最判平28.3.1

認知症により責任を弁識する能力のない夫が線路に立ち入り列車と衝突して鉄道会社に損害を与えた場合に、妻が民法714条の監督者責任を負うかが争われた事案です。

精神障害者と同居する配偶者であるからといって、その者が民法714条1項にいう「責任無能力者を監督する法定の義務を負う者」に当たるとすることはできません。また、法定の監督義務者に該当しない者でも、責任無能力者との身分関係や日常生活における接触状況に照らし、第三者に対する加害行為の防止に向けてその者が当該責任無能力者の監督を現に行いその態様が単なる事実上の監督を超えているなどその監督義務を引き受けたとみるべき特段の事情が認められる場合でれば、法定の監督義務者に準ずべき者として民法714条1項が類推適用されます。

認知症により責任を弁識する能力のない者が線路に立ち入り列車と衝突して鉄道会社に損害を与えた場合、その者の妻は民法714条1項所定の法定の監督義務者に準ずべき者には当たりません。

 

民法714条の監督者責任については「みんなが欲しかった!行政書士の教科書」の421ページを参照してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD