SOUND HOUSE

楽器、音響機器、ヘッドホン・イヤホン、照明・ステージ機材をどこよりも【激安特価】でご提供するサウンドハウスのオフィシャルブログです。

新入荷商品や、音楽関連のニュースをお届けしています。



テーマ:

6月も下旬、梅雨の季節となりました。
この時期は気温も上がり、野外フェスや、キャンプなど楽しいイベントが多くなります。良いこともたくさん、またその中で嬉しくないこともあります。
….それが湿気や雨!!
ジメジメしますし、キャンプグッズや機器なども傷まないか移動中心配になります。
そんな時、防水機能のある製品なら心強いですよね。このブログでは、気になるケースの保護機能を試してみます。実際はどうなのでしょうか!

\今回使用するのはこちら/
米国ケースメーカーSKB社の「3I-0907-4B-C」です。
見た目は良くあるケースですが、蓋部にガスケットシールが付属し、水や塵の侵入を防ぎます。



どこまで防げるか試してみましょう。


●チェック1 防水機能
理想はケースを海の中に放り込みたいところですが、シンクに水を溜め沈めてみます。
もちろんケースの中には濡れたら困るものを入れます。

\ 入れるのはコチラ! /

因みにマネージャーのスマホを犠牲にしました。うさ耳折れてるし、うん。

まだまだ、


ぐぐぐっと


沈めて暫く置きましたが、結果、何事もなく、中身も一切濡れませんでした!
まあメーカーでも海に沈めて検証しているので、防水性ばっちりというのは知っていましたが、マネージャーのスマホが無事で、ほんとによかった・・・・

●チェック2 耐久性
検証機材などないため、チェックとして重いものを乗せて試してみます。
\ 小さいケースに乗ったり、跳ねたり /(※よい大人は真似しないでください)


\ サウンドハウスのトトロさんも乗ってくれました /

小さいのに頑丈!

●チェック3 商品仕様
持ってみた感じとしては、コンパクトな見た目通り軽いです。
ハンドルも持ちやすく、グリップ感もあります。さすがにスマホ用のケースとしては勿体ないかな・・・

↓製品重量1.2kgと小指でも持てちゃう


また対応している温度も幅広く
最低 -56.11℃ ~ 最高 82.2℃

それと、3IシリーズケースはNASAでも使用されています!!

メーカーTWEETERより

すごいですよね!
検証し足りないですが、ここで独断チェック結果です☆

**************************************
雨が降っても、重たいものを乗せても、収納物をしっかり保護。
アウトドアやフェスの基地づくりにぴったりな一品でした。
**************************************

3I-0907-4B-Cはこちら

【営業部 江見】

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

※カエルがダメな人は読まない方が無難です。

こんにちは。営業の米沢です。

今日お伝えするのは、私のリアルな体験談です。
確か6月の頭、一日の仕事が終わり19:00を回ったころ。

「ウィウ、ウィウ、ウィウウィ~~~ン、ウィウウィウウィ~♪」といきなり、今まで耳にしたことのないような電子音が聞こえてきました。あまりに「ウィウ、ウィウ」と耳にさわり、一喝しようと振り返ると、その音を発する主は、上司が片手にはめた緑のカエル。その名もコケロミン



「アンビリーバボー!」
上司に一喝できぬ憤りより、このカエルに心を奪われました。

「なんて、かわいらしいカエルちゃん!!しかも、口の動きにあわせて音階が変わってる!」


衝撃的でした。今まで、音階を操るカエルに出会ったこと、、、あります?


