吉岡正晴のソウル・サーチン

ソウルを日々サーチンしている人のために~Daily since 2002


テーマ:
(速報)○エリザベス・テイラー:『ディス・イズ・イット』をツイッターで語る

【Elizabeth Taylor Wrote About "This Is It" On Twitter】

つぶやき。

マイケル・ジャクソンの親友エリザベス・テイラーが、一足先に映画『ディス・イズ・イット』を鑑賞、ツイッターにその感想文を書き込んだ。この書き込みは、日本時間2009年10月27日(火曜)午前8時(LA時間26日、午後4時)頃から19回に分けて書き込まれた。ツイッターは一度に約30ワードまでしか書き込めないので、これだけの回数に分けてアップされた。トータルで約430ワード。これによると、テイラーは、先週、秘密裏に試写を見て、今日情報解禁で、やっと感想を公開できることになった、という。

全訳は次の通り。

私は先週『ディス・イズ・イット』を特別に見る機会を与えられました。見たことは秘密にするように言われていましたが、今日やっとお話できます。これは、私が今まで生涯見た映画作品の中で、もっとも見事な作品です。マイケルのクリエイティヴィティー(創造性)の天才さを、あらゆる側面で永遠に決定付けています。

彼をただ「天才」と呼ぶだけではまだまだ過小評価としか言いようがありません。彼はあらゆる音をやさしく包み込み、音楽自体を現実を超えたはるか深みのある地点まで聴く者を誘います。

私は、彼が神から授かった才能に心の底から涙しました。彼のような人物は、将来決して2度と現れないでしょう。そしてこの映画作品は、彼のような人物がこの世に存在したことを永遠に忘れさせることなく、思い起こさせ続けるでしょう。神はマイケルにキスしていました。神はマイケルを賛美していました。神は彼をまったく無意味な存在などにしていません。神はただひたすら彼を愛しています。

マイケルは、マジックを生み出すために、どのように音を作り、いかにニュアンスを表現すればよいか、すべて知り尽くしています。

彼を天才だというのはあまりに小さすぎます。私は、彼を表現するもっと適当なヴォキャブラリー(語彙)をもてればと思います。

あなた自身、あなたの愛する人と何度も繰り返しこの作品を見ましょう。あなたの記憶にとどめ、あなた自身で確認してください。「私は、自分の人生の中に天賦の才能を見た」と。私自身の人生における天賦の才能を愛しています。私は神にとても優しくしていただきました。私はマイケルを永遠に愛します。まだ彼を愛していない方も、きっと(この映画を見れば)彼のことを愛することになるでしょう。

私は恩着せがましく言うつもりは毛頭ありません。私が何を言いたいのか、みなさんにはおわかりだと思います。ただ、何度も何度も見に行ってください。

繰り返し言います。アイ・ラヴ・ユー。私はマイケルがあなたたちを愛していたことに思いを馳せます。彼は完璧に今日、生きています。彼のあらゆる歌の中に今日のメッセージがあります。

彼の歌詞を聴けば、そこには現代への予言があります。彼はその予言を私たちに聴いて欲しいと願っています。お説教をするつもりはありません。あなたを不快にさせてしまいますから。でも、ただ彼に耳を傾けてください。彼のメッセージに。

「ブラック・オア・ホワイト」から「マン・イン・ザ・ミラー」、そして「ウィ・アー・ザ・ワールド」における啓示、彼の真摯な言葉に真剣に向き合わなければなりません。

私たちは彼の人生を無駄にしてはなりません。そして愛をもってみつめなければなりません。それを心に刻みましょう。彼のことを忘れずにいましょう。そして彼と彼に天賦の才能を与えたくれた神に感謝しましょう。

ケニー・オルテガが、マイケルがステージに上がる前に、完璧なショーを作る過程で素晴らしい仕事を成し遂げました。マイケルが注ぎ込むすべてをまさにAからZまで、あらゆるレヴェルで、垣間見ることができます。オルテガ氏は、ダンサーとしての天才性、マイケルのあらゆる動きを捉えています。あなたはマイケルの天才性がこの映画作品の中で花開いているのを直接目撃します。ケニー・オルテガと彼のスタッフのおかげです。

私はこの映画作品が考えられるあらゆるカテゴリーにノミネートされるべきだと真剣に考えます。

(2009年10月26日午後3時=LAタイム=27日午前8時=日本時間=ころからのエリザベス・テイラーの書き込み)

+++++

エリザベスのツイッターへの書き込みは次の通り。
.
Dame Elizabeth: I was honored with the great privilege of seeing "This Is It" last week. I was sworn to secrecy, but now I can let you know about it.

It is the single most brilliant piece of filmmaking I have ever seen. It cements forever Michael's genius in every aspect of creativity.

To say the man is a genius is an understatement. He cradles each note, coaxes the music to depths beyond reality. I wept from pure joy at his God given gift.

There will never, ever be the likes of him again. And we have this piece of film to remind us forever and ever that once there was such a man.

God kissed him.God blessed him and squandered nothing, but loved it all. Michael knew how to put together every tone, every nuance to make magic.

To say he was a genius seems so little. I wish my vocabulary encompassed what I feel.

You owe it to yourselves and your loved ones to see this again and again. Memorize it and say to yourselves, "I saw genius in my lifetime"

I loved genius in my lifetime. God was so good to me. I will love Michael forever and so will you, if you don't already.

I hope I don't sound condescending. I'm sure you already know what I'm talking about, but go to see it again and again

I meant to repeat myself. I love you. I remember Michael loved you. He was totally up to now and the message of today in all his songs.

If you listen to his lyrics they are those of a modern day prophet and it beseeches us to listen to him and what he sang.

I won't use words like preaching because that is off-putting, but listen. Listen to his messages.

From "Black And White", "Man In The Mirror". The inspiration behind "We Are The World". We must take his words of responsibility seriously.

We cannot let his life be in vain / and always done with love. Remember that. Remember him and thank God for him and his genius.

Kenny Ortega did a masterful job of directing the process that goes into making a complete show before hitting the stage.

From A to Z you get Michael's input on every level. Michael's genius at work with the dancers. Mr. Ortega catches Michael in his every mood.

You see in front of your eyes Michael's genius blossoming on this piece of film thanks to Kenny Ortega and his crews.

I truly believe this film should be nominated in every category conceivable.

■ 『ディス・イズ・イット』(映画の音源はありませんが、ま、記念にひとつ…)

Michael Jackson's This Is It
Michael Jackson's This Is It
posted with amazlet at 09.10.27
Michael Jackson
Epic (2009-10-26)
売り上げランキング: 26


■ 『ライヴ・イン・ブカレスト』(ライヴ映像は、現状、これが決定打。ここでも神はマイケルにキスしています)

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]
Sony Music Direct (2005-12-07)
売り上げランキング: 37


ENT>ARTIST>Jackson, Michael
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

soul searcherさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。