創徳庵 ブログ

2015年10月より復活した、グランドピアノがある音の憩いの空間、大阪・中崎町「創徳庵」のブログです。

大阪 中崎町
創徳庵ロゴ

[大阪市北区中崎西4-2-30 ]
地下鉄谷町線中崎町駅2番出口より徒歩5分
(阪急電車・梅田駅から徒歩約12分)
map2

TEL 080-1476-1934

e-mail soutokuann@yahoo.co.jp

ブログ http://ameblo.jp/soutokuann/



創徳庵は町家を改造したフリースペース。小屋のキャパはMAXで30人程度。
室内は靴を脱いで入る上足式。禁煙です。グランドピアノとPAセット完備です。
近所はマンションで住民の方がいらっしゃいますので大きな音は出せません。
エレキ、ドラムセットなどは基本的に不可。
お客様にはチャージの他に1ドリンクをお願いします。

-----------------------------------------------------------------------------------------
ライブの基本形は 
19:00 OPEN 19:30 START
前売¥2,000 当日¥2,300 +1ドリンク です。

16.5 表

16.5裏
 
5月ライブ フライヤー ↑ 画像をクリックすると拡大します


特に表記のないものは
時間 19:00 OPEN 19:30START
料金 前売¥2,000- 当日¥2,300 +1ドリンク(¥500~)[税込]

各ライブの詳細、各ミュージシャンのプロフィールは創徳庵ブログに詳しく記事を書いてますので
そちらも是非お読みください。

5月
7日(土)荻野 やすよし(ギター) ジェローム・フーケ(トランペット)定岡 弘将(ドラムス)
大阪の勇音者二人が、つららかなる即興音楽をフランスからの先覚トランペッターを招き贈る

8日(日)昼  「イトギク娘ぬまモナカ~大阪編~」
出演: 出雲 麻紀子(うた・ピアノ)鵜飼 恭子(うた・アコーディオン)フェイターン(うた・ピアノ・テルミン)チエルーム(うた・アコーディオン)

14:30 OPEN 15:00START
前売¥2,500- 当日¥3,000- +1ドリンク(¥500~)
ゴールデンウイークの締めくくりは、4大女性唄姫御大たちが繰り広げるお祭りで楽しませます

9日(月) ニコラス・ウィンター(ギター)《from フィンランド》 飯田 一樹(ピアノ) 吉岡 泰祐(ベース)トリオ
前売¥3,000- 当日¥3,500- +1ドリンク(¥500~)
フィンランドからの風のような洗練されたギタリストが贈るスペシャルナイト

11日(水)がたろう(うた・ギター)ワンマンライブ
尼崎のブルースマンが帰ってきた。現在高知で活躍する「がたろう」の心と魂に響くブルースを

13日(金)田中 智子(うた・ピアノ)& 船戸 博史(コントラバス)
前売¥2,300- 当日¥2,500- +1ドリンク(¥500~)
ニューアルバム発表で活躍を増す神戸の唄姫と京都のベーシストとが久々の再会。大阪で催するあふれる言葉と音が流れる

15日(日)keiko(うた・ピアノ)ワンマンライブ
18:30 OPEN 19:00START
静かに静かに、心込めて弾き語る、ライブ活動再開のkeikoの世界

17日(火)「Co Göte(コ・ヨーテ)」【西島 芳(ピアノ)市尾 優作(ギター)】
スウェーデンで活動を共にした二人がここ大阪でまた出会い、音を紡ぐ

18日(水)sketch【定岡 弘将(ドラムス) + 野津 昌太郎(ギター)】
 前売¥1,800- 当日¥2,000 +1ドリンク(¥500~)
「耳が開く」あらゆる音を平等に聴き、自らの判断で聴くべき音を選び、楽しむ。それは葛藤や悩み、誤解等が耳と脳を去来して音を研ぎ澄ませていく時間

19日(木)登 敬三(サックス) & 藤川 幸恵(ピアノ)DUO
力強く優しいサックスの重鎮と若きエネルギッシュなピアノガールとの熱きDUO

21日(土)たじやんらじやん【田島 隆(ギター)村治 進(スティールパン)】
    V S 渡部 志津子(箏)+ 田島 隆(タンバリン)

タンバリン教の神様とギタリスト二つの顔~田島隆が楽しめる、異種格闘的、百花繚乱の音吹雪~

22日(日)昼: 「お初づくし。大人なお昼?? ランチ&ティータイムライブ」
Shu(うた)+葭葉 愛子(ピアノ)+藤森 るー(パーカッション) 
Takkou【岸田 コーイチ(うた)柴田 貴子(アコーディオン)】

 12:00 OPEN / ランチSTART  紅茶コーディネーターゆりこ特選のブレッドランチ&紅茶付き ¥3,000-
初めての組み合わせで贈る女性トリオの咲かす音の華はどんな色? そして闇も光も唄うこちらも初めてのユニットで初めてづくしの紅茶ランチも美味しい大人なお昼

22日(日) 夜 : 藤川 真里(うた・ギター) VS ザンネンズ【もりべ(うた・ピアノ)わかさ(ベース)】
長らく音楽を続けてきた者同士が再会して、また新しい音を紡ぐ。旧友再会Forever!

