吉岡正晴のソウル・サーチン

ソウルを日々サーチンしている人のために~Daily since 2002


テーマ:

○ブラッド・サンドバーグの『マイケル・ジャクソンのスタジオ講座』2018年5月に開催、1月から延期し大阪日程追加へ

 

【In The Studio With Michael Jackson Dates Postponed To May, Added Osaka Dates】

 

リスケジュール。

 

2015年に東京・大阪で行われた『マイケル・ジャクソンのスタジオ講座(In The Studio With Michael Jackson)』の2018年版が1月に行われると発表したが、ブラッドの世界ツアーのスケジュール調整のため、2018年5月に変更になった。5月日程では、1月日程でできなかった大阪でのセッションを開催することが決まった。1月のチケットはそのまま有効。また5月の予定がわからない人には払い戻しもする。

 

本セミナーは、これまでに15か国、28都市、113回、3700人以上の参加者を集めている人気セミナー。

 

このブラッド・サンドバーグは、マイケル・ジャクソンのもっとも信頼されたエンジニア、ブルース・スウェディーンのアシスタントから入り、マイケル・ジャクソンの『バッド』以降のレコーディングに参加してきたエンジニア。マイケルの自宅「ネヴァーランド」のスタジオ設計にもかかわり、完成まで、完成後も何度もネヴァーランドまで通った。

 

4枚のアルバム、無数のレコーディング・セッション、ビデオ・ミックス、ダンス・ミックスなどに深くかかわった。マイケルとともに過ごした18年間の仕事ぶりと実績の一端を、このセミナーで惜しげもなく開陳するのが『イン・ザ・ステューディオ・ウィズ・マイケル・ジャクソン』だ。

 

マイケルは、ブラッドに「リアリー・リアリー・ブラッドReally Really Brad」(Really Really Badのもじり)というニックネームをつけたほど。

 

マイケル・ジャクソンはスタジオでどのような仕事をするのか、どのようにレコーディングを進めるのか、ミュージシャンにどのように指示をするのか、そしてどのように曲を完成させていくのか。数多くの未発表曲音源や映像も見せながら、そのレコーディングのプロセスの秘密を紹介する。

 

『キャプテンEO』から、「マン・イン・ザ・ミラー」から、「スマイル」まで。スタジオで、そして、プライヴェートでもマイケルとともに多くの時間を過ごしたブラッドならではの秘話が多数明らかにされる。

 

マイケル・ファンはもちろんのこと、レコーディング・エンジニア、スタジオの仕事に興味ある方にも絶好の勉強の機会になります。

 

□□ 概要 □□

 

イヴェント・タイトル:イン・ザ・ステューディオ・ウィズ・MJ 2018-東京/大阪

 

①          日時 2018年5月17日(木) 12:00-19:00

会場 プリメール・アート・ホール

大阪府堺市堺区北瓦町2-2-9南栄ビル3階

072-341-0080

料金 VIP US$239.00(チケット代)+US11.51(手数料)=US$250.51

通常 US$199.00 + US$9.75=US$208.75

 

②          日時 2018年5月19日(土) 12:00-19:00

会場 ノア・スタジオ・学芸大スタジオ

東京都目黒区碑文谷5-25-10 ノア・ビル22

03-3710-2011

料金 VIP US$239.00(チケット代)+US11.51(手数料)=US$250.51

通常 US$199.00 + US$9.75=US$208.75

 

③          日時 2018年5月20日(日) 12:00-19:00

会場 ノア・スタジオ・学芸大スタジオ

東京都目黒区碑文谷5-25-10 ノア・ビル22

03-3710-2011

料金 VIP US$239.00(チケット代)+US11.51(手数料)=US$250.51

通常 US$199.00 + US$9.75=US$208.75

 

~~~

 

「イン・ザ・ステューディオ・ウィズ・MJ」オフィシャル・サイト(英語)

http://inthestudiowithmj.com/

 

同フェイスブック(英語)

https://www.facebook.com/inthestudiowithmj

 

■チケット申し込み方法

こちらで予約受付。クレジットカード番号が必要になります。

東京チケット分

https://ticketbud.com/events/550a83a0-47f6-11e7-a0d2-1fe0eb34743d

 

大阪チケット分

https://ticketbud.com/events/156f63e8-e70e-11e7-9a19-f36834d2eec2

 

問い合わせは英語の場合、

InTheStudioWithMJ@gmail.com

まで。

 

日本語の場合は、

Mj.recordinghistory@gmail.com

まで。

 

なお、プリメール・アート・ホール、ノア・スタジオへの直接の問い合わせはお控えください。

 

学芸大ノア・スタジオ・サイト

http://www.noahstudio.jp/shop/cat82/

プリメール・アート・ホール・サイト

http://primer-arthall.com/

 

■前回のセッションについての記事

 

今週末大阪でマイケル・ジャクソン・エンジニア・ブラッドさんセミナー開催

2015年01月16日(金)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11977455067.html

 

■1月開催の記事→これが5月に

 

ブラッド・サンドバーグの「マイケル・ジャクソンのスタジオ講座」2018年1月開催

2017年11月30日(木)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12332143147.html

 

■ブラッドがかかわったマイケル・ジャクソンのアルバム

 

これらの収録楽曲、またこれらのアルバムのために録音されたものの、未発表、未収録の作品などについても具体的に音源などとともに解説される。

 

BAD

マイケル・ジャクソン

SMJ (2016-08-03)

https://goo.gl/99qQx5

 

デンジャラス

マイケル・ジャクソン

SMJ (2016-08-03)

https://goo.gl/3oJTS8

 

ヒストリー

マイケル・ジャクソン

SMJ (2016-08-03)

https://goo.gl/5rRw7u

 

ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロア~ヒストリー・イン・ザ・ミックス

マイケル・ジャクソン

エピックレコードジャパン (1997-05-21)

https://goo.gl/tJxdpu

 

インヴィンシブル

マイケル・ジャクソン

SMJ (2016-08-03)

https://goo.gl/HxvCyC

 

ENT>EVENT>In The Studio With MJ

MICHAEL JACKSON>In The Studio With MJ 2018

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

○ブラッド・サンドバーグの「マイケル・ジャクソンのスタジオ講座」2018年1月開催(5月に延期)

 

2017年12月22日追記=このレクチャーは、2018年5月に日程変更されました。

新日程についてはこちらでご案内しています。

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12337922523.html

 

(追記ここまで)

 

【Brad Sundberg’s Extensive Seminar “In The Studio With MJ” Will Be Held In Tokyo January 2018】

 

3年ぶり。

 

2015年1月に行われ大きな反響を巻き起こした元マイケル・ジャクソンのエンジニア、ブラッド・サンドバーグのマイケルのレコーディングについてのセミナーが3年ぶりに東京で開催されることになった。今回は大阪では行われない。

 

ブラッド・サンドバーグは、マイケルのエンジニアとして活躍してきたブルース・スウェディーンの弟子として活動。マイケル・ジャクソンの1985年の『キャプテンEO』のサウンド・トラックから録音エンジニアとして約18年仕えた。てがけた作品は、『EO』の他、『バッド(BAD)』、『デンジャラス』、『ヒストリー』、『ブラッド・オン・ザ・ダンスフロア』などのCDの他、マイケル関連の音の部分をブルース・スウェディーンとともに担当した。

 

このセミナーではマイケルとのスタジオでの仕事ぶりを具体的に語り、キング・オブ・ポップがどのように楽曲を作り上げていくのか、その過程をさまざまな実際の音源などを使いながらつぶさに紹介する。6時間超のセミナーで最後に質疑応答があり、ブラッドが丁寧に答える。通訳がすべて日本語に訳す。料金は約250ドル(VIP)(約28000円)と約209ドル(約23000円)の2種類。前者のVIPにはサイン入りポスター、席の選択権などがつく。

 

このイヴェントは、これまでに15か国、28都市、113回のイヴェント、3700名を超える参加者を集めてきた。

 

前回の場合、最初の1時間半はネヴァーランドについて。ネヴァーランドの音響システムなどの設計に携わったブラッドは、何百回とネヴァーランドに通った。そのネヴァーランドの様子などを多くの写真を交えて解説。これに関する質疑応答など。

 

その後、ブラッドがかかわった『バッド』『デンジャラス』『ヒストリー』『ブラッド・オン・ザ・ダンスフロア』などのアルバムについて、未発表音源なども含めて曲のできる過程、エピソードなどを詳しく解説する。だいたい各アルバム1時間半から2時間くらいずつ話をして、後半に観客との質疑応答がある。アルバムごとに10分程度の休憩。

 

東京では大きなリハーサル・スタジオで約60-70人を迎えて、正面にスクリーン、スタジオだけにかなり大きな音での音源再生、テーブルなども置かれ、大学のレクチャーという雰囲気だった。スクリーンには写真などが映し出される。

 

レコーディング・エンジニアという職業に興味がある人にとっても大変おもしろいレクチャーになる。

 

今回は2日行われるが基本的には同じ内容だが、質疑応答でかなり違った話がでてくるものと思われる。

 

なお、今回の東京2日間は僕吉岡正晴が、サポートで帯同。音楽あるいはスタジオの専門部分について直接的な通訳以外説明が必要なときには追加説明などを加える。

 

参加希望者は下記サイトから予約ができる。予約にはクレジットカード、あるいは、ペイパルのアカウントが必要。

 

■前回記事

 

今週末大阪でマイケル・ジャクソン・エンジニア・ブラッドさんセミナー開催

2015年01月16日(金)

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-11977455067.html

 

