2006-09-22 23:52:27

+ ミクシィ

テーマ:* 日記。

2年ほど前に招待されて以来 、ずっと空き家状態。

 2ヶ月ほど前、大好きな技術系ブロガーさんがミクシィに移住してしまい、後を追うべく昔のIDをひっぱり出して来て、復活。


 そして今回もやっぱ挫折(やらなきゃいけないわけじゃないけど)。

 私にとっては、面倒な近所付き合いがネット世界にも浸透してきたというカンジで、出来る人は寧ろ凄いと思うし羨ましいとも思うけれど、どうしても理解出来ない感覚なのだ。

 これほど「ムリ」と思うものは、久しぶりかも知れない。


 日記を書きつつ、そのIDで会社のコミュニティに参加しつつ、地元や趣味のコミュニティにも参加するという行為が信じられない。

 「ご近所の**さんって、実は同業者みたいやねぇ・・・・・・ええっ?ネットの中ではネコ語使ってるよコノヒト。ミク友、ギャル系が多いなぁ。こんなんが好みなんかぁ。あ、何か好みの子には態度違うし。意外と外食率低いんやねぇ。アラ、仕事中にもウチのページ見にきてるわ意外と暇やねんね」

 って辺りは序の口、膨大な足跡と情報を残しちゃうじゃない。しかもリアル友に。


 「見られても良い程度の日記を書いて、こなれた人間関係を築く」というなら、前者は私にとっては時間の無駄だし、後者は私生活でまで使いたくない類の神経だ。

 小心な私の事、普段の付き合いが上手くいってない相手には「**ちゃんってばウチにはコメント残してくれてないのに、++さんの所には残してるっ!そもそも++さんって、私経由の友達じゃないのよぅ」とか思ってしまうかも知れない。そーゆーシガラミも、絶対に発生してるってば。



 現実でもバンバン友達が居て、どの角度から見られても比較的恥ずかしくない人が、ミクシィ出来るんだろうなぁ。

 ミクシィに填れる人は、ミクシィや、インターネットがなくても大丈夫な人達のような気がする。現実だけでちゃんと満たされる事が出来る人が、もっと現実を楽しむ為の道具。


 私もリアル友達はちゃんと居るし、別に後ろ暗い所はないけどさ、やっぱその辺違う。ネットがないと、真っ当に生きていけない自信がある。

 そもそも古くにネットを始めてる人間って、ネットの匿名性とヴァーチャルさに惹かれた人も多いと思う。良くも悪くも、リアルでは遠い人と繋がってる感覚だとか、リアルでは言えない事を言えたり、聞けたりする辺りとか。私にとってのネットは、未だ地下水脈のような、ボトルメッセージのような、「ひそやかな感覚」を引きずっている。
__________

 話は変わって、今日の写真、奥は実家のゴーヤ棚。ゴットハンドな父はゴーヤ一苗から200本強収穫する。

 影になってグレる野菜達を下方に見下ろしつつ、さながらゴーヤの針天井状態だ。 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-09-18 22:55:33

+ ビョーキ?

テーマ:* 日記。

 大昔付き合っていた人で、例えば

(何となく辛そうな口調) + 「何日と何日と何日が残業なんだ」

   という材料から

「辛いのは淋しいんだね。じゃあ残業のない何日に、疲れてるだろうから近場でアッサリしたものを食べようか(土日はゆっくりしたいよね。だから平日で)」

 という返答をしなければ「双樹ちゃんはどうして相手の気持ちを思いやる事が出来ないの」と静かに2時間ほど教えを説いてくる男が居た。

 勿論辛い理由は「淋しいから」だけではなく、本当に疲れている・会社で嫌な事があった・家族とモメたなどのケースもあり、模範解答は非常にバラエティ豊かな中から厳密にチョイスしなければ地雷を踏む。


 当時はモラルハラスメントなんて言葉も普及してなかったし、「教えを説く」事自体も悪い事ではなく、何よりソレを除けば大好きな相手だったので、自分に非があるのだと洗脳されてしまい、会話の度に模範解答を探し、9割方は間違ってしまって説教をされるうちにストレスで声が出なくなってしまった。


 ・・・・・・とゆー元彼を思い出した仕事相手。



 相手の会社の行事に呼ばれる事も多く、仕事外の付き合いもある人。

 その人から最近変なカンジのメールが来る。いや、勿論仕事のメールなんだが。


1通目

 「**(業務内容)**するには?」(ホントにコレだけの2,3行のみのメール)

  返信:「***なシステム構築で対応出来ますね」(何か無礼なメールだなぁと思って、同じく無愛想で返す)


2通目 1週間後

 「**(業務内容)△*するには?」(1通目と同じ内容。言葉を少し変えただけ)

  返信:(内容がほぼ同じだったので前回のメールが届いてるか確認。前回のメールを再送)


3通目 更に1週間後 

 「**(業務内容)▽* ****するには?」(1通目と同じ内容。言葉を少し付け加えただけ)

  返信:「前から申し上げている通り、***なシステム構築で対応出来ますよね。・・・全く話が進みませんね。やるのでしたら簡単な仕様書と見積もりあげますけど」

 ・・・・・・もーこの辺りになると「この会社とは、公私共にキレても良い」という気分。



 「**(業務内容)**するには?」だけのメールが既に意味不明。 それってナゾナゾ?

