2005年03月21日

融資実行当日~アクシデント編~

テーマ:家を建てる!?~土地購入~
融資実行当日から続く

なんと…
売主さんったら、権利書をご自宅に忘れてきちゃったよ!!


おそらく、私たちの親以上も年齢が上であろう売主さん。
部屋に入ってきた瞬間から、私たちの緊張はピークを迎えていたにもかかわらず、
「おぅ。忘れてきちまったみたいだぜ」
っと、ちょっと強面で、心なしかドスが利いている声でそうおっしゃられた時は、意味もわからず縮み上がってしまいました(笑)。
実際は、すご~く優しいオジイチャンだったんですけどね。

結局、日を改めるわけにもいかず、売主さんであるオジイチャンは、そこから片道1時間半ほど離れたご自宅まで、権利書を取りに、帰ってくれる事になりました。

そこで、約3時間後に再び手続きをすることになり、私たちはその時間まで、鎌倉市内で時間を潰すことになったのでした。鎌倉といえば数々のお寺。予定外の鎌倉観光をして、途中でお昼を食べ、ついでにカフェで一休みをしつつ過ごしたのでした(笑)。

そうして待つこと3時間。
売主さんが無事に到着し、仕切り直しとなって、今度こそ本当にその土地は私たちのものとなったのでした。
実際は、この時すでに金融機関の営業時間を過ぎてしまったため、正式に融資実行され、手続きが完了したのは翌日になったんですけどね(笑)。

さすがにこのようなアクシデントはめったにあるものではないでしょうし、私たちも本当に『忘れられない一日』となったのでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月21日

融資実行当日

テーマ:家を建てる!?~土地購入~
どうか私たちの家を建ててください!から続く

無事に土地を契約し、設計・施工をお願いする建築事務所も決まり、『海辺の家』への第一歩を歩むことになった私たち。

2004年10月下旬。いよいよ土地の購入にあたり、金融機関から第一回目の融資実行を迎えることになりました。
関連:借金天国!

当日は朝から金融機関に出向き、住宅ローンを受けるにあたり、土地を契約したときよりもさらにたくさんの書類に署名と捺印をすることになります。ここでは、私も連帯保証人として名を連ねるため、夫ほどではないものの、いくつかの書類に署名していきました。
誤字・脱字に気を付けながら、どきどき…。

つつがなく手続きが終了し、次はその金融機関の一室を借りて、司法書士の先生立会いのもと、売主さんと私たちの間で、金銭と権利書の授受が行われます。実際は、夫名義の口座に銀行からの融資額が入金され、同時に売主さんの口座に振込まれるため、現金を受け渡しするわけではありません。

そこで、本格的にその土地の権利(持ち主)は私たちに移行されるので、本来であれば売主さんがそれまで持っていた権利書を持参して、権利移行の手続きのため、司法書士の先生に渡さなければならないのですが…。

なんと…
売主さんったら、権利書をご自宅に忘れてきちゃったよ!!


融資実行~アクシデント編~へ続く

どうなる?私たち…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月20日

借金天国!

テーマ:家を建てる!?~土地購入~
ひとつ大人になった日…?から続く

手付金を支払って、土地を契約締結した私たち。いよいよ銀行融資を受け、建物を建てる準備に取り掛かることになりました。

融資先の銀行の検討は、これまで相談会に行ったり、ネットなどで情報収集をしてきました。出来るだけ金利の安いところ…くらいしか考えていなかったのですが、結局どこの金融機関がいいんだかサッパリ分からず…。さすがに初めてのことなので、戸惑うことばかり…。

でも、そんな時の強い味方は、お世話になった不動産屋さん!
取引のある金融機関・支店の中から、金利の優遇、土地の評価額などなど、比較検討して、私たちに合う所を紹介してくれました。私たちが調べただけでは分からなかったのに…。さすがプロ。

ということで、紹介を受ける形で融資先の金融機関を決定しました。
融資の申し込みの書類を提出し、審査を経て、ついに私たちも借金天国の仲間入り(笑)。土地の融資実行は、土地を契約してからちょうど一ヶ月後の、10月下旬になりました。

どうか私たちの家を建ててください!に続く
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月17日

ひとつ大人になった日…?

