天から与えられた使命を生きる≪自分の神話の歩き方≫

自分の神話を生きるためのサポートをしています。クレド(CREDO)の語源は、ラテン語で「信じること」。自分探しの旅を終え、自分を信じて前に進みたい方を応援します。

NEW !
テーマ:
今日は長男の13回目の誕生日。

3年前のわたくし、10年前を振り返って
こんなことを書いていました。

・・・・・・・・・・・・

当時、34歳。
いい大人の女性が、

お恥ずかしいったら
ありゃしませんが、


それが、
偏差値の高い有名大学を出て、
人気の大企業で実績を積み、
キャリアウーマンの勝ち組だと
息巻いていた私の
【本当の姿】でした。

・・・・・・・・・・・・・


この、「本当の姿」・・

恥ずかしくって情けない、

ありのままの自分を
認めたところから、
認めたからこそ、

私の自分の神話の道、
天に使ってもらう時間が始まったんだなと思います。

こうして3年前の自分の叫びを読み直すと、
まだまだ力が入ってるなあって思うけれど、

まあそれがその時の本当の自分だから、まあいいかな。


最近は、
講座でも、こういう場でも、
この当時の話を殆どしていませんが、

この当時の私も、
そして、
勝ち組と息巻いていた・・・今の自分から見ると、少々イタい私も、
どれも全部、ありのままの自分。

その色んな私は、
その時間の真っ只中を歩いている時には、
じぐざぐと、ぐるぐると
ちっとも前に進んでいないようでいて、

こうして振り返ると
歩いて来た道は、
すべてがまっすぐ一本につながっている。


それは私だけじゃなく、
誰のどんな人生も実はおんなじ。


この人生の魔法、とも言うべき事実に気づいたら

それを信じて歩いていけばいい。

そうしているうちに、
今も、未来もいつだって大丈夫なんだなってことが
頭じゃなく、お腹の底でわかる。

その時こそいよいよ、
天に使ってもらう本番・・「大天命」の時間が始まるよ。


私の3年前の記事、
自信満々に見えるのむ子さんにも、
こんな時代があったんだなって
勇気が湧く方がいるかな。


以下あらためて再掲載します。

・・・・・・・・・・・・・・・


今日は長男の10歳の誕生日です。

10年前の今頃を思うと、

今、ここでこうしていることが、
信じられないし、感謝でいっぱいです。

あらためて息子のことを書かせていただきます。

10年前の今日、
長男は明け方に破水して

予定日より一か月早く生まれてきました。

当時私は、
スリランカの輸入雑貨屋をネットで立ち上げようと

大きなお腹で、
現地への買い付けに行き、
仕入れた商品の撮影だのなんだので、
頭も身体もいっぱいで。

自分の自己実現のことしか
考えていませんでした。

そんな私に宇宙は
息子を通じてメッセージをくださったのです。

月足らずで生まれてきた息子は、

食道裂肛ヘルニアという、
病気を持ってやってきて、

母乳を飲んでも飲んでも、
噴水のように戻してしまいました。

横にすると、
戻してしまうし、

オンブもダメ、
抱っこひももダメで

24時間素手で抱っこして、

ソファで横になって、お腹に抱えて眠り、
料理もオムツを洗うのも何もかも、
片手でした。

あの頃いったいどうやって
料理していたんだろうと思うけど、

すべて片手で、
なんとかなりました。

片手があるだけでも
ありがたいことなんですよねえ。

今ふりかえると、

長男はお腹の中にいたころ、
