2007年05月09日

泣いたら負けの…泣き相撲

テーマ:かぞく

GWの前半は葉山の自宅で過ごし、後半は、実家に帰省しておりました^^


実は、GWなどのハイシーズンには、めったに帰省しない我が家。

今回の帰省には理由がありました。


それは…


泣き相撲 取組!

毎年、岩手県花巻市で行われる「全国泣き相撲大会」。

もうすぐ生後9ヶ月になる甥っ子が、今年出場することになったので、その応援に駆けつけたというわけです^^


「泣き相撲」は、花巻市東和町の成島三熊野神社に古くから伝わる神事。

6ヵ月から1歳6ヵ月程度の豆力士が東西から「親方」に抱かれて土俵にあがり「ヨォヨォという親方の掛け声で、勝負を競います。

勝敗は、泣いた方の負け。

赤ちゃんによる「泣き相撲」という形になってからは、300年にもなるという、たいへん歴史ある行事です。


泣き相撲の開催は、春と秋の年二回(春場所・秋場所)。

1988年から、春場所を開催するようになり、全国各地、男女どちらの赤ちゃんでも出場出来ます。

一方、秋場所は、地元出身の男の子しか出場出来ません。


 

こちらが、私の甥っ子。


豆力士


豆力士の登場です^^

取組前、やや緊張気味。

土俵入りの前から、もう泣きそうな表情で、ちと心配(笑)。



第20回全国泣き相撲大会


東西、それぞれに分かれて入場。

まずは神社で成長祈願の祈祷をしてもらいます。



泣き相撲 取組!


その後、境内に設えた土俵に上がります。


土俵に上がるときは、拍子木がカーン カーンと打たれ、

「○○ちゃん、△△出身、××部屋」

と、ひとりひとり、名前を読み上げられます。

たとえば、「横浜市に住む山田太郎」という赤ちゃんならば、「太郎ちゃん、神奈川県横浜市出身、山田部屋」と、こんな感じで…。

ちなみに、今年、一番遠くからは、熊本県から出場した赤ちゃんもいました^^



そして、取組と取組の間には、大相撲でおなじみ…



懸賞幕!?


呼出しが、懸賞幕を持って土俵を一周します(笑)。


地元企業の広告ですね(笑)。

なかなかユニークでしょ?



さぁ、いよいよ甥っ子の出番。

「親方」に抱かれ、「ヨォヨォ」という掛け声でニラメッコ。

行司を務めるのは、九重部屋、元力士の影虎さん。


先制の一撃


甥っ子は、向かって右側、東方。


先制の一撃!

先に手を出したのは甥っ子でした^^;

しかし、いい勝負。

3回の掛け声にも、どちらも泣かず、結局、引き分け~。



甥っ子は引き分けに終りましたが、「暴れ泣き」「ムッツリ」「微笑み返し」「もらい泣き」など、とっても楽しい技や決まり手が次々と登場し、会場からは笑いが起き、誰もがあったか~い気持ちに包まれた、泣き相撲大会でした。


この後、土俵を降りた甥っ子。

ようやく緊張から開放されたのか、ギャンギャン泣き叫んだ後、スヤスヤと眠りこけてしまったのでした^^;

きっと、初めての人ごみにビックリしちゃったんだろうね。

お疲れさま^^


翌日、すっかりご機嫌の彼は…


参加記念品 子供だるま


泣き相撲大会の参加記念品、赤ちゃんダルマ(非売品)を見せにやってきました。

これからも、泣いて笑って、元気にすくすく育ちますように^^

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年06月19日

My Birthday!

テーマ:かぞく

先日、誕生日を迎え、私は30歳になりました^^

憧れていた(?)30代に突入です。


夫は、私の誕生日プレゼントにと、素敵なダイヤモンドのネックレスを贈ってくれました。


夫からの贈り物


私が知らない間に、ジュエリーショップへ出向き、購入してくれていたんだそう…。

エンゲージリングもそうでしたが、夫はいつもサプライズな演出をしてくれる、ロマンチスト。いつもいつも、感謝しているのは私…。

このネックレスのプレゼントも、とっても嬉しかったです。


そして、バースデーケーキは私が自ら購入(笑)。

今年は、食べきれるように、カットされた私が大好きなタルトを、サンデーブランチ で購入しました。


バースデーケーキ


マンゴーのタルトと、ミックスベリーのタルト

いづれも、お皿に溢れるほどの果物!サンデーブランチのタルトはフルーツがゴロゴロが特徴です♪

少し前までは、女性が30歳を過ぎると、「オバサン」なイメージが強かったと思うのですが、多くの方が、年齢を重ねることをプラスに考えるようになったのか、最近ではそういった傾向が少ないように思います。

私も、今や、若さ至上主義ではないと思っています。


年齢を重ねるたびに輝きを増し、常に素敵な女性であることが私の目標です^^

30代は、40代、そして50代…へと続く、まだまだ発展途上の世代。目標とする女性像に少しでも近づくために、毎日を大事に過ごしていきたいな。


AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005年05月08日

Mother’s Day

テーマ:かぞく

Wedingイメージ11

私たちが生まれた時の体重で作られたたテディベア

結婚式の日、母にプレゼントしました…

赤いリボンのクマさんは、私の出生時の体重と同じ3640グラム。

ちょっぴり大きめな赤ん坊だった私…きっとお母さん、抱っこするとき重かったよねぇ(笑)。


実は、私の母は3人姉妹の長女で、父を婿養子として貰った人。

生まれた時から蝶よ花よと扱われ、それはそれは大事に育てられた、お嬢さんだったそうです(笑)。そのため、祖父母の期待を裏切ることなく、社内恋愛の末、父を婿取りし、兄と私をもうけました。


家事や育児は同居する祖母に任せ、産後すぐに仕事に復帰、今なお現役で働く超お局OLの母。寡黙な父とは正反対で、オシャベリ大好きな人。思春期の頃、随分と口うるさく感じたこともありました。


母は昔から読書が好きな人で、そのせいかとても言葉を大事にする人です。兄や私を叱るときも、何かを諭すときも、言葉を選び、紡ぎ、一言づつ伝えてくれました。それがうっとおしく感じたり、なかなか素直になれなくて、困らせたこともあったけれど…。


やっぱり母には、不思議と何でも言えるんです。

嬉しいことも、悲しいことも…。

それらに、やはり言葉を選びながら答えてくれる。

私を励ましたり、時には叱ったり。

結婚前、母がくれた手紙の中に、

『貴女はいつまでも私の娘…』

と書いてありました。どれだけ心強かったか…。不安や悩みも、母がいればきっと乗り越えていける…。


思春期の頃には、随分と反発し、困らせて心配させて、「お母さんなんか大嫌い!」なんて言ってしまった事もあるけれど、

母とは、声が似てる…

話し方が似てる…

顔もやっぱり似てる…

親子なんだなぁ~って、ふとした瞬間に、思います。


母が言葉を大事にするように、私も家族や友達に、ちゃんと言葉を紡いで、何かを伝えていきたいな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月16日

私の大事な旦那様~♪

テーマ:かぞく
例年よりもスギ花粉の飛散量が多く、今年から発症する方も多いようですね。

そんななか、ついに夫も花粉症を発症したようです…。去年までは全然平気だったんですけどね。今月に入った頃から、クシャミが多くなって、鼻をかむときのティッシュペーパーの消費量もスゴイの。「花粉症だよぅ」って言っても認めないんですけど(笑)。ついに昨日は朝起きたときから「目がかゆいよぅ~」と、ゴシゴシゴシ…。
なんだかかわいそうなんですけど、あまりにも連続でクシャミをされると、「もうどうにかしてよ~」って感じです。ティッシュペーパーもこの間、安売りでたくさん購入してきました。この御代、お小遣いから天引きしようかなっと(笑)。