テーマ:家を建てる!?~土地購入~
『ここに惚れこんでくれた人に譲りたかった』からの続き

ようやく土地を正式に契約することになった私たち。
土地を探し始めて半年くらいで見つかったから、結構早い方なんだと思います。中には、数年に渡って逗子・葉山で物件を探す方もいるそうです。お金さえ出せば条件ピッタリのものを買えるわけではないのが不動産。物件が出てくるタイミングもありますしね。
さらに、不動産業者曰く、不動産の購入は「勢いと縁。衝動買いもアリ」なんですって(笑)。

契約の意思を伝え、実際契約するまでのダンドリは、それまで散々待たされて、挙句にヤキモキしたにも関わらず、非常に早かったです。
2004年9月下旬。手付金と呼ばれる数十万円と印鑑を用意して、不動産屋さんに出向き、契約書を交わすことになりました。なぜか、いつもよりも気合を入れた服装で行ったのを覚えています(笑)。

重要事項の説明(重説)を受け、質問があればここでハッキリとさせたうえで、いよいよ契約書に署名・捺印。土地は夫名義にすることにしていたので、書類数枚に署名と捺印を頑張ってもらいました。隣で見ていた私も、なんだかチョッピリ緊張したものです。
結構たくさんの書類があったような気がしたけど、この後、銀行から融資を受けるときには、さらにたくさんの書類に署名・捺印することになったので、まだまだ序の口だったんですね。

手付金を支払い、つつがなく終了…。
なんだかひとつ大人になった気分でした(笑)。

っと、ここで安心している場合ではなく、これから銀行から融資を受け、残金を支払い、権利書を取り交わすまでが1ヶ月。まだまだやることは続きます…。

借金天国!へ続く
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月14日

『ここに惚れこんでくれた人に譲りたかった』

テーマ:家を建てる!?~土地購入~
もうここしかない!!
からの続き

もう返事ふたつでこの土地の購入を決めた私たちですが、この土地は当時上下2分割される予定でしたので、もう一方の購入を希望する方を待つことになりました。

ところが、待っても待っても、もう一方が決まらない!
私たちは上段を希望したので、下段の購入を希望する方がいれば良かったのですが、なかなか現れない…。確かに、上段からこの景色を見ちゃったら、下段を希望しないですよね、フツー。

そうして待つこと、3ヶ月を迎えた頃でした。夕方、デパートでのんびり買い物をしていた私の携帯に、夫からこんなメールが。
『もうあの土地は無理かもしれない』

えぇええええ~~~!!??
なんで??どうして???


帰宅後、夫は、それはもうショックを隠し切れない様子でした…。詳しく話を聞いてみたら、どうやらこの土地、分割せずに一括で欲しいという方が出てきたとのこと。一括で購入したいという方がいれば、分割するという案は消えてしまいます。
私たちじゃこんな大きな土地買えないよぅ…。

もうその時は、ゼッタイ無理だって思いました。でも、諦めきれない!!
どうしてもここに住みたいという強い気持ち、これを理解していただきたい一心でした。

夜、遅い時間だったにもかかわらず、営業マンさんに即電話。そうして、価格も含め、売主さんに交渉していただけることになりました。
この時、話を聞いてくださった営業マンさんには、今でも本当に感謝しています。何よりも、私たちがここに惚れこんだ気持ちを理解してくださったのが、本当に嬉しかったです。

数日後、営業マンさんから連絡があり、正式に私たちはこの土地を契約することに決まったのでした。

「ここに惚れこんでくれた人に譲りたかった」という粋な売主さん。私たちの気持ちは伝わったんですね。

ひとつ大人になった日…?へ続く
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月08日

もうここしかない!!