~~~

 

「イン・ザ・ステューディオ・ウィズ・MJ」サイト

http://inthestudiowithmj.com/

 

同フェイスブック

https://www.facebook.com/inthestudiowithmj

 

こちらで予約受付。クレジットカード番号が必要になります。

https://ticketbud.com/events/550a83a0-47f6-11e7-a0d2-1fe0eb34743d

 

~~~

 

概要

 

イヴェント・タイトル:イン・ザ・ステューディオ・ウィズ・MJ 2018-東京

 

①日時 2018年1月20日(土) 12:00-19:00

会場 ノア・スタジオ・学芸大スタジオ

東京都目黒区碑文谷5-25-10 ノア・ビル22

03-3710-2011

料金 VIP US$239.00(チケット代)+US11.51(手数料)=US$250.51

通常 US$199.00 + US$9.75=US$208.75

 

 

②日時 2018年1月21日(日) 12:00-19:00

会場 ノア・スタジオ・学芸大スタジオ

東京都目黒区碑文谷5-25-10 ノア・ビル22

03-3710-2011

料金 VIP US$239.00(チケット代)+US11.51(手数料)=US$250.51

通常 US$199.00 + US$9.75=US$208.75

 

問い合わせは、

InTheStudioWithMJ@gmail.com

まで英語メールで。

日本語の場合は、

Mj.recordinghistory@gmail.com

まで。

なお、ノア・スタジオへの問い合わせはお控えください。

学芸大ノア・スタジオ・サイト

http://www.noahstudio.jp/shop/cat82/

 

■ブラッドがかかわったマイケル・ジャクソンのアルバム

 

これらの収録楽曲、またこれらのアルバムのために録音されたものの、未発表、未収録の作品などについても具体的に音源などとともに解説される。

 

BAD

マイケル・ジャクソン

SMJ (2016-08-03)

https://goo.gl/99qQx5

 

デンジャラス

マイケル・ジャクソン

SMJ (2016-08-03)

https://goo.gl/3oJTS8

 

ヒストリー

マイケル・ジャクソン

SMJ (2016-08-03)

https://goo.gl/5rRw7u

 

ブラッド・オン・ザ・ダンス・フロア~ヒストリー・イン・ザ・ミックス

マイケル・ジャクソン

エピックレコードジャパン (1997-05-21)

https://goo.gl/tJxdpu

 

インヴィンシブル

マイケル・ジャクソン

SMJ (2016-08-03)

https://goo.gl/HxvCyC

 

ENT>EVENT>In The Studio With MJ

MICHAEL JACKSON>In The Studio With MJ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

■デッド・セレブ2017年ランキング (物故者長者番付2017)発表~マイケル5年連続

 

【Top Earning Dead Celebrities 2017 】

 

物故者長者番付。

 

アメリカの経済誌フォーブスが毎年発表する物故者セレブリティ―長者番付の2017年分が2017年10月末に発表された。これは2016年10月から2017年9月までに、物故者で大きな収入があった上位13人をランク付けするもの。今年もマイケル・ジャクソンが1位に。5年連続。マイケルは2009年にラインクインし、3年1位、2012年だけ2位になるが、2013年から再びずっと1位をキープしている。

 

今年初登場は10月に亡くなったばかりのロック・アーティスト、トム・ペティー。20ミリオン=2000万ドル(約22億円)で6位初登場。死後1か月だが、生存中の過去1年の収入もカウントされた。

 

昨年初登場のデイヴィッド・ボウイ、プリンスは今年もランクイン。昨年までランクインしていた俳優スティーヴ・マックイーンが圏外に落ちた。

 

このランキングは、アメリカの経済誌フォーブスが2001年から13人を発表している。毎年だいたい10月中に発表されており、今年は17年目。

 

以下、過去年からのランクを含む今年のランク。

 

TOP EARNING DEAD CELEBRITIES 2017

 

(凡例)

左から今年の順位、(昨年順位)、(一昨年順位)(3年前順位)(4年前順位)(5年前順位) 、名前、今年の収入、$75Mは、7500万ドル。ドル建て、(その日本円概算、換算レートは発表時のおおよそ)、昨年の収入(ドル建て)。(死亡日、死亡時年齢) 職種  

$100Mは、100ミリオン・ドル=1億ドル=今年は110億円。1ドル110円概算。昨年は100円換算、一昨年は125円換算。

 

1.    (1)(1)(1)(1)(2)(1) Michael Jackson $75M (82.5億円) ($825M) (June 25, 2009, 50) ミュージシャン

2.    (3) (-)(-)(-)(-)(-) Arnold Palmer $40M (44億円) ($40M) (Sept 25, 2016, 87)(ゴルファー)

3. (2)(3)(3)(3)(4)(4) Charles Schulz $38M (41.8億円) ($48M)(Feb 12, 2000, 77) 漫画家(チャーリー・ブラウンのキャラクター作者)

4. (4)    (2)(2)(2)(3)(2) Elvis Presley $35M (38.5億円)($27M)(Aug. 16, 1977, 42)  ミュージシャン