コケロミン」を調べたところ、「ケロミン」のいわゆる廉価版。ケロミンはパペットマペット仕様で、手をぬいぐるみに入れて口の動きを変えることで、音階を操って演奏することができる電子楽器です!普通の「ケロミン」はコケロミンより、サイズもお値段もビッグなのですが、この「コケロミン ライム」は、サイズも価格も手にしやすく、この感動を味わえます。

そして、その「コケロミン ライム」にはなんと、ゆかいな仲間がいるのです!
その名も「コケロミン ネコシロクロ


その名の通り、白と黒のネコ仕様です。

「ニャンてかわい~~~❤」
生声はこちら↓


猫好きなのに、猫アレルギーな私にもってこいな代物です!!!❤❤❤
あれ、でも、一人で「ニャウ、ニャウ」してたら、ちょっとイタい人みたい?いや、いや、お待ちください。これ、楽器ですから!

上に紹介した2匹は、本格的な仕様でいろいろ本当にできちゃいます。
そして、2匹の仲間「コケロミン ロゼ」というのもあるのです。


うむうむ見た感じ、「コケロミン ライム」と同じですね。
いえ、しかし、この「ロゼ」さん、「ライム」さん「ネコ」さんとちょっと違うんですよ。
なんと、ケロミンでの本格演奏が難しすぎるという声に応えた、簡単仕様!ガイドモードがついているのです!!!!

ロゼのガイドモード機能はこちら↓


皆さん、欲しくなりません?誰かにあげたくなりません?操ってみたくありませんか?
今、猛烈に推しのアイテムです。

SHスタッフも愛用中❤


特に、最近、下記のようにお考えの方におすすめです。

「何か始めてみようかな。でもありきたりなのはな~」
⇒Oh、Yes!それならコケロミン極めて、エキスパート目指しましょう!

「彼女への誕生日プレゼントどうしようかな~」
⇒コケロミンで「ハッピーバースデー」を極めて、そのままプレゼントしちゃいましょう!

「長距離ドライブ、子供は退屈かな~~」
⇒コケロミンがあれば、問題なし!目的地に着く頃、もしかしたら、コケロミストになっているかもしれません!

「赤ちゃんをあやす方法はないかな~」
⇒あやすどころか、コケロミンがあれば、音階も覚えてしまうかも?!

「お母さんと喧嘩しちゃったな~」
⇒コケロミンで謝れば、許してくれます!

シチュエーションに応じて、幅広く使えます!

サウンドハウスでお買い求めの際は、何に使ったか、是非レビューしてくださいね!


タイヤのパンクについては、パート2にて!!!

【営業部 米沢】

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今注目の3Dステレオ・パワードスピーカー

Aspen Pittman Designs / Spacestation V.3

海外レビューをはじめ、いち早く視聴したスタッフからの

「キーボードとの相性がすごく良い!」 という声に、居ても立ってもいられず、実際に試してみました!
今回は動いてもステレオイメージが崩れない、、、との触れ込みも確認すべく、キーボーディストの吉田君に協力してもらいました。


彼はバークレー出身の先生に師事。社内パーティーではアルコールを浴びるように飲んだ後、頭にネクタイを巻きながら、サラっとジャズを弾き上げる逸材です。
まずはアコースティック・ピアノの曲からスタート。

な、なんと、、、


これは、、、



以前にSpacestation V.3のレビューに自社スタッフも書いていましたが、第一印象はとにかく音の広がりを感じます!
それも包まれているような感覚。頭を振ってリズムをとったり、部屋の中を動いても変わりません。



どこから聞いても、
スイートスポットにいるようなステレオ感です。


続いてはエレピの音色をトライ。

う~ん、とても気持ちいい音がします。

空間を漂うようなエレピの立体的な音色、良くマッチしています!
思わず二人揃ってニヤリとしてしまう。

動いても大音量でステレオの音を聴ける事により、サウンドへの没入感が高まります。
演奏を楽しんでいるのが伝わってきますね!

デザインも、グリルの部分が大きめに空いていてスッキリ!
サイズも手頃なので、カフェとかお店に置いて使うのにもぴったりでしょう。

立体的なサウンドを、余すところなく表現するスピーカーSpacestation V3

一回ではこの魅力は伝えきれません。別音色でもリポート予定です! 乞うご期待!

Aspen Pittman Designs ( アスペン ピットマン デザインズ ) / Spacestation V.3

【営業部 土屋】
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
みんなが大好きLANEYから新しいアンプが出ましたー!!
今月のYOUNG GUITARにも掲載されたLANEY/ GHR SERIESとGS SERIESです!
もう見た目がも~かっちょいいんですよ!!
そんな中でも、50W出力が魅力のLANEY / GH50RLANEY / GS412VRを今回はご紹介します

それではLET’S GO!!!!!



今回、試奏にご協力いただきますのは、キュッとしまったくびれが魅力のDEAN ZELINSKY/STRETTAVITA BT CUSTOM Tabaco Sunburstさんです。

私「実に締まった美しいボディをしていらっしゃいますね。」
STRETTAVITA「ありがとう。毎日の筋トレを欠かさず行っているからね。」
私「さらには、コイルタップもできると言う多機能っぷりにも感服ですよ!」
STRETTAVITA「そんなに褒めても綺麗なトラ目しかでないですよ。」
私「あはは(苦笑)」

実奏!!!

の前に・・・・見て下さい!この見た目!!

は、迫力があります。。。。
の見た目が男心をくすぐりますよね!
上からもドーン!


かっこいい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
それでは、COOLなイラストも描かれた鏡仕様のコントロールプレートにあるPOWER、STANDBYをONにして――――――


ジャーン!!!!!!!!!!!!!!うお!!!!!!!!!!!おっ!?
もっとゴリゴリのサウンドかと思いきや、意外や意外!マイルドなサウンドです。
かといって高音域の伸びや、低音域が損なわれているといった印象はなく、実に弾いていて気持ちが良く、アンサンブルの中でも絶妙にマッチしそうな音です。
Celestion Vintage 30を4発積んだキャビネットも相まってか、音の飛びも良く、別室にいたスタッフからも「気持ちの良い音だね」と高評価でした!
スムースな歪みの中にもエッジがあり、弾き心地も良く、ずっと弾いていたくなるようなサウンドです。ハードロックやもちろん、POPやメタル等のジャンルにも使えそうなサウンドです!
個人的にはチャンネル2にしてDRIVEを15時くらいにセッティングした際のサウンドがもう、、、、たまらーん!!!

・・・・・・・

ハイ!結論です!
LANEYは、音良し!キャビ良し!見た目も良し!

皆様も是非、LANEYの素晴らしきサウンドに浸ってみて下さい!
【営業部 細谷】
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!営業の松原です!
4月に入社してから、早いもので2か月…失敗ばかりで反省の毎日ですが、そんな中で気付いたことが。それはドラム女子が私だけということです。
大学時代のサークルでもドラム女子は少数派でしたが、サウンドハウスに勤めることになっても、唯一とは…!

前回の機材紹介企画では、私が高校時代から愛用しているスネアを紹介しました。



動画アップ後、ツイッターで反応を検索していると・・・
「機材紹介しているドラム女子、ヘッドを7年間も換えてないのか?」
というツイートをみつけてしまいました。。。(ツイ廃)
ご指摘いただいた方、本当にありがとうございます。

ドラムは叩けるなら割り箸でもいいと思っている私は、お恥ずかしいことにヘッドを換えたことがありませんでした…。
おかげでヘッドは茶色味がかっていて、お見苦しい動画となってしまいました、、この古びたヘッドを、、ッガエタイ!!!

というわけで、人生初、スネアヘッドを換えることに。もちろんスネアくんにとっても初体験のヘッド交換です。どきどき。
7年間もヘッドを換えていなかった私が、偉そうにヘッドの交換方法をお伝えします!えっへん!

まず、スネアスタンド(借り物)にスネアを乗せます。



次に、スネアのボルトをすべて緩め、外します。
(初めてなのでめっちゃピシピシ言ってます)

 


ヘッドを取り出します。汚い。ごめんなさいね。汚い。

シェルの縁を乾拭きします。雑巾とシェルの初めての出会いです。。。



新しいヘッドを置きます。REMOの定番「114BA」コーテッドアンバサダーです。



コーティング加工で表面をザラつかせ、耐久性を高めた多目的なヘッドです。アタック、サスティーンのバランスがよく、ドラムシェルを選ばない点が特徴です。(メーカー公式より)

つまり、大定番のコーティングされた使いやすいヘッドということですね!ヘッド初心者のわたし向け!やった!

というわけで、この定番ヘッドを置いて、フープを戻します。
このとき、戻す位置に気を付けましょう!
人それぞれですが、わたしはスネアをセッティングする時に左側にストレイナーが来てほしいので、このように置きます。



ドラム仲間である黒澤くんは、こうらしいです。


変なの。(個人の意見)

それはさておき。
位置が決まったら、フープをもどして、ボルトを締めます。
この時、締めすぎるとバランスがおかしくなってしまうので、指でできる限界まで締めます。

全部のボルトを均等に締めたら、ここからはチューニングキーで調整します。
チューニングキーを2つ用意し(借り物)、1周ずつ締めていきます。



叩いてみて、まだペコンという音だったら、また巻きます。
巻きすぎがこわいので、次は半周くらいにしておきます。

ここからはいつものチューニングと同じです。

ボルトの近くをポンポン叩いて、音の高さの違いで締めたり緩めたり。
ボルトの近くをぷにぷに指で押して、圧の違いを感じたり。(かっこいい)
チューニングは難しいので、なんとなくしかできないのです。。。叩ければよいです。

以上でヘッド交換はおわりです!簡単ですね!ね!!!



新しいヘッド、綺麗ですね…!
ヘッドを交換しないままでいると、本来のスネアの音が出せなくなってしまいます。
プラスチック製なので、ヘッドは消耗品。7年も使い続けるものではありません(いましめ)。
叩いているうちにヘタってきてしまうので、使用頻度にもよりますが数か月に1回は換えましょう
松原さん、数か月に1回は換えましょう。はい。

今回は定番のヘッドに換えましたが、もっと特徴的なヘッドも試してみたいです!
いろんなヘッドを試して、チューニングや音にどんな影響があるのか研究するのもいいですね。マンションではうるさくてご近所迷惑になってしまうので、スタジオやカラオケBOXを活用するのがオススメ。

ドラマーの皆さん!ヘッドの交換時期ではないですか?
是非サウンドハウスで、お好みのヘッドを見つけて交換しましょう!

REMO/114BAはこちら

【営業 松原】

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

営業の陶山です。6/12(日)に、ハモンドオルガンの新製品XK-5の発表会に行ってきました!


場所は東京沼袋にあるOrgan Jazz倶楽部。
会場には新製品XK-5と往年の名機B-3が並べられ、どちらの音で演奏されたかをクイズ形式で当てるブラインドテストstrong>が行われました。

オルガン奏者の河合 代介氏により、XK-5とB-3がベールに隠された状態で交互に演奏されるのですが、その演奏がブルージーでソウルフル!もぉ~最高です。お酒が進んでしまいます。。。

K-5はB-3を目指して作られているという事で、非常に似ていますが微妙~に違います…一体どちらがXK-5なのか??

こちらの比較動画も是非チェックしてみてください!




私は個人的に好きな音の方をXK-5と選んだら、、、大正解でした!

まず1番の違いとして、XK-5はペダルによるダイナミクスやクリック音が大きめで、演奏者の想いをダイレクトに伝えている様に感じられました。サウンドには暖かみがあり、デジタルな冷たい印象はありません。
対してB-3にはしっかりとした音の太さがあり、ビンテージ機材ならではの空気を感じました。

XK-5にはトーンホイールは内蔵されていません。しかし最新のデジタル技術により、ある意味で本来の楽器以上に、聴く人にその特性を感じさせることができるのだということを感じた瞬間でした。



より細かくお話を聞いてみると、、、
XK-5は前モデルXK-3に比べて、CPU演算が40~50倍も進化しており、キーレスポンス等が格段に良くなっているそうです。またタッチによって、ドローバーがタイミングをズラして鳴る等、より繊細な表現が可能になっています。

デザインはスッキリとしていて、部屋に置いても、他の機材と並べても違和感が無さそうです。前モデルに比べて軽量化されているところも、ライブに持ち運ぶ人には大きなポイントですね。



音質や操作性、演奏フィーリングにおいて、伝説の名機B-3オルガンの本質に迫ることを目指して作られたXK-5。B-3の要素を押さえつつ、新たな魅力を兼ね備えた注目の新製品です。これから様々な音楽シーンにおいて、皆さんも目にする機会が増えていくことでしょう。
発売は2016年7月下旬の予定。

HAMMOND一覧

P.S
ハモンドオルガンの歴史を紐解くと、パイプオルガンからトーンホイールを使ったハモンドオルガンが認められる過程においても、ブラインドテストが行われたようですねー。おもしろい!
ハモンドオルガン

【営業部 陶山】

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
営業の黒澤です!
今回は、私が所有しているスネアドラムを紹介します。 言わずと知れたLUDWIGの銘器、ブラックビューティーLB416T




ブラックビューティーは、シェルにブラスを採用していることが特徴です。 ブラスシェルは、何と言っても温もりのある柔らかな音色が魅力的。
私はこの柔らかな音に惹かれて、気付いたらこのスネアを家に連れて帰っていました。
それに加えて、深みのある豊かな倍音!音量が欲しいというドラマーにもおススメです!
実際にドラムセットで演奏すると、バンドの中でも埋もれずに存在感を発揮してくれるだけでなく、チューニングやミュート次第で、バンドサウンドに自然と溶け込む幅広い表現が可能です。
ブラックビューティーには様々なサイズバリエーションがあり、LB416Tは口径14"、深さ5"と、扱いやすいサイズというのも人気の秘訣。。。。と、あれこれ説明をしてきましたが、私の一番のおススメポイント。

それは、、、コチラ!!!
↓↓↓↓


お分かりでしょうか?
そう、このキュートなラグこそが私のお気に入り、その名も
「チューブラグ」!!
通常のラグとの違いは、シェルとの設置面積を少なくすることにより、シェル本来の鳴りを引き出せるということです。
具体的には、抜けが良く、サスティーンが長くなるといった効果が得られます。

コチラが通常の仕様のラグを装備したLB416T


LB416Tは、ロックのイメージがある人も多いかと思いますが、個人的には使い方次第で様々なジャンルにフィットするスネアであると感じています。是非実際に使って、根強い人気の理由を体感してみてください!

