しく、遅れる時は要電話だったのに、バスの遅延なんて30分単位でザラだったから)

2) 人を殺してしまって、死体は押入だか屋根裏だか庭に隠している。「あれが見つかったらどうしよう・・・。もう昔みたいな日々には戻れないんだ」とビクビクしながら毎日過ごす夢。

3) その日起きた事のおさらい。

4) 翌日しなきゃと思っている事のシミュレーション。

  みたいな感じだ。

 だから、それ以外の夢は、割と覚えていて。


 私は恐がりだから、本当は目に見えない物の存在は否定したい。

 だけど、最近はこーゆーのに何だか縁があって、何となく神秘主義者になりつつあるかもしれない。



 ・・・・・・でもまずは現実問題。1週間で英語力なんてどうにか出来るもんじゃないしな。

 NOVAに行った事もあるんだが、日常で使わないといけない局面でもない限り、日常で使える英語なんて身につかないだろうしな。

 この辺、ある意味、プログラムと似てるかも。


 よく「何が何だか分からない。どーやったらそんなん(プログラム)組めるようになるの?」って聞かれるが、そのキモチって今の英語に対する私の気持ちなんだろう。プログラムに対する私の見解は、「基礎は大事。だけど基礎だけではどうしようもない。その世界にブチ込まれて、焦って、煮詰まって、足掻いて、気が付いたら一線越えてて身に付いてるもの」。

 

 ・・・・・・誰か私を英語圏にブチ込んでくれないかしら。。。(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-11-08 21:46:38

+ ヒキトメロ。

テーマ:* 日記。


 不景気の折り、仕事で退職者が出てくる中。

 部下に退職を切り出された時の上司の対応ってのは、二分してて。

 何とか引き留めるタイプと、「君が選んだ事だから」と物分かりの良いタイプ。

 私自身は今の所退職を考えてるわけではないし、狂言退職(って言葉はナイと思うが)するつもりもないけれど、それでも後者の場合、モチベーションダウンは甚だしい。


 「今私、一生懸命仕事してるけど、私が辞めるって言った時もこの上司は”君が選んだ事だから”って受理するんだろうな。その程度の事なんだな」って思ってしまう。

 今そこに居て、そこで何年か仕事をしていた人が居なくなるってのは、余程具体的な理由でもない限り、去られる側にも「君が選んだ事」以上の理由(非かも知れない)があるのだと思う。

 ついでに周囲の人間の仕事にも、心にも、相応の穴が空く。

 それが見えない筈はないのに、敢えてノータッチかい・・・って思う。男女の別れに喩えると、随分と狡い。

 まぁそれは男女の事じゃないから幾らか差っ引くとしても、その2割分ほどの狡さはあると思う・・・・・・どのみち同種の狡さだと思うのは、私の感覚がズレてるんだろうな。


 ・・・・・・ということが最近ございましたのさ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。