5. (6) (4) (5)(5)(5)(--) Bob Marley $23M(25.3億円)(21M) (May 11, 1981, 36)  ミュージシャン

6. (-)(-)(-)(-)(-)  Tom Petty ($20M)(22億円)(October 2, 2017, 66) ミュージシャン

7. (5) (-)(-)(-)(-)(-) Prince $18M ($25M)(April 21, 2016, 57) ミュージシャン

8. (7) (11)(9)(10)(9)(8) Theodor Geisel “Dr. Seuss” $16M(17.6億円)($20M)(September 24, 1991, 87) セオドア・ガイゼル(ドクター・セウス) 絵本作家

9.(8)(7)(7)(7)(6)(5) John Lennon $12M(13.2億円)($12M) (Dec. 8, 1980, 40) ミュージシャン(元ビートルズ)

10.(9)(8)(8)(8)(7)(7) Albert Einstein $10M(11億円)($11.5M) (April 18, 1955, 76) 科学者(相対性理論)

11. (11)(-)(-)(-)(-)(-)David Bowie $9.5M(10.45億円)($10.5M) (Jan 10, 2016, 69) ミュージシャン

12. (13) (5)(4)(4)(1)(5)Elizabeth Taylor $8M (8.8億円)($8M) (March 23, 2011, 79) 女優

13. (10)(10)(12)(8)(10)(13) Bettie Page $7.5M(8.25億円)($11M) ((December 11,2008, 85, Model )

 

 

昨年12位のスティーヴ・マックイーンはランク外になった。

--. (12)  (12)(11)(10)(10)(9)Steve McQueen $9M ($9M) (Nov. 30, 1980, 50) 俳優

 

 

1.      Michael Jackson ($75 million)

2.                     Arnold Palmer ($40 million)
3. Charles Schulz ($38 million)
4. Elvis Presley ($35 million)
5. Bob Marley ($23 million)
6. Tom Petty ($20 million)
7. Prince ($18 million)
8. Dr. Seuss ($16 million)
9. John Lennon ($12 million)
10. Albert Einstein ($10 million)
11. David Bowie ($9.5 million)
12. Elizabeth Taylor ($8 million)
13. Bettie Page ($7.5 million)

 

■過去記事

 

デッド・セレブ長者番付2016年発表~マイケル、桁外れの収入

20161017()

https://ameblo.jp/soulsearchin/entry-12209978088.html

 

本ブログでは2007年からこれをご紹介している。

 

NEWS>Dead Celebrity Ranking, 2017

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

○マイケル・ジャクソン初来日時のエピソードが語られる著作登場

 

【Michael Jackson’s Book Focused On First-Solo Concert】

 

30年。

 

今から30年前、1987年9月12日、東京の後楽園球場でマイケル・ジャクソン初のソロ・ツアーが始まった。新作『バッド BAD』を出して、その「バッド・ワールド・ツアー」のスタート地点をマイケルは東京・ジャパンに選んだのだ。

 

1973年にジャクソン・ファイヴの一員として来日したことはあったが、ソロ・シンガーとしての初来日は、マイケル・タイフーンと呼ばれ、大変な現象になった。マイケルが行く先々で人だかりができ、歓声が沸き上がった。スポーツ紙は連日、マイケルを追いかけ、どんな小さなネタでも、記事にした。

 

そんな記念すべき初来日を実現させた日本テレビの白井さんが、長年の沈黙を破って、当時の回想録を執筆した。

 

いかにしてこのプロジェクトは始まったのか、その紆余曲折から、実現までの道のり。どれだけの苦労があったか。様々なエピソードを交え、当事者が語る。

 

実は僕もこの初来日は、14回の日本公演すべてを見た。大変ラッキーなことに、日本テレビ出版局がマイケルの来日時の写真集を出すというので、マイケル以外のスタッフやミュージシャンたちに話を聞き、一冊にまとめるという仕事を仰せつかったのだ。

 

湯川れい子さんとの対談や、クインシー・ジョーンズの記者会見の詳細、ライヴ・ショーの詳細、ミュージシャンたちのインタヴューなど実にもりだくさんな内容になった。確か、来日コンサート終了後可能な限り早く出版するということで、そうとうきついスケジュールだったように記憶する。

 

それがこれだ。当時、1万部が刷られたが、なぜか増刷されなかった。そこでちょっとプレミアがついてしまったようだ。僕の手元にももうぼろぼろになった一冊しかない。

 

(写真)

 

そして、そのときの来日を実際に取り仕切った白井さんが書き下ろされた本作は、どのようにあの不可能と思われた来日公演が実現したのかが書かれているようだ。

 

今から実に楽しみだ。

 

 