28日(土)「夜に溢れ出す音の泉」
ハッピーターン 【カタヤマ トミオ(シンセ)フェイターン(うた・テルミン)】V S 矢本 健士 (うた・ギター・ピアノ)V S 西村 理恵(うた・ピアノ)【森部 直枝(フルート)森長 享介 (パーカッション)】

18:30 OPEN 19:00 START
エレクトロから生音まで、まるで音のおもちゃ箱から溢れる泉のような音楽会

30日(月)「きっしゃん的コーイチの部屋VOL.4」 
岸田コーイチ(うた・ギター・パーカッション) with 石濱 匡雄(シタール)

忽然たる音を激しく醜態もにわかに磨き上げ、弾き語りと太鼓で一つの世界を作る孤低の男が、古くからの知り合いの若者シタール奏者との再会の一夜
------------------------------------------------------------------------------------------
イメージ2


創徳庵では出演者を募集中です。お気軽にご連絡ください。
またレンタルスペースとしても貸し出し募集中です。
ライブはもちろん、貸し切りのピアノコンサートや発表会、
セミナー、個人練習などにご利用できます。
こちらもお気軽にお問い合わせください。
みなさまよろしくお願いします。


テーマ:
6月5日(日)昼 
「恋とLIVEに天気は関係ない」
SARAH(うた) 冴 里(うた) 
にしかわ まこと(ピアノ)


14:30 OPEN 15:00 START
チャージ ¥2,500- + 1ドリンク(¥500~)
16.6.5

東京と大阪のやんちゃくれ女子?うたうたい二人の甘くほろ苦い恋のうたをしとしと降らせます


SARAH
サラ由香
 1997年シャンソンと出会い黒木早見氏に師事。
現在、東京で活躍中の歌手、麻生恵氏に師事。
2001年に関西でのシャンソンの登竜門といわれる京都の老舗シャンソンライブハウス「巴里野郎」にてデビュー。
翌2002年に初ソロライブを、2003年には故郷の和歌山にて念願のソロライブを行う。
2005年に横浜にてソロライブを行い、以降毎年京都・大阪・和歌山・東京でソロライブを行い、現在は関西を中心に東京等関東方面のライブハウスに多数出演。
近年は、ジャンルを越えたイベントにも出演し、朗読や舞踏とのコラボレーションを通じて、お寺や京都の老舗旅館・町家でのイベント等のプロデュースも手掛ける。
2015年には作品に文楽を取り入れ、「曽根崎心中」を新しい解釈で脚本を書き下ろし、主演も務めた。
http://sarah-sing.com

冴 理(Saeri)
さり
 ヘヴィメタ出身のジャズヴォーカリスト。5才よりエレクトーンを始め16才から作曲に目覚める。宮城学院女子大学日本文学科在学中より、音楽活動を始めジャズにたどり着く。仙台でジャズ歌手としてプロ活動を始める。その後、バークレー音楽大学に短期留学。
東京に活動拠点を移し、『GQ JAPAN』の「ジャズミュージシャン50人」に取り上げられる。「ジャズ批評No.112号」の「岩浪洋三のジャズ日記」において「ユニークな新人」として紹介されるなど、ジャズシンガーとして都内を中心に全国的にライブ活動を行う。
また、作詩曲家としても活躍中で、2008年著作権協会の会員に認証される。また、オリジナルの音楽芝居『オトノワ+コトノハ』プロジェクトでは、役者としても活躍中。脚本も手がける。また、訳詞家としても活躍中。
http://saeri.club/

にしかわ まこと
にしかわまこと
関西を代表するシャンソンピアニスト

かさきっしゃんのひとこと
 サラさんとの出会いは比較的新しく、2年前の企画でゲスト的に出てくれたのが最初。今回がメインライブ初めてとなります。東京からパワフルなサリさんをお迎えして、ピアノはぼくのことはもうお忘れだろうかというくらい遠い昔にお会いしてる、にしかわさんが弾いてくださいます。サラさん大活躍。今月24日もサラさんのライブがありますよ~。
AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
6月4日(土)
鈴木 亜紀(うた・ピアノ)
『海でも山でも、大漁ツアー!2016』 with 石川 智(パーカッション)

前売¥2,800- 当日¥3,000 + 1ドリンク(¥500~)
19:00 OPEN  19:30 START
スズキアキ大漁
渡る世間は幸ばかり。女子自由形ピヤノ弾き語り鈴木亜紀の大漁ツアー大阪編。うたの向こうに「海がみえるよ」


鈴木 亜紀
鈴木亜紀
女子シングル自由型ピヤノ弾き語り。
静岡・焼津 港町うまれの作詞作曲演奏者。
魚を食べて育った。

独自の視点で人や自然を見つめ、
どこまでもオリジナルな詩とメロディーを
自由奔放なピアノに乗せて歌う。
写真、文筆、スペイン語翻訳など、
表現手段は音楽のみにとどまらない。

国内ではピアノがあれば『ラーメン屋でもふぐ料理屋でも』
出かけていって歌う、精力的なライブ活動のほか、
国外での活動では、2006年アルゼンチン国立図書館にて
写真展とリサイタルを行い、現地新聞に
その世界観について『現代の女芭蕉』と称される。
2014年、ライジングサンロックフェスティバル出演、
総合ひとりごと芸術・AKIRIEにてスペイン公演などで好評を得る。
http://suzukiaki.com