私と一体感を持てなかったことが
さびしかったんじゃないかな、

だから、
身体を離したくなかったじゃ
ないかな。

そして、
私に母親としての
自覚と実感を与えるために、
身体を張って訴えてくれたんですね。

けれど当時の私は、
そんなメッセージに気づくことなく、

そんな状態になっても、
ネットショップを立ち上げようと、
片手でパソコンに向かっておりました。

リクルートを退職したプライドもあったし、
協力してくれた人への負い目もあったし、

何よりも

働かない自分は価値が無いという、
恐怖にとり付かれていたんですね。

肩書や仕事を持たない自分、
ありのままの自分を
認めることができていませんでした。

そんな私に、
さらに息子は
大きな大きなメッセージをくれました。

息子と何度も入院する中で、
ビジネスをあきらめるしかなく、

その頃、夫は接待の多い部署にいたので、
帰宅は午前様で
対話どころか会話も殆どなく、
眼をあわせれば喧嘩。

その頃は、
うらみつらみばっかりで、
自分が世界で一番可哀そうで、
みんな大嫌いでした。

毎日毎日、
やっぱりリクルート辞めなきゃよかったとか、
買い付けにいかなければ、とか、
過去をふりかえってくよくよし、

また、この先自分はどうなるんだろうかと、
未来のことばっかり憂いで
毎日毎日泣いていました。

全ては夫のせいだと、
まったくもって意味不明の怒りで
身体をふるわせ、

いくら慰謝料をふんだくって離婚しようかとか、
ばかりを考え、

両親や友人が
よかれと思ってアドバイスしてくれたことに対し、
「あんたたちに私の気持ちなんかわからない」
と心のシャッターをぴしゃり閉じて・・。

当時、34歳。
いい大人の女性が、

お恥ずかしいったら
ありゃしませんが、
それが、

偏差値の高い有名大学を出て、
人気の大企業で実績を積み、
キャリアウーマンの勝ち組だと
息巻いていた私の
本当の姿でした。

でも、

その真の自分を見た時こそが、
ターニングポイント。

こんなになにもかもがうまくいかないって、
どういうことだろう?
私に何か問題があるんじゃないの?

という感覚になって、

そして、
ならばもう、どうとでもなれ、
っていう気持ちになったんですね。

今思うと、
それは運命に身を明け渡した感覚。


そうして、
目の前の赤ん坊の息子を見ていたら、

「ママ、今幸せ?」

って言ったような気がしたんです。

ipodfile.jpg


「幸せ」という言葉は、
私の辞書の中にはなかったみたい。

私の辞書に連なっていた言葉は、

成功とか成長とか、自己実現とか、
評価とか、世間体とか、収入とか、
プライドとか、努力とか正義とか、
根性とか気合いとか、
未来とか実績とか、正しいかどうかとか、


そんなんばっかの他人の神話にまみれた、
むちゃくちゃ上昇思考。(苦しい~)
自力の極み・・・・。

で、


長男を通じて、
突然やってきたその問いに、私は
「あたしちっとも幸せじゃないよ~」って、
ぽろぽろ泣いたんです。

で、

いま目の前の現実を生きるようにした。

目の前の子どもの顔を眺めて、
その日のその瞬間のことだけを考えて、

今日もおっぱいをちゃんと飲み終えた息子を見て、


一時間たっても戻さなかったら、
そのことに感謝し。


二時間たっても戻さなかったら、
えらいね~と感動し。


助けてくれる両親に感謝し、
働いてくれている夫に感謝し
(その頃はまだ言葉では言えなかったけど)


