自分の神話の歩き方〜天に使ってもらう人生にする

自分の神話を生きるためのサポートをしています。クレド(CREDO)の語源は、ラテン語で「信じること」。自分探しの旅を終え、自分を信じて前に進みたい方を応援します。

NEW !
テーマ:

こんにちは冨永のむ子です。

 

 

先週は、

 

インドから帰国中の親友が

主催するイベントに行ったり、

 

 

 

ANOKHIというインドのブロックプリントの代表的なブランドのバッグやポーチ、アンティークのミラーワークのクラッチなど、美しいものがいっぱいでした。

 

 

 

我が家で朝まで飲んだくれ、

翌日は江の島で遊んだりと

夏休みらしい時間~。

 

 

 

彼女は私の夫とは、リクルート時代によく二人で酔いつぶれていた、

飲んだくれ仲間なの。江の島のてっぺんでー。

二日酔いの迎えスパークリング。

 

 

 

リクルートの同期だった彼女は、

今はインドでバックパッカー向けの

安宿を経営しています。

 

 

リクルート時代、

どちらかが部署異動になると、

どちがかが後から

その部署に異動するという、不思議な縁で、

 

 

退職した時期もほぼ同時期 2003年の夏で、

 

 

以前ブログに書いたけど、

私が挫折したスリランカの雑貨屋事業。

仕入れの旅には退職したばかりの、

彼女に突き合ってもらったんだったなあ。

 

 

その後、彼女は上海に駐在したり、

世界一周に出たり、

上海で飲み屋を経営しようとしたり、

 

 

運やご縁や、

さまざまな力が働いて、

今は宿のオーナーとして、


多くの日本人バックパッカーに

姉御と慕われている。

 

 

彼女、今にいたるまでは

ほんっとに波乱万丈、

いろんなことがあって・・・。

 

 

私が聞いているだけでも、

普通の人の人生何回分?ってくらいだけれど、

 

 

私の知らない想像を絶する困難も

たくさんあっただろうし、

じゃあ、今がめでたしめでたしではなくて、

人生は続いている以上、

これからだって、多くの困難があるんだろうなって思う。

 

そんなのだれもが同じだもの。

 

でも、彼女はどんな困難も、

そこから希望を見出しながら、

乗り越えていく。

 

 

理不尽なことも、耐え難いことも、

すべてを自分ごととして受け止め、

逃げないで、乗り越えていく。

 

 

何より素晴らしいのは、

それも含めて楽しんじゃうことかな。

 

「まじー?かんべーん!」とか言いながら、

不満たれてないで、じゃあ、どうしよっかなー?って考えて

行動に移し、

 

まさにそのの瞬間を、

猛烈に楽しんで生きている。

 

 

道の途中で選択に迷った時に、

自分を偽らず、自分が心地よい方、

後悔しない方を選んでいる。

 

 

世界中を楽しく旅しながら暮らしている人の多くは、

人知れず想像を絶する困難に遭遇しながらも、

その困難を追い風に変えている人だよね。

 

 

それは、世界を回る旅に限らず、

人生という名の旅そのものも同じね。

 

楽しく自由に心豊かに暮らしている人は、

 

はじめから人より多くの楽しさや自由や豊かさを

与えられているんじゃなくて、

 

自分からそれを取りに行っている人、

目の前の世界を楽しく自由に豊かに生きようとしている人。

 

ピンチをチャンスに換えようと試みる人。

 

そう、できるかできないか、

ではなく、試みるかどうか・・・、

やってみようとするかしないかだよね。

 

 

実は彼女が家に泊まった同じ日に、

同じリクルートの同期の子がもう一人、久々ーに帰国してて

一緒に我が家に泊まりに来たの。

 

 

彼女はなんと、

小、中、大学、そしてリクルートと、

人生の大半を一緒に過ごし、実家も超近所。

(私は浪人したから、彼女が一つしただけど)

 

 

彼女はリクルートを辞めて単身カナダへ、

アスリートセラピストという肩書で、

スポーツ選手のケアをしながら、

 

今はオリンピック関連の仕事で、

重要なミッションを託され、

世界中を走り回っている。

 

 

そんな彼女も

最初から英語ペラペラだったわけでもなければ、

異国で人脈があったわけでもなく、

 

マイノリティとしての差別などにもあいいながらも

地道にコツコツ積み重ねる中で、

大きな任務を託されるまでになった人。

 

 

 

私も含めて三人とも、

新人時代同じ部門で、

仕事が大嫌いでさぼってばっかりいた

営業マンだったの。

 

 

リクルートの同期の中には、ものすごい優秀で真面目で

本出しているようなスーパー営業マンもいるけど、

そんなんじゃない、

あんまし売れない営業マン・・・笑

 

 

あ、彼女たちの名誉のために言っとくと

二人とも、その後成長して

一人前の営業マンになりましたわ。

 

 

私は売れな過ぎて挫折して職種変更に

なったんだけどね。。。💦

 

 

いずれにしても三人とも、

 

 

今は全く畑違いの仕事をしながら、

幸せに楽しく自由にやりたいことをやっている。

 

 

で・・言いたいのは、

やるかやらないか、ってことかな。

 

 

 

 

すごい人や楽しそうな仕事をあこがれて妬んでいても、

自分に足りないものを数え上げていても、

環境に不満を言ってても、

時間は過ぎていくだけ。

 

 

困難に出くわした時、

なぜ私だけこんな目に?って嘆いていたり、

原因(言い訳)探しや自己分析に走っても、

前には進まない。

 

 

どんな状況であっても、どんな自分であっても、

その現在地から、その自分で、

一歩一歩前に進むしかない。

 

けれども、進んでいく最中には

たくさんのギフトが仕込まれている

 

そしてその多くのギフトは、

ピンチみたいな姿でやってくるのね。

 

でも、そのピンチをチャンスに換えてみようって、

試みた瞬間から、

神の手が伸びるの。

 

 

おお、あなたはこのピンチの姿をしたギフトを

ちゃんとギフトとして受け取ってくれてるんだねって、

 

 

あなたがギフトとして受け取れば、

そのピンチをのり超えた先には、

確実に成長したあなたが立っている。

 

 

それこそが大きな大きな宇宙からのギフトね。

 

 

だから、あんまりお利口さんになって、

考えすぎずに、

がんがん行くべし行くべし!

 

 

まだ見ぬ美しい景色を見に!

 

世界は広くて、本当に美しく素晴らしいんだもの。

 

 

 

 

久々に会った親友たちに

インスパイアしてもらって書きました。

 

あなたのもとにも彼女たちのエネルギーが届きますように。

 

感謝をこめて

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは冨永のむ子です。

 

昨日の朝陽~!

 

早起きは三文どころか、

十六文キックなみのパワーがありますねー、

なんていっても、

ジャイアント馬場を知らない世代も多いのかしらん。

 

まあ、いっか。

 

 


先週配信したメルマガバックナンバー

わかりやすかった、って好評だったので

こちらでもお届けしますね。

 

・・


自己啓発の世界では、
感情を抑え込まず出しましょうと

言われています



そして、ビジネスの世界では、
発信が大切と言われています。



そこに共通するのは、
【自己開示】です。
 


自己開示、自分を差し出すことって、

1)吐き出すこと、と

2)表現すること。

の二種類に分かれます。



いずれも自分が心地よく生きていくために

していくことなわけだけど、
 

それぞれ目的がまったく違う。

前者は自分が良い状態であるためにすること、


後者は、世のため人のためにすること

(もちろん自分がしたいからするが大前提だけども)。
 


自分がやりたいことをして生きていきたい、
好きなことを仕事にしたい、
天命で食べていきたい、

 


としたならば、

自分を差し出すことは必須条件です。


そして、
どちらもエネルギーを出す行為では

あるのだけれど、
 

 

目的に応じて、
そして自分の状態をわきまえて

使うことが必要かなと思います。
 


そこをわきまえて出していかないと、


 
人の役に立とうとしているつもりが、
人の迷惑をかけちゃう

 

ことになるし、


結果役に立てていないから、
それがお仕事にならない・・・。


つまり収益を生み出せない状態で終わるか、


一瞬奇抜さがうけて儲かったとしても
おかしなラリッた状態になって、

やがて立ち行かなくなるのが関の山・・・


 
肝に銘じてくださいね。
 
 

吐き出すことって、

つまり排せつ行為です。


自分の中で日々たまる
ネガティブなエネルギーを吐き出す行為。
 


肉体に排せつが必要なように、
心や精神も排せつは必要です。

 


どんな人でもそれは同じ。

生きているからには、かならず
排泄行為は必要、
エネルギーの循環でもあるから。
 
そんなの普通のことで、


毎日ちゃんと、

お通じがあることを、、


自分は問題があるとか、
自分は穢(けが)れてるとは

思わないじゃない?


だから心の中にたまる毒素を出すことを

それほど問題視する必要はありません。
 


ためこまないで出す!
お通じも、ネガティブな想いも

おんなじですね。


肉体の不要物をちゃんと出すからこそ、
お肌がつるつるなように、


心の不要物もちゃんと出すからこそ、
つるつるの魂でお役目を果たせるんですね。





でもじゃあ、

やたらめったら出せばいいか、っていうと、
そういうことではありませんよね?

 


出す場所はどこ? ってことですが、
 
排泄物を出すのはお手洗いだよね。
 

みんなそれは当たり前にやるでしょ。
人まででやる人いないでしょ?

なのにね・・・。

心の毒素の排せつを、
ビジネスしようとする場で

平気でやってしまう人が

いっぱいいるなって思います。
 


カウンセラーとかコーチとか、
セラピストとか、
人を導く職業を名乗ったり目指しているのに、
 


ブログやメルマガで
苦しい気持ちを吐露している方・・・

 


それはどういう目的でやってますか?


それってば、
人の役に立つために開いたお店の店先で、

・・・うーんと、


・・・えーと、


ええいはっきり言うと!

 


ウ〇コしてる状態なわけ・・・。ガーン


 
それってどうですかね?
その姿、見られたいと思わないでしょ?



