警察の取り調べで不適切とされた行為が昨年度は29件あったことが20日、警察庁のまとめで分かった。このうち14件は、昨年度導入された「取り調べ監督官制度」に基づく監督部門の点検で発覚していた。同庁は「制度を通じて取り調べの一層の適正化を図りたい」としている。

 29件のうち最も多かったのは「便宜供与やその約束」の21件で、たばこや菓子類などの提供が含まれる。次いで「やむを得ない理由がなく体に接触すること」の4件だった。刑事事件になったのは、捜査員が容疑者に暴力を振るったとして特別公務員暴行陵虐罪で起訴された2件。

 取り調べ監督官は、警務課長など捜査部門以外の幹部署員が「取り調べ監督官」となり、室内から外が見えない透視鏡(マジックミラー)越しに取調室内の状況を把握。不適切な行為が行われていないかを点検する。【合田月美】

【関連ニュース】
<関連記事>ビデオ録画等により取り調べ過程を可視化
<関連記事>裁判員裁判:取り調べDVD再生 弁護側の情状証拠
<関連記事>取り調べ可視化:和歌山弁護士会、首相らに声明
<関連記事>足利事件:「誤捜査を正すのも公判」弁護人、最高検で講演
<関連記事>足利事件:「捜査としては完敗」 DNA型鑑定の妄信自戒

平城宮庭園、特別名勝に=下関台場跡、遍路道も―文化審(時事通信)
ボクサーの亀田興毅選手が都内で接触事故 けが人なし(産経新聞)
メール無断掲載でメーカー次長逮捕=元交際相手の名誉棄損容疑―兵庫県警(時事通信)
口蹄疫拡大、獣医不足が深刻化…全国に派遣要請(読売新聞)
名古屋場所、組幹部観戦に親方2人が便宜(読売新聞)
AD