『物忘れ』がひどい・激しいなら対策と防止を 40代物忘れサプリ教室

『物忘れがひどい、激しい』なら今から対策と予防を!フェルラ酸サプリメントは米ヌカの力。「激しい、ひどい物忘れ」はストレス、健忘症、うつ病、認知症かも。


テーマ:

こんばんは。最近認知症についてのテレビ番組を見る機会が多くなってきましたね。
厚生労働省は、認知症を患う人の数が2025年にはなんと700万人を超えるとしているそうです。


今日は認知症になりやすい人の特徴についてご紹介します!

1. 仕事や家庭などのストレスが多い
脳内のストレスホルモンのレベルが慢性的に高い状態が続くと、アルツハイマー型認知症にかかるリスクが上昇するそうです。
ストレスを感じた時に高まるストレスホルモンは脳内活動を阻害し、ストレスホルモンのレベルが慢性的に高いと、アルツハイマー型認知症の進行を早めてしまいます。

2. 睡眠が上手にとれていない
グッスリ眠れない、いつも寝不足気味、睡眠時間がうまく確保できないなど"睡眠障害"で悩んでいる人々は、認知症になる危険性が高くなります。

3. 中年期の運動不足
比較的軽いエクササイズにもかかわらず、40代で心臓がバクバクしていた人は、60歳時点で通常より脳ミソの量が少なくなっているそうです。
特に有酸素運動は、高血圧やコレステロールのレベルを下げ、脳血流量も増すため認知症の発症リスクを下げてくれます。

4. 歩く速度が遅い
歩くスピードが遅かった人は、速かった人に比べて認知症の発症リスクが1.5倍も高いという研究結果があります。


5. 歩幅が狭い
4と似ていますが、高齢者を歩幅が『狭い人』『普通の人』『広い人』と分けたとき、普通に歩いたときの歩幅が狭い人は、
歩幅が広い人に比べると3.4倍も認知機能の低下が起こりやすく、認知症リスクが高くなります。

6. 大量飲酒の習慣・飲酒による問題行動の経験がある
飲酒を軽度にとどめるか、あるいはまったく酒を飲まない男性と比べて、大量にアルコールを飲む男性は、最大で6年も早く認知障害の徴候を示すことが最近の研究でわかりました。

7. 揚げ物をよく食べる
高温で調理された食品に大量に含まれる物質"飽和脂肪酸"を多く含む食品を摂取している人は、アルツハイマー型認知症の特徴である、脳の老人斑を発生させるリスクが高くなります。

8. 皮肉屋で他人を信用しない
「人は利己的な関心だけでしか動かない」「誰も信用できない」と強く信じている人は、それほどでもない人の約3倍も認知症になるリスクが高いことがわかりました。

9. 社会的に孤立している
同居人以外との交流が週1回未満のお年寄りは、認知症になるリスクが、毎日頻繁に交流している人より約1.4倍高いそうです。

10. 歯の状態が悪い
特に歯がほとんどない人は認知症の発症リスクが1.9倍になることが明らかになりました。

 

安心安全の国内製造イノシトール&フェルラ酸

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

認知症は脳の病気であり、いくつか押さえておくべき、患者への接し方のコツがあります。
今日は認知症の方との接し方、どのように対応していくべきかを具体的にまとめました。 


・介護の基本
具体的には、ケアの場面で相手の話を十分に聴き、気持ちを支えることが大切です。

今どうありたいのか、何をしたいのかを理解し、認知症の人の感情・行動の意味などをくみ取り、
ケア提供者は身体言語を活用して表現します。


・名前を呼ぶ意味
認知症になったからといって人はプライドを失いません。
名前はその人が生まれたときから使っているものです。
呼んでもわからないと勝手に介護者が判断して、名前も呼ばずに食事を用意したり、排泄の世話をするなどしがちですが、まず「○○さん」と声をかけることよってあなたの為に作った食事ですよ。という気持ちが伝わります。
敬意をもって接することでその気持ちは相手にも伝わります。

