『物忘れ』がひどい・激しいなら対策と防止を 40代物忘れサプリ教室

『物忘れがひどい、激しい』なら今から対策と予防を!フェルラ酸サプリメントは米ヌカの力。「激しい、ひどい物忘れ」はストレス、健忘症、うつ病、認知症かも。


テーマ:

猫の認知症
認知症にもなる猫

認知症の問題は、わたしたち人間だけではありません。猫を始めとするペットも急速に高齢化が進み、問題化しています。かつては、猫の平均的な寿命は8歳程度で10歳を超えれば長生きした方だと言われていました。しかし、キャットフードの品質向上、動物の医療高度等で10歳生きる猫は当たり前になってきて、15歳、20歳という猫も数多くいます。
特に完全室内飼いの猫は、交通事故や感染症、怪我などのリスクが低いため安全な生活環境が確保されているので長寿になるのでしょう。長寿であることは、猫の飼い主としては、憂いしいことです。ですが、長寿であるが故に、人間と同じように認知症や介護といった問題が出てきています。

ところで、猫も認知症になるのか?と思われる方も多いことでしょう。猫は10歳未満で亡くなるケースが今までは多かったのです。認知症になる前に寿命を迎えていたので認知症になる前だったので、わたくしたちが気付かなかっただけでしょう。猫は人間と同じ哺乳類ですし、基本的な脳の構成はほぼ同じなので、加齢による認知症は発生します。しかしながら、認知症になる猫もいれば、そうでない猫もいるわけです。人間と同じように個体差はかなり大きなものがあります。

では、どれくらいの確立で、猫は認知症になるのでしょうか。残念なことに具体的な数値や研究結果があるわけではありません。猫に関する認知症の研究はあまり進んでいませんし、研究者がほとんどいないのが現状です。しかし、獣医師さん飼い主さんの話や関連サイトを覗いてみると、深刻になるほどの確率ではないように思えます。アメリカのサイトを読んで見ると15%~10%以下との推定値が提示されている所もります。ただ、猫は基本的に単独生活者でマイペースな生き方をする動物ですし、認知症の症状の主たる物が「だだ、ひたすら寝る」であるので、認知症の症状が飼い主には分からないケースも多いようです。気付いた時には、もう天寿をまっとうする寸前であったとのケースがかなりの数に登ると推定されます。

猫の認知症の症状

いくつか論じられている猫の認知症の症状があります。
・異常摂食
・攻撃行動
・破壊行動
・狭いところに入って、自力で出てこれない
・恐怖心増大
・同じところをぐるぐる回る。
・夜中に鳴きながら徘徊する。
・粗相する、失禁。
・自己損傷
・食欲減退
・無反応、1日中寝ている


猫が認知症になったら

猫の認知症の予防・治療法

残念ながら人間の認知症と同じで、絶対に認知症にならない予防法や治療法はありません。

ただ、一般的に言われている予防法は、
・食事の管理…ナトリウム、リン、蛋白質の摂取量の制限、カロリーの制限、消化吸収の良い食品の選択。
・飼い主とのスキンシップの充実…不安感の除去やストレスの軽減。
・遊びを工夫…脳の刺激。
・定期的な健康診断…老化の進行状況の把握と早期治療

やはり、人間と同様に難しい問題のようです。


猫の認知症

さて、最近開催された「フェルラ酸研究会」の講演で面白い話がありました。

「犬・猫の認知障害とフェルラ酸の効果」という話です。

犬猫の認知症は、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症です。
犬の場合は、βアミロイド(認知症の原因物質)は9歳で発生し、12歳で全例に観られるそうです。

だんたんとこの話が有名なってきたのか、当社に、
『「米ヌカの力」は猫(犬)に飲ませても良いのか?効果あるのか?』
という問い合わせが急増です。

売上倍増!というわけではなく、
弊社では、「犬や猫」へのサプリメントを与えるのはご遠慮頂くようお話させていただいております。


理由は、弊社が開発した「米ヌカの力」は「人間」用に開発したサプリメントで、フェルラ酸以外にも様々な成分を配合しています。

人間にとっては有益でも、「犬や猫」には有益で無害という訳ではないです。
例えば、たまねぎ、カカオ類、レーズン、ブドウ、アボカド等です。これらの食材を与えると、最悪の場合、犬や猫は死んでしまう可能性もあるのです。

