『物忘れ』がひどい・激しいなら対策と防止を 40代物忘れサプリ教室

『物忘れがひどい、激しい』なら今から対策と予防を!フェルラ酸サプリメントは米ヌカの力。「激しい、ひどい物忘れ」はストレス、健忘症、うつ病、認知症かも。


テーマ:

親や配偶者に介護が必要になった時、

介護を担う介護者が、

働き盛りの40代、50代であるということはよくあります。


突然の介護に、仕事を取るか、家族の介護を取るか悩む方も少なくないかもしれません。

実際に介護離職した人の人数と理由についてまとめました。


家族の介護・看護で仕事を辞めた人はどれくらい?

最近、介護離職という言葉をよく耳にします。
40代以降、急に親に介護が必要になるというニュースを聞くようになりました。親や配偶者の介護が始まったことで退職を選択する人や、退職を余儀なくされる人が増えているとの報道もあります。


総務省の調査では、平成19年10月~24年9月で、介護を理由に退職した人はは48万7千人もいるとのことです。


それだけ多くの人が、介護を理由に仕事を辞めているのです。

介護で離職をする人の理由・なぜ仕事を辞めざるを得ないのか?

一体なぜ、こんなにも介護で離職をする人が多いのか?


その理由には、以下のような例があります。
・昔に比べて兄弟が少ないことで介護の分担できず、1人にかかる介護の負担が大きい。
■生涯未婚の男女が多く、配偶者の協力を得られない。
■共働き家庭が多く、就業している夫婦のどちらかが離職することが多い。
■体力的、精神的に両立ができない。

その他にも、自分の両親や配偶者の介護を他人に任せられないという責任感で離職を選ぶ人もいるようです。


家族に介護が必要になっても、早急に退職を選ばないでください。

一年間で約10万人以上の方が介護を理由に離職せざるおえない今、家族の介護が必要となったときに、仕事を辞めて介護をするというのも選択肢の1つです。 

しかし、一家の収入を担っている立場の方は、たとえ養うべき子供などがいなくても、まずは離職しない方法を選ぶことをおすすめします。

サービス付き高齢者向け住宅という選択があります。


介護は10年以上も続くこともあり、退職された方の中には、経済的に不安定になられる方も少なくないからです。

何年も介護をして、無事に看取った時には50代で再就職が難しく、生活を続けることが困難になる方もいらっしゃいます。

また、介護や看護にも費用がかかり、介護中に経済的に困窮してしまうケースもあります。


介護で退職するかどうか迷った時、すぐに退職するのではなく、まずは有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅という選択を考えてみるのも手です。サービス付き高齢者向け住宅の中には、親と同居できるのもあります。


サービス付き高齢者向け住宅


親の物忘れが気になったら…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

現在の研究では、認知症は完全にならない方法はありませんが、
生活習慣を見直すことによって認知症の予防はすることはできます。

認知症を予防する対策は大きく分けて2種類で、日々認知症になりにくい生活習慣を心がけるものと、
認知症で落ちる3つの能力を簡単なトレーニングで鍛えるものとがあります。
これらを長く続けていくことで、認知症を発症せずにすごせたり、認知症になる時期を遅らせたりできる可能性が高まります。


認知症の原因の約6割を占めるアルツハイマー型認知症の発症に、
生活を取り巻く環境の影響が大きく関わっていると分かってきました。

脳の状態を良好に保つためには食習慣や運動習慣を変えることが、認知機能を重点的に使うためには


対人接触を行うことや知的行動習慣を意識した日々をすごすことが重要だと言われています。
下の表でそれぞれの対策の具体例をまとめました。

1.食習慣    野菜・果物をよく食べる、魚をよく食べる
2.運動習慣    週3日以上の有酸素運動をする
3.対人接触    人とよくお付き合いをしている
4.知的行動習慣    文章を書く・読む、ゲームをする、博物館に行く など
5.睡眠習慣    30分未満の昼寝 起床後2時間以内に太陽の光を浴びる


認知症で落ちる3つの能力の鍛え方

認知症になる前段階で落ちる脳機能を集中的に鍛えることは、発症を遅らせるための効果的な方法であるということが分かってきました。

認知症になる前の段階では、通常の老化とは異なる認知機能の低下がみられます。
この時期に最初に低下する認知機能が、「エピソード記憶、注意分割機能、計画力」です。

これらを意識して重点的に使い、その機能を鍛えることで認知機能の低下を予防します。
次の表に、それぞれの機能の簡単な鍛え方をまとめました。


エピソード記憶 …体験したことを記憶として思い出す  2日遅れ、3日遅れの日記をつける 
レシートを見ないで、思い出して家計簿をつける
注意分割機能……複数の事を同時に行う時、適切に注意を配る機能  料理を作るときに、一度に何品か同時進行で作る 
人と話をするときに、相手の表情や気持ちに注意を向けながら話す
仕事や計算をテキパキと行う
計画力……………新しいことをするとき、段取りを考えて実行する能力  効率の良い買い物の計画を立てる 
旅行の計画を立てる
頭を使うゲーム(囲碁・将棋・マージャン等)をする
やり慣れたことでなく新しいことをする

「米ヌカの力PREMIUM」初回限定1,980円

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

認知症診断について

認知症には様々な種類があり、本人や認知症の種類によって多数の症状があります。認知症専門の医者が的確に診断することで適切な介護をすることができるのです。
しかし、初期の認知症患者の中には診断を恐れるなどの理由で受診拒否をする場合も多くあります。よりよく認知症の患者が受診できるようにその知識や方法をお知らせいたします。

認知症診断を受診をする前:予備知識

認知症診断の重要性

認知症の診断で重要なことは、心筋梗塞、脳卒中などの病気と同様に早期発見が重要です。『認知症は、老化現象だから仕方ない』とはじめから諦めて受診しない人も多いのも事実です。
ですが、認知症は早期発見により、診断・治療(薬物療法等)を進めることで認知症が劇的に良くなったり、認知症の進行を遅らせるなど、多くのメリットがあるかもしれません。

認知症治療で劇的に良くなる場合も

すべてのケースではありませんが、正常庄水頭症、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫などの場合においては、脳外科的処置で改善する可能性があります。また甲状腺ホルモンの異常が原因の場合は内科的処置で改善する可能性があります。

認知症の進行を遅らせることが出来る

アルツハイマー型認知症などの場合は、認知症治療薬で進行を遅らせることが可能です。認知症治療を受ける機会があることで、早期発見ができ、その後におこるであろう生活上の障害や徘徊といった認知症トラブルに事前に対応することが可能となります。

早期に今後の治療方針や終末医療、介護方針を決めることが出来る

人は最後まで人間らしく自分らしく生きる権利があります。そういった意味でも、早期に発見でき診断が下ることで、治療方針や介護方針なども共に決めていくことが出来ます。

現状の把握

認知症を早期発見⇒診断とするためには、医師に正しく情報提供を行うことが重要です。問診の専門家の医師は、聞き出してくれますが、診断を受ける認知症の疑いのある本人に情報提供をさせるのは無理であるとお考え下さい。
そのようなことにならない為には。ご家族の方が、下記のポイントをメモに書いておくと良いでしょう。

・毎日気付いたことを書き留める、ノートを作る。

・いつ頃からどんな症状が、どんな頻度で出ているのかという経過
・病歴
・服薬(いつからいつまで何の薬をどのぐらい飲んだか)

ご家族などに受診を進める注意点と方法

『もしかしたら認知症かもしれない』と感じたとき、早期診断を受ける為にも、医療機関で受診することが最初となります。しかし、家族から直接受診を勧める際には注意が必要です。
今まで出来ていたことができない、物忘れがひどいという時、それを感じる本人も不安と大変なショックを受けています。
そして認知症という症状を受け入れがたいのです。特に日頃から自分で何でもやることができる人ほどプライドもあり傷ついてしまう事があります。
そこで、市役所・役場からの検診が来ているからとか、地域包括センターなどに介入してもらうという方法を取るのがいいでしょう。

病院の選び方

いざ受診をするとなった時に、どこの病院の何科にいけばいいのか?わからない方がほとんどだと思います。また受診する本人も、もの忘れ外来となると抵抗を示すこともあります。
一番いい方法の可能性としては、かかりつけ医に診てもらい、そこから紹介してもらう方法です。以下、病院の選び方についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

かかりつけ医がいる場合

医師が患者さんの過去の病歴や性格なども把握していることから、より的確な認知症専門医を紹介してもらえると思います。受診時に症状などをメモしたノートを見せて相談することでスムーズに診療ができます。

かかりつけ医がいない場合

脳外科、精神科、心療内科、神経外科などで診てもらう事が出来ます。最近では「もの忘れ外来」という科もあります。地域包括センターなどに相談し、どこで診てもらうのが良いのか助言をもらうのも手段です。

セカンドオピニオン

より正確な医療を受ける為に、納得した治療を受ける為に、1つの病院だけでなく複数の病院を受診することは大切なことです。他の先生に診てもらっているからと遠慮をする必要はありません。本人の不安を取り除き、あらゆる全ての可能性を探りながら最適な治療を選ぶのは、私たち誰しもが持っている権利なのです。

認知症の診断と検査

認知症診断と検査方法

認知症の診断の方法や基準には、色々ありますが、代表的なものは以下の3種類です。

1 認知症の診断基準(厚生省研究班、1989年)
2 DSM-IV-TR(アメリカ精神医学会)
3 ICD-10(WHO)

これらの基準に基づいて、以下の検査が行われます。

一般的身体検査

治療可能な認知症との鑑別をします。原因である身体的疾病の有無を調べるために身体的検査が必要になります。
主に行われる検査は、
尿検査、血液検査、内分泌検査、血清梅毒反応、胸部X線写真、心電図検査などを行います。

脳の一般検査

腱反射などの神経学的検査、脳波検査、脳脊髄液検査などが行われます。

脳画像診断検査

X線検査、コンピューター断層撮影(CT)、電磁線を応用したMRI、アイソトープを用いて脳の血流の状態を調べるSPECT、脳糖代謝量を調べるPETなどがあります。

知的機能を測定する心理テスト

ウエクセラ成人用知能検査第三版(WAIS-III)、新長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)、Mini-Mental State Examination(MMSE)、アルツハイマーアセスメントスケール日本語版(ADAS-Jcog)

その他の認知症検査

遺伝子検査、病理検査

医師は、検査結果と問診から、基準にもとづき診断します。また、この診断結果に併せて、本人や家族と治療方針を決めていきます。認知症で初めて病院にかかるのは怖いものですが、不安を感じたら、まずは医療機関に相談してみましょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。