一歩歩けたらほめたたえ・・、

10歩歩けたら抱き合って万歳し、


そうやって、日々の小さな奇蹟に感謝していたら、


奇蹟がどんどんやってきて、
人生が少しずつ動き出しました。


まず、

毎月通っていた、
子供医療センターの先生が、
身体を鍛えた方がいいから、
この子を保育園に入れなさいとおっしゃり、


こんなダメ母の私でも、そして子供が病気でも、
働いてもいいんだ、って
それだけで嬉しくて泣きました。


そうは行っても、
働く先はないし、待機児童問題もあって、
無職の私が保育園に
子供を入れる手立ては全くなかったのですが、



とりあえずハローワークに行ってみようと、
出掛けたその日の帰り道、


リクルートの先輩から、
電話がかかってきて、

「どうしてるの?保育園の書類書いてあげるから、
仕事しない?」って声をかけてもらって、



保育園問題と、
仕事先が同時に解決。


今思うと、
病気の子供を
受け容れてもらえることもすごいことで、
感謝でいっぱいです。


そうやって、
働かせてもらいながら、


働けること自体、
そしてお金をもらえることに
嬉しくてうかれた気分になったことも
あったのですが、


病気の子供を預けているんだから、
お金のためだけでなく、
意味のある働き方をしなくては、と思い、

自分を少しずつ棚卸していたら、



以前、お伝えしたような
大地のビジョンを受け取り、

※まだの方、こちらをどうぞ。

そこから先、

本当に大きな大きな見えざる手に導かれるようにして、
今に至ります。


息子は、何年もの間、
多い時には、
一日10回くらい戻していて、


治療法はなく、
対処として手術するかどうか、
見極めるために通院していたのですが、


私が、自分の在り方を整え、
夫婦で自分たちの生き方を見直していく中、


保育園の先生をはじめとする
周囲の方々のおかげで、
息子も少しずつ体力がつき、

一生つきあっていく病気で、
ドッジボールも、
鉄棒もできないかもしれないと
言われていたのに、



3年前の11月に、
先生から完治と告げられ、
小学4年生になった今は
サッカー少年になりました。

ここまでのこの話は、

苦労したと言わんばかりに
聞こえるかもしれませんが、

あの24時間抱っこしていた時間は、


私たち夫婦が
生き方に軌道修正をはかるための
メッセージで、

実は、苦労でもなんでもなくて、

世の中にはもっともっと
すさまじい苦労がたくさんある。


両腕があれば、
抱っこして家事ができるし、

当たり前に健康で家があって、仕事があって、
家族がいて、
そういったことが、どれだけありがたいことか。

私はあの経験で知ることができました。

そして、

そういう一つ一つの
小さな幸せへの感謝の積み重ねが、
奇蹟を呼び起こすこともわかった。


だから、あの時間は
何よりも大切なギフトだったのです。


私たち夫婦は、
たくさんの奇蹟を体験し、
今こうやって、
幸運の流れに乗るためのサポートをしていて、

シンクロや引き寄せをおこすための、

テクニックや、
霊的成長を促す方法は
もちろんたくさんあるけれど、


短期的な欲望を満たす
結果を引き寄せるのではなく、


本当に天に使ってもらいながら、
魂のミッションを果たし続けるために、
何よりも効果的で、
一番大切なことは、

当たり前のことに感謝して、
今できることを一つ一つ積み重ねていくことなんだと、
心から思います。



誰にでもできて、
だからこそ難しく、
素晴らしい魔法。


それが感謝です。


今日は、運動会の振替休日で、
これから二人で遊園地に行きます。

天がくれた平日のお休みの誕生日に感謝して、
今日というよき日を心から感謝し、
楽しんでまいります。

みなさんのもとにも、
たくさんの宇宙の恩寵が舞い降りてきますように。

今日は、いつにもまして、
長くなってしまいましたが、
ここまで読んで下さったこと、
本当にありがとうございます。


感謝をこめて

天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは冨永のむ子です

 

FBの「過去のこの日」をチェックするのが

日課になってます。

 

朝陽とか夕陽とか食べ物とか、

がいっぱいなのですが、

 

 

去年の今日は次男とスーパームーンを見にハーバーまで。

 

 

 

毒舌もいっぱいあるわっあせる

 

 

 

 

去年の今日のその手の投稿は、

集客について書いてます

 

 

自分にしかできないことをして、

等身大で心地よく収益を生み出したいならば、

 

 

安易に長いものに巻かれない。

 

 

メディア掲載!とか、出版!とか、

マス(メディア)のエネルギーに

吞み込まれないことも大切かなって思います。

最近は、マスメディアもそうだけど、

SNS上の「いいね」の数集めとか仲間作りも同じエネルギーです。

 

