『ひどい物忘れ』や要介護にならないために認知症予防 認知症サプリメント教室監修

フェルラ酸サプリメントは米ヌカの力,米ぬか,コーヒー,玄米,フェルガード,プラズマローゲンのフェルラ酸成分,NHKの「ためしてガッテン」で認知症状,痴呆症,アルツハイマー,最新,予防


テーマ:

物忘れがひどいのは60代、70代だけ?若い世代も危険な物忘れの症状

物忘れがひどい

「物忘れが多くなったな~」と最近感じることがありませんか?
・たまに同じことをたずねたり
・しまった物の場所を思い出せなかったり
・名前を忘れてしまったり
このような経験は珍しいことではありません。
記憶は年齢ともに機能が低下していきます。ですが、急に「忘れる」事が多くなってきているとしたら、病気が原因かもしれません。


ひどい物忘れだけど心配ない物忘れ?物忘れと年齢について

人は年齢を重ねると物忘れが増えてきます。ですが、ほとんどの物忘れは限定された事柄であり、日常生活にはほとんど大きな害はありません。簡単に言いますと「笑い話」の範囲であり、他人に迷惑をかけることも少ないのです。では、年齢を重ねると物忘れが増えてくるのでしょうか?

加齢による物忘れ

おじいさんが「アレ取って」言うと、おばあさんが「コレね」と渡す光景みたことないですか?側から見ると超能力者の会話です。ですが、その夫婦にとっては日常会話でしかありません。このケースにおいては、おじいさんは正しく欲しい物を認識しています。ただ、物の名前が出てこないだけなのです。これは、加齢による物忘れであり、「存在は覚えているのにただ名前が出てこない」だけなので心配のない物忘れです。人の記憶力は二十歳をピークを低下してしまうので、物忘れがでてくるのは仕方がないことなのかもしれません。特に日本人の平均寿命が伸びたのは明治以降の近代化によるものも大きいようです。明治時代の平均寿命は40歳位、戦前でも50歳位とされています。現代の日本人の平均寿命は男性で80歳程度、女性は86歳程度で推移しています。世界でもトップクラスの長寿国で、と同時に「超高齢化社会」を構成している原因でもあります。人間の生物学的な寿命は40歳~50歳であり、現代の長寿は医学の発展によるものが大きいのです。そう考えると記憶力が二十歳でピークを迎えるのは生物学的にはなんら不思議ではないのです。平均寿命が伸びることで、記憶力のピークを過ぎた人が増加することになることから、物忘れが多く出てくるのも仕方がなく、高齢者に物忘れが多いのも自然の摂理です。今までは普通の「物忘れ」ですが、実は危険な「物忘れ」も存在します。

普通の物忘れと危険な(ひどい)物忘れ

物忘れには「普通の物忘れ」と「危険な(ひどい)物忘れ」があります。今までお伝えしてきたのは、加齢による物忘れであり、先述しましたが「仕方の無い物忘れ」です。しかし物忘れの原因が単なる加齢によるものではなく、病気が関連している可能性もあります。ここからは「ひどい物忘れ」「危険な物忘れ」について紹介いたします。


・『危険なひどい物忘れ その1』
自分自身がした行動・行為を忘れてしまう

よく「昨日何やったっけ?」「昨日の夕食何を食べたっけ?」等と考えてしまうことはよくあることです。大抵は少し考えた後で思い出したり、誰から「○○だったでしょ」と言われたりして、思い出すことができます。これは「普通の物忘れ」で、特に気にする必要性はないです。しかし、「いや、そのようなことはしていない」「覚えていない」等と、自分自身の行動・行為を忘れてしまっている場合は「危険な(ひどい)物忘れ」です。もっと簡単な例ですと、「今日のお昼ごはん何食べたの?」と急に質問されて答えられないのは単なる「普通の物忘れ」ですが、食事をしたこと自体を忘れるのは「危険な(ひどい)物忘れ」と言えるでしょう。「危険な(ひどい)物忘れ」は物忘れの内容よりもその行為を忘れてしまうことであり、同じことを何度も繰り返してしまうことがあるのです。また、約束の内容を忘れるだけでなく、約束をしたことを忘れてしまう人がいます。そのような人は「約束したでしょう」と言っても、約束した行為を覚えていないので全く話になりません。このような状態は病気が関係している危険な物忘れなのです。

