SOUND HOUSE

楽器、音響機器、ヘッドホン・イヤホン、照明・ステージ機材をどこよりも【激安特価】でご提供するサウンドハウスのオフィシャルブログです。

新入荷商品や、音楽関連のニュースをお届けしています。


テーマ:
先日、都内某所で行われたNative InstrumentsのDealer meetingに参加してきました!



Native Instrumentsは、音楽製作/DJプレイ用のソフトウェア及びハードウエアを開発するドイツのトップメーカー。「ユーザーの2割が音楽で収入を得ているプロ」というのも納得のサウンドクオリティーを誇ります。また、ネイティブ製品を見た事のある人ならばご存知の通り、デザインも秀逸。DJコントローラー「TRAKTOR KONTROL S8」や「MASCHINE」といった機材が、reddotアワード2015というデザイン賞を受賞しました。

 


いかにもメカって感じの所がたまりませんね~

プレゼンテーションの次は、海外で爆発的なヒットを飛ばしているMASCHINE シリーズのフラッグシップ・モデル「MASCHINE STUDIO」の研修です!



MASCHINEは、コンピューター上のMASCHINEソフトウェアを専用コントローラーで操作し、直感的に作曲やパフォーマンスが行える音楽制作システムです。音色選択やエディット、レコーディングまでPCの画面を見ずに行え、インスピレーションを全て手元で形にできます。研修はインストラクターの方と同じようにMASCHINEを操作して、簡単なトラックを作るというもの。
製品に付属するダンス系の定番ソフト・シンセサイザー「MASSIVE」とMASCHINEのプリセットリズム音源を使って作業を進めますが、、、

サウンド自体がかっこいい!!

そして、、、本当に、直感的にパターンがつくれる!!

ステップレコーディングは、各パッドがそれぞれ1小節内の16分音符として割り当てられ、そこに音を配置していくようなイメージ。
音がアサインされたパッドは光り、パズルを組むような感覚で簡単に打ち込みができる。

更にNote Repeat機能を搭載し、8分で刻むハイハットなど、一定間隔でなる音をワンボタンで再生可能。

ひらめきを逃しません!!

最後は作ったトラックに、MASSIVEでメロディーを即興演奏。
MASCHINEのスケールサポート機能でスケールを知らなくてもメロディーを演奏することができました。
この時選んだのはFreygishというスケール。適当にパッドを押すだけでエキゾチックなメロディーを演奏することができました。
1時間足らずで操作方法を覚えて、アイデアを形にできる、、、これは海外での大ヒットも納得。
これからトラック作りを始めるDJやビギナー、更にはより直感的な作曲をしたい人、要チェックです!

(MASCHIN STUDIOの紹介動画)

以上、Native Instruments Dealer meetingのレポートでした!

Native Instruments/Maschineシリーズ

【営業部 土屋】

 
いいね!(19)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「DJ」 の記事