 

 

もちろん、

 

集客するためには

「知ってもらうこと」はとても大切です。

 


知ってもらわないと、話にならないというか、
仕事にならない、つまり稼げない、

結果、やりたいことが続けられない。使命を生きられない。

 


だから

「知ってもらうこと」は

とてもとても大切ですし努力すべきこと。

 

 

これが自己開示の一歩でもある。

 

 

本当に良いものなら、これが天命なら、

自然に広まっていくはず、とか、

うじってしてないこと。

 

 

本当に良いものだからこそ、

それを担うあなたのエネルギー・・・

「心から信じて、広めようとする勇気」を

天は見てるのです。

 

 

 

だけど、

 

とにかくやみくもに知ってもらえば、

仕事になりますか?

と聞かれたら、

 

答えはNo。

 

 

どんな人に知ってもらうか、

 

どんなことを知ってもらうか、

 

どういうプロセスで知ってもらうか、

 

ってとても大切。

 

 

要は、

どんなエネルギーとつながるか、

自分自身がどんなエネルギーで広めていくか・・。なので

 

 

何でもかんでも

人とつながればいいのかしらって、


必死で、

FB上のお友達の数や、いいねの数、
ブログの読者数増やそうとする時間があるならば、

 


自分の仕事のことを、

深く真剣に問い、

魂のお客様に出会えるような意識を持った方が

よっぽど仕事になります。

 


私のFB上の

お友達の数は1000人もいないし、

 

自分にいいね、してほしさに

しょっちゅうFBのぞいでいいねしたり、

コメント書いたりとか、してないよ。

 

だって、

そんなことしてる時間(命)はもったいないよね。

 

これを「自分がされて嬉しいことを自分からしたら、してもらえるからね」って促す

コンサルがいるらしいけど、

下心で動いてどうすんの?って思うの私だけ?

 

 

エゴから動いたら、

結局エゴが返ってくるだけ。

 

で、そんなことしないし、

お友達の数は1000人もいないってハナシだったけど・・・、

 

 

世界中から、お客様が集まって来ださり、
おかげさまで講座はほぼ満席だし、
無理やりいつも満席にしなくても

収益も十分出ています。

 

 

 

それは

「私のことを知ってもらわなきゃ」って、
内側に矢印を向けた発信を

していないからだと思う。

 

 

 

自分に矢印を向けたまま発信しても、
相手の役には立てない・・・・。

 

 

ビジネスは価値の交換だから、
役に立てなければお金は入ってこないよね。

 


それに、

 

「知ってもらわなきゃ」って焦って動くのは、
「知ってもらえないっ」てお腹の底で信じていることだから、
その通りの現実を引き寄せるわけ。

 

 

シンプルです。

 


そうやって、焦りから動くより、

 

 

愛から動きませんか。

 


自分が

本当に伝えたいことを深くつきつめよう。

 

 

そしてその伝えたいことを
正直に世界に発信できる勇気を持とう。

 

 

それができるようになるためには

日々の生活を大切にして、
心も体も健やかでご機嫌でいることが

とにかく大切。

 

 


そしてそれは、

有名人とコネがなくとも、
高いコンサル料はらわずとも、

どこかの権威に上納金払って囲われなくとも、

無理やり大きなコミュニティに属さなくても、

 

 

今の等身大の自分で

いつでもどこでもできることだよ。

 

 

あなたの使命は

あなたにしか果たせない。

 

 

だからこそ

自分で伝え広げて行こうと決めたら、

天が猛烈に後押ししてくれるんだから!

 

 


・・というわけで、

昨年の今日のFBの投稿を見て、

 

 

この時の「マスメディア」が

ゆるやかに、SNSの「いいね」の数合戦に

変わってる気がしたので書きました。

 


あ、そして

特定の誰かを批判したいわけでも、

否定したいわけでもありません。

 

(うーんって、頭に浮かぶ人はいるけどね・・・)

 

 

 

この構造をわかっていて、
売り上げだけじゃなく知名度もほしい。人気者になりたい。

 

そのためには体も家庭も顧みずでもいいわ、って人は
それも自由だから、

自由にどんどんやればいいと思うんですね。

 

 

むしろやり切ったら、とても深い学びがあるから。

 

 

でも、そういう欲求は無くて、

心も体も家庭も大切にしながら、

 

 

純粋に、やりたいことでお金を稼いでいきたいけれど、

ビジネスに詳しくないがゆえに、

うっかりこのやり方に陥って苦しんでいる方を
たくさん見てきたので、書いてみました。
 

 

私がリクルートで猛烈に働いた経験は

こうして今猛烈に役に立ってるなあーほんとありがたい!

 

・・・

 

もうね、時間泥棒に身をささげずに、

心地よく自分のエネルギーを満たし、

自然に自分にしかできないお役目を果たせる時代になったの。

 

 

 

時間やお金を大量に使わずに

自分のエネルギーを使って循環させればいいの。

 

 

心地よく自分のエネルギーを循環させる方法についてはこちらでお伝えしています

 

よかったらぜひ!

 

 

というわけで、今日はこのへんで

 

お読みくださってありがとうございます。

 

感謝をこめて

 

 

 

 

 

天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こちらも昨年の今日のブログ。

昨日講座にいらした方の中にも、
「めんどくさい」にやられちまってる方がいたよなーって感じたので、
加筆して再掲載しますね。

・・・・

今朝(昨年の27日 日曜日)のブランチ。




土曜日は都内で講座の日が多いので、
日曜日は、ゆっくり。



平日の朝は、学校めがけて一気に作るから、
「めんどくさい」と感じる余地すら無いけど、



日曜日の朝は、
まったりはじまるから、
油断すると、めんどくさい、ってなりがち。


めんどくさいな~ってイヤイヤやると、


ご飯を作るのも後片付けも、
何もかもいやになって、


「せっかくの休日なのに、私だけ忙しい!」


みたいな

被害妄想にかられてしまいがち。


そして夫や子供に当たる。。。みたいな。。。


でもそれは自分にとっても幸せなことじゃないので、

ある時期から、
「いっそ楽しもう」って、
決めた。


根っこが、
文句言いで、被害妄想に陥りがちなんで、


そうならないために、
いかにして自分のご機嫌をとるか、
日々これ実験中。



ひとり家ランチも、その一環かな。

これなかなか、いやかなり、
自分の心にも体にも、そしてお財布にも(笑)いいみたい。




片付けでも、掃除でも、

お仕事でも、人とのやりとりでも、

やらなきゃ、って後回しにしがちなことの殆どは、


時間がないとか、できないとか、
ブロックがあるとか(笑)、
そんなたいそうな深い意味はなく、


実は、

ただただ、
めんどくさいだけっ




めんどくさいなんて、
理由にならない、
ただの言い訳みたいだけど、



めんどくさいものは、
めんどくさくいんだよ。




ウィルスのごとく、

目に見えないところで人間を蝕む最大のブレーキ。

最大の敵なんじゃないかな。。



めんどくさ~、って思ったが最後、
エネルギーが一気に下がって、

やらされ感たっぷりになる。


だったら、
めんどくさいって思っている事実を認めた上で、
意図的に、楽しもうって切り替えるといいみたい。



こちらはシルバーウィーク中の、朝ご飯 人参ポタージュに、チアシードをのせたのは、外で食べた真似っこ!


