『物忘れ』がひどい・激しいなら対策と防止を 40代物忘れサプリ教室

『物忘れがひどい、激しい』なら今から対策と予防を!フェルラ酸サプリメントは米ヌカの力。「激しい、ひどい物忘れ」はストレス、健忘症、うつ病、認知症かも。


テーマ:

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

イノシトールって何?

イノシトールは、筋肉や神経細胞に多く存在している栄養素です。

ビタミンB群(ビタミンB8)として扱われていましたが、体内でも生合成でき欠乏症もないため、現在はビタミン様物質として扱われています。

玄米などの穀物やメロン・スイカ・桃などの果物に多く含まれ、脂肪肝や動脈硬化の予防から神経細胞の働きを助ける作用まで幅広い働きを持っています


イノシトールの健康効果

◎生活習慣病の予防・改善効果
◎神経機能を正常に保つ効果
◎髪を健康に保つ効果


イノシトールと相性の良い成分、サプリメントは「フェルラ酸」だそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

認知症の恐ろしいところは、本人の人格が急に変化したり、物忘れが激しくなる
物忘れが激しい
だけではありません。
ほかの病気を誘発する危険や、詐欺などの犯罪に巻き込まれる可能性もあるのです。
認知症に伴う危険について調べてみました。



認知症を合併しやすい病気

いまや糖尿病は70歳以上の高齢者の5人に1人はすでに罹患しているか、その予備軍であると言われるほど、国民的な病となっています。
この糖尿病と認知症とが、深い関係にあることが最近の研究や調査で分かってきました。


糖尿病の人は認知症の一つである「脳血管型認知症」になるリスクが、糖尿病ではない人と比べて2倍以上もあることが分かっています。
そのメカニズムは、脳血管型認知症は脳の神経細胞に障害が起きることによって起こります。


糖尿病により、血糖値が高い状態にある人の血液はドロドロと粘性が高く、脳内の血管が詰まりやすい状態となっています。

脳内の血流が滞ることにより、神経細胞にも十分な血液が行き届かなくなり、その結果、神経細胞が正常に働くことができなくなり、認知症の症状が現れてしまいます。


認知症の方が陥りやすい日常的な危険

特に一人暮らしの認知症患者が巻き込まれやすいトラブルとして、訪問販売や電話による振り込め詐欺、通信販売の利用ミスで多額のお金を浪費してしまうことが問題となっています。


認知症ではない高齢者と比べるとそれらのトラブルに巻き込まれるリスクは、7.6倍もあると言われています。

認知症の方でも、食事や排せつなど日常行為に支障がない場合は、一人暮らしの方や昼間は家に一人で居る方も多く、訪問販売や振り込め詐欺の被害に遭いやすいのです。


訳も分からぬまま高額のリフォーム契約を結んでしまったり、必要のないものを大量に購入してしまったりという話が後を絶ちません。


徘徊による行方不明者
認知症の症状のひとつ、“徘徊”によって行方不明になってしまうケースが急増し、問題となっています。


ふらっと出かけたまま自宅へ戻れなくなってしまうお年寄りもたくさん保護されていますし、高速道路や自動車専用道路に迷い込んでしまう人など、危険なケースもニュースなどでよく見かけますよね。
認知症やその疑いがある方が行方不明になってしまう数は、年間で1万人を超えています。


5日目までに見つからないと生存率はほぼ0%になるそうです。

日々の食事に気をつけたり、運動をしたり、サプリを飲んだり、日々認知症のならないための努力を心がけたいですね。


【物忘れが気になったり、悩みならフェルラ酸サプリ!】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。