・・・


出していいのは過去の自分の過ちです。


すっきりした状態で、
過去の自分を笑い飛ばせるならば、
それはもう排せつじゃなく、共感を生む。。

 

まあ、こじつけっぽいけど

肥しなのかな。


 
でも、多くの方が、
現在進行形のネガティブなエネルギーを

トイレではなく自分の店先・・しかもショーウインドウで

出している・・。

 


 
それやってたら、
人は寄ってこないし、
ハエが群がるだけなのよ・・。
 


お下品で失礼!


でも、わかりやすいでしょ?(笑)


店先で排せつしちゃう人は、
共感して欲しいからかもしれないし

共感してくれる人が
魂のお客様だって

思っているかもしれないけれどね、

 


でもそもそも
共感して欲しい、って思って

やっている時点で、


人のため、じゃないですね。


そして、
同じレベルで苦しんでいる人に、
お客様はお金は払おうとは思わないよね。


 
そうやってると、
同業や同じ悩みを抱えた人が、
営業目的で近づいてくるか、
同病相哀れもうと

ランチに誘われちゃったりするんですね。
 

お金をいただいてお役に立ちたいならば、


しかるべき排せつ・・・

心のお掃除は、
しかるべき場所できちんと終えましょう。


 
お客様をお招きする時は、

お部屋お掃除して、
きれいなスペースに

招き入れるのが礼儀でしょ?



そして自分ができる限りのおもてなしを、
気持ちよく楽しくするでしょ。
 
心も同じだよ。
 


心のお掃除は日課として行った上で、
天の声の導管となるべく、
澄んだ状態でお客様をお招きしませんか。


 
お掃除はお掃除と認識して、
誰かに話を聞いてもらったりすればいい。
 


有料でプロに頼んでもいいし、
お友達でももちろんいいし。
 

私は夫に話を聞いてもらったり、

友達と飲みにいったり。


自然にふれてアーシングも仕事の一つと思って、

欠かさないようにしています。

 



究極のアーシングは砂浴。

 


(夫は私のトイレってことか・・・

そう思うとお気の毒だけど、

まあそれも彼の運命。。。ウシシ

仕方ない。感謝ですね)
 
 
そして、

スッキリ心地よい本来の状態で、
矢印を外に向けて、表現していく。


そうやってエネルギーを放てば、

世界とそれを分かち合い、

自分のもとにも、
何倍にも成長して帰ってくるんですね。



あなたの発信は、排泄ですか?
それとも表現ですか?

ちなみに、素敵な私を見てみて! 

という自我からの発信は、
真の自己表現ではありませんので、

 

そちらも肝に銘じてくださいね。


相手にどう思われるかな?ではなく、
心地よく、純粋に、

自分を差し出していきましょう。


 
大いなる自己の表現を

自由に心地よく、

循環させていきましょう!
 

すり減らしたり、

奪ったりするから

排泄ばかりになるんだよ。

 


そうではなくて、
内なるエネルギーを満たして、

あふれさせていきませんか?

 


心地よく自然に

エネルギーを循環させながら、
天に与えられたお役目を

はたしていきたいあなた、


ビジネスマインド講座

お待ちしていますねん。


8月1日 

江の島でお待ちしています。

 

・・・

 

自分の神話の歩き方無料メールマガジン バックナンバー

 

 

 

天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。冨永のむ子です。昨年の記事リライトしてアップしますね。


土曜日の「魂の声を観る」コラージュリーディングで、
いただいたお土産、写真撮りっぱなしで放置してたんでアップ!
 

 

 

北海道の海の幸山の幸の味がぎゅっとつまったスナック!


この日は、久々の都内開催。

北海道とアメリカから一時帰国中の方が、
おいでくださったのですが・・・、


ん? この組み合わせ、
先月の、使命をひもとくグループセッションも同じだったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカから来たオーガニックのリンゴチップスと北海道のじゃが&さつま芋のスナック。

アメリカ×北海道・・・、なんかあるのかしらん???


なんて、そんな分析するほど暇じゃないんで、
本当に何かあるなら自然にやってくるでしょう(笑)

遠くからありがとうとうございました。


水曜の瞑想会も、

浄化のエネルギーがいっぱいの江の島に、
全国各地の方がお集まりくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近多いのは、
 
兵庫や神戸大阪、九州・・。
そして北海道と、アメリカ
 
 
一時名古屋の方ばっかりの時もありまして・・、
場のエネルギーが関係してるのかもなあとか思いつつ、
 
 
それを分析してる暇はないんで(笑)
 
遠くからありがとうとうございました。
 
 
 
で・・・、
 
わざわざ私が、こうして、
各地からおいで下さることを書いているのは、
ただの自慢!
 
・・・じゃなくって・・・・
 
 
遠くからくることが
偉いわけではありませんが、
 
 
でも、
その、遠くからとか、
お金や時間やかけてでも自分への投資をする、という覚悟、
 
 
自分の目の前にあるハードルを乗り越える覚悟が、
自分の中の何かを動かすんだよってこと。
 
 
だから逆に言えば、
遠くからいらしても、
受けさえすれば何とかしてもらえると思ってる方は、
何も変わらないし、
 
 
ご近所の方でも、
ものすごい覚悟をもっておいで下さった方は、
お申し込みの段階から何かが変わっていくんです。
 
 
何度も書いてますが、

 
ちょうだいちょうだい、と、
矢印を内側に向けている限り、
エネルギーは循環しないし、
天に使ってはもらえないのね。
 
 
たまに、

「子供が小さくて家を離れられないので、
私の住む地方開催してくれませんか」、って
いうようなメールをいただきます。
 
 
必死さは伝わってくるし、
そう思ってくれるのはありがたいなって思います。

 
 
でもね、
そこにある意識が、
ただの、ちょうだいちょうだいな場合が殆どです・・・。

 
 
熱意は認めるけれども、
 
まあ、
 
その、
 
えーと・・・、
 
 
すごい自分勝手なんだよね。
 
 

縁もゆかりもない地方で
開催してほしいと頼むのは簡単よ。
 
 
でも、
 
会場はどうするの?
 
人は集まるの?
 
交通費は?
 
往復の時間は?
 
そういったこと考えずに、
 
それらすべてをこちらに覆いかぶせて
自分の受講したいっていう欲求を
満たせばそれでいいの?

ってハナシ。
 
 
そんなのただの自我満足。

それでは大いなる自己を実現する流れにはなりません。
 
 
そういう心のありようが問題なんだもの。
 
 
 
 
お子さんがいるのも、遠いのも、
預け先がないのも、自分の都合なの。

 
 
そして
でも、それこそがまさに、
天からのギフトなの。
 
 
大切なのは、
それを天のはからいだと、
冷静に客観的に、まずは受け入れること。
 
 
子供がいるから不自由な私は可哀想。。っていう
オーラをまとってる人・・結構多いけど、
 
 
私は可哀想って、お腹で思っている限りは、
現実は、可哀想な自分のまんまなの。
 
 
 
事情が許さないのは、
天がはからってそうなってるんだから、
 
 
まずはそれを認めた上で、
そのルールでのゲームを楽しまないと!
 
ゲームを楽しむなら、冷静でいないとね。


心静かに自分の声を聞いたら、
 
 
今はタイミングじゃないよ、
って言われるかもしれない。
 
 
あるいは、
それでも、想いがあふれてくるならば、

「その、目の前のハードルを越えなさい」、
ってことなんだから、
 
 
だとしたら、
そうするために、
今の自分が何をすればいいのかを考えること。
 
 
一方的に、
ちょうだいちょうだいって、
泣き叫んで、人から奪おうとするのではなくてね・・・・
 
 
 
例えば、
講座を受けたいというケースであれば、
自分も相手(この場合は私ね)も気持ちよく
受講する方法を模索してみればいい。
 
 
そうしたら、
自分の中に潜在していた能力や知恵が
引き出されるんだよ。
 

 
以前、
静岡県にお住まいの方に

 
子供が小さくて、
遠くには行かれないので、
申し訳ないのですが、
会場と人をこちらで集めたら
やってもらえますか?

って言われたことがありました。

 
主婦の方でしたけどね。
 
 
そこまで言われたら、
断る理由はないでしょう…笑。
 
喜んで引き受けさせていただき大盛況でした。
 
 
でも、そうやって実現するケースは少ないね。

ほとんどの場合、
こちらのことは全く考えずに、
ただただ想いをぶつけてくるのね、
 
 
衝動だけで動いても物事はかわらない。
 
 
衝動という言葉は、
人を動かすパワーでもあるけど、

 
ひとりよがりな
ただの思い付きだとしたら、
 
それは、
天から突き動かされるような想いとは違う。
ただの発作ね。
 
 
で、
ただの発作で動いても、
天に使ってはもらえません。
 
 
 
それは恐れやエゴからくるものだから。
 
 
品性や知性を持った、一人の大人として
それらを乗り越えて突き動かされることこそが、
天に使ってもらうこと。
 
 
そうなの、
 
そもそも、人として。。。
大人としてのマナーや、しかるべく筋が通せないと
天に使ってはもらえない。
 
 
筋が通らない幼稚な子供意識では、
魂の変容は叶わないんですね。
 
 
そういえば思い出したわ。
 
 
一年くらい前だけど、
ビジネスマインド講座だったか、
申し込みがあったと思ったら、
5分後にキャンセル、みたいな人がいました。
 
 
 