子育てをしていると、
日々の子供の世話はもちろん、
学校の役員などなど、


自分がやりたくてやってるわけじゃない業務が、
いっぱい発生する。


逃げ回っても結局自分が居心地悪いんだし、



それを、
めんどくさい、ってしたら、
めんどくさいことになるだけ。


ほんとに、
すべては自分が思った通り。



色んなママを見ていて、



楽しもうって決めた人は、
案の定楽しんでるし、



「問題が起こらないように」とか、
「非難されないように」って


「恐れ」から動いている人は、
ちゃーんと(笑)、
恐れた通りの結果を引き寄せてる。



それがいやだから、って
すべての係を拒否したり、

そのために、
子供にも制限かけて、
色んなことをさせない親も多いみたいだけど、



自分のめんどくさい、って気持ちだけで、


子どもの体験のチャンスを減らして、
後から後悔しても取り戻せないし、
もったいない。



そうならないためには、
まずは、
めんどくさい、って捉えない方がいいみたい。
だから楽しむっきゃない。




自分が楽しもうって、決めたら、
係りをこなす中で出てきた問題は
みんなで解決するゲームになって、


問題が起きれば起きるほど、楽しい(かもっ)し、
自分たちの経験値も思い出も増える。



終わった後に、
色々あったね~お疲れ様~って飲むビールは
最高に美味しくなる!


やっぱり、
すべてはエネルギーの出し方、矢印しだい。



家事も、育児も、ビジネスも、
生きることそのものを楽しむことが、
私たちの生まれてきた目的なんだから!


打倒! めんどくさい なのだ・・・。

と、たまにはママ目線で書きました。、
心地よく、気分よく、毎日を楽しみたいですね。


天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
※2年前の過去記事あらためてアップします。

・・・・

前回のメルマガで、

目の前を大切にしていくことが
使命につながる最初のプロセスと書きました。
 

誤解している方もいるかもしれないので、補足します。

 
目の前を大切にすることは

目の前の人のために、
自分を犠牲にすることではないのです。
 
 
そこを勘違いしている方、本当に多いと感じたので、
お伝えしたいことがあります。
 
 
 
天国と地獄のお箸のお話をご存じですか? 
 

~~~~~~~~~~

ある男が閻魔大王に、
天国と地獄とはどういう世界なのかを
訊ねました。
 
 
そこで閻魔大王は、
まず男を地獄に連れていきました
 

ちょうど食事の時間で、
地獄の住民はご馳走の前に集まっていましたが、
 
 
手に持っているお箸は
三尺三寸(約1メートル)の長いお箸でした。
 
 
お箸が長いためにので、
みんな自分の口にご馳走を運べない。
 
やせこけて、焦ってしまい、
他の人の食べ物を横取りしようと喧嘩ばかりしています。
 
 
次に閻魔大王は
男を天国に連れていきました。
 
 
天国もちょうど食事の時間で、
みんなながーいお箸を持って集まってきました。
 
 
天国の住民は、
争うことなく穏やかに食事をしていました。
 

ながーいお箸を上手に使って、
お互いが食べたいものを口に運び合って食べています。
 


 天国と地獄、
ご馳走も、お箸の長さも同じ。
 

でも、

地獄にいる人は自分のことしか考えてないために、
いつまでたってもご馳走にありつくことができず、
けんかばかりしている。 

 
天国の人たちは、
お互いに思いやって美味しい物を食べながら、
仲よく暮らすことができている。
 
 
それが天国と地獄の違いじゃ、
 

閻魔大王はそう男に言ったとさ。

 

~~~~~~~~~
 

仏教にまつわる有名な逸話なので、
ご存じの方も多いのでは。
 

このお話し、
幸せに生きる大前提を表していると思うのですが、

 
 
あなたは素直にそうだなと思います?
それともキレイゴトだと思いますか?
 