・『危険なひどい物忘れ その2』
何度も同じことを話す

会話をしていて、同じ話をしてしまうことは何も珍しいことではありません、「普通の物忘れ」です。特に、正確に理解してほしい話や面白かった話等は何度も話してしまいます。しかしそれが何度も繰り返される会話であったとしたら、それは危険な(ひどい)物忘れかもしれません。例えば「○○が見つからないんだけど…知らない?」と聞かれて「知らないよ」と返答したのに、1時間位おきに同じ質問をされてしまいます。しつこいので「本当に知らりません!」と怒ってしまいましたが、質問した人は、「何で怒っているの?」とした表情です。これはなんども聞いたことを覚えておらず、初めて聞いたと思っている状態です。同じことを何度も話してしまう場合は、危険な(ひどい)物忘れかもしれません。

・『危険なひどい物忘れ その3』
物や人を忘れてしまう

「危険な(ひどい)物忘れ」には物や人等の存在自体を忘れてしまうことがあります。家庭で使用している洗濯機を例に挙げてみましょう。最近の洗濯機は使用方法も複雑なものあります。おまかせ機能を使用すれば簡単かもしれませんが、色々な便利な機能を覚えようとすると一苦労です。中にはそれらを覚えるのが苦手な方もいて、毎回苦労することもあると思います。ですが、使用方法だけでなく洗濯機そのものを忘れてしまったらどうでしょうか?「この洗濯機で手洗いでする場合の操作はどうだっけ?」は単なる「普通の物忘れ」ですが、「洗濯はどの機械でやるの?」は洗濯をする機械を忘れている「危険なひどい物忘れ」です。また人でも同じことが言えます。テレビのタレントさんの名前を覚えていないことはよくありますが、顔を見ても記憶にない場合は危険な物忘れと言えます。「SMAPの中居」さんを、テレビで見ると「えーと、SMAPのリーダーの…」と思い出せないことがありますが、これは悪い物忘れではありません。テレビで顔を見ると認識できるのですから単に興味がないだけです(SMAPファンの皆様ごめんなさい)。しかし何回もテレビで見ているのに人物を思い出せないのであれば、存在自体を忘れてしまっている可能性が高いと考えられます。友人や両親に声をかけても反応が薄い場合は、名前だけでなく存在を忘れているかもしれないので、その方は「危険なひどい物忘れ」が進行している可能性があります。


・「危険なひどい物忘れ その4」
日常生活でのいつも習慣を忘れる

人にはそれぞれ独自の習慣があるはずです。例えば嗜好や好みもその一つであり、コーヒーを飲む時に砂糖やミルクを入れるか入れないかまた量も生活習慣です。しかしいつもコーヒーに砂糖を入れていた人が、ある日突然入れなくなったらどうでしょう。当然「今日はブラックで飲みたいな」と思うことはありますが、コーヒーを飲む時の習慣を忘れていることも考えられます。料理の味付けが急に変化するのも、生活習慣を忘れたことが原因とも考えられます。味が濃くなったり薄くなったりするのは、もともと作っていた料理を忘れてしまうのが原因です。日常的に行われている動作・作業は習慣であり、頭で考えなくても感覚で行います。しかし、「危険なひどい物忘れ」の状態ではその感覚を忘れ、どうすればよいのかを思い出すことができなくなるのです。

・「危険なひどい物忘れ その5」
行動が不可解になる

サラリーマンや学生の中には毎日決められた時間に出かけて、帰りも同じ電車で帰ってくる人が多いのではないでしょうか(わたくしは行きは同じでも、帰りはまちまちですが…)。例えば、毎日会社の帰りには、降りる駅で奥さんに電話を入れるのが習慣でした。「今駅に着いたから」と自宅の奥さんにいつも通りに電話をしました。奥さんは「あと15分位で帰るわ」と思い、お風呂の準備をしながら待っていても今日はなかなか帰ってきません。心配して外の様子を見ているといつもより遅い30分もかかって帰ってきたのです。奥さんは旦那さんに理由を聞いたのですが、その返事が曖昧でよく解らないのです。「いつもどおり歩いたのだが、道が解らなくなってウロウロしてしまった」と旦那さんは答えたそうです。「ちょっと疲れがたまっているのかな」と言う旦那に奥さんは少し不安を覚えました。通勤ルートは毎日通う道であり、本来であれば間違うことや忘れてしまうことは考えられません。しかしこの旦那さんは道を忘れてしまい、迷子になっていました。いつもは何も考えなくてもできる行動ができなくなると「危険なひどい物忘れ」かも知れません。この症状が進むと電車・バス・地下鉄の降りる駅や、自宅まで忘れてしまうこともある「危険なひどい物忘れ」状態なのです。