質問の意味
開かれた質問をし、会話を広げ、話を聴くかかわり姿勢をもつことも大切なことです。
この開かれた質問とは、「何が~?」「なぜ~?」「どのように~?」などで始まる質問であり、一言二言では答えられず、対象者が主体的に話しをする形で展開するものです。

対象者が認知症の場合、開かれた質問を避け、どうしても簡単で単調な返答を求めがちになります。
開かれた質問を多くすることを心がけ、心に沿えるケアを展開したいものです。

かかわる意味
例えば「家に帰りたい」という人に対してどんな気持ちであるのか推し量り、「会いたいですね」「心配ですね」など不安な気持ちや感情に共感するような言葉かけを行うことです。

 認知症ケアではよく「ありのままを受け止める」「あるがままを受け止める」といわれますが、具体的にかかわらない限り、ありのままを受け止めることは難しいでしょう。周辺症状で悩む対象者を外側から眺めているだけでは、ありのままは受け止められません。
しっかりとかかわり、相手の気持ち・感情をお互いに確認して初めて「ありのままを受け止めらえる」と考えます。

共に行動する意味
「行動を共にする」、それは対象者に寄り添い歩く、共に食事をつくる、外出するなどが挙げられます。
ケア提供者は、対象者が今何をしたいのか、どう動きたいのかという気持ち・感情に沿う形で行動を起こしていきます。 

たとえば対象者が今横になっていたいのに、ケア提供者が「起きて一緒にお茶を飲もう」と誘います。
横になってばかりいたら、寝たきりになってしまうとはいいますが、それでは、対象者は起きる気にはならないでしょう。

必要なのは、「起きてくれない対象者をどう動かそうか」ではなく、「どうしたら起きてお茶を飲みたい気持ちになってくれるのか」を視野に入れた行動です。

認知症の方への接し方の基本は、

・慌てずに、相手の意志を探る
・本人の尊厳を守る


この2点がとても重要です。
認知症の人は自分たちとは違う存在。同じことができなくて当たり前、と決めつけないようにしましょう。

 

自立の方も介護が必要な方も人生を楽しめるサービス付き高齢者向け住宅/ユーライフメゾンみなみの風

 

国内生産イノシトール&フェルラ酸サプリメント「米ヌカの力PREMIUM」初回限定

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

認認介護とは

老老介護の中でも、認知症の要介護者を認知症の介護者が介護していることを認認介護といいます。事故が起きやすい危険な介護状況の一つです。
2010(平成22)年に山口県で行われた調査と推計では、県内で在宅介護を行っている世帯の10.4パーセントが認認介護状態にあるとされました。
元々認知症は要介護状態を招く原因の上位に入っているため、高齢の要介護者には認知症の人が多いという現状があります。そうした事情を考えてみると、老老介護がやがて認認介護状態になるのはそう珍しくないことがわかるでしょう。

物忘れが激しい

山口県の数字も「推計」である通り、老老介護の中には、「自分に認知症の症状がある」という自覚が無いまま介護を続けている人もいると考えられ、その割合や実態はつかみにくいものです。

認認介護の問題点

認認介護でまず起こり得るのは、認知症による記憶障害や判断力・認識力の低下により、食事や排せつその他の必要な世話をしたかどうか、介護者にもわからなくなってしまうことです。認知症には「食欲の低下」という症状があり、自分で気付かないうちに低栄養状態に陥ることも考えられます。体力の衰えている高齢者には、低栄養状態は危険です。
 水道光熱費などの支払いを忘れて、生活環境を維持できなくなることもあるでしょう。

金銭の管理が曖昧になると悪徳商法や詐欺のターゲットになりやすいですし、火の不始末による火事や、徘徊中の事故も心配です。

認知症の要介護者は、介護を強硬な態度で拒むことも多く、拒否されたほうが「なんとかしなければ」と力づくになってしまい、事件や事故につながることもあります。認知症の介護者が、自分が何をしているのか認識できないまま加害者になってしまうケースです。


認認介護が気になったら…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。