 
もしもあなたが、
こんなのキレイゴトだよって思うとしたら、

 

今あなたは、きっと頑張り過ぎて
自分を大切にできていないのかもしれません。
 

そして、 

このお話しを、
 
ただお互いを思いやれ、
みたいな表面的なメッセージとして受け取ってしまうと
ただのキレイゴトで終わります。


自己犠牲のキレイゴトね。



でも、そうじゃなくって、
この奥に流れるものをちゃんと読み取るべしなのです。
 

 
まず、大前提として必要なことが二つあります。
 
 
ひとつは、
三尺三寸のお箸を持てるだけの体力。
 

そして、もうひとつは


自分が食べたい時には、
目の前の人に口を開けられる素直さや表現力。
 

 
この二つって、

他の誰かからもらうものではなく、
自分が意識しないと手に入らないものなんですね。
 
 
自分がお腹がぺこぺこで、お箸を持つのもしんどいのに、
作り笑いで相手に食べさせてもうまくいかないのです。
 
 
そもそも、
 
相手のために犠牲になることと、
相手のためになることは、全くエネルギーが違います。
 
 
「自分も下さいって言ったら、相手にどう思われるかな・・」
 
 
自分だけ食べてって、
周りから思われるんじゃないかな・・・・」
 

みたいな、
 
「恐れ」のエネルギーで動くから、
自分がすり減るばっかりになるのです。
 
 
で・・最後には
みんなのために頑張ってるのに!!って
怒ったり泣いたりしたくなるんですね。
 
 
自分が自分で追い込んでいるだけなのにね・・・。
 

これ、
ベースの部分に、
相手は自分を悪く思うっていう不信感があるでしょ。
 
 
いきなりそれを手放すのは無理かもしれないけれど、

まずはいったん脇において、
愛から行動してみてはどうかな。




 
相手の優しさを信頼し、
自分がお腹が空いている時は
下さいって伝えてみませんか。
 
 
そうやって優しくしてもらったら
感謝の気持ちが自然に湧いてきます。
 
 
そうやって優しくしてもらったら
感謝の気持ちが自然に湧いてきます。
 
 
そしたら自分も感謝のまんま、
相手のためになることが自然にできますよ。
 
 
こうやって、世界中の人が、
自然に愛からエネルギーを交換し合えるようになった時、
誰もが豊かな「天国」が
この世界に実現するのでしょう。


そうなっていくために、
ただただエネルギーを出すだけでなく、
受け取ることも自分の意志で
自然にできるようになることが大切なのですね。
 
 
人のためになるなんてキレイゴトって
すねてる場合じゃないんです。
 

まずは、相手のためになれる自分を作ること。
 
 
それが使命を生きるための大前提。
基本中の基本です。
 


 
あ、でも
 
あなたがこれまで、
キレイゴトってすねていたとしても、


そんな自分はダメだって責める必要はありません。

 
それがループを生むからやめませう。


そもそもね、

「相手のためになんかなれないよ」って
感情が湧いている時は、


 
自分を大切にする時間だよってサインというだけ。


あなたが悪いわけでもダメなわけでもなく、
それだけのことなので・・・。
 

素直にそのメッセージを受け取ってくださいね。
 
 
使命は命の使いみち、命は時間です。
 
 
今日、あなたはどんなことに時間を使いますか?






自分の神話の歩き方無料メールマガジン バックナンバー


天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

テーマ:

 

自分とつながれば、家族は勝手に変わるよ、

ってことを少し前にお伝えしました。
 
 
 
家族だけじゃなく、当然ビジネスも、
目の前の世界もスムーズになる。
 
 
前回のビジネスマインド講座
ご参加下さった別の方からも、
こんなご報告がありました。


・・・・・・・・・・・・・

 

自分の意識が変わってきたら
なんだか微妙にアートの仕事で
スケジュール帳が埋まってきたのです。
半日~1日のことですよ!
依頼のメールを見たときには
ちょっと鳥肌立ちました。


おまけに、

ネガティブの塊だった陰キャラの長女が
楽しそうに「学校楽しいわ」って言った。
え~!彼女から初めて聞いたその言葉。


潜在意識の部分で影響しあうって、
こういうこと?


