草村動物病院 「動物の診察室から」

新潟市の草村動物病院のブログです。
高度獣医療のこと、日々の診療で思うこと、動物たちのことなど書いていきます。


テーマ:
 犬の膝蓋骨の内方脱臼は、とても多い病気です。

 特に、プードルや、ヨーキーなどの小型犬では症状の差はあれ、かなりの子達が膝のお皿が、内方へ脱臼します。

 膝蓋骨は、内方、外方の側副靭帯で、膝の溝におさまっていて、その溝の上を滑らかに動いています。

 しかし、内側の筋肉の引っ張る力が強いと、膝の溝を超えて内側へ脱臼してしまいます。

 普段は溝にうまくおさまっていて、時々外れるのですが、すぐに元に戻る場合には、症状もあまり出ませんし、わんちゃんも跛行をすることはありません。

 しかし、つねにない方へ脱臼している場合には、下腿骨が徐々に内側へねじれてしまい、膝蓋骨が元の位置へ戻らなくなってしまいます。

 この場合には、外科的に整復をしてあげなければなりません。

 今日の手術は、プードルのビビちゃん、1週間前に保護された子をお飼いになったのですが、片足をあげて、ピコピコと歩くので診察にお連れになりました。

 すでに下腿骨は内側にねじれていて、脛骨粗面を移動しなくてはならない、一番難しいグレードです。

 手術の中でも、軽症例と重症例では手術の術式が異なるのです。

 昨日は、大きな手術が重なってしまいましたので、今日に延期されました。

 でも、今日の手術予定も、犬の避妊手術が2例、膀胱結石摘出手術、そしてパテラの手術です。

 さあ、もうすぐ1日の仕事が始まります。お休みを頂いたので、ガッツシと働かせて頂きます。





今日手術の、ビビちゃんです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 この1ヶ月ほど、膝蓋骨の脱臼の手術が続いています。

 昨日も、チワワのぴーなつちゃんの手術でした。ぴーなつちゃんはまだ1年にならない女の子なのですが、東京の方で飼われていて、主治医の先生に、両方の膝蓋骨の脱臼があるために、両足一緒に手術を行う必要があると説明されました。

 飼い主のお嬢さまのご実家が、新潟なので、手術は私が行うことになりました。

 確かに、両足の膝蓋骨の脱臼はあるのですが、手術の必要があるのは右足だけです。

 左足はグレード1(普段は正常な位置にあり、脱臼してもすぐに元に戻り生活に支障がない)なので、様子を見ることにしました。

 右足は、グレードⅢ(つねに脱臼しており、正常な位置にもどしても、すぐに脱臼してしまい、跛行をする頻度が多い)なので、今回は右足だけの手術です。

 手術を一緒に、不妊手術も希望されましたので、卵巣摘出を行い、ついでに残っている乳歯も抜歯しました。

 ぴーなつちゃんは、1週間の入院で退院予定です。

 5日前に手術をした、パピヨンのメロちゃんも、グレードⅢで手術をし入院中です。




入院中のメロちゃん、元気いっぱいです。


 ミニピンのベック君は、高齢に入ってきたのですが、グレードⅢで長い間脱臼があり、慢性の膝の痛みが出てきた為に手術になり、昨日抜糸にこられました。

 膝蓋骨脱臼は小型犬に多い疾患ですが、脱臼があるから、すべてが手術になる訳ではありません。でも、跛行する頻度が多い場合には、骨の変形が始まる前に手術をした方がよいようです。






抜糸が終わった、ベック君。


ぴーなつちゃんの写真は、後で撮ってupします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)