テーマ:
 
 
 
 
 
BROTHERHOOD at 小倉レポートはYukiがしまーす
 
 
ブログ苦手で初め何打つか15分ぐらい悩むんで
 
よかったらみなさんアドバイスくださいww
 
 
さて今回のBROTHERHOOD
 
4月ぶりの出演です。
 
{F2CBB4F5-E05D-4386-8F8B-B6189E2ADB0D}

 
 
 
あれから半年経つのか、、、
 
ほんまに早い、、
 
 
 
 
久しぶりのBROTHERHOOD
 
今回のセトリです。
 
1.Peek-a-Boo
2.Devil
3.Suzy The Mouth
4.Goodbye My Chaos
5. You Love Me
6.Voo Doo Step
7.Cat's Cradle
 
{AFE0124E-E439-4738-BCF2-44F55E898A2C}

 
Crimsonkillyも久しぶりやったし
 
ドラムのあっくんは相変わらずうるさかったなwww
 
 
BLACKBILLYも解散は悲しいし
一緒にライブできるのも残り少ないけど
 
 
なんか全然実感が湧かないし
終始この人らほんまに解散するんかなって思うぐらいのテンションでしたww
 
12/1に渋谷でツーマンやし
 
BLACKBILLY最後までよろしくお願いします!!
 
 
 
{EDE9C327-CDF5-4F3E-9943-0B9A2692D5CC}

 
↑多分僕とマクさんのせいです。ww
 
すみません。
 
 
 
小倉またすぐ来れるように頑張ります!!
 
また会う日まで!
 
 
次のライブは大阪 梅田Zeelaにてスリーマン❗️
 
 
{91E4724F-916F-44F1-AFDE-B1DEC796A2DF}

 
絶対来てね!!
 
 
よろしく!!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

マツバイです。さて国内一発目のライブは初の土地で飯田市

 

長野県なんですが比較的に愛知県寄りなので名古屋から駆けつけてくれた人も多く嬉しかったです♪

 

今回は盟友のEACH OF THE DAYSとIN FOR THE KILLともご一緒

 

この3バンドが一緒にやるって言うのは初対バンの4年前の名古屋以来

 

SOUNDWITCHも含め、メンバーチェンジを経て今も突き進んでいく事で分かち合える3バンドで感慨深くなりました

{18FBBCBE-4AD6-453F-9DF6-09395364E772}

SOCIAL DESTROY

{8E699607-24AD-4411-A4BB-134AC2CB2528}

 

KOTOnoha

 

 

 

IN FOR THE KILL

 

 

EACH OF THE DAYS

 

このイベントは毎年この土地で開催されてる焼来肉ロックフェスというイベントのリベンジ企画

 

9月に開催予定だったのですが

生憎の台風で中止になってしまってこの日に別イベントとして開催でしたがこの日も台風でした(°o° )

 

そしてEOTDの10thとIFTKの初リリースツアーも兼ねたイベントで終始楽しくやれました

 

 

SETLIST

 

1.So Sweet So Scratch Heroes

2.SPEAK

3.Giddy Giddy Carousel

4.Sisters(of no mercy)

5.HELL BOP LADY

6.VooDooStep

7.Cat'sCradle

 

 

 

 

僕はIN FOR THE KILLの音源も買いました♪

今まさに聴いてるのですが、音源でライブ感溢れる仕上がりでテンション上がります!

 

{D2E4C544-CE34-45A8-A55F-866F7CF77297}

 

 

 

 

そしてこのライブから海外用で作ったグッズの販売も開始しました。かなりサイズ、カラー割れがございますので是非物販席でチェックしてください。

海外用に初で作ったアイテムや復刻アイテムもありますよ♪

 

image

 

 

今年はけっこうキツキツなステージでやる機会が多く
何故かそっちの方がテンションも上がったり達成感もあったりします。なかなか見れない構図なので色んなハコで体感してくださいね。同じ曲でも視覚でかなり印象も変わると思うので
 
 
 
この日のステージ衣装はZephyren BANDANA LONG SHIRT N/S-Inhale the black- RED

DEADHEARTZのバンダナ、BLACKFLYSのクリアサングラス

まだ目が紫で腫れてるので一日中サングラスでした泣
 
 
 
 
image

 

 

 

さて、次は久しぶりの小倉です

 

 

image

 

解散発表したBLACKBILLYとはこの日含めてあと2回!

寂しいけど全力で音楽でぶつかっていつも通り笑って過ごせる日になればいいなって思います。

タイムも公開されてるので是非お時間ある方は遊びに来てくださいね。おそらく年内ラストの福岡ですので!

{6CCCE4D6-758B-411F-961D-EDC643B17487}
 
 
では♪
 
image

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さんこんにちは!Twinです☆


ヨーロッパツアーの最後の締めは私が担当致します。



本当にあっと言う間の14日間でしたねぇ~(´∀`*)



Liveやって機材でパンパンのバンで次の国に移動して食料調達スポットを探して洗濯して…という日々。



ツアー行程や雰囲気は他のメンバーのblogですでに皆様に伝わったかなと思います。



今回一番強く印象に残った感想は、どこでツアーしても私達はSOUNDWITCHとして最高のLiveをお届けし、オーディエンスからフィードバックされた熱をさらなる糧に音楽を続けてるんだなという事です。



これは国内でも海外でも全く変わりなく、しかしより環境が違う場所でやると逆に改めて痛感しますね(°▽°)


{311776C9-BC5A-4A31-8BF5-749F4A9AE49D}

{AD9B38FA-B3C1-4684-BCBB-9D735A77E77E}

{AACFFEA1-FEAB-4FDE-BF51-676A51347E40}


{31471324-5C1B-42FA-AEA2-16B93F6F550A}

{9C9AE61B-668E-4654-BF2E-362A0F79D62C}

先程も言いましたが、他のメンバーがヨーロッパ道中記を写真と共にたくさん書いてるので、私は『ヨーロッパツアー番外編』というか、行ってみて初めて知った事なんかを脈絡なく記していこうと思います。

これからヨーロッパに行く予定のある方は薄~く参考にしてくださいな☆




◾️EU内の国境を越えるのは何だかラフ


そうなんです。

空港に降り立ってから、

ドイツ→スイス→フランス→ドイツ→オーストリア→ドイツ→ベルギー→ドイツ


という順番で国境を越えて行ったのですが、どの国境も県境を越えるくらいのスルーさ!

看板出てるだけの国境や、高速の料金所レベルの国境ばかり。


当初パスポートが色んな国のスタンプでいっぱいになると思ってワクワクしてたのだけど、結局飛行機乗り換えのフィンランドと降り立ったドイツのスタンプしかゲットできず…(T_T)


{0C778E6D-2110-4013-B149-7839FC8000B8}


しかしめっちゃドイツ通過してるなぁ

ドイツでLiveはしてないんだけどねヽ(´o`;

たぶんヨーロッパ内の移動距離は日本の本州往復分くらい。いや、もっとかもしれない。



◾️景観が素晴らしい


街も田舎も全て建造物が可愛い。まるでテーマパークのセットの様!

どの国も古い建物が当たり前の様に軒を連ねていて感心しました。

田舎の方の景色も素晴らしかった。

特にフランスの農業地帯は圧巻!

山が少ないせいか、あんなに果てしない地平線を私は生まれて初めての見ました。

 


↓ライン川をとっさに撮影したが失敗。
淀川と言っても疑われない仕上がりになる。

{E28986A0-4FDB-47A3-A1FD-2E90E674DDC3}


{683502EE-D76B-4A29-9706-599542C9632E}





◾️英語が通じるとホッとする


今回、公用語がドイツ語圏とフランス語圏の国でツアーしてたのだけど、特にフランス語圏は英語が通じない事が多々あった。

フランス語皆目見当がつかねぇ!(T_T)

ボンジュール、ムシュー、マダーム、シルブプレくらい。

カタコトながら英語が通じるとほんと助かった。

しかし親切な方が多くて、言葉が通じないながらも困った時は色んな人に助けてもらいました。スーパーやコインランドリーなどで…


人の親切心があればなんとかなるもんだ。

ありがとうございました!


{D229B055-8AC5-4C13-AB0B-B96D5963BC08}




◾️24時間営業の店が見つからない


とにかく夜遅くまで営業してる店が全然ない!!