~~~

 

 

 

マイケル・ジャクソン来日秘話 テレビ屋の友情が生んだ20世紀最大規模のショービジネス

白井荘也

DU BOOKS 1944円 2017年9月8日発売

https://goo.gl/oxgj3c

 

内容紹介

マイケル・ジャクソン来日30周年緊急出版!

 

黎明期のテレビで、「音楽」と「笑い」を合体させた番組を作り上げた、名ディレクターが、テレビ時代の話と、そこから生まれたマイケル来日公演について、はじめて語った1冊。

 

日本中がマイケル来日フィーバーにわいた1987年9月…。その前年の1986年9月8日からマイケル招聘にむけてのハードな交渉がスタートした。

 

長いキャリアのなかでも人気絶頂の1987年、ソロ初のワールドツアーを日本からスタートしたマイケル。世界中の注目を集めるなか、動員数約43万人、総売上30億円以上という、20世紀最大規模の興行となったジャパン・ツアーを、いちばんの当事者である著者が、秘蔵写真とともに語り、マイケルの素顔に迫る。

 

著者について

 

白井荘也(しらいそうや)

1935年9月4日生まれ。

日本テレビを黎明期から支えてきた演出家、ディレクター、プロデューサー。

『ホイホイ・ミュージック・スクール』『カックラキン大放送 』など多数の音楽バラエティー番組を制作演出。「ゆく年くる年」総合プロデューサーも務めた。ドリフターズ、ジャニーズ(初代)、野口五郎、郷ひろみ、堺正章、研ナオコなどを育成し世に送り出してきた。制作演出した番組が平均視聴率 23%を獲得したというテレビ制作界の第一人者。「マイケル・ジャクソン」「ローリング・ストーンズ」、ミュージカル『アニー』、巨大オペラ公演『アイーダ』などの招聘も手がけた。『突撃! ヒューマン!!』などのカルト特撮や、ドリフターズの育ての親としても知る人ぞ知る人物。ビートルズ来日公演の際は、FM(フロアー・マネージャー)を務めていた。

 

単行本: 224ページ

出版社: DU BOOKS (2017/9/8)

言語: 日本語

ISBN-10: 486647033X

ISBN-13: 978-4866470337

発売日: 2017/9/8

 

