昨年の試験から出題範囲になった改正行政不服審査法ですが、従来よりも出題数を増やして、改正絡みのトピックな部分を中心にしての出題となりました。

改正で新しく導入された審理員制度や再調査の請求についてが出題されました。

 

特に、受験経験者の方で行政不服審査法については旧法時代に勉強したことがあるけど改正後の新法は知らないという方や、昨年の試験を受けた方で行政不服審査法で思うように点数が取れなかった方におすすめなのが、改正行政不服審査法を扱うオプション講義(全1回)です。

 

詳細はTACのWebサイトでご確認ください。

http://www.tac-school.co.jp/kouza_gyosei/gyosei_crs_fufukushinsa.html

 

教室講義は3月20日(祝)に実施されます。

また、4月4日以降、Web講義でいつでも受講できるようになります。

1回の講義で完結できますので、行政不服審査法を得点源とするため、こういった講義もぜひ利用してみてください。

 

 

 

 

AD