吉岡正晴のソウル・サーチン

ソウルを日々サーチンしている人のために~Daily since 2002


テーマ:
▲アース・ウインド&ファイアー・ライヴ~普遍的ソウル・バンドの魅力

【Earth Wind & Fire Live At Kokusai Forum A】

動員力。

暗転して歓声が起こり、すぐにカリンバの音が会場内に響き渡った。アース・ショーの幕開けだ。

まさに日本で1番人気のある、動員力のあるブラック系アーティストということになるのだろうか。東京国際フォーラムA5000人・2日が満員になる。2006年1月以来ひさびさ3年10ヶ月ぶり、通算12度目の来日コンサート。直近だと、2002年11月、2004年9月、2006年1月以来ということになる。2004年までモーリスが来ていた。今回、前回はモーリスなし。しかし、メンバーはギタリスト1人の変更(ヴァディムZからモリス・オコーナーへ)以外、鉄壁の前回メンバーと同じ。さすがに年齢層高し。40代~50代が中心で、そこに20代、30代が少し混ざる感じ。男女比はほぼ半分か。

さて、セットリストの順番、曲目なども大幅に変えつつ、肝のヒット曲はほぼ演奏し、安定したエンタテインメントを98分。冒頭から「カリンバ・ストーリー」までの30分超は、ノンストップで一気に総立ちの観客を煽る。もうこのあたりは、手練手管。エンタテイナー・ソウル・バンドの定番定石。ところどころに振りを交え、踊り、観客を巻き込んで楽しませる。中盤「エヴィル」から、各楽器奏者のソロをいれ、音楽性の高さをアピールし、バラード系をまとめ、観客を座らせうっとりとさせる。そして、「イン・ザ・ストーン」からはまた一気呵成。「ファンタジー」のイントロでは、それまでにない歓声が巻き上がった。

それにしても、僕もなじんできたが、誰にとってもおなじみの曲ばかりが続くと圧巻だ。また、今回は前回よりもフィリップ・ベイリーの声がよく通って、力強さが復活した印象を持った。特に白眉だったのは、彼の一番輝く「リーズン」で、スタイリスティックスの「ベッチャ・バイ・ゴーリー・ワウ」を挟み込んだところ。スタイリスティックスもラッセル・トンプキンスという強力なファルセットがいるグループだが、そのラッセルを思わせるファルセットで圧倒的だった。

やはり、何度見てもこのバンドの肝は、そのリズムの強力さにあるということを痛切に感じる。「カリンバ・ストーリー」での舞台左右のラルフとフィリップによるパーカッションのパフォーマンス・バトル。ドラムスとパーカッションのコンビネーション。歯切れのいいブラス・セクション。そして、跳ねるヴァーディン・ホワイトのベース。そこから生み出されるリズムは、強力無比だ。これは普遍的な魅力だ。

もちろん、バンドとしてはこれにモーリスがいれば、さらにグレードアップということになる。もしモーリスが来れば、今以上の動員になるということだろう。来年の来日だと気持ち早すぎる感はあるが2-3年に1度の割での来日がちょうどいいかもしれない。

■ アース、ベストいろいろあります。たとえばこれ↓ 2009年12月23日発売、3枚組みのベスト中のベスト。(ライナー書きました)

エッセンシャル・アース・ウインド&ファイアー 3.0【完全生産限定盤】
アース・ウインド&ファイアー
SMJ (2009-12-23)
売り上げランキング: 91535


簡単なベスト↓

ゲッタウェイ~グレイテスト・ヒッツ+2
アース・ウィンド&ファイアー
Sony Music Direct (2003-06-04)
売り上げランキング: 15738


■アース・ウインド&ファイアー過去関連記事

January 19, 2006
Earth, Wind & Fire: Live At Budoukan, Why They Didn't Play Encore Song?
http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_01_19.html

January 20, 2006
EWF: "That's The Way Of The World" Should Be The Last Song
http://blog.soulsearchin.com/archives/2006_01_20.html

2004/09/04 (Sat)
Earth Wind & Fire: Set The Budokan On The Fire
前回武道館でのライヴ評
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200409/diary20040904.html

2004/09/05 (Sun)
After The Rain Has Gone: EWF Live At Budoukan
ライヴ評第2弾
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200409/diary20040905.html

2002/11/29 (Fri)
Big Daddy! Big Boss!
前々回のライヴ評。背中で歌うモーリスホワイト
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200211/diary20021129.html

2002/12/01 (Sun)
Maurice White Talks
モーリスへのインタヴュー
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200212/diary20021201.html

■メンバー 

Philip Bailey / Vocal/Percussion
Verdine White / Bass
Ralph Johnson / Vocal/Percussion

Benjamin David Whitworth / Vocals/Percussion
Myron McKinley / Musical director, Keyboards
John Paris / Drums

Morris O'Connor / Guitars
Gregory Moore / Guitars

=Earth, Wind & Fire Horn Section=

Robert(Bobby) Burns, Jr. / Trumpet
Gary Bias / Sax
Reginald Young / Trombone


■ セットリスト 国際フォーラムA
Setlist Earth Wind & Fire @ Kokusai Forum A, December 11, 2009/

show started 19:10
01. Intro / Boogie Wonderland
02. Jupiter
03. Serpentine Fire
04. Sun Goddess
05. Sing A Song
06. Shining Star
07. Kalimba Story
08. Evil (including trumpet solo of "Sunny")
09. Brazilian Rhyme
10. That's The Way Of The World
11. After The Love Is Gone
12. Reasons (including "Betcha By Golly Wow")
13. In The Stone
14. Devotion
15. Got To Get You Into My Life
16. Fantasy
17. September
18. Let's Groove
19. Mighty Mighty
20. Jupiter/Magic Mind/End Outro
show ended 20:48

(2009年12月11日金曜、東京国際フォーラムA=アース・ウィンド&ファイアー・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Earth Wind & Fire
2009-150

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。