和田崇太郎オフィシャルブログ「そうたろうで...そうろう(候)」Powered by Ameba

和田崇太郎オフィシャルブログ「そうたろうで...そうろう(候)」Powered by Ameba

著者名出演情報
【TV

 NHK教育テレビ「Rの法則」
 毎週水曜日18:55~

テーマ:

先日、友人と学校に向かう際に公園を通りました。

 

その公園は通学路的には少し遠回りになってしまうのですが、僕は毎回通るようにしているのです。

 

別に無宗教だし信心深いわけでもないのですが…

その公園は、緑があり綺麗で、静かだけどなんとなく品のある公園で、僕の中で勝手にパワースポットに認定されていたのです。

 

だから、友人からも「どうして遠回りして公園を通るの?」と訪ねられても「パワースポットだから」と、そう答えるしかなかったんですよね。

 

 

まぁ、そんなアバウトな理由で遠回りしたのが癇に障ったのか、僕が待ち合わせの予定時刻より20分遅れたことが原因なのか…

 

 

それは分かりませんが…

 

 

その後やけに僕の言葉に突っかかってきました。

 

 

「でもさ、この公園をパワースポットってなんか違うな、俺全然パワー感じないし、緑よりも遊具の錆のほうが目立つし」

 

 

と言われました。

 

確かに言ってしまえば普通の公園ですよ。

 

正直単純に人の多いところを通りたくないだけですよ!

 

でもさ、そんなことはさ普通に流せばええやん?

 

 

ふと、友人の顔を見るとなんだかひきつっているようでし…

 

 

いや、違う。僕はこの顔に見覚えがあります。

この顔は、人の一挙手一投足を見逃さず、そして全身全霊で揚げ足をとりにいくぞ!

 

 

という、そんな顔でした。

 

 

僕も小学生ぐらいの頃は、大人の発言に前のめりで揚げ足をとっていた頃があります。エネルギーの使い道が分からなかったのでしょうね。

でも、そういうのって大人側からしたら、稚拙できっと可愛かったのでしょう。

 

その友人の顔を見ていたら、僕もなんだか可愛いなって思っちゃいましたもん。あー、頑張っちゃってるなぁーって。

 

僕「でもさ、そういうのって自由じゃない?パワー感じたらさ、もうパワースポットでいいじゃん」

 

友人「俺凄い嫌なんだよ、パワースポットって言葉、そもそもざっくりし過ぎてるでしょ?どっからどこまでがパワースポットか分かんないし」

 

僕「いいじゃん、ざっくりしててもさ、《ヤバイ》って言葉も凄くざっくりしてるけどさ、色んな場面で《ヤバイ、ヤバイ》って使うでしょ?パワースポットもさフィーリングでいいじゃん、流せよ」

 

友人「だから、そーゆー曖昧な言葉が日本語独自の趣を壊してる」

 

僕「それを言うならさ、I love youをさ《愛してる》って訳さずに夏目漱石が《月が綺麗ですね》って訳したの知ってる?」

 

友人「あ、なんか聞いたことある」

 

僕 「《愛してる》だなんて当時の日本人はストレートに言わないでしょ、でも、《月が綺麗ですね》って月を一緒に見てさ、心持ちをあなたと共有したいですという、この感覚、凄く日本人っぽいじゃん…そーゆーことだよね!

 

友人「どゆこと?」
 


うん、どーゆーことだろう?
僕も分からない。ただ、なんか負けたくない

 

 

僕   「だからさ、言葉はさ常に変化し続けるし、人の感覚も変わってゆくものですが、月が綺麗ですねって訳した夏目漱石、いやもうこの際漱石って呼ばせてもらうわ、漱石のさ、センスの良さは現代の俺らでも理解できてるじゃん」

 

友人「だから、それがどうしてヤバイに繋がるの?」

 

僕 「…なんで伝わんないのかなー、現代の若者にもさ受け継がれてるってことよ、漱石達のスピリッツはさ、《ヤバイ》のなかにもさ、心持ちをあなたと同じにしたいという、そういう奥ゆかしさが潜んでるわけ」

 

友人「無理があるなー」

 

僕  「いや、少なくとも俺のヤバイはそう」

 

友人 「確かに《ヤバイ》の中には、美味しい、不味い、つらい、痛い、楽しい、とかさ無限に意味があって、その時々で変化していると思うのよ」

 

僕   「そうだね、ご飯食べてるときの《ヤバイ》は美味しいか不味いかとかやね」

 

友人 「でもさ、パワースポットって明確な定義も基準もないからさ、あ、パワー感じるわって一人が言い始めたらもうパワースポットになっちゃうでしょ?」

 

僕 「まぁ、そうだよね責任重大だよね…気を付けますっ!…てかなんで怒ってんの?」

 

 

友人「お前が遅刻したからだろ!」

 

 

僕 「…ですよね…あれだ…

 

 

 

 

 

 

パワースポット協会つくろ!

 

 

 

 

 

 

以上のことからパワースポットをある一定の基準で判断する責任者が必要だなと思いました。

 

余談ですが、先日母が「冷蔵庫はパワースポットなのよ~」と言って僕の買ってきたゼリーを冷蔵庫から冷凍庫に移し替え、そこに宝くじを置いて保管していました。

 

勿論宝くじは当たりませんでしたし、カチコチに凍ったゼリーはもうゼリーではないので、その件も含め「冷蔵庫はパワースポットだ」なんて言い始めた責任者に、問いただしたいものです。

 

 

 

写真は…とても穏やかな顔をしていますが実はエキサイトしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース