2013年03月13日(水)

Scratch LiveでHIDモード流行中!めっちゃ便利!

テーマ:DJコラム - Serato
最近、Scratch Liveを使うDJさんの間でCDJ2000以降を使ったHIDコントロールが増えているので、
セッティング方法を紹介します。

利点
・バイナルコントロールでは無いので針飛びの心配が無い。
・CDJで選曲、ロードが出来て、タグ情報や波形表示、BPM表示、アートワークなど、
 CDJが出来る情報表示は全て対応します。
・キューポイントもCDJのホットキューに対応(但し上から3つまで)
 その他ループなどの操作もCDJのボタンに対応します。
・コントロールCDも不要、余計なコントローラーも不要


用意するもの
・CDJ2000移行のHID対応機種 2台(SL-3は3台、SL-4は4台まで接続可能)
・インターフェイスSL-1~4
・PC ソフトウェアは出来る限り最新バージョン 2.x以降
・USBハブ 2~4ポート
・CDJ用USBケーブル

まず、Scratch Liveを立ち上げます。

$ぐっさんブログ

インターフェイスをつなぎ、デッキが表示された状態で、INTモードを選択。
INTモードは外部コントローラを使用する場合のモードです。

$ぐっさんブログ

CDJの設定確認
MENUボタン長押しでUTILITY画面にはいり、
「HID SETTING」が「ADVANCED」になってるのを確認
なっていなければ エンコーダーで「HID SETTING」カーソルを合わせてエンコーダーを押すと
切換えられるので、再びエンコーダーで「ADVANCED」に合わせてエンコーダーを押す。
これでOK。
BROWSEボタンで元の画面に戻ります。

$ぐっさんブログ

コントロールに使用するCDJにUSBをつなぎUSBハブでひとまとめにします。

インターフェイスはUSBハブにまとめるのはお勧めしません。
ハブを抜いた時にフリーズする場合があります。

$ぐっさんブログ

USBハブをPCに繋ぐとCDJが上のような画面になります。
「PUSH TO CONNECT.」と出ているので画面右のエンコーダーを押します。

$ぐっさんブログ

つぎに、「DECK: *?」と訪ねてくるので
どのデッキを操作するCDJか教えます。
画面右のエンコーダーを回し対応する数字にあわせてエンコーダーを押します。
そうするとPCのライブラリがCDJの画面に表示されます。
使用するCDJを全て設定を終えればOKです。

デッキに対応したCDJのエンコーダーを回してブラウジング
エンコーダーを押すと対応したデッキに曲をロードします。

交代時はインターフェースはPC毎にスイッチャーなどで切換える必要がありますが、
このHIDコントロールはプレイ中にUSBを抜いても音が止まる事はありませんので、
そのままUSBハブごと抜いて次の人に渡してOK!

CDJでのスクラッチプレイも以外と慣れたら問題無いですし、
物理的な不都合が起りにくいのにこした事はありません。

このHIDモードはScratch Liveだけでなく、TRAKTORでも使えます。
TRAKTORでは少々仕様がことなるのでまた後に紹介したいと思います。

どうですか?簡単でしょ?
メッチャ便利なのでお試しあれ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ぐっさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。