良かったこと探し

つまらなく過ごすも一日、楽しく過ごすも一日。どうせ同じ時間を過ごすならワクワクした一日を過ごしましょ?
★現在アメンバーの登録承認は行っていません。★



テーマ:
十月からの仕事が決まって、こうやってのんびりするのもあと少しかと思いつつ、
狂った体内時計を戻そうと必死な毎日を送っています。

仕事はほぼ2年前と同じような生活に戻ります。
9月末で通っている講座も終わるので、あとは仕事と合わせて活動していくことにしました。
(前の会社に戻るわけではない。持っている資格と職歴で拾ってくれた会社があったということ。)

仕事が決まったことで、18日の大宮に向かうことができなくなりました。
6月ぐらいまでは行くつもりだったんだけど、
旦那の研修が入ったことと私の転職が決まったので、不参加決定。

十月からの準備にいろいろと振り回される毎日ですが、
久しぶりのウィークデー通勤に負けないようにしないとね。

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
7月に新しい車が来ました。
四十肩の状態はだんだんひどくなっています。
そんな中、6月に神戸、7月に幕張と金沢に行っていました。
9月末に養成講座が終わるので、そのあと転職を考え、就職活動中です。
嫁は変わらないのに、旦那だけダイエット、20キロ近く痩せました。
(嫁の料理か、嫁の料理が原因か。)
現在もダイエット継続中です。
嫁もちょっとだけ頑張っています。あくまでちょっとだけ。

サッカー観戦はここの所ホームゲームもお休みすることもあり、
明後日の東京V戦も旦那の実家での集まりがあっていけません。
しかし、おかげさまでこの最近の観戦した試合はホームもアウェーも
勝ち試合しか見ていない状態です。
とりあえず、順位表で讃岐と岡山を抜いたので安心しているのですが、
明後日の結果によってはまたひっくり返りそうですね。

Twitterでつぶやくことが多くて、このブログの更新がほぼ停止していてごめんなさい。
AD
いいね!(11)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、映画「ジュラシックワールド」を見てきました。
スリル満点の2時間半を過ごせました。本当にあっという間でした。
今回のメインとなるのは「インドミナレックス」。
遺伝子を組み換え、設計から作り出された最凶の恐竜です。
食べるために獲物を殺すのではなく、殺戮を楽しんでいるかのような狩りをします。
対して、人間側には前作で人を襲う側だった「ラプトル」が味方につきます。
レンジャー部隊出身の捕獲部隊が全滅させられる事態に、
ラプトルを使った捕獲作戦が繰り出されますが、このラプトルも曲者。
劇中、人間側を襲う側になることがあったのですが、
4頭のラプトルに着けられた視点カメラが人を襲う映像をとらえています。
恐竜が人を襲うシーンをそのまま流すのではなく、
恐竜視点で人間を連れ去っていくシーンを見せられるのは恐怖倍増でした。

ただ、ストーリーは前3作とほとんど変わらず、
テーマパーク開園→恐竜脱走→幼い兄弟が巻き込まれる→
恐竜博士と女性のコンビが助けに行く→恐竜を残して島を脱出
って感じです。
20年前に見た「ジュラシックパーク」の時ほど強い印象は残りませんでした。
ジュラシックパークの映像技術に度肝を抜かれた衝撃は上回ることはなかったです。
どちらかというと、今作品はジュラシックパークのリメイク版に近いと思います。
兄弟が恐竜のテーマパークに行くのも、
そのうちの幼い弟の方が恐竜に詳しいことも、
助けに行く男性の方が恐竜に詳しくて、女性と協力して危機を乗り越えていくのも、
やばくなった時に研究者が胚を持ち出して逃げるところも、
最後は恐竜同士の戦いで決着がつくあたりもジュラシックパークのシナリオを踏襲しているように思いました。
2000年代初めにはジュラシックパークシリーズの4作目の計画が上がっていたそうで、
脚本の練り直しがたびたび行われていたようです。
その割には消化不良な感じで、まとまってしまった感がします。

恐竜が人々を襲っている中、キスを交わすメインカップルにも違和感あったし、
最後にT-レックスを登場させてインドミナレックスを倒そうと試みるところも、
見ている側からすれば、どっちも同じ恐竜に見えてどっちがどっちだかわかりませんでした。
結局人の手による事態収拾ではなく、
恐竜同士の戦いで決着をつけていく、それもいくつかの偶然が重なって
インドミナレックスが倒されるというオチに、
そのオチまでもがジュラシックパークのラストシーンが蘇ってきて、あんまりな印象でした。

夏の暑さに嫌になって、涼みたい方には恐怖を味わえる映画だと思います。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月から痛めていた肩のリハビリに通っています。
途中交通事故とかもあって、バタバタしていましたけど、
日常生活には支障がないので、治療を後回しにしていたら、
筋が硬くなってしまって、リハビリ決定です。

事故の後処理は、ほぼ落ち着きました。
打ち身も完治し、車両保険のお金で新しい車も発注しました。
前と同じ車なので、またMT車…納車は8月だとか…。
前の車の色では一年で二回もぶつけられたので、
今回は派手な色に変更しました。

