アフリカ・ギニアに生息する野生のチンパンジーの母親が子の死んだ後、ミイラ化するほど長期間一緒に行動していた事例が3回あったと、京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)所長の松沢哲郎教授らの研究グループが27日付の米科学誌カレント・バイオロジーに発表した。
 松沢教授らの研究成果によると、1992年と2003年に計3回、死亡した1歳から2歳半の子をそれぞれの母親が19~68日間、一緒に連れて行動していた。子はミイラの状態になっていた。母親は自らの肩と首に子の手首を挟んで背負って歩いていた。
 母親が死体の毛づくろいをしたり、たかるハエを追い払ったりする動作が見られた。別の子がミイラ化した死体を連れ遊んでいるとみられる行動も確認された。観察中、ほかのチンパンジーがミイラ状態の子を避けたのは1例だけとしている。
 松沢教授は「非常にまれで、しかも死を特別に扱うような行動」と話している。 

【関連ニュース】
花粉症根治薬、8年後にも実用化=鳥居薬品と共同研究開始
野村総研、中国政府系シンクタンクと共同研究=環境問題など
強度、伸縮性優れた合金開発=医療や耐震などへ活用期待
強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待

大型連休中の外遊見送り=鳩山首相、「普天間」に専念(時事通信)
キャンベル米次官補が27、28日に来日 普天間問題を協議(産経新聞)
鳩山首相「一生の戒め」 元秘書有罪判決(産経新聞)
選挙費用で整体・整髪…民主・長島議員が訂正(読売新聞)
<軽度外傷性脳損傷>厚労省が診断基準作成へ(毎日新聞)
AD