JR東海の駅などに勤務する社員がIC乗車券を不正に利用して無賃乗車を繰り返していた問題で、同社は9日、不正乗車にかかわった社員は85人だったと発表した。同社は5人の解雇を含め全員を処分したほか、厚地純夫営業本部長ら幹部34人の管理監督責任も問い減給などの処分を科した。民営化後では最大規模の処分という。

 4月にJR桑名駅(三重県)で7人の不正が発覚し、同社はIC乗車券が使えるようになった06年12月以降について社内調査を進めていた。その結果、23駅で新たに78人の無賃乗車が判明した。処分された社員は19~54歳で、無賃乗車の回数は延べ662件、1人最高は108回。1人当たりの不正金額は4万2160~130円で、計25万2930円だった。【黒尾透】

【関連ニュース】
無賃乗車:JR東海の関与社員は85人 解雇含む処分実施
JR西:イコカ不正利用の駅員解雇
キセル乗車:西武鉄道社員36人を処分へ
キセル乗車:相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作
不正乗車:JR西、イコカ不正利用の駅員を懲戒解雇

生活困窮者を先手“囲い込み”大阪の4市「囲い屋」撃退へホテルと提携(産経新聞)
郵政法案先送りなら連立離脱も=国民新・自見氏(時事通信)
たちあがれ、比例で杉村太蔵氏擁立(産経新聞)
政調会長などで詰め=「菅執行部」、7日発足(時事通信)
<木炭自動車>木炭とガソリンのハイブリッド 錦帯橋などを周遊 11月まで限定運行(毎日新聞)
AD