お知らせ

テーマ:

えぇと、突然ですが、こちらの「Soulの魂」の更新頻度がちょいと落ちることをお知らせします。


といいますのも、最近多忙を極め、色々長い文章を書くことが難しくなることと、

このブログを見てくれる人の大半が、mixiからのリンクを通じていらっしゃっている人になりつつあるため、

今後から、個人的な日記などは、mixiで書いていこうということにいたしました。


もちろん、当ブログも閉鎖などはせず、当面はコアな話(御託を並べる)を述べる場として、つれづれなるままに記していこうと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


というわけで、お知らせでございました。

AD

ナカちゃん。

テーマ:

アザラシのナカちゃんがお亡くなりになったそうで。


なんともまぁ、いきなりのニュースでしたね。


みんなもすっかりタマちゃんなんてのがいたってことを忘れている頃に、このニュース。

なんかあの頃のへぇーんな感じの思い出がよみがえってきますね。



しかーし、付近の住民の反応を見ていると、驚きを禁じえない。


かわいそうとか、寂しいとか言うおばさんや子供はまだ分かる。



だけど、涙をながして、「これから何を楽しみにしていけば・・・」とか言うおばちゃんや、

「わが子を失った気持ちだ」とかいうおじさんには、

???とクエスチョンマークがいっぱいです。


どんだけ寂しい人生なんだよw

もっとやることがあるだろうに。



まだね、自分の飼ってたペットとかが死んじゃったんなら分かるけど、

たまーに姿を見せるアザラシが死んだからって、そこまで悲しむことはなかろうに。


あと、ナカちゃんが死んで、対策会議を開いている阿南市の仰々しさにも閉口した。

「残念だ」とか言っていながら、あからさまに観光資源に利用していた地元の住民。



アザラシにしろ、レッサーパンダにしろ、明らかにマスコミが騒ぎすぎ。

たまたま迷い込むこともあるのだから、たかがアザラシで大騒ぎするなよ。


そういう意味のないニュースをやってる裏でも、どんどん重要な事件が起きているって言うのに。

インパクトのある話題を優先してしまうのも分かるけど、少なくとも報道すべきニュースとそうでないニュースは見極めて欲しい。



動物を可愛がるのはいいことだけど、それがなんだか行き過ぎているように思えてならない、今日この頃でした。



今日はちょっと毒吐きモードでした。

ではでは、また。

AD

小ドライブ

テーマ:

今日も札幌は暑うございました。

ジャグ郎でございます。


今日は、ちょいとしたドライブに。


長沼、千歳、恵庭という、札幌近郊にある道の駅を回ってまいりました。


結構時間的にハードだったものの、天気も良くて楽しかったですね。


最初に行った長沼では、苦し紛れに食べたテイクアウト豚丼がおいしく、意外な発見でございました。

千歳は、サケの資料館が併設されていたのですが、時間が無く泣く泣くスルー。

恵庭は、先月出来たばかりとあって、なかなかきれいなところでした。


ホントはもっと遠出して、遠方の道の駅にも行きたかったのですが、残念ながら時間がありませんでした。

今度は是非とも積丹・岩内・ニセコ方面を攻めたいと思います。



というか、北海道民にしか分らないようなローカルトークで申し訳ないです(´・ω・`)




さてさて、明日はちょいと取材に行ってきます。

お役所への取材は久し振りなので、ちょいと緊張気味です。


ではでは、また明日。

おばんです。ジャグ郎です。

やっと体調が戻ってきました。



今日は2週間ぶりのバイトで、仕事を覚えているか心配だったのですが、

もうなんの滞りもなくスムーズに仕事ができてしまいました。


もう完全に仕事が板についてしまっている自分が、嬉しくもあり悲しくもあり・・・。



まぁ、そんな愚痴は置いといて。



実は、来週あたりに、釧路に行くかもしれません。

というか、行くと思いますw


新聞プロジェクトの取材で、釧路に出張ということになりそうなのです。



大学生で出張。


悲しいです。



しかも、道外の人にはピンと来ないかもしれませんが、

札幌~釧路って、めっさ遠いです。


JRでも3時間以上、バスなんか乗ろうものなら7時間は覚悟しなければなりません。


恐怖の深夜バスで帰るという手もなくはないですが、体が心配ですw



まー、どうにかなるでしょう。

というか、どうにかなってくれ。



ここ最近、なんだか落ち着かないジャグ郎でした。




ではでは、また。

東北旅行です。

テーマ:

