『物忘れ』がひどい・激しいなら対策と防止を 40代物忘れサプリ教室

『物忘れがひどい、激しい』なら今から対策と予防を!フェルラ酸サプリメントは米ヌカの力。「激しい、ひどい物忘れ」はストレス、健忘症、うつ病、認知症かも。


テーマ:

認知症の恐ろしさは、本人の人格を崩壊させ、家族に介護の負担を強いることだけではありません。ほかの病気を誘発するリスクや、詐欺などのトラブルに巻き込まれる危険もあるのです。


認知症を合併しやすい病気

70歳以上の高齢者の5人に1人はすでに罹患しているか、予備軍であると言われるほど、国民的な病となっているのが糖尿病です。糖尿病と認知症には深い関係があります。

糖尿病の合併症には、腎症や網膜症などが挙げられますが、認知症も急激に増えていることが話題となっているのです。糖尿病の方が認知症を発症する確率は、糖尿病でない方と比べると、アルツハイマー型も脳血管型も2倍近く、特に腎症や動脈硬化が進んでいる糖尿病患者の場合は、認知症の発症リスクが非常に高いそうです。

その逆として、認知症を発症している人が、糖尿病にかかりやすいという調査結果も出ています。糖尿病と認知症という国民的な病は、相互に深くかかわっているわけです。どちらについても、注意深く予防する必要があるようです。


認知症の方が陥りやすい日常的な危険

特に一人暮らしの認知症患者が巻き込まれやすいトラブルとして、訪問販売や電話による振り込め詐欺などが問題となっています。

一部の調査によると、認知症のお年寄りの約9.5%がすでに詐欺や詐欺未遂の被害に遭ったと報告されていて、認知症ではない高齢者と比べると7.6倍もの高リスクだと言われているのです。

認知症の方でも、食事や排せつなど日常行為に支障がない場合は、一人暮らしの方や昼間は家に一人で居る方も多く、訪問販売や振り込め詐欺の被害に遭いやすいのです。訳も分からぬまま高額のリフォーム契約を結んでしまったり、必要のないものを大量に購入してしまったりという話が後を絶ちません。

物忘れがひどい
徘徊による行方不明者も

認知症の症状のひとつ、“徘徊”によって行方不明になってしまうケースも急増し、問題となっています。ふらっと出かけたまま自宅へ戻れなくなってしまうお年寄りもたくさん保護されていますし、高速道路や自動車専用道路に迷い込んでしまう人など、危険なケースも多数報告されています。

一説によると、認知症やその疑いがある方が行方不明になってしまう数は、年間で1万人を超えているとか。中には、徘徊しているところを自治体や警察などに保護され、身元が分からないまま介護施設などで生活している方もいらっしゃるそうです。


【フェルラ酸サプリをまだ試したことが無い方は】

【フェルラ酸米ヌカの力のお得なお買い求め方法】
『フェルラ酸まとめ買い』
『定期的にフェルラ酸をお届けコース』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前頭側頭型認知症ぜんとうそくとうがたにんちしょう(ピック病、

Frontotemporal dementia、FTD)という病気をご存知ですか?


前頭側頭型認知症とは、認知症の1つです。
アルツハイマー病とは別タイプの、実際は初老期発症が多い認知症疾患として独立命名されました。


前頭側頭型認知症(ピック病)の特徴として、感情や思考などの精神作用を支配する前頭葉が萎縮するため感情の抑制がなくなり犯罪や反社会的な行為を行ってしまうことです。
アルツハイマー型では人柄には大きく崩れずに、物覚えが悪くなったり、物忘れが激しくなるということで気付かれるのに対し、ピック病は記憶力は保たれているのに人格、性格が極端に変わっていってしまいます。


また、前頭側頭型認知症の患者の多くは、64歳以下で発症する若年性認知症であることも大きな特徴です。


例えば、”40~50代の社会経験豊富な大人が、何の悪気もなくスーパーなどで万引きしてしまった”といった問題行動も前頭側頭型認知症(ピック病)を原因とする症状の可能性があります。


このような反社会的行動は、前頭側頭型認知症(ピック病)という病気が原因である為、当然本人に責任能力はありません。

しかし、ご家族が、病気の存在について気づかずにいた場合は、ただ目の前の出来事に唖然としてしまうことでしょう。



ピック病疾患は発病すると、着実に急速に進行します、症状と疾患の進行状況を見ながら、看護とともに監視と援助が必要になります。

家族がピック病にかかってしまった場合には、1人で悩まずに支援グループなどの力をかりましょう。




【フェルラ酸サプリをまだ試したことが無い方は】

【米ヌカの力のお得なお買い求め方法】
『まとめ買い』
『定期的にお届けコース』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近では、ネコカフェとかドッグランなどのペット専用ともいってよい色々な施設を見かけるようになりました。
認知症予防にペット

多くの家庭では、ペットという範囲を超えて、家族の一員としての存在にまでなっています。ペットにかけるお金に糸目をつけない人も多くいるようです。

また、ペットを中心として、人と人との絆が深まることも少なくありません。はじめはただ可愛いからと飼い始めたものが、時間がたつにつれて愛情がわいてきて、一緒にいるだけで心が穏やかな気持ちになったりしてくるから不思議なものです。

そのような事も理由なのか、ペットを飼うと認知症の予防に役立つと言われています。

猫が認知症になったら


ペットに愛情を感じるという、この感情は、脳の中にあるミラーニューロンという神経細胞の働きによるところが大きいと言われています。ペットの側も好き嫌いの感情を持つかどうかはわかりませんが、飼い主である人間には心・感情が存在します。この心の原型がミラーニューロンと言われるものです。


犬と認知症

この神経細胞は脳の前頭葉にあり、相手の身振り手振りを物まねするように働きます。ミラーニューロンで相手の動作をまねることにより、相手の気持ちや行動を予測することができます。これが心の原型であると言われているのです。人は、このミラーニューロンによって心・感情を発達させてきた…といっても過言ではありません。


認知症にもなる猫

人間はペットを見た時、そのペットの仕草をミラーニューロンと以前からの記憶によって照合させて、ペット自体に心があるように感じているのです。そういった意味では、ペットはぬいぐるみでも良いといえますが、自発性を持って活動するという点では、本物のペットの方が優れています。
また、ペットとのふれあいがもたらす人の心身への効果についての研究も進んでいます。


・ ペットと共に生き生きと

・ ペットは高血圧患者のストレスを軽減する
・ ペットを飼っている人は心臓病になりにくい
・ 子どもはペットと遊ぶことから思いやりの心を養う
・ お年寄りの健康に良い結果をもたらす

など、さまざまな症例が報告されています。


猫の認知症

ペットと一緒に過ごす事で愛情を感じ、心や感情が穏やかになる事で、血圧や心拍も安定するのでしょうか。

犬や猫を飼うと、特に犬の場合は散歩に連れて行かなければなりませんので良い運動になります。これは体力の低下を防ぐ意味でも役立ちます。また、同じ犬を飼っている人との交流も生まれてくるでしょう。そのようになる事で、心身が活発になり、同時に脳の活動も活発になってきます。活発にならざるを得ませんね。
いずれにしろ、飼い主とペットとの心の交流が日常の生活に充実感をうみだし、認知症予防に役立つのだといえそうです。


ペットを飼うことはアルツハイマー病など認知症の予防効果が大いにあると思います。


【フェルラ酸サプリをまだ試したことが無い方は】

【米ヌカの力のお得なお買い求め方法】
『まとめ買い』
『定期的にお届けコース』

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。