石川 智
石川智
1967年生れ、東京出身。
ブラスバンドでパーカッションを演奏していた兄の影響で、
9歳の頃からパーカッションを始める。
中学時代、同級生と組んだロックバンドで初めてドラムセットを叩き始める。
高校時代にはロック、ヘビーメタル、フュージョン等にいそしみ、
大学在学中にラテン音楽に目覚め、パーカッションも演奏し始める。
その中でも特にブラジル音楽に傾倒、
サンバ、ボサノヴァをはじめブラジルのあらゆる打楽器、
奏法、リズム、アンサンブルスタイルをマスターする。
この頃よりプロとしての演奏活動を開始する。
http://www.pinguinfabrica.com/

魚きっしゃんのひとこと
亜紀ちゃんのライブをやるのも多分10年ぶりくらい。過去一緒にツアーも回ったり、僕が40歳バースデーの時に一緒に旧・創徳庵でライブをした仲の人であります。彼女の「海がみえるよ」という唄がとても大好きです。皆さんも是非聴いてみてくださいね。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月3日(金)
まや はるこ (うた)
「アワヤのうた」~天•地•人のうた~

【吉田 幸生(ピアノ)】
前売¥2,500- 当日¥2,800- +1ドリンク(¥500~)
19:00 OPEN  19:30 START

神戸在住・ボイスアートの第一人者、世界の果てよりお遍路まで唄う旅はここ大阪・創徳庵に流れ着いた

16.6.3-216.6.3-1




まや はるこ
まやはるこ
シンガーソングライター まやはるこ
1993年、南米ペルー国際音楽祭、歌唱賞受賞。
作品に「宇宙色のオルゴール」(須磨海浜水族園イルカライブショーのテーマ曲)、
「すべての人に愛を」(神戸市民クリスマスグランプリ受賞)、
「神戸悠久の友へ」(NPO/NGO法人しみん基金こうべより発売)などがある。
ボイスアートマスターセラピスト (日本ボイスアート協会 会長)
NHKカルチャー梅田教室「健康と癒しのボイスアート」講師
神戸市立鷹取中学校の子供たちをはじめ、招かれて、医師、看護士、シニアのコーラスグループ、デイサービスの高齢者、また外国人など、様々な人とボイスアートのセッションを展開してきた。 2008年春、「もっとボイスアートを体験したい」という要望に応えて神戸元町にボイスアートルームを開き、ボイスアートスクール、ボイスアーティスト養成講座、ボイスアートセラピスト養成講座など、後進の指導にも力を入れている。
2010年4月、日本ボイスアート協会を設立し、ボイスアートの普及、啓発を目指している。
http://voiceart.jp/

吉田 幸生(ピアニスト)
吉田幸生
 1960年生まれ。4歳からオルガンやエレクトーンに親しみ、高校時代よりピアノを弾き始める。大阪大学入学後は軽音楽部で活躍。自ら率いるポップスバンドで第25回ヤマハポプコン兵庫県大会優勝。1986年ごろよりシャンソン歌手出口美保の誘いでシャンソンの仕事を始める。関西のみならず、首都圏、名古屋などでも多くの歌手の信頼を得ている。ソロピアノCD2枚発表。
http://44day.blog.fc2.com

声きっしゃんのひとこと
まやさんのライブを企画するのも多分、20年ぶりくらい。20年の時を経て再会できる嬉しさをライブで分かち合いたいと思います。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月1日(水)
「ムーンライトとすたあまいんの夜,2016」
大塚 まさじ(うた・ギター)
須山 公美子(うた・ピアノ) 
ジョイントライブ

前売¥3,000- 当日¥3,500- +1ドリンク(¥500~)
19:00 OPEN  19:30 START

16.6.1

関西フォークシンガーのレジェンドと宝塚を拠点に活躍する唄姫との十数年ぶりのジョイントライブ

大塚 まさじ
大塚まさじ
1950年、大阪府茨木市に生まれる。
’69年大阪・難波元町に、喫茶「ディラン」を開店。ここに西岡恭蔵、中川イサト、友部正人、加川良等多くの若者たちが集い、現在も継続中の大規模な野外コンサート「春一番」が始まる。
’71年永井ようと「ザ・ディランⅡ」を結成。「男らしいって解かるかい/プカプカ」でレコードデビュー。
’74の解散までに5枚のアルバムを残す。
’76年「遠い昔ぼくは…」でソロデビュー。以来、毎回趣の異なるアルバムを発表し続けている。
’85年から、1年で日本を一周する唄の旅、全国ひとり旅ツアーを開始。
俳優として、NHK銀河ドラマ「この指とまれ」、NHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」に出演。
著書にエッセイ集「月の散歩」「月の道標」「旅のスケッチ」などがある。
現在FM COCOLOで大塚まさじの番組「MOONLIGHT MAGIC」(毎週月曜日24時~25時)を放送中。
http://www.masaji-o.com/

