吉岡正晴のソウル・サーチン

ソウルを日々サーチンしている人のために~Daily since 2002


テーマ:
◎ デイヴィッド・フォスター・ライヴ~素晴らしいシンガーを紹介する良質の音楽番組

【David Foster Day One: Great Music Program Featuring All The Big Singers】

毎年。

スーパー・プロデューサー、デイヴィッド・フォスターの約1年ぶりのコンサート。デイヴィッド・フォスター&フレンズ名義で、デイヴィッドが数人のフレンズをゲストに迎えて、デイヴィッド関連の曲を歌う。

「日本のみなさんは、レコードを聞くだけでなく、そこに書かれているプロデューサーはだれだれ、ソングライターはだれそれ、ミュージシャンはだれだれといった情報を読む。そうして音楽に親しむ。そのおかげで僕がこうやってコンサートを開けるんだ。そんな日本のオーディエンスに感謝したい」とデイヴィッドは、ライヴの最後に語った。そう、まさにデイヴィッドはヒット曲を裏で支える文字通り裏方さんなのだが、そのヒットの多さからスーパー・プロデューサーとして認知され、彼名義のライヴができるわけだ。

昨年に続いてのものだったが、同じアーティストは19歳のシャリースのみ。その他は、すべて入れ替わり、楽曲もかなり昨年とは違っている。この密度の濃さからいったら、お客さんが入れば、1週間でもやれるのではないか。

ほぼ満員の観客。年齢層も十代、二十代から50代、60代まで、男女とも実に幅広い。ドラムス、ギター、ベース、キーボード2台、そして、デイヴィッドのピアノというバンド編成。多くの曲がシークエンスで音源の一部が出ているが、ミュージシャンは実際にプレイし、シンガーはもちろんすべて生で歌う。

次から次へとヒット曲が歌われ、曲と曲の間のトークがまたおもしろい。デイヴィッドは、本当に名司会者で、シンガーとの軽いやりとりも実にうまい。まるで良質の音楽番組を、生で見せてもらっているようだ。

それにしても、デイヴィッドがてがけるシンガーの素晴らしいことったらない。いわゆる英語でいうところの「ビッグ・シンガー」、しっかりと歌を歌う実力派のシンガーばかりをてがける。とにかくみな声が良く、歌がうまく、しかも力強い。上手な歌が好きな音楽ファンは次々とノックアウトさせられる。

まず登場したのが今年11歳という2000年生まれのジャッキー・エヴァンコ。日本でいえば小学校5年生ということか。ちっちゃな子供が出てきたと思ったら、ものすごい歌唱を聴かされ、本当に度肝を抜かれた。堂々とした歌唱、ニュアンス。目をつぶって聴いたら、とても11歳なんて想像だにできない。20歳、30歳いや、もっと熟練のヴェテランのように聴こえる。このあまりの成熟振りに、彼女は将来「第二のバーブラ・ストライサンド」になるのではないかと思った。バーブラも子供の頃からすごいものがあったようだが、このジャッキーにもそうした匂いが感じられる。まさに、今年のセンセーションだ。しかし、歌が終わり、デイヴィッドとの会話になると、やはり11歳の子供らしいやりとりになってじつに子供らしい可愛さがでていた。しかしこの11歳の子供と熟練の歌唱のギャップには驚く。早くフル・ショーが見てみたい。

それにしても、去年のシャリースといい、今年のエヴァンコといい、十代でこれだけの力を見せるシンガーたちの層って本当にすごい。そして、デイヴィッドの慧眼もすばらしい。世界にはいくらでも才能が眠っているんだなあと強く痛感させられる。

そして、それに続いて「昨年のセンセーション」、シャリースの登場。ジャッキーを見た後だと、まるで、シャリースがヴェテラン・シンガーのようにさえ思えた。もちろん、彼女の力強い歌唱は昨年以上のものとなり、ますます強力になっている。今回でプロモーションなどを含めて8回目の来日だそうで、来年3月に自身のソロ・コンサート再来日が決まっている、という。ちょうど二作目のアルバムも出したところ。

続いて、体調を崩したところから見事奇跡の復活を果たしたクラシック畑のラッセル・ワトソン。こうしたクラシック調のシンガーとデイヴィッドの相性がまたいいというところが興味深い。プッチーニの曲など、国際フォーラムがサントリー・ホールになったかのようだ。

そして、R&B界のディーヴァ、はちきれんばかりの元気よさで登場したのが、何度か来日しているアシャンティ。メドレーで自身のヒット、そして、ホイットニーの『ボディー・ガード』メドレー。

続いてアースのリード・ヴォーカルのひとり、フィリップ・ベイリー。ファルセットが若干出にくくなっているが、それでもヒット曲がこの日の中で一番受けていた。デイヴィッドが書いた「アフター・ザ・ラヴ・ハズ・ゴーン」ももちろん、うわっときたが、「セプテンバー」では客席総立ちに。