 
5分以内だろうが、二週間後だろうが、
キャンセルはキャンセルです。


ルールをむやみに変えたら、
守ってくださってる善意ある方に失礼でしょ。
 
 
なので当時、思い付きの予約が多かったので、
そこを見直すために、予約=申し込みとしていました。
 
おかげで、今は発作的な申し込みは
ほとんどありませんが・・・。
 
・・話を戻すと、
 
当時そのキャンセルポリシーの通りに
料金の申し受けの連絡をしたら、
 
 
料金やキャンセルポリシーを見ないで
衝動的に申し込んだんだ、って怒ってる。
 
 
金額にびっくりして怖くなって
キャンセルしたんだから私は悪くない、
って平気で言うんだけど
 
 
んー・・
 

料金はちゃんと書いてあるし、
キャンセルポリシー見てよとも書いてあるんだけどね・・・・。
 
たまに、平気で「間違って申し込みましたけど
キャンセル料かかりますか?」
とか聞いてくる方もいますけど、


ワンクリックで申し込みさせてるわけでもあるまいし・・・、
間違った、っていえばなんでも
許されると思ってること自体が、
筋が通ってないのです。

こちらにキャンセルのやりとりさせる手間とか全く考えてない・・・。
 
 
でも幼稚な意識の人には、
筋を通すって意味はわかんないんですね。
ハナシになりません。
 
 
その人は、自分の筋が通っていないこと棚に上げて
価格を一番上に書け!って怒ってた。
 
 
そうだよね、「自分は悪くない」んだもんね。
 
こういうケースは相手にしても無駄。

はいはい私が悪うござんした。ってあしらうしかありません。
 
 
その人は、
スピリチュアルなことをやってるようで、
 
「同じスピリチュアルやってるのにずいぶん悪質なんですね」
とかも言われたっけな。
 
たまに、いいことやってるならば、
商売にするな、とか言われますけど、
 
お金を汚いと思っていると、そういうこというんだよね。
 
そして、
幼稚園児がダダこねてる状態・・・。
 
 
ちなみに、
そういう相手が目の前に来るのは
自分が学び気づくタイミングでもあるから、

 
その時は、
かつての私も、
安易な申し込みをして相手のエネルギー奪ってたわねって
(でもルール違反はしてないけどね)思い出させてもらって、
そこについて天に謝って、
 
もうそういうことなくなったので、
キャンセルポリシーそのものも、
改訂しました。
 
 

でも、そのことを
いまなんで思い出すのか・・・というと、


 
手がどんどん動くんで
どんどん書きますけど、

 
たぶんね、
 


当事者意識をもって、
まっとうに、
ちゃんと考えて生きていきませんか?

 
 
 
って、
 
いま一度
世界に言えって
言われてんだなこれ。
 
 
特に「スピリチュアル」なことやってるつもりの人。

(そもそもすべての人はスピリチュアルなんだけどさ・・・) 

 
自分の言葉や行動が
どんな意味を持つのか、を

深く考えることなく、
衝動的に行動する結果、
自分が疲れてしまってるのに、
 
 
「わたしは自分を犠牲にして
相手のことばかり考えるから、すり減っちゃうの・・」
 
って言ってはばからない。

 
幼い自分勝手な夢見る乙女の私は悪くないってか?
 
 
それじゃあ、
天に使ってはもらえないのですよ。
 
 
そういうセラピストさん、
たくさん見てきたけど、
 

 
きれいな耳障りの良い言葉で
自分を美化してるだけで、
 
 
実際は、ものごとを筋道だって考えてなかったり、
安易な同情や、ただの衝動で動いしまう人、多すぎ!
 
 

一時的な衝動と、
天の啓示としての直感とは違うんだけど、
 
 
そこがわかってない人こそ、
すぐに直感とか、ピンと来た!とか平気で言うんだよね。

「私、直感、人間なんでー」って言ってる人ほどくさい(笑)
 


殆どがエゴに動かされている。
 
 
でもね・・・、
 

その衝動的な発作状態のピンと来た!だって、
大きな意味では天のはからないなの。
 
 
だから、
その衝動を聖なる学びに昇華したいならば、
 

あるいは、
本当にそれを天からの啓示と信じるならば、
 

さっきの例でいけば、
 

申し込んだんだから、
金額見てびびってやめないで、
その直観を信じて、
清水の舞台から飛び降りればいいの。
 
 
そして、飛び降りた自分の想いや
時間やお金を何倍にも成長させるべく、
真剣に振り返って日々の実践に励めばいいの。
 
 
そうやって覚悟を決めた人、筋を通し抜いた人は、
何かが本当に変わるんだよ。
 
 
直感をもとに行動したご褒美として、
天から怒涛のギフトがやってくるんだよね。
 
 
私の講座にいらして
本当に変わっていく人は
みんなそういう覚悟を持った方。
 
 
自分探しが趣味になってる人でもなく、
 
 
お金さえ出せば努力しないでも
何とかしてもらえるって思ってる人でもなく、
 
本当はビジネスにしたいのに、
偽善的にボランティア価格でセラピーやってる人でもなく、
 
 
自分だけが良い想いして
やりたいことできればいいって人でもなく、
 
 
人生の当事者として
自分の人生の責任を負い、
世のため人のために
天に自分を使ってもらいたいと本気で願う方
 
 
心を開いて
肉体の目や耳をふさぐことなく、
目を見開いて、耳を澄ませて生きる人。
 
 
そうやって
物事の一つ一つを大切に自分ごととして生きればね、
 
 
スピリチュアルフリークが
喉から手を出さんばかりに欲しがっている、
 
 
見えないことがわかる
超聴覚、超視覚・・・
 

心の眼も心の耳も、自然に全開になるし、


天に使ってもらって、自分も相手も心地よく、
使命を果たすことができるんですよー。
 
 
って、なんかずいぶん説教モードでございまずが、
 

私は、心の耳にやってきたことを
手を使って書いてるだけなんでー。
 
私は悪くないわ(爆!)
 
