吉岡正晴のソウル・サーチン

ソウルを日々サーチンしている人のために~Daily since 2002


テーマ:

●Natalie Cole (Part 1) : Show Must Go On : Her Final Soul Searchin’ 


(ライヴの内容にふれます。これからごらんになる予定の方は、ご自身の判断でお読みください)

【ナタリー・コール満身創痍のステージ】

再び(Again)。

ショーが始まる前、超満員のブルーノートの店内は喧騒に包まれていた。ナタリー・コールの2004年5月末からのライヴ以来約4年ぶりの来日公演。いつも満員になるナタリー公演は4年ぶりということもあってか全14公演が売り切れになっていた。だが、初日(2008年6月22日)のステージにナタリーは、車椅子で登場したという情報が伝わっていた。さらには火曜日、木曜のセカンド・ショーがキャンセルになっていた。こんなことはブルーノート史上今までない。不安と心配を胸に金曜のファーストに。

4曲ピアノ・トリオのインストゥルメンタルが静かに演奏された。音がいつもより小さく聴こえる。およそ20分の演奏の後、MCが英語で「最近負った怪我のため、ミス・コールは車椅子でステージにあがることをお詫びします」というアナウンスをして、ナタリーがスタッフに車椅子を押されながら登場。ナタリーはご存知のように身長が175センチ以上ある。かなり大柄だ。だが、ステージに上がったその姿を見たとき、少し痩せたように思えた。そして、背が気持ちまるまっているためか、小さくも見えた。

そして、ベースの音にあわせて歌い始めた「フィーヴァー」。なかなか声が思うように出ない。喉がいがいがしているのか、ちょっと声ががさがさしている。バンドの音が聴こえにくいのか、音程もままならない。これを見た瞬間、火曜と木曜のセカンド・ショーをキャンセルしたことに納得した。きっとナタリーは満身創痍(まんしんそうい)なのだ。

「ホワット・ア・ディファレンス・ア・デイ・メイクス(恋は異なもの)」も、続く曲も、なかなか本調子になれない。たぶん、車椅子ゆえに思うように腹筋などにも力が入らないのだろう。僕は思った。なぜこうまでしてステージに上がらなければならないのだろうか。そんな無理しなくてもいいではないか。それがエンタテイナーの性か。その姿は痛々しかった。いつもの調子なら、こんなおそらく歌いこんだ曲など朝飯前で歌いこなすだろう。だが今、ステージの彼女は誰の助けを得ることも出来ずに、ただひたすら必死に歌い続ける。彼女のバックには7人のミュージシャン、シンガーがいるが、スポットライトが当たるのは彼女、ナタリー・コールだ。バックのミュージシャンたちは最大級のサポートをするが、ミュージシャンたちと一体化することもできずひとり孤独のステージを続ける。

時に水で喉を潤し、唇を拭き、マイクを離して咳払いをし、歌い続ける。カーメン・マクレイも歌った「コーヒー・タイム」を終えて、ナタリーは言った。「この一週間、ここブルーノートではinteresting week(興味深い一週間)を過ごさせてもらっています。3-4年ぶりにこのファンタスティックな東京ブルーノートに戻ってこられて本当に嬉しいです。ブルーノートのスタッフのみなさん、ありがとう。そして、ここに戻ってきたいと思います。また(Again, and again, and again and again…」 もちろん興味深い一週間は、2度のキャンセルでの混乱を指している。彼女はアゲイン(再び)と言う単語を4回も言った。そして、ナタリーは、アレサが歌ったヴァージョンが大好きと言って次の「アンティル・ザ・リアル・シングス・カムズ・アロング」を歌った。

ステージの彼女は、観客から拍手を受け、エネルギーを得て少しずつ気持ちよくなっているように見えた。そのせいか、他のセットより少し曲が増えていたようだ。ブルーノートのウェッブに発表された日曜のセットリストではファースト、セカンドともに11曲(ほかに3曲インスト)だったが、結局この日は13曲(ほかに4曲インスト)を歌った。

「アンフォーゲッタブル」では、ステージ中央と左右のテレビモニターを使って、すっかり定番となった亡き父ナット・キング・コールとのゴースト・デュエットを見せた。最初のワンワード「アンフォーゲッタブル~~」が歌われるだけで、観客が一斉に反応する。そして、最後、ナタリーは客席から見て一番右のモニターの父親に向かって左手を高く上げて伸ばした。モニターの父が右手で娘のナタリーのほうに手を差し向けているのだ。

今回歌われたセットリストのうち6曲は、今年の2月ころからレコーディングされ、2008年9月9日に全米で発売される最新作『スティル・アンフォーゲッタブル』収録予定曲だ。よって、この新作からの作品を日本の観客はどこよりも早く聴くことができた。おそらくこんごこれらの曲を生で聴くことはないだろう。

どんなによれよれになっても、最後までステージをやり遂げなければならないエンタテイナー。エンタテインメントの世界は、文字通りShow Must Go On(ショーは続かなければならない)の厳しい世界だ。

最後の「ラヴ」が終わり、車椅子でステージを去る彼女を見て、誰もアンコールはできないと思ったにちがいない。観客も満足したかはわからない。しかしパフォーマンスが満足いかないという事実は、本人が一番痛切に感じているのだ。思ったように高い声がでない、思ったように歌えない。彼女の体のどこが悪いのかはわからない。ただ僕は満身創痍で、ここまで体を張って命をかけて60分のステージをこなしたミス・コールに感謝の気持ちを伝えたかった。ちょうど楽屋に戻るときに僕の目の前を車椅子に乗った彼女が通ったので一言声をかけた。”Thank you for your great music(すばらしい音楽をありがとう)”  すると彼女は力強い声で”Thank you”と返してくれた。僕の「ありがとう」には、過去30年以上すてきな音楽をありがとうの意味を含めていたが、そんなことはおそらく伝わらなかっただろう。手を差し伸べると軽く握り返してくれた。

ライヴが終わり、上に上がるとセカンドセットを待つお客さんたちがウェイティング・ルームにあふれ、大いにざわついていた。この時点ではまだわからなかったが、その後、セカンドセットが再びキャンセルされることになった。

(この項続く)

■ ナタリー・コール次作『スティル・アンフォーゲッタブル』

収録予定曲
Still Unforgettable Track listing: (DMI/Dist byRhino/WEA)

1. "Walkin’ My Baby Back Home"
2. "Come Rain Or Come Shine"
3. "Coffee Time"
4. "Somewhere Along The Way"
5. "You Go To My Head"
6. "Nice ’N’ Easy"
7. "Why Don’t You Do Right?"
8. "Here’s That Rainy Day"
9. "But Beautiful"
10. "Lollipops And Roses"
11. "The Best Is Yet To Come"
12. "Something’s Gotta Give"
13. "Until The Real Thing Comes Along"
14. "It’s All Right With Me"

■ナタリー・コール過去記事

2003/06/17 (Tue)
Bittersweet Voice That Turned Blue Note A Desert
http://www.soulsearchin.com/soul-diary/archive/200306/diary20030617.html
2003年来日時のライヴ評。

ナタリー・コール・ライヴ『心の変遷、ここに』【2002年5月28日火曜・セカンド・ステージ・東京ブルーノート】
http://www.soulsearchin.com/entertainment/music/live/natalie20020528.html
2002年来日時ライヴ評。

『ソウル・サーチン』(吉岡正晴・著)第7話 ナタリー・コール  NATALIE COLE ~二度のグラミーのはざまで~
http://www.soulsearchin.com/soulsearchin/7.html
ナタリー・コール紆余曲折のソウル・サーチン・ストーリー。

■ メンバー

ナタリー・コール(ヴォーカル)Natalie Cole(vo)
マーヴィン・パークマン(キーボード、バック・ヴォーカル)Marvin Parkman(key,back vo)
リサ・ヴォーン(バック・ヴォーカル)Lisa Vaughn(back vo)
トレーシ・ブラウン(バック・ヴォーカル)Traci Brown(back vo)
タミール・ヘンデルマン(ピアノ)Tamir Hendelman(p)
サミール・エルメダウル(ギター)Samir Elmehdaoul(g)
ケヴィン・アクスト(ベース)Kevin Axt(b)
ロバート・ミラー(ドラムス)Robert Miller(ds)

■セットリスト
Setlist : Natalie Cole @ Blue Note Tokyo, June 27, 2008

#denotes from her upcoming album “Still Unforgettable” (to be released September 2008)

Show started 19:05
(Instrumental by piano trio for first four songs)
01. Spring Action [Tamir Hendelman original]
02. Paper Moon
03. Singing In The Rain
04. Driftin’ [Herbie Hancock]
~Natalie came on the stage on wheelchair
05. Fever
06. What A Difference A Day Made
07. Why Don’t You Do Right? #
08. Nice ‘N’ Easy #
09. All The Things You Are
10. Best Is Yet To Come #
11. Coffee Time  #
12. Until The Real Thing Comes Along #
13. Somewhere Along The Way #
14. Smile
15. Besame Mucho
16. Unforgettable
17. L-O-V-E
Show ended 20:30

(2008年6月27日金曜、ブルーノート東京=ナタリー・コール・ライヴ)
ENT>MUSIC>LIVE>Cole, Natalie
2008-111
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。