昨日は体調がおかしくなって寝てました。

合宿から帰ってきてから、疲れがいっこうに取れませんね。



さてさて、今日は東北旅行のレポートを。



合宿も終わり、新潟の新津というところで解散したわれわれ。

他のメンバーは、フェリーでそのまま小樽へ帰るとのこと。



しかーし、僕ら4人の合宿はこれから始まるのです。


名づけて、「合宿終わって疲労困憊だけど2泊3日で東北を広く浅く見てまわろうツアー!」でございます。

参加者は、僕を含めて4名。

みんな3年の、気楽な仲間たちでございます。



さて、新津駅を出発し、一路福島を目指す一行。

旅も序盤とあり、テンションも上がります。


喜多方を通り過ぎ、会津若松で乗り換え。

週末ということで、若干観光客が多いですが、気にせず郡山へ。



郡山は、福島最大の市ということもあり、なかなか大きな街でした。

そして一行は、北上して福島駅へ。

実はこの福島、われわれ4人組の中の一人、純ちゃんの出身地でもあります。

着くまでに、色々と福島の話は聞いていたのですが・・・。


なんだか寂しい。

一応福島市が、福島県の県庁所在地なのですが、若干寂しい雰囲気・・・。

なんだか高いビルもないし、純ちゃんの話でも、「郡山が県庁所在地じゃないのがおかしい」、とのこと。

まぁ、住んでる人が言うんだから、そういうことなのでしょうね。



福島を後にし、目指すは東北一の大都市、仙台。


ここはね、ホントに大きい街でした。

まずビルがでかい!