そういえば、
特に長女とは色々な事が
共鳴してしまう気がしていました。

 

・・・・・・・・・・
 
 この方、
とても大切なことに気づいたみたいです。
 
 
ご感想の中には、
こんな言葉もあるのです。
 
・・・・・・・・・・・・・

 

そんなに可愛そうな自分が大事かい?
やだーー!幸せな自分の方がいいよー
止め止め!過去の自分を消して無かった事にするのではなくて
フレームの端っこにあってもいいけど、
そこにフォーカスするのはやめよう。

 

・・・・・・・・・・・・
 
 
感想の全文はこちらです。

 
 
いかがでしょうか。
 
前回お届けした記事の最後に、
 
 

「くれぐれも、
呪いをかけてしまった


原因分析に

走らないでくださいね。 
 

 

そんなことしてても

不毛だからね」
 

って書きました。

 

 

そう、もうね

 


分析とか解除とか、
ナンセンスな時代なんだよね。

 


 
 

トラウマとか過去生とか、
そこにフォーカスして、
掘り下げても前に進まないことに、

みんな気づき始めた。
 
 

だって、

すべては自分なんだもの。

 

 

だから自分責めたり駆除しても堂々めぐりなの・・・・

 

 

そこに気が付いて・・、

 


自己分析から解き放たれて、
自分を超えていく時期が来たんだよ。


 

 

 

そういうのすべてご破算で、
ゼロリセットで、
ただ幸せになるって決めればいい。
 
 
もちろんそれは、
なかったことにして、ふたすることじゃないし、
見ないふりをすることではありません。
 
 
ただ、そういうことがあった、
という事実だけを静かに認める。


そして、そこで湧く感情、
悲しみや苦しみやくやしさ・・
それを感じる自分も受け止める。
 
 
なかったふりをして、
感じないふりをしないで。
 

 

そのつど、そのつど、ちゃんと感じて、
その上で、これからどうあるかを選びなおせばいい。

 

 
今この瞬間に、
何に意識を向けるか
本当にどうしたいかは
 
すべてあなたの自由なのだから・・・。
 


分析より観察、解除より解放かな。
 
 
すべては自分の意図しだい。
 
 
あなたが
自分を幸せにするって決めたら、
それは天の望みでもあるから、
ますますどんどん応援してくれるのです。
 
 
自分を幸せにすること=天の望み、という件は、
このへんに書きましたのでご参考までに。

 

わがままと思われたくない、と思うこと時代がわがままだから。


 
 
だから、
 
ダンナがー
親がー、
上司がー、
日本がー
世間がー
って、
あれこれ言いたい気持ちはわかるけど、
 

くれぐれも、
相手のことより自分のことだし、
 


フォーカスするべきは、
苦しみの原因でも、相手でもなく、
 
光に満ちた、幸せな自分であり
 
その幸せな自分が生きている
目の前の幸せな世界です。
 
・・・
 


この方もそうでしたが、
 
最近、講座やセッションを受講いただいた方の、
現実世界での変化のスピードがどんどん加速しています。


シフトチェンジの波を
ひしひしと感じますね。


この波に乗って、
人生全体を豊かさと喜びに満たしていきたい方は、
ぜひ、自分の神話塾にいらしてくださいねー。
 
ただし、
「波が来てるんだ、置いていかれたらどうしよう」
みたいな恐れから動くのではなく、
 
その波に乗ってみたい、って
突き動かされた想いでいらしてね(笑)
 

 

これまでのことは、もういいから、

 

恐れからではなく、愛から動いていきましょう。

 

そうしたら

世界は本当に愛でできているってことが、

お腹の底からわかるよ!

 

お待ちしてますねー。

 

・・・

 

そして、

 

上記の感想をくださった方が参加されたのは、
ビジネスマインド講座。
 

恐れから、動くのではなく、
純粋な愛から動くビジネスを、
きれいごとで終わらせずに
しっかりと稼ぐために大切なことを知りたい方、お待ちしていますね。

 

・・・

 

 

 

自分の神話の歩き方無料メールマガジン バックナンバー

 

 

天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)