放送技術の最新の研究成果を展示する「技研公開2010」が27日、NHK放送技術研究所(東京都世田谷区)で始まった。

 3300万画素撮像素子を用いたスーパーハイビジョン・フル解像度カメラとその映像などを初公開。 このほか、次世代のメガネなしで3Dが体感できる「インテグラル立体テレビ」や改良が加えられより美しくなった曲がる薄型有機ELディスプレーなども展示され注目を集めていた。一般公開は30日まで。

【関連記事】
蒼井優「アナログ好き」 飛び出す絵本の展覧会
富士ソフトの貸会議場 3D導入で稼働率アップ
映画「アリス-」史上最速100億円突破
鳥の目3D映像で車の周囲確認 富士通テンが世界初システム
高速道標識も3D時代 分岐を立体曲線化、高齢者事故防ぐ
虐待が子供に与える「傷」とは?

パチンコ店で男性切られ死亡=逮捕の男「誰でもよかった」―大阪府警(時事通信)
普天間移設 地元、猛反発(産経新聞)
北教組事件 長田被告初公判 うそで塗り固めた「聖職者」(産経新聞)
「競輪」にも仕分けのメス…還付事業など「廃止」と判定(スポーツ報知)
たちあがれ日本 中川義雄氏が参院出馬断念(毎日新聞)
AD