と、そんな夫なのですが、3月14日のホワイト・デーには、先月のバレンタインのお返しにと、大きなケーキを買ってきてくれました。

家族になってからは、バレンタインやホワイト・デーは、季節行事みたいなもの。ケーキやお菓子をふたりで半分こして食べたりしています。同じ家計からお金が出ていくわけだから、高価なプレゼントを贈りあうわけでもありません(笑)。

ちなみに、私は先月のバレンタイン・デーには、ちょっとしたサプライズを夫にプレゼント。いつものお弁当の包みの中に、ちいさなお手紙を入れておきました。「いつもお仕事お疲れ様」という感謝の気持ちを込めたもの。それから、通勤の帰りにちょっと高価なトリュフチョコレートを購入して、夫の帰宅後にプレゼント。トリュフチョコレートは、夫は毎晩宝物のように一粒づつ食べていました(笑)。

我が家も今日は夫婦円満です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月24日

豆柴

テーマ:かぞく
かぞくではないけれど。
これからかぞくになる予定。

引越して新生活が落ち着いたら、犬を飼おうと思っています。
飼いたい犬は、豆柴。色々調べてみたら、豆柴という犬種は存在しないみたいですね。小型の柴犬を「豆柴」というのだそう。

小型の愛玩犬が飼いたい私と、凛々しい日本犬がいい、と言う夫。お互いの意見を尊重して、「じゃ、豆柴かな」ということで決定。色は黒がいいかな。目の上にあるブチがなんとも愛らしくて凛々しいの。

名前ももう決めてるんです。「名前はどうしよう?」なんて、まだ見ぬワンコの話をしながら、最初は「シバちゃん」だの「まめちゃん」だの、そんなのしか思いつかなかったのですが、ある時、夫が「苺は?漢字が使えるようになったみたいだよ」と。
夫よ。それは人名用漢字であって、もともと動物には関係ないけど…。
でも、「苺ちゃん」という名前がかわいくて…。犬を飼ったら、苺と命名しようと思っています(男の子だったら違う名前にするかな…。

豆柴の「苺ちゃん」が、かぞくの一員になる日がとても楽しみです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月24日

父の誕生日

テーマ:かぞく
結婚式、父とバージンロードを歩きました。
思春期には随分と父に反発し、あまり口をきくこともありませんでした。進学を機に上京し、遠く離れて、初めて父の大きさを知った私…。
今では仲良し親娘です。帰省するたび、父とお酒を酌み交わせるのが本当に嬉しくて楽しいです。

2月23日は、父の誕生日。
今年で60歳。還暦です。
そして、父は長年勤めた職場で、定年を迎えました。定年といっても、父の会社では60歳を過ぎたら退職というわけではなく、本人の希望により、一年毎の契約社員になれるといいます。父は、契約社員として働くことにしたようです。

これまで父の日とか父の誕生日って、何もしなかった私ですが、60歳という年齢が感慨深くて、実家に電話することにしました。
いつもお風呂から出てすぐに寝てしまう父と会話するには、出来るだけ早い時間に電話しなくてはなりません(笑)。夜8時半頃に電話をすると母が出て、まだお風呂に入ったばかり、とのこと。しばらく母と他愛もない話をしつつ待っていると、父がお風呂から出てきました。

父:もしもし。
私:お父さん、お誕生日おめでとう。
父:おぅ。
私:お母さんからも聞いたけど、まだ仕事は続けるんだよね。
父:契約更改したよ(笑)。
私:でも、一つの区切りだから…。今まで一生懸命働いて、私たちを育ててくれてありがとう。感謝してる。これからも元気で頑張ってね。

電話する前から決めていた言葉。照れくさくて、一気に言ってしまいました。なんだか私のほうが胸がいっぱいになってしまいました…。

今度実家に帰る時は、父の大好きなお酒でも買っていこうかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。