草村動物病院 「動物の診察室から」

新潟市の草村動物病院のブログです。
高度獣医療のこと、日々の診療で思うこと、動物たちのことなど書いていきます。

NEW !
テーマ:

 先日前足の手術をしたイタグレちゃん。

 

 

 

 

 

可愛いので、パチリ!

 

 

今日トリミングの、プードルちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛いので、パチリ!

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日で、若葉先生は退社しました。私は送別会の一次会が終わったので今帰ってきました。

 

 可愛い若葉先生がいなくなるのは寂しいのですが、それぞれの人生ですので、ひとはなもふたはなも咲かせてください。

 

 お腹が空いたらいつでも電話をくださいと言っておいたので、フランスでお腹が空いたら連絡をくれると思います。

 

 若葉先生、3年間ありがとうございました!!

 

 ぺこり!

 

 

 

 

 

 

 

 

お疲れ様でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 悪性腫瘍のため、右前足を断脚したボルゾイの「ナターシャちゃん」
 
 その後再発もなく、3本の脚で上手に歩けるようになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元気になった「ナターシャちゃん」、とってもいい子です。よかったですね!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 シーズー犬の「ゴンちゃん」は、ちょうど若葉先生が私の病院へ来た頃から、時々肝臓の値がとても悪くなり、毎日皮下補液に通っています。
 
 2月14日は、ゴンちゃんの18歳の誕生日でした。
 
 私の病院のワンちゃんの中では、たぶん18歳は最高齢だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
18歳のゴンちゃん、まだまだがんばりましょうね!
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 若葉先生は、私の病院へ来てから3年経ちます。
 
 3年の契約でしたので、予定通り退社で、2月20日までになりました。
 
 今後は、フランス語の勉強をしたいとのことで、フランスのどこかで若葉先生を見かけたら、声をかけてあげてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
未来の子供達よりちっちゃな、若葉先生です。素敵なパリジェンヌになるでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 2年前に下顎の扁平上皮がんで、下顎切除をしたチベタンスパニエルの「ソナちゃん」。
 
 先日上アゴに腫瘤があることがわかりました。下顎の腫瘍が直接上顎先端に転移することはありませんが、もし腫瘍ですとまだ先っぽなので早く診断する必要があります。
 
 昨日、麻酔下でのCT検査、組織採取でした。外見上は過形成のようでしたが、悪性腫瘍でないといいのですが。
 
 
 
 
 
ソナちゃん、検査待ちです。
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今日の午前の診察で、1頭の猫ちゃんが連れてこられました。
 
 その子の名前は「セナ君」、12歳の男の子です。
 
 セナ君は、今朝から急に後ろ足が立たなくなったとのことでした。
 
 後ろ足は冷たくなっていて、股動脈圧は触れることはできませんでした。
 
 診断は「血栓症」です。すぐに低分子ヘパリンを注射して、血液検査、レントゲン、エコー検査を行い、血栓を融解させる治療が始まりました。
 
 猫ちゃんの血栓症は、心臓内でできた血栓が、後ろ足へ行く動脈に詰まってしまうとセナ君のように、後躯麻痺になり、脳へ飛んでしまうと「脳梗塞」、心臓の血管へ詰まると「心筋梗塞」、そして肺の血管へ詰まってしまう「肺梗塞」を起こすと死んでしまいます。
 
 セナ君はエコー検査で心臓内に血の塊と思われる部分があります。予断を許さないセナ君、なんとか頑張って欲しいです。
 
 
 
 
セナ君、頑張りましょうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日の夜は、3ヶ月の柴犬ちゃんが、イアホーンを全部飲み込んでしまったとのことで連れてこられました。
 
 レントゲンを撮ってみると、束になったまま飲み込んでいました。
 
 異物を飲み込んだときには、催吐薬を使って吐かせることが多いのですが、凸凹がある金属や、大きい異物は食道を傷める危険性があるため催吐処置は行わず、内視鏡で取り出すか、先日のセッター君のように、大きくて内視鏡では取り出すことができない場合には、開腹手術になります。
 
 
 
 
 
大きなひも状異物ですので、今日内視鏡で取り出すことになりました。
 
 
 その後、夜中の3時頃に、ジャックラッセル君が後ろ足が立たなくなったとのことで連れてこられました。
 
 病院に来たときは、普通に歩いていましたので、ステロイドを注射して、経過観察です。
 
 その後5時半頃に電話があり、土佐犬のミックスわんちゃん「マニー」ちゃんがよだれが止まらないとの電話がありました。
 
 長岡からなので、1時間くらいかかっておいでになり、よだれを抑える処置をして先ほど帰られました。
 
 
 
 
マニーちゃん、お疲れさまでした。
 
今週は、胃内異物が続くのでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)