・「危険なひどい物忘れ その6」
気分の落ち込み

日常のストレスによる精神的な負担によって精神疾患を引き起こすことが最近の日本でも珍しくありません。「不眠・睡眠障害」「摂食」「不安」等、精神疾患の症状は様々ありますが、その多くが元気もなく気分も沈んだ状況にあるのです。そしてこのような精神状態の中で物忘れも進行します。例えば約束をしても約束を忘れてしまい、それを言っても思い出すことができません。精神的に不安定ですと、さらにその不安が増してしまい症状はより悪化してしまい、約束することをためらってしまうのです。そして引きこもりへ繋がり精神疾患が進行してしまいます。気分の落ち込みと共に物忘れが多くなる場合は、「危険なひどい物忘れ」かも知れません。「危険なひどい物忘れ」は単なる「普通の物忘れ」とは違います。簡単に考えないで症状を把握することが必要です。


「年齢のせいかな」だけじゃないと思ったら…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは(^.^)
みなさんお盆はいかがお過ごしですが?

今日は最近テレビでも話題になったアロマセラピーが認知症予防に効果的というお話をご紹介します。
 
アロマセラピーは、精油がもたらす香りで、穏やかな気持ちになったり、元気になったり、ほっとリラックスできたりなど、メンタル的な癒しの効果が高いことで人気のリラクゼーション法です。


アロマセラピーと認知症は一見関係性が内容に思われますが、実は香りの効果が認知症の予防に役立つ可能性があると最近の研究で実証されました。




脳と香りの関係
人間には、「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」という五感があります。
 
この五感のなかでも、嗅覚だけは他の感覚と違って、食欲などの本能を司る大脳辺縁系へ直接届きます。

大脳辺縁系は、記憶の倉庫と言われる海馬や受けた刺激によって反応する扁桃体などを含んでいるため、香りの刺激がこれらの部分に強いインパクトを与えます。
よく「懐かしい香りがする」「香りで思い出が蘇ってきた」などと言いますが、嗅覚によって思い出される記憶は他の記憶に比べて鮮明に強く残っているためと言えます。



なぜアロマオイルは認知症に効果があるのか?

これまでは認知症を発症すると、まず「海馬(かいば)=記憶を司る脳神経」がダメージを受けると考えられていました。
しかし、近年の研究で、海馬に直結した「嗅神経(きゅうしんけい)=嗅覚を司る神経」が最初にダメージを受けるとわかってきました。

嗅神経のダメージが少しずつ海馬に伝わり、記憶機能を破壊しながら脳全体の機能を低下させていく、それが認知症を発症するメカニズムだったのです。
つまり、その嗅神経のダメージを軽減・修復できれば、認知症の予防や改善は不可能ではないということです。


認知症予防にアロマを活用する
認知症の予防・改善が期待できるとされるアロマオイルとその使用法についてご紹介します。
認知症予防・改善には、化学合成された香りでなく、天然のアロマオイル(精油)を使うことがポイントです。
精油とは植物から丁寧に抽出された100%混じり気のないピュアオイルのこと。
アロマグッズの中には、化学的に似たような香りをつけた商品もありますが、嗅神経を効果的に刺激するには植物由来の成分は化学合成物には含まれていません。
必ず天然由来の精油を使いましょう。


(1)昼用(日中用)のアロマオイル
 ●集中力を高める効果が期待できるローズマリー2滴
●気持ちを高める効果が期待できるレモン1滴

このふたつのオイルをブレンドして、アロマ用のペンダントに染み込ませて、できれば「午前中」に「2時間以上」香りを嗅ぎます。



(2)夜用のアロマオイル
●安眠効果が期待できるラベンダー2滴
 ●リラックス効果が期待できるオレンジ1滴

このふたつをブレンドして、枕元に染み込ませたものを置くかディフューザーなどで香りを拡散させ、「就寝1時間前から」「2時間以上」香りを嗅ぎます。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

認知症は予防できる?