テーマ:家を建てる!?~土地購入~
この景色を見た瞬間、私たちの気持ちは決まりました

それは突然…からの続き

その日は朝から快晴で、夏を思わせる陽気の日曜日。前の週に舞い込んできた業者からのメールを頼って、物件を見せてもらうことになりました。

車が入らないような、細い坂道を少しだけ登ったところに、ここはありました。
「上からの眺め、キレイですよ」
そう言われて登ると、眼下にはこの景色…!!

「ここに決めます」
即答でした。

ここの土地は、その多くが傾斜地。登記簿上でも4分1は山林なんです。
この時の営業マンさんの話では、ここを上下に2分割して売却する予定ということでした。下の段になったとしても、文句のつけようがない景色を望めるのですが、私たちは上の段を希望しました。2分割するにあたって、売主さんには同時に話を進めたい、という営業マンさんの言葉に従い、ここに決心した後、私たちは数ヶ月間待つことになりました。

『ここに惚れこんでくれた人に譲りたかった』へ続く…
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年03月08日

それは突然…

テーマ:家を建てる!?~土地購入~
不動産を探し始めて4ヶ月ほど。私は長期戦を覚悟していました。そもそも、そんなに条件にピッタリで、二人の意見が一致する物件なんて、そう簡単には見つけられないだろうなぁ…と思っていましたし。予算のこともあるし、焦らずに決めていけばいいかなって思っていました。

ところが、それはあるとき突然やってきました。
夫がアチコチの不動産業者に出していたメールへの返信がきっかけでした。

「一度見ていただきたい物件がございます。週末にでも現地へいらっしゃいませんか?」

と、こんな内容だったと思います。こういった返信は、それまで何社からかはいただいており、そのたび足を運んでいましたので、この時もさほど気にも留めていませんでした。一応、物件の大体の場所を聞くと、ピンとくるものが…。
場所は、まさに探し求めていた、海沿い。しかも、相当見晴らしも良さそう…。これは相当期待できそうな予感がしました。
心配していた価格の件は、現状の土地を二分割してそれぞれを売却する案が出ているため、私たちの予算内でおさまりそうでした。

ただし、軽自動車以外の車は入らない場所とのことでした。でも、これは、近隣で駐車場を借りればどうにかなりそうだったので、さほど気にしませんでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月02日

ウチのダンナ、結構しつこいんです…。

テーマ:家を建てる!?~土地購入~
ウチのダンナ、結構しつこいんです…。

これは、不動産探しをしていた頃の感想。あしからず(笑)。しつこいというか、執念深いんです。
コレは、物件が決まるまで、そして現在もたびたび感じていることなのですが。良く言えば、マメってことなのかなぁ?

不動産業者には休日のたび飛び込みで行っていましたが、並行して、夫は私たちが希望する地域にある業者へひたすら「物件情報を下さい」という旨のメールを送り続けていました。ネットで検索しては送っていたようです。返事が来れば、怒涛の質問攻め。この方法で、とある業者の営業マンさんと出逢い、そこの仲介で契約までこぎつけたんです。

後で詳しく書こうと思っていますが、私たちが手に入れた物件、実は当初は手が届くには少しだけ上の価格だったんです。それを手に入れられたのも、夫のメール攻撃を始め、数々の粘り強さと執念により、売主さんが最終的に折れたんだと思います(笑)。
でも、誤解がないように書いておきますが、決して「こうしたから私たちは値引きできた」ということではなく、あくまでも、業者の営業マンさんとのコミュニケーションがうまくいっての成果だと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月01日

運命の出逢い??

