吉岡正晴のソウル・サーチン

ソウルを日々サーチンしている人のために


テーマ:

【フィリー・ソウル・ナイト~超満員御礼感謝】

超超満員地下鉄メトロ

5日、メトロ銀座駅コンコースで行われた『メトロ・ミュージック・オアシス第13回~フィリー・ソウル・ナイト』は、2回でおよそ1000人の観客を集め大盛況のうちに終わった。ソニービル地下一階のコンコースに作られたステージと客席。ふだん何気なく、通路として使われている場所が、ライヴハウスになった。ステージ前に約60席を作り、その回りを立ち見の人々が囲む。かなりの後部では音は聞こえど、姿は見えずみたいな状況だったが、通りすがりの人も流れずにその場に留まっていく人がひじょうに多かった。



ケイリブ&フィリー・ソウル・サーチャーズは、フィリー・ソウルのヒットを次々と演奏・歌っていく。リードを取るのは全員。グリニス、ポーラ、アージー、ケイリブ、ゲイリーも曲によってリードを取るので、ちょっとしたヴォーカル・グループなみ。一番受けていたのは、スタイリスティックスのヒット「誓い」や、なんといっても「愛がすべて(キャント・ギヴ・ユー・エニシング」だ。

ケイリブがMCでこう言った。「いやあ、暑い! これぐらい暑いと僕のヘアに何か必要だ!」 ゲイリーが相槌を打つ。「何が必要なんだ?」
「何か、ヘアスプレーのようなものが必要だ」 「どんな」 「ガッツビーのような」 (ここで一気に受ける) そして、イントロが始まり、観客からいっせいに歓声があがった。



僕が個人的におもしろいと思ったのは、下記セットリストでのフィリー・メドレーの1曲「サイドショウ」。ブルー・マジックの1974年のヒット・ヴァージョンではファルセットのテッド・ミルズが歌う。これをこのフィリー・ソウル・サーチャーズは、5人のリードが一行ずつ歌い回す。ヴォーカル・グループの妙みたいなものが、計らずも生まれた。

階段には、通路を行き交う人のために、ロープが張られ、ロープ内は立ち見で牛詰。おそらく後ろの人たちはほとんど見えなかったと思う。座れた方々はかなりラッキーだ。

前日のリハで、ケイリブといろいろ話ているうちに、おそらく予定した曲数では当初の演奏時間45分を大幅に越えるだろうということで、2曲をカットして本番に臨んだ。ところが、実際に歌い、MCをいれるとやはりそれでも足りなくなり、1部は2部の始まりを遅く出来ないために急遽1曲カットになった。

『メトロ・ミュージック・オアシス』のイヴェントでは基本的にこれまで入れ替えをしていなかったが、今回から入れ替えることにした。1部本編が終わり、大歓声のうちにアンコールをもらい、終了後、一度清掃をいれ観客出しをしたのだが、すぐに第2部に入るためものすごい行列が出来てしまった。どうもファーストを立って見た人がセカンドに残ろうとしたようだ。

第1部はなんとか60分(それでも15分押し)で押さえたが、第2部は1時間15分超となった。この長さは同イヴェントで最長になった。また、このイヴェントに関する問い合わせがメトロに多数来て、問い合わせの電話は昨日一日中ひっきりなしになり続けたという。さらに、人だかりをみて会場近辺からの問い合わせもあったらしい。

ライヴ後のCD即売会もけっこう売れた。一番聞かれたのは、「彼らの演奏のCDで、今日やった曲のものをください」というもの。残念ながらそれは用意できなかったのだが・・・。CD即売など手伝ってくれたAちゃん、Sちゃん、Oさん、オフィシャルカメラマン、長渡さん、木下さん、ありがとうございます。そしてもろもろ取り仕切っていただいたメトロ杉山さん、読売・中島さん、スタマック・永田さん、そして、ケイリブ&フィリー・ソウル・サーチャーズの全員に最大の感謝を。

script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/mm.js.php?upwh=960053-1191634558-239-178


ほんと、どこからこんな人が集まるんだ、という大観衆になりびっくりした。コンコース内は、若干エアコンがあるが、大変な暑さとなり、僕もすっかり汗だくになった。

(この項・続く)

■メンバー
Kaleb James & Philly Soul Searchers:

Kaleb James (keyboards, vocal)
Gary Scott (sax, percussion, vocal)
Glynis Martin (vocal)
Argie Phine (vocal)
Paula Johnson (vocal)

■Setlist : Metro Music Oasis Vol.13 ~ Philly Soul Night @Ginza Station, Metro, Concourse, October 5, 2007

セットリスト : フィリー・ソウル・ナイト ~ ケイリブ・ジェームス&フィリー・ソウル・サーチャーズ

first set show started 17:00
live started 17:05
1. Mighty Love [Spinners 1974]
2. When Will I See You Again [Theree Degrees 1974]
3. If You Don’t Know Me By Now [Harold Melvin & Bluenotes 1972]
4. (Philly Vocal Group Medley)
You Make Me Feel Brand New [Stylistics 1974]~
Sideshow [Blue Magic 1974] ~
La La Means I Love You [Delfonics 1968]~
Betcha By Golly Wow [Stylistics 1972]
5. Can’t Give You Anything But My Love [Stylistics 1975]
6. Me & Mrs. Jones [Billy Paul 1972]
7. Ain’t No Stoppin’ Us Now [MacFadden & Whitehead 1979]
Enc. You Raise Me Up [Josh Grovan 2004]
show ended 18:05

(2007年10月5日金曜、東京メトロ・ミュージック・オアシス、銀座駅コンコース内=ケイリブ・ジェームス&フィリー・ソウル・サーチャーズ・ライヴ)
2007-127
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。