仕事は今のところ順調ですが、
事故のおかげで負担が増えたこともあり、
9月末あたりで転職を考えています。
事故がなければ、絶対続けていたんだけどな…。


いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
懐かしい名前を発見。
去年も鳴門に来てたっけな。

A代表選出おめでとう、丹羽大輝。

徳島でプレーをしていた時も健康面や栄養面を考えて自炊し、
練習にも手を抜かなかった姿を覚えています。

すぐに大宮に行ってしまったけれど、
大宮の練習場で見た時も、変わらぬ姿に軸のブレない強さを感じました。

徳島に在籍した選手でA代表選出は数少ないし、
在籍当時から注目していた選手だったので、頑張ってほしいです。
いいね!(1)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

つい先日、同い年の方が亡くなられました。
まだお子様も小さいのに彼女の気持ちを考えると切なくてつらいです。

私もつい先日、追突事故に巻き込まれました。
私の場合は大きなケガもなく、仕事にも支障はありませんでしたが、
もしもあの時、相手の車が対向車側に行かず、
私の車の運転席の方に突っ込んできていたら、
私も三途の川を渡っていたかもしれません。

立て続けに命に関わることが起こって、
そういう歳なんだなと感じてしまいました。

仕事先で商売相手の同級生の男性や、同級生のお母様とも少し話をしました。
「お互いに気をつけんといかんね。」と。
私も旦那に何がどこにあるのか、
習い事は何をしていて、私に何かあったらどこに連絡しないといけないのか、
病院はどこにかかっていて、どんな薬を毎日飲んでいるのか、
きっちり話し合っておかないといけないなと感じました。

普段、あまりこういった話をしないまま、日々の生活をしているので、
いつかきっちり話をしないといけないなと思っていたのですが、
今がその時なのかもしれません。


亡くなられた彼女。
高校でも頭がよく、明るい性格で誰からも好かれる方でした。
ですが、彼女の人生はたった40年で終わってしまいました。
生まれてきた子供の将来を一番楽しみにしていただろうと思います。
これから思春期を迎え、受験勉強をし、受験に合格し、
卒業、就職、結婚をし、子供ができて…という人生の節目に寄り添うことができない無念さ。
自分の愛する存在が苦しんでいる時に、的確なアドバイスをして人生を導いていくことができないことに
彼女は最後まで子供たちに申し訳ないと思っていたんじゃないかと思います。
それを思うと、今を生きている人は、無駄に人生を歩むことのないようにしないとなと思うのです。

生かされているのではなく、生きて人生の最期を迎える。
泣いて、起こって、笑って過ごす日々の積み重ねが人生。

そういうことを考える、そういう歳になったということ。
それに気づいた5月でした。

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

4月から半分だけ社会復帰しています。
4月からまた半分だけ学生しています。
2日前、追突事故にあいました。
車は修理工場にドナドナされていきました。
たぶん、廃車です。
運転していた私は全治5日の打ち身だけで済みました。
が、左足ふくらはぎに痛みがあって、変な歩き方しています。

レンタカーで職場まで通勤していますが、
いつになったら、落ち着くんだろうね、この事故処理。

いいね!(2)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ピアノの話です、はい。
別に私に絶対音感があるとか、相対音感があるとかという話ではないんです。

うちのピアノの先生は、音マニアな先生で、
私の知る限りでも一年の間に何回も調律師さんと綿密なメンテナンスを行っています。
おかげで、先生のところにあるグランドピアノはすごく響きのいいピアノになっています。
ところが、この先生、時々しれっと調律を入れていたり、
しれっとメンテナンスしてたりして、音が変わっていたりするのです。
なので、弾いてみて、前回の練習時よりも音が変わっていると思ったら、
正直に先生に尋ねることにしています。
ただ、何がどう変わったのかはわからないんです、私。
音はあってるんだけど、響きが違うというか、
うまく説明できないので、先生に前よりこうなったというのを説明するに四苦八苦するんですけど。
音の良い悪いや響きの良い悪いは私には判断できません。
あくまで弦が奏でる音は個人の好みが大きいと思いますし…。
ただ、以前は高音部がクリスタルな透き通った音だったのが、まろやかになっていたり、
低音部の音の余韻に高音部を乗せていく弾き方になると、前回との差を感じたり。

で、先週のレッスン時、先生はいたくお気に入りだった調律。
生徒の私にはごまかしの効かない調律となっていたのです。
今までダンパーメダル踏んで、低音部の音に高音部を重ねて行っていたのが、
音がまろやかになった(?)せいで、指の動きのままの音が出るようになっていました。
ぶっちゃけ、ペダルで指の強弱のブレをごまかしていたこの生徒にとって、
指の弾き方のブレがめっちゃばれる調律になっていました。
先生はそりゃいいでしょうよ、生徒の粗がわかりやすいんだもの。
最初に課題曲を前回のレッスンと同じように弾くと、
自分の下手さが目立ってしまって大変でした。
最後にもう一度弾く時は右の音を出すように気を付けて弾いてみたんだけど、
そうなると、左手がおろそかになるんですよね。
右手も強く引こうとするとぶったたき奏法になるし…。
というわけで、しばらく新しい調律に慣れるまで苦労しそうです。

いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。