とあるビルの展望室のようなところに行ったのですが、素晴らしい眺めでした。

駅前にも大きな商店街があるし、規模もでかいでかい。

久し振りに来たCityに大興奮の一行でした。


ちょいと足を伸ばして、楽天のホームグラウンド、フルキャストスタジアムを見た後、

念願の牛タンディナー。

これまたうまい。

肉厚で、柔らかくて、香ばしくて、うまい。

ご飯3杯もおかわりしちゃいました。


そして、ビジネスホテルで爆睡。

一日目は、こんな感じでございました。




そして、二日目。

朝から仙石線で松島へ。

観光客でごった返すも、レンタサイクルを借りて、優雅にサイクリング。

案内板を見ると、松島タワーというものが。

僕と、もう一人の友達が大のタワー好きということで、自転車にて捜索開始。


しかし・・・・・・探せども探せども見つからず。

汗だくになり、必死にまわるもない。

こんだけ探しても見当たらないのなら仕方ないと、泣く泣く捜索断念。


しかし、帰ってきて調べてみたら、2年前に潰れてましたww

ちゃんと書いとけ案内板。



最後に松島の遊覧船に乗り、塩釜に到着、そのまま仙台へ戻りました。


そして、2日目の宿、花巻温泉郷へ。

仙台~小牛田、小牛田~一ノ関、一ノ関~花巻と、鈍行を3本乗り継ぎ、3時間かけてやっと到着。

温泉はとっても良かったですね。

それまでのテント生活から考えたら、夢のようなひと時でした。

食事もうまいし。

風呂も最高でした。

一同、疲れて就寝。




そして3日目。

この日はすごかった。

何せ、花巻から札幌まで移動するんですから。


花巻を9:00過ぎにでて、鈍行で盛岡へ。

ここもなかなか大きい街でした。

お昼に、盛岡3大麺の一つ、じゃじゃ麺を食べ、腹ごしらえもできたところで、いよいよ大移動の始まり。



まずは、新幹線で八戸へ。

今までの移動の苦労がうそのような30分でございました。

八戸で乗り換えて、一路青森へ。

青森では、お土産を一通り買いました。



そして、ここからが移動との戦いです。

青森から、特急に乗り、函館へ。

青函トンネルを通るので、景色もまっくらでした。

もう疲れもピークで、みんなも壊れ気味。

やばかったですw


そして、函館で乗り換えて、札幌へ。


やっと帰れるという安堵感と、意外と長い3時間という移動時間があいまって、みな爆睡。

体のあちらこちらが痛くなるなか、何とか帰ってくることができました。



いろいろあった旅行でしたが、やっぱり楽しいもんですね。


今度はぜひ、合宿のない時に行きたいですw


新潟の日々

何とか落ち着いてきました、ジャグ郎です。


さてさて、今日は新潟合宿の模様をお伝えしたいと思います。



大学のゼミの調査合宿で、新潟に5日間滞在したわけですが、

もうホントに辛かった・・・。



まず、丸1日かけてのフェリー移動。

これがまた揺れて揺れて酔いました。


そして、初日はテント設営。

おムシ様がたくさんいらっしゃる公園に、3基のテントを張り、

テンションに任せて炎天下の下ではしゃいだあと、自炊で晩御飯。

暑い中の調理は本当に辛いです。

そして食後は、歩いて30分のおしゃれ温泉まで行き、ひとっ風呂浴びたあと、またキャンプ地まで軽い登山。

あんまり風呂は言った意味がなくなってしまいますw

そんなこんなで初日は終了。

はっきり言って、先が思いやられます。



そして、二日目からは、地獄の調査開始。

炎天下の中、朝6時から、「水倉」という、盛り土をした倉を探して、古い住宅街を歩き回ります。


これが本当に辛い!!

朝はさすがに涼しいのですが、8時頃からじりじり暑くなり、10時を迎える頃には汗だくです。

田舎のため、コンビにもほとんどなく、お昼過ぎまで倉を探しながらうろうろ・・・。

見つかれば良いのですが、見つからないことも多く、なんとも辛い合宿でありました。


しかし、辛いことばかりではありません。

倉のことを聞き取り調査しているときに、僕らの様子を見かねて家に上げてくれたり、枝豆をくれたりと、地元の人たちの優しさに触れた合宿でもありました。



テントを張ったすぐ横の湿地では、野生の蛍が群生していたり、夜はまっくらなので、星が本当にきれいに見えたりと、大自然のすごさにも圧倒されました。



いろいろあって疲れはしましたが、なかなか面白い経験ができた合宿だったと思います。



ではでは、続きはまた今度。



ただいま。

テーマ:

お久しぶりです。ジャグ郎です。


20日午後11時、合宿先の新潟から、無事札幌に帰ってくることができました。

ありがとうございます。



本当は、現地からもっと更新しようと思ったんですけど、


圏外に次ぐ圏外。



新潟行きのフェリーは、海上なのでもちろん圏外。

キャンプしていた公園は、山のなかで圏外。

昼間、調査しにふもとに下りてきても、調査が忙しく更新できず。

そして、まさかのキャンプ地に全く電源がないという現実。

もちろん、充電もできず、交信断絶。


それが、6日間続きました。



新潟での調査を終え、友人とともに東北見物をしながらの帰路。


しかしこれがまさかの大疲労。



交通費を安くしようと、鈍行メインで行ったため、電車に2時間乗りっぱなしは当たり前。

そして、意外と広い東北。移動に時間の大部分を費やす。

よって、座り疲れと蒸し暑さでテンションダウン。


旅行自体はとても楽しかったですが、とにかく疲れました。



とりあえず今日は、帰宅の報告だけしておきます。

詳しい合宿と旅の話はまた明日。



体中が変な痛みで支配されているジャグ郎でした。

それでは、また。