「絶対にこの方法で、認知症にならない」という方法はありません。。しかしながら最新の研究結果から「どうすれば認知症になりにくくなるか」ということは少し判明してきています。認知症予防の方法と対策は、大きく分ける2種類です。毎日、認知症になりにくい生活習慣を行うものと、認知症で落ちてしまう3つの能力をトレーニングで鍛えるものとがあります。この「生活習慣の改善」と「認知症予防トレーニング」を長く長く続けていくことで、認知症を発症せずに暮らせたり、認知症を発症する時期を遅らせたりできる可能性が高くなるのです。


認知症になりにくい生活習慣

認知症の原因の約6割を占める「アルツハイマー型認知症」の発症には、生活環境の影響が大きく関わっていること分かっています。脳の状態を良好に保つためには食習慣や運動習慣を認知症になりにくいように変えることです。認知機能を重点的に使うためには、多くの対人接触を行うことや知的行動習慣を意識して、毎日をすごすことが重要との研究結果があります。


次に其々の対策の具体的な例をまとめましたのでご参考にしてください。

1.食習慣   野菜・果物・玄米・フェルラ酸・ビタミンC、E、βカロチンをよく食べる。DHA・EPAを含む魚をよく食べる。ポリフェノールを多く含む赤ワインなどを適量飲む。

2.運動習慣   週3日以上のウォーキングなどの有酸素運動をする。
3.対人接触   人とよくお付き合いをしている。
4.知的行動習慣   文章を書く・読む、ゲームをする、美術・博物館に行く など。
5.睡眠習慣   30分未満の昼寝 起床後2時間以内に太陽の光を浴びる。

認知症にならないためには

認知症で落ちる3つの能力の鍛え方

認知症になる前段階で落ちる脳機能を集中的に鍛えることは、発症を遅らせるための効果的な方法であるということが最新の研究結果で分かってきました。認知症に至る前段階では、通常の老化とは異なる認知機能の低下がみられます。この時期に最初に低下する認知機能が、「エピソード記憶、注意分割機能、計画力」です。この「エピソード記憶、注意分割機能、計画力」を意識的に・重点的に使い、機能を鍛えることで認知機能の低下を予防します。下図に、其々の機能の簡略的ですが鍛え方をまとめましたのでご参考にしてください。


  機能   内容   鍛え方
エピソード記憶 体験したことを記憶として思い出す 2日遅れ、3日遅れの日記をつける
レシートを見ないで、思い出して家計簿をつける
注意分割機能 複数の事を同時に行う時、適切に注意を配る機能 料理を作るときに、一度に何品か同時進行で作る
人と話をするときに、相手の表情や気持ちに注意を向けながら話す
仕事や計算をテキパキと行う
計画力 新しいことをするとき、段取りを考えて実行する能力 効率の良い買い物の計画を立てる
旅行の計画を立てる
頭を使うゲーム(囲碁・将棋・マージャン等)をする
やり慣れたことでなく新しいことをする


つぎに、認知症を予防するためにはどのようなことに気をつければ良いか、また認知症患者を介護する心構えをご紹介します。 認知症はその原因が明確に究明されたわけではありません。 特にアルツハイマー型老年認知症では、確実な予防法というものがないのです。


認知症予防10か条

1.塩分と動物性脂肪を控えたバランスのよい3食の食事をする
2.適度に運動を行い足腰を丈夫にする
3.飲酒とタバコはやめて、規則正しい生活をおくる
4.生活習慣病(高血圧、肥満など)の予防・早期発見・治療をする
5.転倒に気をつける、特に頭の打撲は認知症になる危険度が大きい
6.常に興味と好奇心をもつようにする
7.考えや思いをまとめて表現する習慣をする
8.対人関係では細やかな気配りをして、良い関係を築く
9.いつも若々しく、おしゃれをすることを忘れない
10.落ち込んだり、くよくよしないで明るい気分で毎日を過ごす


認知症介護10ヵ条

1.【コミュニケーション】語らせて微笑みうなずきなじみ感
2.【食事】工夫してゆっくり食べさせ満足感
3.【排泄】排泄は早めに声かけトイレット
4.【入浴】機嫌みて誘うお風呂でさっぱりと
5.【身だしなみ】身だしなみ忘れぬ気配り張り生まれ
6.【活動】できること見つけて活かす生きがい作り
7.【睡眠】日中を楽しく過ごさせ夜安眠
8.【精神症状】妄想は話を合わせて安心感
9.【問題行動】叱らずに受け止め防ぐ問題行動
10.【自尊心】自尊心支える介護で生き生きと


認知症の予防についてお伝えしてきましたが、最も重要なのは早い時期に根気強く予防対策を行うことです。認知症チェックテストを、年に1回以上受けることで、定期的に認知機能のチェックを行うことをおすすめします。認知症は本人のみならず、ご家族にも身体的、精神的、経済的に大きな負担がかかり、更に医療、社会、経済的なサポートが必要となります。軽度認知障害(MCI)の段階での早期発見・治療を行うことにより、ご本人とご家族がご本人の意思を尊重する形で将来の事をゆっくりと考える時間が出来るため、ご本人を支援する態勢を整え、備える事ができます。

認知症か物忘れか   

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。