全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、5月24-30日の週は0.10で、前週より0.03ポイント減ったことが6月4日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。減少は3週ぶり。

【インフルエンザ定点あたり報告数詳細】

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、山口が1.14と流行指標の「1.0」を唯一超えており、以下は三重(0.28)、岐阜(0.25)、長野(0.24)、岡山(0.23)などの順だった=表=。警報レベルを超えた保健所地域、注意報レベルのみを超えた保健所地域は4週連続で共になかった。

 4月19日-5月23日の5週間に分離・検出が報告されたインフルエンザウイルスの内訳は、新型53.1%、A香港型11.1%、B型35.8%だった。


【関連記事】
インフル定点が4週ぶりに増加
初期の休校が流行抑えた―新型インフルでWHO担当者
新型インフル総括の取りまとめを開始―厚労省会議
全国一律の対策に批判相次ぐ―新型インフルの「医療体制」を検証
低死亡率は早期の抗ウイルス薬が奏功―新型インフル

近畿農政局職員、切手360万円分着服で懲戒免(産経新聞)
内々定取り消しに賠償命令=不動産会社「期待裏切った」―福岡地裁(時事通信)
「NYを感動させたい」 大阪の素人シニア劇団、12日にブロードウェー公演(産経新聞)
口蹄疫被害、月当たり33億円=鹿児島県(時事通信)
<横浜・弁護士殺害>凶器、刃渡り20センチ超 強い殺意?(毎日新聞)
AD