須山 公美子
須山16.2
 横浜出身、関西在住。
 1979年、パンクバンド「変身キリン」オリジナルメンバーとして、京都でライブハウスデビュー。80年よりソロ活動開始、アコルディオンやピアノ、キーボードでオリジナル、昭和歌謡、シャンソンなどを弾き歌う。1981年初期代表曲『少女歌手』を含む17センチEP『虫の時』を自主制作。1984年、京都のインディーズレーベルZero Recordsより、1stLP『Les chansons qui filent du reve…』リリース、関西だけでなく、首都圏にも活動を広げる。1989年大阪の老舗シャンソニエ・ベコーのオーディションに合格、シャンソン歌手としての活動も始まる。近年は地元宝塚でシャンソンの祭典『宝塚パリ祭』の企画運営に携わる傍ら、趣味の競馬をテーマにした「おうまさんソング」など、一筋縄ではいかない多様なうた世界のけもの道を歩き続ける。2016年2月、『虫の時』もボーナストラックとして含めた初期の3枚のアルバムが、ディスクユニオンより再リリースされた。
http://plaza.rakuten.co.jp/nekopunch328/

夜空きっしゃんのひとこと
この企画を僕がしたのは91年の10月なので、なんと25年ぶりとなるわけです。須山さん自身での企画も多分93年頃だったので、ほんま久しぶりの二人だけのライブです。二人で唄ってくれた、まさじさんの「街唄」が忘れられません。今回も是非リクエストするつもりです。ほんまに楽しみなライブです。
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
16.6.表

16.6中

6月ライブ フライヤー ↑ 画像をクリックすると拡大します

特に表記のないものは
時間 19:00 OPEN 19:30START
料金 前売¥2,000- 当日¥2,300 +1ドリンク(¥500~)[税込]

各ライブの詳細、各ミュージシャンのプロフィールは創徳庵ブログに詳しく記事を書いてますのでそちらも是非お読みください。

6月
1日(水)「ムーンライトとすたあまいんの夜,2016」
大塚 まさじ(うた・ギター)・須山 公美子(うた・ピアノ) ジョイントライブ

16.6.1
前売¥3,000- 当日¥3,500 +1ドリンク(¥500~)
関西フォークシンガーのレジェンドと宝塚を拠点に活躍する唄姫との十数年ぶりのジョイントライブ

3日(金)まや はるこ (うた) 「アワヤのうた」~天•地•人のうた~【吉田 幸生(ピアノ)】
16.6.3-216.6.3-1
前売¥2,500- 当日¥2,800 +1ドリンク(¥500~)
神戸在住・ボイスアートの第一人者、世界の果てよりお遍路まで唄う旅はここ大阪・創徳庵に流れ着いた

4日(土)鈴木 亜紀(うた・ピアノ)『海でも山でも、大漁ツアー!2016』 with 石川智(パーカッション)
スズキアキ大漁
前売¥2,800- 当日¥3,000 +1ドリンク(¥500~)
渡る世間は幸ばかり。女子自由形ピヤノ弾き語り鈴木亜紀の大漁ツアー大阪編。うたの向こうに「海がみえるよ」

5日(日)昼 : 「恋とLIVEに天気は関係ない」
SARAH(うた) 冴 里(うた) にしかわ まこと(ピアノ)

16.6.5
14:30 OPEN 15:00 START
チャージ ¥2,500+1ドリンク(¥500~)
東京と大阪のやんちゃくれ女子?うたうたい二人の甘くほろ苦い恋のうたをしとしと降らせます

8日(水)「カオリン と ともみん」 西島 芳(うた・ピアノ)  東 ともみ(うた・コントラバス)
16.6.8
普段は楽器だけで勝負する二人のミューズが、独り独りの弾き語りで魅せる。そして独りと二人で音の華を咲かせる、夏の前の夜の秘めごと

10日(金)飯田 一樹(ピアノ) 沢田 穣治(コントラバス) 楠元 なおこ(うた)
前売¥2,800- 当日¥3,300 +1ドリンク(¥500~)
神戸のお洒落なピアノ弾き飯田一樹がオリジナルからジャズまで、弦楽の魔術師・沢田穣治を迎えて恵の音を降らす一夜

12日(日)昼 : 松井 恵子(うた・ピアノ) × ネリキッチン[豊村 恵子] (フード)ランチショウ

けこ16.2ネリ
12:00 OPEN / ランチSTART  ネリキッチン特性マクロビオティックランチ&ドリンク付き ¥3,000-
ダブル恵子で贈る、音と食の宴。おいしく、楽しく、さあ、「みんなでいっしょにごはん~」

12日(日)夜 : 風 花 【 羽 衣(うた・ピアノ) 濱口 ヨシユキ(ベース) 】
VS 中塚 芳生(うた・ギター)& 神出 高志(アコーディオン)

16.6.12
ひとむかし、音と音で繋がった個性と個性。美しく吹く風花と淫猥な歌謡、相反とみえても根底では同じ音の流れを作る二組の音人たちの夜

14日(火)みぞた ちか(うた・アコーディオン)
V S MIZZAME(ミッザーメ)【中村 芽生(アコーディオン)川那邉 成夏(トロンボーン)】
前売 ¥1,500- 当日¥1,800- +1ドリンク(¥500~)
アコーディオンがキーワード。その音色を操り悲喜交々に唄う唄い手、またもう一方は金管と共に情感たっぷりな風景流れる音色を操る、若き乙女たちを魅よ!