ENT>BOOK>Michael Jackson

MICHAEL JACKSON>BOOK>Shirai, Soya

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

○マイケル・ジャクソン初ソロ・コンサートから30年

 

【30 Years Ago Today : Michael Jakcson’s BAD World Tour Started In Japan】

 

30年。

 

今からほぼ30年前の1987年9月12日、当時の後楽園球場から、マイケル・ジャクソンの「バッド・ワールド・ツアー」が始まった。

 

1973年にジャクソン・ファイヴの一員として来日したことはあったが、マイケル・ジャクソンが『オフ・ザ・ウォール』『スリラー』の大ヒットを受けて、ソロとして来日するのは初めて。ということでメディアをあげての大騒ぎとなり、来日中はマイケルの一挙手一投足がスポーツ紙を賑わせた。

 

マイケルは同年9月9日に来日。10月中旬の離日まで14回の公演を行い、「マイケル・タイフーン」を巻き起こしていった。

 

その後ツアーは、全世界を回り、翌年12月、再び東京に。今度は新しくできた東京ドームでコンサートを行った。

 

来日中のコンサートがない日は、キディーランドやソニー・ビル、丸善書店、デパート、信濃町のスタジオ、銀座のイエナ書店、冨田勲氏宅訪問など精力的に動いた。

 

その来日を仕掛けた日本テレビの白井氏が、そのときの模様を克明に記した著作が2017年9月8日、デューブックスからリリースされた。

 

~~~

 

■今日付けの「大人のミュージックカレンダー」に寄稿

 

昨日付け(2017年9月13日)の「大人のミュージックカレンダー」で、マイケル・ジャクソン初ソロ・コンサートについて寄稿しました。

 

同サイトは、毎日その日にちと関連するアーティストや作品をとりあげ、1000字程度のコラムを紹介するというもの。週5日月曜から金曜まで毎日更新している。2015年4月から始まって現在2年余。

 

http://music-calendar.jp/

 

音楽ジャンルも邦楽から洋楽までありとあらゆるものをカヴァー。執筆者も多岐にわたる。

 

http://music-calendar.jp/2017091301

 

~~~

 

マイケル・ジャクソン来日秘話 テレビ屋の友情が生んだ20世紀最大規模のショービジネス

白井荘也

DU BOOKS 1944円

https://goo.gl/oxgj3c

 

内容紹介

マイケル・ジャクソン来日30周年緊急出版!

 

黎明期のテレビで、「音楽」と「笑い」を合体させた番組を作り上げた、名ディレクターが、テレビ時代の話と、そこから生まれたマイケル来日公演について、はじめて語った1冊。

 

日本中がマイケル来日フィーバーにわいた1987年9月…。その前年の1986年9月8日からマイケル招聘にむけてのハードな交渉がスタートした。

 

長いキャリアのなかでも人気絶頂の1987年、ソロ初のワールドツアーを日本からスタートしたマイケル。世界中の注目を集めるなか、動員数約43万人、総売上30億円以上という、20世紀最大規模の興行となったジャパン・ツアーを、いちばんの当事者である著者が、秘蔵写真とともに語り、マイケルの素顔に迫る。

 

著者について

 

白井荘也(しらいそうや)

1935年9月4日生まれ。

日本テレビを黎明期から支えてきた演出家、ディレクター、プロデューサー。

『ホイホイ・ミュージック・スクール』『カックラキン大放送 』など多数の音楽バラエティー番組を制作演出。「ゆく年くる年」総合プロデューサーも務めた。ドリフターズ、ジャニーズ(初代)、野口五郎、郷ひろみ、堺正章、研ナオコなどを育成し世に送り出してきた。制作演出した番組が平均視聴率 23%を獲得したというテレビ制作界の第一人者。「マイケル・ジャクソン」「ローリング・ストーンズ」、ミュージカル『アニー』、巨大オペラ公演『アイーダ』などの招聘も手がけた。『突撃! ヒューマン!!』などのカルト特撮や、ドリフターズの育ての親としても知る人ぞ知る人物。ビートルズ来日公演の際は、FM(フロアー・マネージャー)を務めていた。

 

単行本: 224ページ

出版社: DU BOOKS (2017/9/8)

言語: 日本語

ISBN-10: 486647033X

ISBN-13: 978-4866470337

発売日: 2017/9/8

 

ENT>BOOK>Michael Jackson

MICHAEL JACKSON>BOOK>Shirai, Soya

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。