フィリップが舞台を去って、デイヴィッドが次を紹介すると、その人物、マイケル・ボルトンは、なんと客席の通路にいた。僕の席からも近い、ほんの1メートルほどのところにスポットライトが当たって、彼が歌い始めた。彼も力強い声の持ち主。かつて代々木体育館で見たことがあったが、こんなに近くで見るのは初めて。

そして、本編最後はマイケル・ジャクソンの「アース・ソング」。デイヴィッドは日本を襲った311の悲劇について話した後、マイケルの話をして、「彼は、とても頭のよい人物でした。次の曲はじっくり歌詞を聞いてください。そうすれば、この曲はマイケルが日本のことを思って書いた曲だということがわかるでしょう」と述べた。

東京から始まって計8本のアジア・ツアー。最後にまた東京に戻ってきてくれればいいのに、と思った。来年もぜひ、お願いしたい。

なお、二日目はオーディションを通過した日本人シンガーが登場する。

■ 昨年ライヴ評

2010年10月21日(木)
デイヴィッド・フォスター&フレンズ~シャリースがすべてを持っていった夜
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10682471281.html#main

2010年10月22日(金)
デイヴィッド・フォスター・ライヴ~時代の変遷によって入れ替わるスター
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10683847162.html#main

2010年10月24日(日)
シャリースの未来~若年層向けヒットと「ビッグ・ソング」での大ヒット
http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10685418833.html#main

■各アーティストのCD

ドリーム・ウィズ・ミー
ジャッキー・エヴァンコ
SMJ (2011-10-12)
売り上げランキング: 279


∞(インフィニティ)(初回限定スペシャル・プライス盤)
シャリース
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-10-05)
売り上げランキング: 158


デイヴィッド・フォスター&フレンズ ライヴ2
デイヴィッド・フォスター&フレンズ
ワーナーミュージック・ジャパン (2011-08-03)
売り上げランキング: 592


君こそすべて~デイヴィッド・フォスター&フレンズ ライヴ
デイヴィッド・フォスター・アンド・フレンズ ケニー・G
Warner Music Japan =music= (2009-01-14)
売り上げランキング: 2203


プラチナム・コレクション
ラッセル・ワトソン ショーン・ライダー ルル ヘイリー
ユニバーサル ミュージック クラシック (2011-05-18)
売り上げランキング: 461


デュエッツ
デュエッツ
posted with amazlet at 11.10.20
マイケル・ボルトン
SMJ (2011-09-21)
売り上げランキング: 46837


グレイテスト・ヒッツ 1985
マイケル・ボルトン
ソニーレコード (1995-09-21)
売り上げランキング: 54391


■メンバー

David Foster (Piano, Conduct, Musical Director)
John Robinson (drums)
Mo Pleasure (keyboards)
Boh Cooper (keyboards)
Jeff Pevar (guitar)
Ian Martin (bass)

Jackie Evancho
Charice
Russell Watson
Ashanti
Philip Bailey
Michael Bolton

■ セットリスト
Setlist: David Foster & Friends, October 19,2011

show started 19:21
00. Video: Flash Hits of David Foster
01. Theme From St. Elmo’s Fire
--- Jackie Evancho ↓
02. Lovers
03. Mio Bambino
--- Charice ↓
04. Louder
05. Stand Up For Love [Destiny’s Child]
06. Unbreak My Heart [Toni Braxton]
07. Power Of Love [Celine Dion]
--- Russel Watson ↓
08. Because We Believe
09. Volare (ヴォラーレ)
10. Nessun Dorma (プッチーニ、「誰も寝てはならぬ」) [Luciano Pavarotti]
--- Ashanti ↓
11. Ashanti Medley: Rock Wit U ~ What’s Luv ~ Always On Time ~ Foolish ~ The Way That I Love You
12. Bodyguard Medley: I Have Nothing ~ I’ll Always Love You [Whitney Houston]
13. Audience: Mr. Chihiro sings a chorus of “You Raise Me Up”
--- Philip Bailey ↓
14. In The Stone [Earth Wind & Fire]
15. Fantasy [Earth Wind & Fire]
16. After The Love Has Gone [Earth Wind & Fire]
17. September [Earth Wind & Fire]
--- Michael Bolton ↓
18. When A Man Loves A Woman [Percy Sledge]
19. To Love Somebody
20. Time Love And Tenderness
21. The Prayer (with Charice)
22. Earth Song [Michael Jackson] (All)
23. September (Outro)
Enc. Water Fountain ( Love Theme From 'Secret Of My Success' ) (David +Mo only)
Show ended 21:40

(2011年10月19日水曜、東京国際フォーラム、フォーラムA、デイヴィッド・フォスター&フレンズ・ライヴ)
ENT>LIVE>Foster, David & Friends
2011-
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。