16日(木)向井 千惠(ボイス・胡弓・ピアノ) × 清野 拓巳(ギター)
ありそうでなかったDUO。即興音楽の行き着くところ、どこまでの心象風景? それとも音交信??

17日(金 )【短冊[今西 玲子(筝)+児嶋 佐織(テルミン)]+ 茶音女yuriko】
前売 ¥2,500- 当日¥2,800- (紅茶付き) ☆限定24名 予約満杯の場合、当日券はありません。
音楽と紅茶の香りで記憶の扉をそーっと開けるおもてなし。茶音女 三人の淡いたくらみ

18日(土)「昭和は遠くなりにけり・大阪編」
三上 寛(うた・ギター)光 玄(うた・ギター)桜井 明弘(うた・ギター)
ゲスト 若林 美保(ダンス) 平田 ゆう(映画監督)

みかみほ
《平田ゆう短編映画上映あり「TROUBLE HAIR」(16分) 「産声」(25分)》
17:00 OPEN 17:30 START
前売 ¥3,000- 当日¥3,500- +1ドリンク(¥500~)
昭和を駆け抜けた青森・東京・神戸のシンガー達の声色に今を踊る踊り子と銀幕が光る奇跡の一夜

19日(日)岸部 眞明(ギター) ニューアルバム「Passion」 発売記念ライブ
 チャージ ¥3,000- + 1ドリンク
90年頃より大阪から世界へ活躍するギタリスト岸部眞明。9枚目のアルバムを5月に発売。ますます磨きあげられた美しき音色であなたの心を魅了する

21日(火)川辺 ぺっぺい(うた・ギター・ベース) VS 岡崎 泰正(うた・ギター)
ほろりとふわりとボサノバを唄う優しいオトコマエとスーパーギタリストと思いきや、じっくりと唄とギターで聴かすもう一人のオトコマエで贈るオトコマエ200%の快い夜

23日(木)高橋 誠 Gypsy Jazz Quartet
【高橋 誠(ヴァイオリン)川瀬 眞司(マカフェリギター)鈴木 孝紀(クラリネット) 荒玉 哲郎(コントラバス)】
情熱的な鮮烈な弦3本と木管1本で、四味一体~薔薇色のサウンドを散りばめる

24日(金)SARAH-DA【SARAH(うた)田村 太一 (ギター)】ワンマンライブ
チャージ ¥2,500+1ドリンク
そう想いはみえない、それは胸にしみわたるのだから。そんな想いと音のサラダをいただきましょう。

29日(水)「真由美と真由美」
宮川 真由美(ピアノ・アコーディオン)小場 真由美(ピアノ・アコーディオン・鍵盤ハーモニカ

16.6.29
いろんな鍵盤で自由な音世界を二人の「まゆみ」と「まゆみ」が初競演

7月のライブ予定
1日(金)宮西 淳 × ルイ・リロイ・田中 ギターSOLO&DUO
2日(土)「夏に唱え2016」 19:00 START
パキデサット  パンドラズ・アスク   南 風
3日(日)あかぎ しほ(ピアノ) 外薗 美穂(ヴァイオリン) 橋本 達哉(モバイルドラム)
4日(月)杉本 ゆみ(ピアノ) 大竹 徹(ヴィオラ)
10日(日)コジマ サナエ(うた) 大野 こうじ(ギター)
12日(火)金谷 こうすけ ピアノソロ
14日(木))FLOWAGE 【西本 論史(ギター) 西野 欣哉(パーカッション)】 + ゆたに まきこ(うた)
27日(水)小場 真由美(ピアノ) + 清野 拓巳(ギター) + 東 ともみ(コントラバス) + 臼井 康浩(ギター)
29(金)ヒポポタミ  天の羊
30(土)柳川 芳命(サックス)&宮本 隆(ベース)


7月ライブ ピックアップ
8日(金)外薗 美穂(ヴァイオリン)スペシャルセッション
【小林 萌里(ピアノ) 西原 なつき(バンドネオン) グスタボ・エイリス(ギター)後藤 雅史(コントラバス)】

外園美穂
前売¥3,000- 当日¥3,300- +1ドリンク(¥500~)
遠い国から訪れた音友たちと共に贈る、外薗美穂、きららかなセッション。本場アルゼンチンの美しく染み入るタンゴのしらべをあなたに

23日(土)「真夏の夜の夢2016 シモーヌ 深雪 (うた)× チェリータイフーン(ダンス)」
【吉田 幸生(ピアノ) 三好 ひろあき(ギター)】

シモーヌ
前売¥2,800- 当日¥3,000- +1ドリンク(¥500~)
ドラッグクイーンとバーレスク、二大御大夢の競演。甘くそそいだ美しき毒の唄杯を飲み干すダンサーの行く先は・・・
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月30日(月)
「きっしゃん的コーイチのお部屋 VOL.4」
岸田 コーイチ(うた・ギター・パーカッション)
with 石濱 匡雄(シタール)

前売¥2,000- 当日¥2,300- +1ドリンク(¥500~)
 19:00 OPEN  19:30 START

忽然たる音を激しく醜態もにわかに磨き上げ、弾き語りと太鼓で一つの世界を作る孤低の男が、古くからの知り合いの若者シタール奏者との再会の一夜

創徳庵のスタッフでもあり、ボーカリスト、パーカッショニスト、プロデュースなどいろいろな顔を持つ、きっしゃんこと岸田コーイチ。
 そんなきっしゃんのプライベートなお部屋に、今までの親交深いアーティストの方々を
ゲストに迎え行う、ライブ&トーク。第4回の素晴らしきゲストは石濱 匡雄。
中学生の時から知っているタダオくんとの初共演!!! こうご期待