テーマ:家を建てる!?~土地購入~
不動産を探し始めて一ヶ月経つか経たないかの頃、私も夫も「コレだ!」という物件にめぐり逢いました。結局、これは運命ではなかったのだけれど…。

それは、逗子からバスで約10分。とあるバス停留所で下車して、さらに山に向かって坂道を歩くこと10分弱。坂を登りきって、さらに細い路地に入ったところにある平屋の中古物件でした。高台にあるので見晴らしも良く、オーシャンビューとはいかないまでも、2階からは海が見えそうでした。私たちはそこを買い取って新築してしまおうと考えたわけです。
いくつか物件を見ているうちに、私たちの予算では海が見える物件なんてムリ…と思い始めていた頃だったので、手が届きそうな価格のその物件は、まさにうってつけでした。車は入らないけれど、近くで駐車場を借りればいいや、という気持ちにもなったんです。
アクセス悪さや急な坂道、駐車場がないなど、色々なマイナス点に目をつぶってでも、当時の私たちはそこが欲しくてたまりませんでした。

ただ、そこを新築するには色々な問題が山積みでした。
たとえば、接道幅が2メートルに満たないという点。現在の建築基準法では、公道に2メートル以上接していなければならないのだそう。行政から許可をもらうには、時間もかかりそうでした。
また、車も入らないということは、工事用の車両も入りません。資材の運び入れなど、すべて職人さんの手で行うことになるのだそうです。それは大きなコストアップにつながり、結果的に予算内で新築するのは難しいかも…という、ハウスメーカーの見解でした。

そうこうしているうちに、なかなか買い手が付かないため、売主さんも業を煮やしたのか、そこの物件を賃貸で貸し出すことになってしまいました。

私たちは泣く泣く諦めざるをえなかったのですが、今思えばそれも運命。
ひとつ失っても、またもっと素晴らしいものに出会える。
恋愛と一緒ですね(笑)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月27日

現地見学と平行して…

テーマ:家を建てる!?~土地購入~

不動産会社数社訪問し、現地見学をするとともに、注文住宅を建てるべく、平行してハウスメーカー・建築事務所の検討も始めました。


それから、ローンのこと。実際に、金融機関で開催される土日の相談会にも足を運びました。あとは、雑誌を読んだりネットで調べたり。一通りは行っていたかな。
実は、まだこの時点でも、私は家を建てることにあまり積極的ではありませんでした。ローンを背負うことも怖かったしね。また、なかなか希望の物件が現れないので、意気消沈していたのも事実。本当に建てられるのかな~って思う毎日でした。

ハウスメーカー(建築事務所)の検討
最初は、大規模ではないものの、私たち好みのテイストの家を建てる某ハウスメーカーさんで、と考えていました。実際にモデルハウスも見に行ったし。当初はそこで、と決めていたので、不動産屋さんから土地を紹介されると、まずはこのハウスメーカーの担当者に相談していました。
結局は、予算との兼ね合いで、そのメーカーさんにお願いすることはありませんでしたが、この時得た知識や希望などは、後に随分と役立ったのでした。
関連:どうか私たちの家を建ててください!


ローンのこと
避けては通れないお金のこと。
私たちは、贈与なども一切受けず、ふたりの預貯金とローンで家を建てるつもりでした。共働き夫婦ですから、そんなにお金なんてないんですけどね。
私は都内で働いていましたが、引越後、逗子・葉山あたりから通勤するとなると、結構タイヘン。そりゃ通えないこともないけれど、家事のほとんどは私がするので、現実的にフルタイムで働くのはチョット厳しい…。となると、退職することになります。退職したら収入もなくなるし、これから子供が出来てさらにお金がかかるようになるかもしれないし…。こんなことを考えてたら、怖くなったのも事実です。
ふたりの収入を合算すれば、金融機関からお金を借りるのも割と簡単なんです。ところが、今後のライフスタイルを考えると、そうそう大きな借金は背負いたくないし。話し合いの末、夫一人の収入で返済できる範囲でのローンにしよう、と決めました(当たり前のことだけどね)。
関連:借金天国!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。