 
・・・ということです。
 
 
 
8月は夏休みをいただくので、
1日のビジネスマインド講座と、
11日の歩き方講座のみの開催となります。
 
 
7月の講座は、
7月22日 開催の
 
と、
7月29日の 
魂の声を観るコラージュリーディング
 
それぞれお席ございます。
 
 
 
次回以降の講座日程は、
メルマガから随時お知らせさせていただきますね。

 
なお、今後の講座ですが、
 
天から与えられた使命を生きる自分の神話塾の32期は
10月27日よりスタート
 
三日間のチャクラクリアリング講座 3期生は9月28日開講予定。
プレ講座のチャクラクリアリング勉強会は9月4日の予定です。
 
・・・
 
と、いろいろ書きましたけど、
 
毅然とした態度で、
適切なエネルギー交換をしていくこと、
とても大切です。
 
相手から奪わない、
そして相手にむやみに奪わせない。
 
肝に銘じてくださいね。
 
 
そのへんのことをお伝えしているのは
ビジネスマインド講座 です。
 

心地よく使命を生きお金を循環させたい方は、
こちらでビジネスマインド整えてくださいね。
 


 
 
というわけで、
 
みなさん本当に、
ちゃんと物事を考えて
自分の責任で自由に生きていきましょうねん。

 


自分の神話の歩き方無料メールマガジン バックナンバー

 

 

 

 

 

 

 

天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは冨永のむ子です。

 

昨日はチャクラクリアリング講座、

三か月コースの二か月目。

 

プチリトリートタイムには、

強風と高波という浄化力半端ない中で瞑想していただきました。

 

 

 

がはは大笑いのわたくし。

 

オールバックでシャツもべローンと、

風の強さわかっていただける? 

 

 

そして、そんなわたしと、

岩場を貸し切り状態で風を浴びている、

ニューヨークからいらしてくださった素敵なマダムSさん。

 

 

どちらも

近藤理恵ちゃんが撮影してくれました。

理恵ちゃんありがとう。

 

 

この講座、三か月コースとかいいながら、

この期は、半年コースかにゃ?

 

 

理由はこちらね。

 

 

昨日は、おひとりお子さんの体調の関係で、

急きょ欠席となりました。

 

 

泣きそうな声で電話をくださったけど、

絶対に大丈夫だとわかってるから、

 

 

後ほど補講をするから、

今はお子さんを大事にしてねって、お伝えしたのです。

 

これ、

根拠なく大丈夫って言ってるわけじゃないのです。

 

 

だって、ほんとに天のはからいだから。

 

 

私のこの大丈夫感は、

これも意味があるー、って、ただうじって思ってるのとは

全然違うんですね。

 

このへんの記事も読んでね。

「これも意味がある」という名の呪いから自らを解放しませんか?

 

 

ただただ、知識として、

これも意味があるーってやってるんじゃないのは、

 

これまでも何度もこういう事態に会う中で、

そのたびに、自分や宇宙を信頼することを

ひとつひとつ学んできたから。

 

そうやって今はもう、無条件に信頼できるかな。

 

 

例えば、以前もお子さんが発熱して

神話塾の初日に来られなくなった方がいたのね。

 

 

その方も、ほんとに泣きそうで、

 

「なんで私が何かをやろうとすると、じゃまが入るのっ?」って、

半ばパニックになってたけど、

 

いえいえ、邪魔じゃないんですよ。

 

 

悲劇のヒロインになって盛り上がったるとこなんだけど、

補講するんだよ。。ってな感じで、

 

別途日を設けて補講したのね。

 

いざ補講の日になってみると、

彼女はどうしてもマンツーマンで

セッション状態で受講する必要があった。

 

つまり潜在意識はそれを望んでいたんだよね。

 

 

そして、彼女が欠席した講座の時も、

ペアワークは、一人足りないから、

私がペアをつとめたのだけど、

 

その方ともその時、

個人セッション状態でかかわる必要があったのね。

 

 

そんなからくり、天のはからいを目の当たりにしたおかげで、

パニックになった彼女は、

天のはからいを信頼するようになった。

 

 

すべてのことが・・・

たとえ自分にとってマイナスのできごとであっても、

 

本当の意味で、

自分を前に進めてくれるためのできごとなんだ、

とわかるようになったんですね。

 

彼女はいま、

 

天にはからいを信じて、新たなチャレンジをはじめています。

 

 

 

ほんとに、信じる力ってすごいと思う。

 

信じるものは救われるって、ほんと。

 

 

ここで言っている信じるとは、

天を信じるってことだけど、

それはある意味、

それを信じる自分を信頼することにつながります。

 

 

そして、自分を信頼すること。

自信って、あるとかないとか、
ないからできないとかそういうこと言ってても仕方ない。

 

そうじゃなく、

信頼するって決めるかどうかなの。


決めた自分だったら、どう動くか。

決めた自分だったら、何を選択するか。


そうやって、一つ一つの行動を、
信頼している自分で選んで実行していくことで、

気づいたら以前よりも信頼度を

増している自分がいるんだよね。



だから、結局は
自分の意志であり、

魂に従って動くかどうかなんです。


魂のまわりにはエゴがたくさんついてる。


エゴっていうと、
ガツガツギラギラした欲望を

イメージする方が多いかもしれないけれど、
そういうエゴはわかりやすいし、そんなにみんなもってないよね。

それよりも、あなたの前進をはばむエゴは、
弱さという名のエゴじゃないかな?