岸田 コーイチ
岸田perc
 1966年大阪生まれ・在住。寺山修司、三上寛の影響を受け、弾き語り・即興詩の朗読など、パフォーマー・ミュージシャンとして活動。ライブプロデュース「オレペコ企画」を主宰。
 現在は古い名曲をアコーディオンのみで唄う「piro式」。詩人・俊山晶子のユニット「リリカル・バンビ」などで活動中。
https://www.facebook.com/kouichi.kishida.1


石濱 匡雄 (ISHIHAMA TADAO)
(北インド宮廷音楽家・北インド弦楽器シタール演奏家)
石濱匡雄
 1979年大阪生まれ。弱冠15歳でシタールを習い始め97年初渡印。その後も数回の渡印を重ね、99年よりマイハール流派の巨匠pt.モノジ・シャンカール氏に師事。2000年よりインド東部コルカタに移住。在印中は師の下で研修を積む一方、現地で数々のコンサートも行い2001年にベンガル語放送局etvbanglaにも出演を果たすなど数々の公演は好評を得る。2003年4月インドより帰国。日本国内で本格的に演奏活動を開始する。 
2010年コルカタの現地レーベルより初のソロアルバムを製作、そして同年パーカッショニスト横沢道治とのユニット「タダオと横沢」でアルバムを日本国内リリース。現在も毎年日本とインドを往復する傍ら、各メディア出演、国内外でのコンサート活動、各種文化公演等を行う一方、古典音楽のみならず、世界各国の民族楽器や和楽器、JAZZ、HIP-HOPなど、様々なジャンルのアーティストとコラボレートし、民族楽器シタールの新たな可能性を打ち出している。
http://www.tadao.in

インドきっしゃんのひとこと
 その昔1990年代も後半の頃、一人の中学生がぼくがやっていた小屋に出入りしていた、その少年が25年くらいを経て、シタール奏者の第一人者として大活躍している。前回の福ちゃん同様、子供のときから知っているけど、初めて一緒に音を重ねます。ぼくにとっては久しぶりの即興演奏です。とても楽しみです。
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月28日(土)
「夜に溢れ出す音の泉」
ハッピーターン 【カタヤマ トミオ(シンセ)フェイターン(うた・テルミン)】
V S 矢本 健士(うた・ギター・ピアノ)
V S 西村 理恵(うた・ピアノ)【森部 直枝(フルート)森長 享介 (パーカッション)】


前売¥2,000- 当日¥2,300- +1ドリンク(¥500~)
18:30 OPEN 19:00 START

エレクトロから生音まで、まるで音のおもちゃ箱から溢れる泉のような音楽会

ハッピー☆ターン プロフィール
ハッピーターン
 テルミンと唄のフェイターン(ワタフェイ・沼娘で活動中)と、シンセサイザー担当、カタヤマ トミオが奏でる、カオスでテクノでアンビエント、なのにちょっとポップな電子250%エレクトロユニット。
http://fatern.com/happyturn.html


矢本 健士 プロフィール
ヤモケン
 大阪市内在住の昼間はサラリーマン、5時から音楽男。
音楽と鉄道、最近は道にも情熱を注いでいます。
ライヴハウスでは、文字通りライヴ以外にも、定期的に鉄道模型大会を開いて、音楽と鉄道を纏めて楽しむ事もやってます。
http://yamoken.web.fc2.com


西村 理恵 プロフィール
西村理恵西村理恵トリオ
 京都在住、関西を中心に気ままにライブ活動している“singin'mama”です。
4人の男子の母である私ならではの小さな、ささやかな幸せの見つけ方を、一人でもたくさんの人に届けられたら…そんな思いで活動しています。
http://ameblo.jp/rie-nishimura/

Technoきっしゃんのひとこと
フェィさまの旦那さまで同い年のカタヤマさんをお誘いしてて、とうとうライブをやってくれます。そのつながりで同じ鉄仲間の矢本さん、そしてそして十何年会ってなかった理恵さん、森部さんを介しての再会となりました。そんな3組にぴったりにつけたタイトルは「夜に溢れ出す音の泉」。
いっぱい音が溢れ出しますよ!!
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月22日(日)夜 
藤川 真里(うた・ギター)
V S
ザンネンズ【もりべ(うた・ピアノ)わかさ(ベース)】

前売¥2,000- 当日¥2,300- +1ドリンク(¥500~)
19:00 OPEN  19:30 START

長らく音楽を続けてきた者同士が再会して、また新しい音を紡ぐ。旧友再会Forever!

