岩崎琢 Self-consciousness

作曲家、岩崎琢のblog




4/5


テーマ:
お久しぶりです。

一応告知されているから問題ないかな?
今、都内某スタジオにて4月番組「C」劇伴のMix Downの最中です。

まあ~これは色々大変だった

何がというと、まずこれの作業に取りかかったのは今年の1月なんだけど、
原作無し(オリジナルストーリーなので)絵コンテ無し、脚本3話迄しかない、、、
っていう中で音楽を作らないといけなかった、、、

そりゃ音楽メニューはあったけれど、そういう場合大方音楽メニューは
お約束の集まりなので(というかそれしかやりようがない)
そこから創造力を膨らませられるなんてものでは全くない

って言う事はつまり、何の手がかりもない状態で音楽をつくらないといけないということですね。

まあ、アニメの音楽なんて大体パターンで作られてきたので
作品の個性とか関係なく、適当に絵の説明をしてくれればいいよ、、
的な業界の体質がモロに出て来てしまったわけです。

僕の音楽の作り方は、一見好き勝手にやっているように見えるので、
また、好き放題やりゃあいいじゃん??と思われるのですが、
やっぱりそれは、その作品にとって一番無難にハマるものは何か?ということを
かなり意識した上で、あえてその作品の可能性の中心から
無難さを切り崩すということをやった結果なのであって、
やはりどんな作品であるのか?というファクターは無視できない、、というより
それがないと、その作品の為の音楽なんて書ける訳がない。

それでも引き受けたからには締め切りに間に合わせるのがプロだよ、、、という声も
聞こえてこなくはないのですが、、

こちとら、そんなみみっちいプロ根性で音楽を作ってる訳じゃねえんだよ!


え~思わず熱くなってしまいました。

とはいっても、あんまりダダをこねていても大人げないので、
夜中に金切り声を何度となく上げた末に、ようやくなんとか間に合う程度に作ったわけですが、

そんなギリギリの作業工程の中、
オーケストラのレコーディングが、正に例の震災の当日で
中止になってしまったんですね。


流石にヤケ酒飲みました。。。

結局、アニメのダビング作業に間に合わせる為、初回放送分の音楽は機械のオーケストラで
Mixしたものを先方に渡して、後日オーケストラを録音し直して今に至るというわけです。


ただ、今回の音響監督である長崎行男さんは
日本で5本の指に入る音楽使いなので、それだけが救い。


あと、この作品の中では、まだ過渡的なものではあるのだけれど、
これから先、オーケストラを乗せる為のPerc,Bassの類いは
ドローン、パルス、ノイズという、より先鋭化した形に収斂されることになると思う。



















いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
また放置しちゃった。。。


最近ずうっと家中のCDをituneに取り込んでいるのです。
僕の家スタジオには、一部屋、壁中CDが並んでいる部屋があるのですが、
今度そこをブースとして使おうかと思っていて、
その前にまず、壁に並んでいるCDラックがかなり邪魔なんですね。
なので,そのCDをなんとかしようということで、こう、
せっせこせっせこCDを片っ端からituneに取り込んでいるという、

非常に壮大な計画を、地味~にみみっち~く遂行しているわけです。

1枚取り込むのに3~4分としても、CD自体5000枚程あるので、
単純計算で300時間とかかかる。。

1日、まあ、がんばっても100枚くらいが精神的に限度なので、
(それでも6時間近く取られる、、、)
あまりがんばれないと、、、もう推して知るべし、、といったところで

分かってはいたんだけど、、、結構しんどいっす。


それでも、昨日やっと1500枚突破(笑)


アルバイト募集、、、しようかな。。。。

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
最近長らくこのblogを放置して、ほぼTwitterに移行しておりますが、

みなさまお元気でしょうか?

一応こちらも遅々と更新していくことにしますので、宜しくどーぞ(笑)


来月22日に「刀語」劇中楽曲集弐 と「黒執事Ⅱ」サウンドトラックが同時に発売されます。


、、、、、、、、、


いや、もうこれは、、、ごめんなさいとしか言い様がない。

タダでさえサウンドトラックが売れない、、という昨今なのに

なんでわざわざ同じ日に、、というかわざわざ同じ月に当てるかなあ、、


アニプレックスにもランティスにも、非常にお世話になっているので

こんな擦れた作曲家が、メーカーの事情に対してクレームをつけるわけにはいかない。

とはいえ内部事情も少々見えているところもあって、

逆に、こうなる前に手を打てなかったのは僕にも責任が(ちょっとは)あるので


もしも、両方買おうと思われてた人には、改めて僕からお詫び申し上げます。

以後、僕もこういったことには気をつけるようにします。

ごめんなさい。m(_ _ )m
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
風邪をひいても作曲。。。

抜け穴を探す努力が全て水の泡となってしまうような
何をどうしても、面白くなりようのない音楽を作らなければならない時が一番苦痛だ。

伴奏でしかない音楽は殆んどそうなのだけれど。


ひど~く地味にですがtwitter開設しました。
こちらよりは頻繁に書き込むと思います。

いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:
最近ちょっと左目がおかしくなって、眼科へ何度かいってるんだけど、
検査してもよく分からないと言われ、困ってます。。。

僕の場合大病はしないかわりに、
腰といい目といい、地味なところから壊れていくなあ、、、、
いいね!した人  |  コメント(1)

7/4


テーマ:
たとえ非国民と言われようと、サッカーなどには目もくれないボクチンは
最近BGVとしてPina Bauschばかり見てます。

機械が行う反復は、もはや退屈を通り越して滑稽だけど、
人が行う反復はエネルギーが抽象化されて表出される。

僕は一昔前のヲタ芸が嫌いだったのだけど、
忌避の対象としていた理由は、彼らが繰り返し同じ動作をすることで
抽象化される衝動が怖かったせいだと思った。




もうずうっと、ずうっと作曲とアレンジに追われてます。

今、相当集中力が落ちていて、作業すればするほどドツボに嵌っていくという
悪循環に陥っているのだけれど、
堕ちるときはとことんもがき、堕ちるべしという
妙なポリシーがあるので(あくまで作曲の話)
許される限り、堕ちるとこまで堕ちようと思っていますが、
体力と腰が持つのだろうか、、、、、


先週「黒執事2」の録音で、クロード、そしてもう一曲
アリア2曲の歌の録音をしたのですが
今回歌って下さった川瀬幹比虎さんと、おなじみYuririnが、
ものすごく良くて、レコーディング中はアドレナリン出まくりの、
かなり濃い~時間だった。
実際正味3時間強程度だったのだけど、
終わったあとは僕も、作詞&詞のディレクションをして下さったかの香織さんも含め
スタッフみんなでぐったり、、、、、

なんていうこともあったりして、結構楽しかった

特にYuririnの歌ったアリアは、マトモな繰り返しが無くて(もう、完全にイタリアオペラ)
かのさんは詞を書くのに相当苦労された様で、
終わったあと2日間寝込んだと仰ってた、、、、、

最近作る音楽の殆んどがドSモード全開になっていて
演奏者(特にStr)は勿論、僕自身も死にそうになりながら書いていたりするのですが(笑)
流石に今回は、人にも自分の抱えているものと同じ強度を要求してはいけないなと反省。

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