失敗したらどうしよう?とか、
変な目で見られたくないな、という、
恐れの感覚もエゴだし、


私がそんなことやるなんて恐れ多い、とか、
人に何か伝えるような人物じゃない(苦手意識も含め)、とか、

さらには、
恐れからくる、自分なんてまだまだだ、どうせ自分なんて、

っていうような一見謙虚ぶった、でも卑屈な感覚も

エゴの一種なのね、

もちろん、本当に

今の自分のままで十分、

満たされてもやもやしたところはありません、

っていうなら話は別だけど、


魂のミッションを果たしたいという想いがありつつも、

ものわかりよく息をひそめて

タイミングが来るのを待っているだけだとしたら、


残念ながら、いつまでたっても背中の翼は開かないんですね!


羽ばたきたいなら、
パラシュートも命綱も手放して今すぐ飛ぶしかないの、

不安や恐れや、はたまたブレーキがあったとしても、


そういうエゴがある自分も受け入れながら、

そういう自分のまんまで、

魂の声に従えばいい。


そうしたら、あなたの心の翼が開き、
神の手があなたをいざなってくれるから!


浄化とか内省とか、

はたまたまだ自分は勉強中の身だからとなんとかいって、
魂が望んでいるやるべきこと後回しにしない方がいいし、



停滞している自分を歯がゆく眺めながら、

「そういう自分を体験したいんだよね」とかなんとかいって、
なんでもかんでも「必要な体験」って逃げていないで、

 

どんどん能動的に、

来るべく本当の「必要な体験」を

体感していきましょう。

 

 

それを積み重ねていくことで、

必ず自分の中に、

絶対に大丈夫って感覚が増えていくから。

 

この大丈夫感ほど、ゆるぎないものはないかな。

 

 

何があっても大丈夫っで、

自分をすごく支えてくれるから。

 

 

何があってもおかしくない時代、

安定も安心もすべては自分の心が作るんですね。

 

 

自分自身が作り出す、この大丈夫感、

あなたもぜひ味わってほしいなって思います。

 

あ、チャクラクリアリング講座の報告のつもりが、

またかなり脱線しましたね。

 

 

まあ、それも天のはからいってことで。。(笑)

 

・・

 

次回のチャクラクリアリング講座(三日間は9月スタート)

こちらは二回目までが連続のパターンで行います。

 

9月28日・29日  そして、三日目はメンバー全員で調整します。

 

受付開始までお待ちくださいね。

http://www.jibunnoshinwa.com/?page_id=6324

 

 

 

半日バージョンのチャクラクリアリング勉強会もやってます!

 

 次回は9月4日です。

こちらもしばしお待ちくださいなー。

 

というわけで、また。

 

 

それにしても、この日の海のエネルギー、はんぱなかったな・・・。

 




 


 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは冨永のむ子です。

 

 

少し前の記事で、

無駄な抵抗をやめよ!って

お伝えしましたが、

http://ameblo.jp/soullifelabserendip/entry-12291017857.html

 

 

その続きです。

 

 

もしかしたら、

抵抗という言葉は、

その響きからして、、
すごく強いものを指してると思う方も

いるかもしれません。

 

 

 

私そんなにがんばってないし、

抵抗なんてしてないよ。

 

・・ってね。

 


もちろん、
頑強に抵抗するケースもあるけど、
その場合って、反作用も強いから
痛い目にもあいやすくて、

すぐに気が付くんですよね、

 


それよりも、やっかいなのは、

無意識に抵抗しているパターン

 


例えば、

 


気持ちが弱くて閉じてしまうとか、


知識だけでわかった気になって、
 

上っ面でのらりくらいかわしてしまうとか・・・、

 

そして、

 

たくさんの

「目に見えない世界」に興味がある方と、

かかわって来た中で、

 


私が一番頑なで

手ごわい抵抗だなと思うのは、

 


「これも意味がある!」

 

っていう言葉で
自分に呪いをかけること!

 

 

「体験したかったんだ」

 

みたいなのもそうかな。

 

 

これらの言葉、使う人しだいでは、

自分を囚われの身にする

呪いの言葉になるんですね。

 

 

「これも意味がある」って言葉でごまかして、

うじうじ内省するだけで、

 


自分のやり方を変えない、

 

目の前の現実を受け入れない。

 

 

そして苦しみや不自由さの中に

自らとらわれていくという方、

ほんとにたくさん見て来たので・・。

 

 

あなたはどうですか?