藤川 真里
藤川真里
 大阪在住。1990年代よりシンガーソングライターとして活動開始。きりりと通る澄んだような唄。常に前向きな姿勢を貫く、関西で活躍するギター弾き語りの女傑である。バンド「昼行灯」のギタリストとしても活動中
http://s.maho.jp/homepage/c89c3ebd203c7914/

ザンネンズ【もりべ(うた・ピアノ・アンデス)わかさ(ベース・コーラス・息)】
ザンネンズ
 京都で活動する「オイカワモリ」(オイワvo,g もりべfl わかさb)「長野友美」サポート等を務める二人が、自らフロントマンになるべく結成したユニット。当初各所ライブの一発芸的に演奏を始めた事がいわゆる「クロウト筋」から人気に火が付き、今や知る人ぞ知る「ザンネンソングユニット」。ザンネンな世界を醸し出す演奏、特に「二人羽織奏法」のベースわかさの身体を張ったパフォーマンスは一見の価値あり。
もりべ https://www.facebook.com/naoe.moribe?fref=ts
わかさ https://www.facebook.com/toshikatsuw?fref=ts

顔きっしゃんのひとこと
1月にザンネンズのライブをやっていただいたときに、わかささんはなんと、藤川真里ちゃんのバンド「グレープフルーツムーン」のメンバーであったことが発覚。「はじめまして」ではなくて「お久しぶりです」とはそういうことだったのか、ということで、真里ちゃんに来ていただくことになりました。真里ちゃんお久しぶりで嬉しいです。そう旧友再会For ever なのであります!!
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月22日(日)昼
「お初づくし。大人なお昼?? ランチ&ティータイムライブ」

Shu(うた)+葭葉 愛子(ピアノ)+藤森 るー(パーカッション) 
V S

Takkou【岸田 コーイチ(うた)
柴田 貴子(アコーディオン)】

 
12:00 OPEN / ランチSTART 
ゆりこランチ
紅茶コーディネーターゆりこ特選のブレッドランチ&紅茶付き ¥3,000-

初めての組み合わせで贈る女性トリオの咲かす音の華はどんな色? そして闇も光も唄うこちらも初めてのユニットで初めてづくしの紅茶ランチも美味しい大人なお昼



Shu (山口 修子)
shu
 丹波市出身。三田市在住。5歳で母の愛するクラシックピアノを始め、同時にラテンやジャズ愛好家だった父の影響を受け育つ。大学在学中 ロックに目覚め、単身上京し某プロダクションに所属している。結婚後子育ての傍ら再び音楽の世界に回帰。復帰後、初めて組んだフォークボサユニット On Se Les Roule....の影響でボサノバやジャズにも傾倒してゆく。
2004年インディーズレーベルからLa La Bossaをリリースののち、ウッドベースDuoアルバムをリリース。他 CMソングオムニバスアルバムなど制作しシンガーソングライターとしても作品を発表する。現在はピアノ、ヴォーカル等教える傍ら関西を中心にライヴ活動を行う。
2014年 新たな音楽教育、後継者育成のため三田市にSTAGEA ACTORS SCHOOLを
設立。
http://cafeshujp.wix.com/shu-web

葭葉 愛子(よしば あいこ)
葭葉愛子
 京都外国語大学出身、元国際線グランドホステスというユニークな経歴を持つ。
大学時代に突然ジャズピアノに魅了され、ビルエバンスやオスカーピーターソンのCDを聴くようになる。大学卒業後、なぜか自らが演奏者になりたいと思い独学から始める。独学に限界を感じ、ジャズピアノを木畑晴哉氏に師事。大阪のライブハウスでの演奏経験を積み、
いつの間にか東京、大阪、神戸等、幅広く演奏活動をするようになる。
独自の世界観を持ち、情景が浮かぶオリジナル曲にも力を入れている。
http://nemooo151.wix.com/aiko

藤森 るー
lew
 京都在住。 6月21日生まれ ふたご座  パーカッショニスト。
楽天的、解放的、全力で遊び、全速力で演奏し、アニメボイスも魅力? 
「アン・スクール・オブ・コンテンポラリー・ミュージック」ドラム科卒業。
1992年、「ドラムコンベンション」において審査員特別賞を受賞。
ホームバンドとして、インストルメンタルバンド「ぱ」、おっさんふたりとの唄モノユニット「南風」。ドラマー及びコンポーザーとして活動中のほか、サポートメンバーとして関西のあちこちに出没している。
http://www.oto-san.gr.jp/pa/


Takkou
大阪の孤低のパフォーマー、ボーカリスト岸田コーイチ(きしだこーいち)と、バンジョー&アコーディオンユニットで活躍する豊橋のアコーディオニスト柴田貴子(しばたたかこ)のデュオユニット。「たかこ」と「こーいち」でTakkou(多幸)~多くの幸を唄とアコーディオンにのせて贈る。縁あって2016年春結成。忘れ去られた隠れた名曲、シャンソンから昭和歌謡、オリジナルまで、濃ーい唄とアコーディオンが絡み合う、一度見たら忘れられない!

