草村動物病院 「動物の診察室から」

新潟市の草村動物病院のブログです。
高度獣医療のこと、日々の診療で思うこと、動物たちのことなど書いていきます。

NEW !
テーマ:
 先週は、仁君から献血をして、その前の週は未来ちゃんからの献血でした。

 今日、ジャックラッセルちゃんが、貧血が進行し血液中のタンパクも少なくなってきたため、輸血が必要でした。

 仁君も未来ちゃんもロン君も採血はできませんので、新潟の虎太郎君に電話をしてお願いしました。

 午前中に連れてきてもらったので、もうすぐ輸血が終わります。

 また一つの命が救われました。

 虎太郎君は2回目の献血です。なるべく1年に2度にしようとおもっています。

 前回が12月だったので、少し早いのですがお願いしました。

 虎太郎君は、おっきいので、400cc採血できます。

 今日の子は150ccの輸血で足りるので、残りの血液は、この子がまた具合が悪くなった時か、保存血として、次の子の命も救うことができます。

 未来とロンの子供達は、これからたくさんの命を救うことでしょう。

 本当にありがとうございました!

 ぺこり!










虎太郎君、スーパーいい子です。
虎太郎君に鼻の先に、マダニが付いていました。ノミダニの薬をお出ししますので、未来の子供達は取りに来ていただけますか。お願いします。ぺこり!







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
 土佐犬の「若君」、横綱だそうで、とっても強そうです。でも、私たちにはやさしいいい子です。

 若君は、3日前から急に元気食欲がなくなり、お腹が大きくなったと昨日連れてこられました。

 お腹を触ってみると、脾臓が大きくなっています。

 エコー検査では、おなかの中に液体が溜まっていて、少し抜いてみると血液でした。

 うたがわれる疾患は、脾臓破裂です。

 午後から手術を行うのですが、その前にCT検査があります。脾臓が破裂して腹腔内に出血をしていると考えたのですが、脾臓は造影剤に増強されませんでした。

 開腹してみると、脾臓が捻転し捻転した血管からの出血だったのです。

 脾臓破裂はとても珍しい疾患です。しかし手術は捻転した脾臓を摘出するだけです。

 手術は無事に終わり、一安心です。

 昨日は、若ちゃん以外に、猫ちゃんの後ろ足の断脚、コーギー君の目の腫瘍のための眼球摘出、それと避妊手術でした。

 






若ちゃん、おっかなそうですが、やさしいいい子です。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 プードルのブラウニーちゃん、お腹のなかと胸に腫瘍があり頑張ってきたのですが、おとといの夜に静かに息を引き取ったそうです。

 最後はお姉さまと一緒。ご家族の皆様、頑張りましたね。偉かったと思います。

 待合室でも、他の患者様に応援してもらっていました。

 ブラウニーちゃんは、皆様に感謝して虹の橋へ旅立ったと思います。

 ぶるわにーちゃん、えらかったえらかった。













3月のブラウニーちゃんです。とてもいい子ちゃんでした。










いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 長野から、ラブラドールの「あんりちゃん」が来てくれました。

 あんりちゃんは、後ろ足が立てなくなり、4月に第7腰椎と仙椎の背側を削る手術を受けました。

 時間はかかりましたが、歩けるようになったので、今日はわざわざトリミングがてら、お顔を見せに来てくれました。

 退院時は少し跛行が残っていたのですが、昨日のあんりちゃんはほとんど普通に歩けるようになっていました。

 あんりちゃん、良かったですね!






















あんりちゃん、元気になりました。








いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日の夕方、すみれちゃんが病院に来ました。

 すみれちゃんは、一番最後まで病院にいましたので、私を好いてくれていて、すりすりと可愛い子です。

 でっかいにいちゃんたちと比べると、スレンダーです。

 すみれちゃんと一緒に、三毛猫の「きびちゃん」も一緒に来ました。

 数週間前の夕方、すみれちゃんは散歩中に、1頭の小さな子猫を見つけました。

 すみれちゃんは、すりすりと子猫ちゃんに寄って行ったのですが、子猫ちゃんは驚いて逃げ出し、用水路にちゃぽん。

 飼い主様がすぐに拾い上げ、お家に連れて帰り乾かしてあげたのです。

 そして、すみれちゃんと暮らすことになりました。

 すみれちゃんは、優しいので、小さな子猫をペロペロぺろり。

 きびちゃんも、すみれちゃんになついて、すみれちゃんのおひげをパクパクパク。

 とても仲がいいそうです。












おうちでは、もっと仲良しだそうですが、病院ではなかなかいい写真が撮れませんでした。すみれちゃん、やさしいいい子です!









いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 5月の最終土日は、毎年1年で一番忙しい日です。

 昨日も、朝から患者様にはお待たせしてご迷惑をおかけしました。

 毎日通院していて治療が決まっている患者様、朝入院して夕方まで点滴をする患者様は、順番を早めて対応します。

 また、診察時間も含めて、改善を検討しています。

 よろしくお願いします。

 ぺこり!

 おとといの手術も、いろいろあって。






こんな子の腫瘍切除、ここまで大きくなると、少し顔の形が変わります。



 15歳のチワワちゃん、名前は「メイちゃん」26日の朝から急に元気食欲がなくなりました。

 検査の結果は、「胆嚢粘液嚢腫の総胆管閉鎖」です。

 胆嚢がゼリー状になり、そのゼリー状のものが胆管を塞いで、胆汁が十二指腸に流れなくなるのです。

 そのままでは数日で死んでしまいます。

 26日は、点滴をして、翌日胆管が解除されなければ手術です。

 27日の朝の血液検査の値は、前日より悪くなっていましたので、27日に胆嚢切除の手術を行いました。

 メイちゃんは15歳、手術によく耐えてくれて、無事に手術は成功です。

 良かったですね!












手術前のメイちゃんです。



今日も手術が7件です。内容は避妊去勢が6頭なのでそれほど大変ではありませんが、もう1頭の子が、ラブラドールの頸部腫瘍なので、少し大変です。










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ミニチュアダックスの、「オット君」、初診で2週間ほど前に病院へ連れてこられたました。

 下顎の先端は、すでに大きく腫瘤が占領していました。

 下顎の腫瘍です。

 治療するには両側の下顎半分を、腫瘍ごと切断するしかありません。

 年齢は10歳を超えていますが、残りの期間をこのままではと、飼い主様は手術を希望されました。

 執刀は敦井先生、助手は佐藤先生、手術は無事に終わり傷がきれいになるまで、食事は口からはとらない方が良いので、内視鏡で胃壁と脇腹をつなぐ「ペグチューブ」を設置しました。

 何の病気でもそうですが、あまり進行する前に対処してあげると、動物も楽なのですが。

 オット君の手術はうまくいきましたので、しばらく入院して、退院する時にはお口の腫瘍も無くなっているので、普通の生活ができると思います。

 オット君、良かったですね!










手術前の、オット君です。







いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日も手術がだいぶ混んでいたのですが、お昼前に上越市から、ミニチュアダックスの「くーちゃん」が、後ろ足は立たなくなって連れてこられました。

 椎間板ヘルニアの疑いが強く、そのままお預かりしたのですが、他の手術が終わったのが4時になっていたので、それから敦井先生がCT検査を行い。椎間板ヘルニアでしたので、そのまま手術をしていました。

 上越からなのでなかなか面会にも来れなく、今朝も、夕方も状態の問い合わせがありました。

 昨日手術したばかりなのでまだ歩くことはできませんが、補助起立はできますので、歩けるようになると思います。

 会えないので、写真を載せますね。












くーちゃん、ちょっと太めなので回復は遅れるかもしれませんが、今のところ順調です。










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 プードルの「さくらちゃん」、お母さんに咬まれたようで首の下が化膿して入院中です。







おとなしい子で、なされるままです。可愛いので、ぱちり!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨日は、東京の大学の先生が来て、猫ちゃんの肝嚢胞の手術が行われました。

 猫ちゃんの名前は「そらちゃん」1年半前から腹水が溜まってくる病気で、肝臓に嚢胞ができているのでした。

 繰り返し腹水を抜いていたそうですが、手術ができるのならと診察に連れてこられました。

 CT検査では、巨大な嚢胞が肝臓いっぱいに張り付いています。

 肝臓を摘出する可能性もあり、かなり難しい手術です。

 昨日来ていただいた先生は、軟部外科では日本でトップクラスの先生です。

 とても難しい症例は、無理を言ってお願いしてきていただきます。

 昨日は、予約の入っていた手術は全部キャンセルしていただき、先生の手術だけでした。

 さすがに上手で、サクサクと終了でした。

 手術が上手な先生は、簡単そうにやってしまいます。さすがでした。

 私の病院の獣医師も勉強することができました。













普段は、手術台2台並べているのですが、大学の先生がおいでになるときは、真ん中に一つにしたセッティングです。














今日のそらちゃんです。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)