 


うじうじ内省している自分に、


「そういう経験を

魂はしたかったんだ」

 

とかなんとか・・・・

 

 

一見、深い考察、

哲学しているようですが、

 

 

うじうじやってるならば、
そこに意味なんかないし、

 


魂じゃなくてエゴが

そうしたがってるだけだっちゅーねん!

 

 

 

流れに委ねているふりして、
必死で言い訳して抵抗してるだけなのね。

 


あ、「感謝」という言葉を
盾や鎧にしてるケースも見受けられますね。



変容のタイミングに向かっているもやもやを

心の奥で感じながらも、

 

現実を変えられない、

流れに乗れないことについて、

 

 

これも意味があります

感謝です。


と、軽々しく言ってしまう

目に見えない世界が大好きなあなた。

 


もうそれやめません? 

時間の無駄だから!

 


あなたのその感謝は、
ハラの底からの感謝じゃないでしょ?

 


感謝はハラから湧いてくるものであって
無理やり「する」ものではありません。

 

 

美しい夕日を見た時の感覚だってさ、言葉を超えたところにあるでしょ。

 

 

だからそれ・・

ただのエゴなんだよね。

 

 

厳しいこと言うけど、

ただ言い訳してるだけなのよ

 

それ。

 


「これも意味があるの呪い」に

かかっている人がの多くは

逃げながらこんな言葉を吐きます。

 


例えば。。

「自分がいかに、自分勝手だかに気づいた」とか、


「自分は未熟で、至らなくって申し訳ないとか」

 

「自分は恐れでいっぱいで、

気づかせてもらってよかった」

 

とかとかとか、

 

もちろんそれがハラから出た言葉なら、

問題ないけども、

 

そうじゃない。ただの逃げ口上。

 


言葉は謙虚だけど、

言葉にエネルギーがまるで乗ってない。


ハラの底からの言葉じゃない。


そしてハラの底では


「自分でもわかってるんだから、言われないで!」

「私はかわいそうで、

私は悪くないんだから放っておいて!」って
言ってるわけ。

 


ハラ=潜在意識が「放っておいて!」って言うと、
神様は放っておくしかないし、

 


「潜在意識が私はかわいそう!」って言ったら、


誰がなんと言おうと、

かわいそうな私が現実化するのです

 


潜在意識の望みをかなえるのが

神様の仕事だからね。

 


だからどんなに内省しても、

瞑想や修行などをしても、


仮に大金払って

すごいヒーリングとか受けても、

 

あるいは仕事で大成功おさめても。。

意識はちっとも前に進めないんですね。

 


私もやってたから、

気持ちも状態もすごくよくわかる。

 

でも抜け出した立場だからこそ、

陥るパターンがわかるので・・

断言します!

 

 

もはや、
「これも意味がある」も

「感謝です」も

「体験したかったんだ」も、


ただの呪いの言葉に

なり下がってるよってこと。

 

これらの言葉が

使い古されはじめてる今、

 

 

自分をより

囚われの身にする

呪いだから! 

 

 

それ!

 


ガーン!って方、

魂が反応している証拠ね。

 

だったら、もうそろそろ、

呪いから自分を解放してあげません?

 

ただうじっと感謝とか意味ああるとか

つぶやいてる時間があるならば、

 


目の前に体で向かっていけばいい。

 

 

進む勇気がない自分のまんまで、

うじうじしちゃう自分のまんまで、

 


目の前でできることを

たんたんとすればいい。

 


この世界にあふれている美しいものや
心地よさに意識を向けながら、
頭つかわずに、

体つかっていくだけでいい!

 

 

そうやって肉体でコツコツつみあげたら、


体で信頼を証明してみせたら、

 

神様は引き上げてくれるんだよね

 

 

「これも意味がある病」発症中のあなた、

 

命短し! 

人生に恋をせよ!

乙女・・・ってか?

 

もうそろそろ、

小利口にまとまらず、
おおらかにしなやかに進んでいくと、

決めてはいかが?

 

 

うじっとしちゃうのは
心が繊細で優しい証拠でもあるよね。

 

 

そんなあなただからこそ、

進める道がある。

 

 

あなたにしかできないことがあり、

あなたを待っている人がいる。

 

 


これも意味がある、って内省しがちなのは
賢い証拠でもあるよね。

 

その知性や理性を

自己弁護に使っていても、
幸せにはなれないの。

 


ほんとに、もう、いいかげんに

矢印を外に向けませんか?

 


自分を守ろうとする時間を終えて、
その、美しき魂のミッションを果たしませんか。

 


これまでの人生、

無駄な抵抗してきたとしても、

それはそれ。

 

だったらそれを本当の意味で

意味のあるものに変えていきましょうよ。

 

胸を張って、

自分の意志で、意味あるものに変える

次のステージへ進みませんか?

 

 

思考や感情を超えたところにある、
魂のミッションを果たすステージに立ちませんか?

 

 

意識革命したい方、

 

ビジネスマインド講座で、お待ちしていますねー

 

 

自分の神話の歩き方無料メールマガジン バックナンバー

 

 

 

天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)