岸田 コーイチ
kouichi vo
 1966年大阪生まれ・在住。寺山修司、三上寛の影響を受け、弾き語り・即興詩の朗読など、パフォーマー・ミュージシャンとして活動。ライブプロデュース「オレペコ企画」を主宰。
 現在は古い名曲をアコーディオンのみで唄う「piro式」。詩人・俊山晶子のユニット「リリカル・バンビ」などで活動中。
https://www.facebook.com/kouichi.kishida.1

柴田 貴子 Takako Shibata
takako,s
 豊橋在住 愛知、浜松、岐阜などでライブ、イベント、などアコーディオンの演奏活動を行っている。メインユニット「バンジョー&アコーディオン」豊橋にてMusa Musicアコーディオン教室代表。アコーディオン・ピアノ・エレクトーン講師。
https://www.facebook.com/takako.shibata.12?fref=ts

紅茶喫茶2CUPS(紅茶コーディネーターゆりこ)
2CUPS
毎週火曜 11:30~17:30(17:00/LO)
日替わりオーナーの中崎町common cafeにて『色々なおいしい紅茶をご用意しております。』
http://sun.ap.teacup.com/misozizu/
http://www.informart.info/wordpress/

紅茶きっしゃんのひとこと
初めてづくし企画です。葭葉 愛子さん・柴田 貴子さん創徳庵初出演。Shu、愛子、るー 初共演。Takkou初結成お披露目ライブ。2cupsゆりこさんの紅茶ランチも初めて出します。みんなお初で可能性は無限大のライブになりそうです。是非お越しください。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月21日(土)
たじやんらじやん【田島 隆(ギター)村治 進(スティールパン)】
V S
渡部 志津子(箏)【ゲスト 麻植 武志(尺八)from 「玉梓 (TAMAZUSA)」大八木 幸恵(十七絃)with 田島 隆(タンバリン)】

前売¥2,000- 当日¥2,300- +1ドリンク(¥500~)
19:00 OPEN  19:30 START

タンバリン教の神様とギタリスト二つの顔~田島隆が楽しめるうえに、豪華な出演陣で異種格闘的、百花繚乱の音吹雪~

たじやんらじやん
たじやんらじやん
田島隆(タジヤン、Guitar)と、
村治進(ラジヤン、steel pan)の二人組のユニット。
2006年ごろよりなんとなく結成。古いカリプソからポップなレゲエ、キューバものジャズまで、
気に入った曲はなんでも演奏する。
http://www.lares.dti.ne.jp/susu/cds/curepe001.html


田島 隆  タジマ タカシ プロフィール
田島ギタータンバリン教
 奈良在住。6歳の頃、鍵盤楽器を始めたのをきっかけに作曲・録音などを習得、またこの頃からオリジナル楽器も製作し、1984年、独自のシステムを駆使したテクノポップバンド「A.C.E.」を結成、現在も活動中。学生時代より約10年間ドラマーとしても活動する。
管楽器もクラリネット、トロンボーンなどを習得し、市の吹奏楽団に4年間在籍。
1989年よりギタリストとして活動を始める。1996年より作曲・アレンジなど数々のアーティストへ作品を提供する傍ら、ソロアーティストとしても活動を始める。
2008年よりタンバリン奏者として活動を始め「タンバリン教」の教祖様を名乗る。関西を中心に全国に布教??展開中。
http://www.tazy.jp

村治 進 ムラジススム プロフィール
村治進
 20年以上にわたり関西を中心に活動しているスティールパン奏者。
1993年のトリニダード渡航を機に演奏を始め、教室、調律/製作研究室を立ち上げ、日本でのスティールパンの振興に深く関わってきました。本場トリニダードで会得してきたリズム感、グルーブ感をストレートに音に表現できる数少ないスティールパン奏者であり、トリニダード人のリズム、カリプソの熱い想いを伝える。レッスンにもその独特のグルーブに魅せられた人が集まり、日本人であるのにトリニダードのいなたいビートをたたき出す生徒が続出している。
2000年ごろからオリジナリティのある音楽にも力を注ぎ始めました。クラシカルな楽曲、ポップなアレンジに、カリブ海のリズムの歯切れ良さが加わった、よりいっそう深みと幅のある音楽を提供。スティールパンラボ・キュレップ主宰。スティールパンの調律師としても活動。
http://www.lares.dti.ne.jp/susu/indexj.html

渡部 志津子 (WATANABE Shizuko):箏・十七絃・三絃奏者。プロフィール
渡部志津子
 沢井一恵に師事。17才より中国・シンガポール・オーストラリア・アメリカ・日本でのテレビ・イベント・音楽鑑賞会で演奏。第三回全国邦楽合奏協会邦楽コンクール最優秀金賞、第11回ノーヴィ国際音楽コンクール文化奨励賞受賞。東洋・西洋を問わず様々な楽器とのコラボレーション、邦楽ユニット「玉梓 (Tamazusa)」を中心に演奏活動を展開中。沢井筝曲院講師。
https://www.facebook.com/siduko.watanabe?fref=ts

渡部 志津子とゲスト、田島 隆と
「玉梓 (TAMAZUSA)」創徳庵
大八木
玉梓 &大八木
しづ&たじま

中華鍋きっしゃんのひとこと
開店当初からお誘いしていた村治さんがやっとライブをやってくれます。一緒に来てくれるのは、最近タンバリン教の教祖様として大変お忙しいあのお方。元々のギタリストとしての腕もたっぷしかと思いきや、その熱烈なる信者なる志津子さんが教示を受けたいと演奏に参戦!!(笑)。さらに志津子さんの応援ということで、前回の玉梓 (TAMAZUSA)ワンマンライブの豪華な面々が駆けつけてくれることに。まさに百花繚乱の音を繰り広げることになりました。楽しい夜になりそうです!!!
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。