LB416Tはこちら
LUDWIGのスネア一覧はこちら

【営業部 黒澤】
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは!新人の小林です。前回の「キューバ音楽について」に続いて、今回はキューバでヒップホップが流行るまで、それはそれは大変だったというお話です。そもそもヒップホップってどんなイメージでしょう?だいたいシールつきのキャップをかぶって、ダボダボの服を着て、Y O !って感じですかね。 ヒップホップは1970年代にニューヨークのアフリカ系アメリカ人中心のコミュニティから生まれた文化の総称で、ブレイクダンス、DJ、グラフィティ、そしてラップ要素のことを言うそうです。グラフィティってあれです、コンクリートの塀やシャッターなどに見られる落書きです。
ではキューバではどうなのかというと、前回もちょこっと書いた通り、経済的な理由からDJ用のターンテーブルなど高価な製品は、あまり流通していないです。主にブレイクダンスとラップが1980年代から若者の間に広まっていきました。この頃、もちろんアメリカとの国交は途絶えていたのですが、何とか電波を拾ってアメリカのラジオを聴いたり、メキシコ経由で情報が入ってきたりしていたらしいです。 そしてキューバでヒップホップ(アメリカ発祥の音楽)が流行ると、「そんな資本主義アメリカの音楽なんてダメだ! (`・3・´)ノ」みたいなことをキューバ政府が言うわけです。当初、ヒップホップアーティストは政府から冷遇されていたようですが、若者が新しいジャンルの音楽に熱狂しているのに、お上にダメと言われて、「ハイそうですか」とはならないですよね。1995年には「ハバナ・ヒップホップ」というライブが行われ、その後も毎年開催され、キューバ国内にヒップホップ人気が広まっていきました。それに伴い、1999年に文科大臣アベル・プリエトが「ロックとラップに市民権を与える時期にある。」 という発言をし、それ以来ラッパーの活動は積極的に政府から奨励されるようになり、2002年にはキューバ文化省が下部組織としてキューバ・ラップ・エージェンシーを設立。2003年にはヒップホップ雑誌も創刊され、ラジオ局でもラップのプログラムが組まれ、ラップは急速にキューバ政府公認の音楽となって、「ラッパー」という職業が誕生しました。
一つの音楽ジャンルが広まるまでに、なんだかものすごいことになっています。
政府がラップに寛容になったひとつの要因として、Orishas(オリーシャス)というグループが海外で成功したことが挙げられます。彼らはキューバで活動していましたが、フランスのレコード会社にスカウトされてフランスに渡ったのち、超ブレイク。その武勇伝がキューバ国内に伝わり、現在でもキューバ国内外で高い人気を誇っています。 そんなOrishas、気になった方は是非、検索してみてください!

【営業部 小林】
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。サウンドハウス社員の小林です。仕事を始めて早2ヶ月…故郷が恋しくなる時期ですね。私の故郷はといいますと、

キューバです。

大学生の時にキューバ研究をしていた縁で、今やキューバにどっぷり浸かってしまっています。最近アメリカと国交回復し、メディアにも出ることが多くなったので、名前を聞く機会も増えたのではないでしょうか。そこで今日は、キューバ音楽について少し紹介したいと思います。

――そもそもキューバ音楽って何?
キューバ音楽と言えば、サルサ、ルンバ、ソン、でしょうか。ダンスもあります。国民の5、6割は踊れます。信じられますか?
国民の5、6割が踊り狂ってるんです!
とんでもない国だということが、お判りいただけたかと思います。楽器を弾ける人の割合は、さすがにそこまで多くはないようです。やっぱりモノがない国なので、楽器は高級品。国民平均所得の低いキューバでは、なかなか手軽に始められるものではないんですね。しかし彼らは、スプーンさえあればリズムをとって踊って歌って騒げます。国民性もさることながら、文化ってすごいですよね。
簡単に先ほどあげた3ジャンルを説明しますと…
サルサは、キューバの中でもっともポピュラーな音楽です。いわゆるラテン音楽のノリのよい感じで、だいたいラブソングです。
ルンバは、スペイン占領期に奴隷としてナイジェリアから連れてこられた人たちがルーツとなっている音楽。パーカッションが入り乱れて、もうすごいです。

ソンは、大ヒットした映画「Buena Vista Social Club」の音楽です。ひたすら渋い…今もキューバ内外でもこの音楽を楽しんでいる人が絶えません。映画を観たことが無いという方は、是非一度観てみてください。

――キューバ音楽ってそれだけ?
キューバで親しまれている音楽は、サルサやルンバだけではありません。へヴィメタルもヒップホップもロックンロールも、みんな楽しんでいます。しかも、どんなジャンルでも、どこかにキューバらしさが入るので、サルサやルンバ以外のキューバ音楽の方が聴いていて面白いかもしれません。ただ最近はレゲトンが若者の中で流行っていて、品が無くなったと嘆くキューバ国民もいます。
キューバでは言論の自由がなく、音楽一つ楽しむのでも一苦労。アメリカ合衆国がルーツの音楽は「帝国主義の産物だ」という理由で政府からNGが出たこともあったほどです。しかし現在では、国民の主張を表現するツールとして音楽の重要性が認められ、政府ともいい距離感を保って楽しめるようになっています。