人間にとっては、身近で健康的なサプリメントや食材でも、「犬や猫」には逆に危険になってしまうものは結構多いのです。

大切な家族に万が一のことがあっては大変ですからね。


人間用のフェルラ酸サプリメント

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ゲームと聞くと、「テレビゲームは脳に悪い」といった意見など、ややネガティブな考えを持つ人も少なくないでしょう。


認知症予防に役立つゲームとは、実際にどんなゲームが科学的に効果的といわれているのか、また、今日からすぐにできるゲームにはどんなものがあるのかをご紹介します!



実はゲームは、脳の活性化を促したり、人とのコミュニケーションを促進したりして、結果的に認知症の予防になるものです。



ぜひ苦手意識を持たずに、チャレンジしてみてください。

ゲームには一人で楽しめるゲームと、グループでコミュニケーションを楽しみながらやるゲームがあります。
どちらも短時間で脳を活性化させ、心身ともによい状態にすることのできるものです。


頭を使いながら、体を動かす
一人でもできるゲームです。

ラジオ体操やウォーキングなどの体を動かす行為が、認知症予防に大きな効果があるとされています。
そしてその際に、脳に負荷をかけるような計算や「しりとり」などの簡単なゲームをしてみましょう。
1日30分程度の運動を週に3〜4回することを心がけましょう。


ボウリング・卓球などの簡単な運動
グループで楽しむゲームです。
ボウリングや卓球は、手足を動かすこと、ボールを目で追うことが、脳に良い刺激となります。
デイサービスなどで卓球などのレクリエーションをしている施設もあります。。
どちらのゲームをする際にも、まずは結果を気にせず、ゲーム自体を楽しむようにすると長く続けられます。
自分と技量が違う人と遊ぶ際にも、技量差は気にせずに、脳をフル活用して、ベストを尽くしてみましょう。


クイズ・パズル・トランプ・すごろく・麻雀
積極的に脳を使うものとして、これらのゲームは非常に有効です。
特にクイズは時間もかけずにすぐできるので、スキマ時間を活かして挑戦しましょう。


iPadのゲームやアプリ
パソコンよりも操作がシンプルで、直感的に操作ができるiPadは高齢者のユーザーも多いものです。

iPadは操作ボタンがひとつしかなく、非常に感覚的に使えるツールですから、高齢者が指を動かし、脳を活性化させるために有効です。

最近では認知症予防アプリや計算やじゃんけんなど、シンプルな脳トレゲームもたくさんあります!



ゲームによる認知症の予防は、気になったゲームを遊んでみるだけでいいのでとても簡単に始められます。
まずは、無料ゲームから試してみましょう。


続けるコツは「ちょっと面倒くさいと思えることも、楽しんでやってみること」。

どんなゲームも要領を得るまでは手間や、時間がかかるものです。そこで「面倒くさいからやめる」とはいわずに、少し辛抱強く続けてみましょう。
続けるうちにゲームをサクサクと進められるようになり、楽しんで脳の活性化も進んでいきます。


「ついうっかり」増えてきていたら


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カラオケを発明したのは日本人の井上大祐さんですが、カラオケの装置やシステムの発明について特許権を取得していないのです。もし特許権を取得していたらものすごい特許料が入ってきたんでしょうね。さて、娯楽の分野では、知らない人はいないカラオケですが、認知症の予防や改善のための用途として活用されています。カラオケの認知症予防についてご紹介します。


カラオケ

なぜ認知症予防に効果があるのか

カラオケがなぜ認知症予防に効果があるのでしょうか?認知症の予防・改善には、脳の機能をよく使うことがいいとされています。カラオケはただ音楽に合わせて歌うだけで、脳を刺激して脳やからだの機能を活性化させて、認知症を予防できます。また、このようなカラオケの認知症予防効果、は多くの研究機関で検証報告が発表されています。