 ソレ3通も送ってくるのって、こちらが自発的に(無料で)仕様書とかモックを作るのを待ってるのかなと思ってしまう。「えっ!そんなつもりはなかったんだけど、ありがとう」って態度で。ぶぶ漬け府民だしなぁ。

 

 多分4通目はまた1週間後なんだろうなぁ。この1週間のブランクも、ナニ。ほとぼりが冷めるまでの時間?「今度はちゃんと答えろよ」の猶予のつもり?



 この人、普通に喋ってたら別に違和感は、そんなにない。

 ただ、メールになると誤字脱字が多いし、誤解されやすいニュアンスが多い人。

 こちらが過敏に反応しすぎてるだけかも知れないけど、誤字になった結果が微妙にエロかったり、仕事の打ち合わせメールが「今晩どう?」の一文とか(普通ソレはないだろ)。別業種からITに業務拡大をしてきた親年代の会社社長なので

メールやメールマナーに不慣れなのかなぁと思いつつも。

・・・・・・・・・・・・このメールの発展性のなさは、何なんだろう。


 もしかして、フリーのPG(件SE)は、受注先からの「こんなんってどう?」って思いつきメールにイチイチ無償で仕様や構成の説明や資料作成をしなきゃいけないんだろうか。そうやって「こんなん出来ますが、**くらいでやりますよ」って営業までしなきゃいけなかったんだろうか。

 まぁ確かに仕事をゲットする方からすれば「こんなんないの?」はビックチャンスだ。でも頂いてる金額は、PGとしての金額だし。そもそもそれ以上の事をする余力はないのは分かってくれてる筈だし。

 企画・提案からやる人は1桁ほど高額だ。それでも下手な鉄砲の資料作成と、没になった時のただ働き分でトントン。



 何だろう、「いたぶられ感」が募るのですよ。コドモの頃の苛めみたいに、分かる筈のない問題や、正解がひとつじゃない問題を何度もぶつけられて「どーなん?どーなん?」って付きまとわれるような。聞く方は思いつきだろうけど、答える方は間違った事は言えないし、答えるのにある程度の労力を伴う。

 ITに疎い「教えてちゃん」との問答や、挨拶や、礼儀作法みたいな、「出来ない方」が「偉い」と錯覚させる構図に似てるかも知れない。



 前彼はビョーキだったし、それは流行の「なんちゃってセイシンビョー」じゃないと思ってる(良いも悪いも含めて)。

 最近は、この仕事相手を、「ちょっと大丈夫かなぁ・・・若年性痴呆かなぁ・・・それとも・・・」と心配になってる。それならそれで、別の接し方しなきゃいけないし(今は半分は性格が悪いからだと思ってるので、大概冷たい対応しちゃってるし)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-09-10 22:11:18

+ まままままさか (汗

テーマ:* 日記。

 先日、会社で「んもぅーーー!!」と思う事があったんですよ。

 気持ちが沈んでいる時は、ちょっとしたカラカイだとか、ネタにされたりが、頭から離れない。結構根に持つA型典型。


 何かその日はちょっとした事で異様に落ち込んで、帰ってからずっとずっと、「もぉやだ山田(仮)君は!」ってのが頭にあって。


 夜中2時ごろ、金縛りみたいな感覚で目が覚めて、深く考えると怖いので「脳が起きてて体が寝てたのネ」なんて思いながら二度寝。余談だがフクヨカさんなので、もしかしたら鼾とか無呼吸になってたのかも・・・なんて思いながら。

 

 翌日、会社でその山田(仮)君、開口一番「昨日、双樹さんみたいな人にのしかかられて金縛りに遭ってたんですけど」って・・・・・・。時間も夜中2時。

 山田(仮)君は割と見える人なので、動揺はしなかったようだけど。


 ・・・・・・偶然っすよね?


 ちなみにその山田(仮)君と私は仲は悪くないと思う。少なくとも私は嫌いじゃなくて、若くて少々尖った子なので時々苦手な時がある程度。でも反面、回転の速さは見てて面白いし、尊敬もしている。生き霊飛ばす程、憎んだりもしてないし、悪く言えばそう特別な人でもない。


 怖いのが嫌いなタチなので、8割は「冗談やろー」なんて思いながらも、残りはちょっと心配。夜寝る時は、そんな無駄なリソース使いたくないし。

 そーなってくると、時々同僚に言われる「夢に出て来る」という意味も妙に気になってきたりして。有り得ないとは思うけど、見える人には、そーゆーのが見えるって事、あり得るのかなぁ? 隠し事出来ないじゃないですか。


 まままままさかね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。