最遅でも22時には閉まる。

これには困ったね。

Liveを終えてから何か食べようと悠長に構えてたら確実に食いっぱぐれる。

今回のツアーはいかに効率よく食料を確保するかにかなり神経を使った。

知恵がついた。

普段コンビニ文化に慣れきったぬるま湯っ子の自分の認識の甘さを思い知った。





◾️使い捨て文化ではない


無料のレジ袋、お箸、スプーン、フォーク…etc

こういった使い捨てアイテムの提供は基本的に皆無。

普段コンビニ文化に慣れきったぬるま湯っ子の自分の認識の甘さを…


物価が高いせいかもしれないけど、安価で物を買って簡単に捨ててしまう文化ではない模様。

これはもしかしたら現代の日本が異常なのかもしれないなとハッとさせられた。

物を大事に使う事を思い出した。





◾️公共のトイレは有料


全てではないけど、ハイウェイのサービスエリアなんかはほとんどそうでした。

チップ文化の派生らしいけど、だいたい0.7€くらいを機械に入れて自動ゲート通過してトイレに入る感じ。

小銭は用意しとかないと大惨事です。




◾️スーパーが成城石井


スーパーで売られてる物の全てが、私の大好きな成城石井やカルディの様♪

でかい成城石井かっ!て事です。

トキメクわっ!!

チーズとかスモークサーモンとかサラミとか、日本で買うと結構なお値段の品々が安い!(日用品や飲み物の物価は高いのだけど…)

チーズはどの国のも秀逸でしたね。

日本の軟弱なクセのないチーズとは全然違う。種類も多いし気合い入ってる!

長いツアーだったので持って帰れなかったのが残念。


しかし大好きな外国のガムやら『Ricola』ののど飴やらを大量に購入してウハウハです。

日本で売ってない種類がたくさん!

ヨーロッパのスーパー最高!近くにほしいわ!


{62BE549F-5677-4FA9-971A-85FDA6A21933}

{DBD957AB-29C8-4BFE-8D84-2FFF321F627B}


◾️コインランドリーの自動発券機がバカ


ベルギーのコインランドリーにて。

3.5€を自動発券機に入れて1枚コインを買い、そのコインを洗濯機に投入して洗濯するシステムだった。

ゲームセンターのコインみたいなシステム。

私は5€札を入れて、『コイン1枚と1.5€のお釣り』を手にした。そして無事洗濯した。


しかし貼っていた説明書きを読んでみると…


例えばコイン1枚ほしくて手元に10€札しかない場合、この10€を自動発券機に投入すると、『コイン1枚と6.5€のお釣り』ではなく『コイン2枚と3€のお釣り』が出てくるらしい。


要らない。

コイン2枚も要らない。


だからといって両替機がある訳でもない。


なので10€札しか手持ちがなかった場合は強制的にコイン2枚買わされる。


5€札持ってて本当に良かった。

後で知ってゾッとしたわ。


とにかく日本はクソがつくほど親切なサービスが溢れてる。

コインランドリー使う時は小銭必須!

自分のお金は自分で守らなければならないらしい。


{B727245F-5DAC-479D-8494-182D4C382893}



◾️硬水と乾燥


日本から色んな種類の使い切りのシャンプーを持って行ってたけど、日本のシャンプーはヨーロッパの硬水と死ぬほど相性悪い!

どれもオイリーなのにパサパサという悲惨な仕上がりになる。

シャンプーはたぶん現地調達がベストだと思う。


空気の乾燥を心配していたけど私には合っていた。

肺の中の水分量が少なくなるせいか全然疲れない。呼吸が常に楽ちん。

1時間ステージしても全く疲れない。体が軽い。

汗かいてもすぐ乾く。とにかく楽ちん。


余談だけど、ツアー中ずっと腕時計を付けてた。

帰国して外すとその箇所が白くなってた。

どうやら日焼けしたらしい。

冬でも紫外線が強いという噂は本当のようです。


{20083F22-1941-47BE-9BCB-FB608ACCDCFF}




まぁ、ざっと思い出すだけでもこんなに文化の違いがあったのは事実です。


しかし、どこに行っても人がいて生活があって、それに違いはないのですよね。

色んな人の助けで素晴らしいツアーができましたし、ツアーに付随する日常面でも色んな人の親切に助けられました。


出会った全ての人に感謝します!



ちなみにかねてより忠告を受けていたスリや強盗などの危険な目には全く合いませんでした。


何となく肌で感じたんだけど、たぶん現地の人から見ると私達の方がよっぽど怪しいアウトローなアジア人だったに違いありません。

そこはかとなく肌で感じたんだよね…


それではこの辺で今回のヨーロッパツアー道中記を締めたいと思います。


帰国後一発目のLiveとなった長野飯田でのレポ担当にバトンを渡します!


Twin

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。