ストレスを解消し血圧を安定させるから

皆さんご存知かとは思いますが、『カラオケはストレス解消』になります。カラオケが大好きな人は、歌うことが大好きということもありますが、ストレス解消の方も少なくはないと思います。わたくしもカラオケ大好きのおっさんですが、自分の好きな歌を歌った後は気分爽快です。カラオケはストレスを軽減し、自律神経を安定させて血圧を下げて安定させる効果があります。高血圧は糖尿病などと同様に動脈硬化を促進させて、脳出血や脳梗塞を誘発します。カラオケで高血圧を予防できれば、脳血管性認知症のリスクを減らすことができます。カラオケは血圧を安定させる

カラオケは筋肉を使う

カラオケは、首から上の筋肉をよく使います。口を動かすことで、のどや口周りの筋肉を使い、演歌などでこぶしを利かせれば腹筋も使います。また嚥下能力をつけることが出来るので、高齢者にはもってこいです。

カラオケはカロリーも消費する

カラオケの消費カロリーは、一曲歌うと約10~20キロカロリー消費します。1曲15キロカロリーとして、20曲歌うことで300キロカロリーを消費することができるのです。300キロカロリー消費するには、ウォーキングで60分必要です。

脳を活性化するカラオケ

カラオケで発声することは、音読と同じ効果があります。さらにリズムや音程を合わせる能力も使うため脳を高度に使用することになります。また、歌詞を覚えたりするので、記憶力の強化にもなります。さらに大勢で行くことにより、コミュニケーション能力も鍛えられます。歌に感情が入ったり、人の歌を聴いて感動したり、泣いたり笑ったりという感情表現も得ることができます。

カラオケは老化予防になる

カラオケをするときは、自然に腹式呼吸になります。腹式呼吸には心肺の機能を高め、全身の血流を良くしてくれます。血流が良くなると細胞に栄養や酸素が十分に提供され、新陳代謝が促進されて、成長ホルモンの分泌が良くなります。成長ホルモンは、若返りホルモンとも言われ、老化防止に貢献してくれます。

認知症予防にはどんな曲がいいの?

認知症予防にはどんな曲が良いのか?もちろんどんな歌を選曲しても効果は期待できますが、認知症により効果的な選曲があります。

認知症予防には昭和歌謡又は演歌

認知症予防に適している歌は、昭和歌謡や演歌です。認知症が中高年から発症する事を考えると、実に良いマッチングです。昭和歌謡や演歌は、歌詞が具体的で情景・風景が浮かびやすいということがあります。出てくる歌詞には「知床」「津軽」「お酒」「冬」「旅情」「灯り」「かもめ」など、頭の中ですぐに映像化できるものばかりです。そして歌詞の内容は分かりやすいストーリーになっているため、歌いながら頭の中で映像としてイメージしやすいのです。この歌詞のイメージ映像化が、脳を著しく活性化させます。
また、昭和歌謡や演歌は歌う人が感情を入れやすいという利点があります。私も演歌を歌う時は、自然と気持ちが入ってしまいます。感情表現は脳に良い刺を与えます。また、中高年の人が昭和歌謡や演歌を歌うと、若い時の自分の記憶を想起することができるので、実に良い機能訓練になるのです。ですから多くの介護施設でカラオケが導入されていることも納得できます。

歌は聞くより歌う方が健康に良い

歌や音楽をきいて健康に役立てる方法はたくさん紹介されています。たとえばモーツアルト等のクラシック音楽を聴くと血圧が下がるなど。音楽には大きな効果があるのは、もはや常識と言えるのかもしれません。しかし、聞くという受動的な反応よりも、聞いて歌うという能動的な反応の方が、より脳やからだが刺激されて、より効果が大きくなります。カラオケに行って大いに歌って認知症を予防しましょう。


「ついうっかり」増えてきていたら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。