――キューバ音楽興味出た?
キューバの音楽は世界的にも高い評価を得ています。ストリートでも最高の演奏が聴けますし、何よりお金がかからない。有名アーティストのライブだって無料か低価格。しかも、そのほとんどが生中継をしています。なぜなら、みんなが聴いてみんなが楽しめないと意味がないから。そういう発想は素敵だなと思います。

【営業部 小林】

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日(6/4,5)、長野県木曽郡木祖村こだまの森キャンプ場にて行われた、TAICOCLUB’16に行ってきました。

今回の目当ては、サンフランシスコを拠点に活動するTYCHO。まだ生で見たことが無かったので、どうしても見たくて長野まで足を延ばしました。TYCHOは、元々Scott Hansenのソロ・プロジェクトでしたが、現在は主にトリオ編成のバンドで活動しています。今回のTAICOCLUBでは、シンセのサポートが入った4人編成。TYCHOの音楽は、エレクトロニカやアンビエント、ポストロック系の音がうまく融合していて、CDを聴いているととても心地が良いです。生TYCHOは一体どんなLIVEを見せてくれるのか…期待のあまり、気付いたらステージ前のほぼ真ん中、前から2列目で待機していました。野外で暗かった為、始まるまで気付かなかったのですが、サブウーハーが目の前に設置されていて、バスドラやベースの音がそれはもう響く響く。皮膚が波打つくらいの振動を感じながら、素敵な音を浴びてきました。いやーほんと気持ち良かった。LIVE中はずっと雨で、標高の高さゆえ寒さもありましたが、そんなことは全く気にならない程素晴らしいLIVEでした。強行スケジュールで長野まで行って良かったです。

 

TYCHOの前には、ONEOHTRIX POINT NEVERを見ました。いやはやエクスペリメンタル。異次元。飛び交う音、ノイズ、メロディ全部かっこ良かったです。こんな音楽を体験出来て、とても幸せな気持ちになりました。MCの声にもエフェクトをかけていて、何を言っているか全然わからなかったけど。
その他、ARCAのDJセットは、彼の作品とは全然違うイメージで衝撃を受けました。よく叫び、よく歌う(ラップする)。勝手に抱いていたイメージとは全然違って面白かったです。あんなキャラクターだったのか。。一緒に出ていたVJの方も異質な空気を放っていました。(途中で睡魔に負けて撤退)

 

それから、TAICOCLUBに初めて行ってみて思ったのは、音の良さです。メーカー名が見えなかったのですが、低域がしっかり前にとんできて、高域はきれいで耳が痛くなくて、大音量で鳴るスピーカーの真ん前にいてもつらくない。あのスピーカーはどこのだろう?今度調べてみたいと思います。
スピーカーと言えば、SONYがLife Space UX グラスサウンドスピーカーの体験ブースを出していて、このスピーカーがまた驚きの体験でした。音が3Dで聴こえてくるのに形はお洒落なルームランプにしか見えず、音量もなかなか。どこからこんなパワフルな音が出てくるんだろうと、担当の方に伺ったところ、ランプのガラスにしか見えない円筒状の部分がツイーターになっていて、ランプの下の部分に50mmのウーハーを搭載しているそうです。実際音を鳴らしながらランプの下に手を入れると、すごい振動でした。重低音が鳴る音楽にはあまり向かないとはおっしゃっていましたが、部屋で音楽を聴く分には十分過ぎる程、低音もしっかり出てパワフルです。詳しくはこちらをご覧ください。

 

夏もスタートして、国内外各地で様々な音楽イベントが開催されています。みなさんは、どんなフェスに行く予定でしょうか。熱中症やお酒の飲み過ぎには十分注意して、この夏を楽しみましょう!

 

TAICOCLUB
TYCHO
ONEOHTRIX POINT NEVER
ARCA

 

【商品部 伊藤】

いいね!した人  |  リブログ(0)