天から与えられた使命を生きる≪自分の神話の歩き方≫

自分の神話を生きるためのサポートをしています。クレド(CREDO)の語源は、ラテン語で「信じること」。自分探しの旅を終え、自分を信じて前に進みたい方を応援します。


テーマ:




セッションルーム兼、仕事部屋にあるグリーンは、
ラベンダーとウンベラータ。


15センチくらいのものを500円で購入したウンベラータちゃんが
一年くらい経過して、
1メートルくらいまで成長しました。


たぶん買ったら、
8000円くらいするんじゃないかな・・。 なんて。




お金を出して買うのは一瞬だし簡単だけど、

育てること自体がものすごく楽しい。


伸び悩んだ時期もあったし、
葉っぱが病気になったこともあったし、
これからだって、あるんだろうけれど、


毎朝話しかけたりして、
育てていくと
ちゃんと応えてくれている気がして、


ものすごく愛着がわきます。


とてもとても豊かな、目に見えないもの・・・。


こういうことって、
絶対にお金で買えないんだよね。



「なんでも安易に外注しない」

こと。

公私ともに、
とても大切にしていること。

例えばビジネスでも、


安易にコンサル受けたり、
人に発注したりしないで、

どうしたら前に進めるか、
そのプロセスの一つ一つを大切にすると、


結果的に自分にものすごく力がつく、
プライスレスなギフトが返ってきます。


プライベートでもおんなじで、
最近私の中で、真剣に取り組もうと思ってるのは、
子供の学習面での教育について。



長男が中学生になり、
高校やその先の進路のことを
模索する時間がはじまりました。


私は猛烈に忙しい部活にいたことなどから、


浪人中の予備校以外、
塾というものに行ったことがなく、


そんな私でも、
自分で思考錯誤した結果
公立に進学できたし、


心も体も一番伸びる
大切な思春期の時間を

塾通い使わせるのはもったいないと思っているので、
うちは塾にはいまのところ行かせていません。


でも、周囲は
どうやら、塾に行かせるのは当たり前だし、


私と同じく、塾に行かせていないママが、
他のママから、なんで行かせないの?って責められたと、
ぼやいていたので、


ひょっとして、学校の授業以外のことが
試験で出ちゃうのかと、不思議に想い、


今どきの高校の受験事情を
ちゃんと把握しようと調べてみたところ、


内申点が重視されるとか
上位の学校は特別な試験があるとか、

私の頃と
多少の違いはあるものの、


ベースの部分は今も昔も
公立に関しては、
教科書の内容が理解できれば
問題はないということがわかったので、



今のところ塾には行かせず、
本人がやりたいといった通信教育だけにして、


自分にあう勉強方法を
編み出せるように、
働きかけてみています。



そもそも、
小学校と違って中学は
なんで勉強しなければならないのか、


勉強って、なんのためにするのか、
すると、どんないいことがあるのか。


など、質問して、
彼なりの想いを聞いたり、


通信教育の会社がやっている
無料の学習相談に行って、

塾に行かないで志望校に受かった
お兄さんたちから、話を聞くなどして、


すこーし勉強する気になった長男。


最初は、なんでもかんでも
すぐに私に聞いてきていたけれど、


「自分で考えなさい!」
「まずは教科書をよく読んで!!」などなど、


突き落としたり、
怒りの鉄拳(言葉のね)を、くらわしたりして、
気づけばはや二か月・・・。



少し進歩したかなーって思うのは、

「わからないところは、
どうすればわかるようになる?」

って聞いたら


「まず自分で教科書や、
通信教育の参考書を見て、
それでもわからなかったら先生に聞く!」


と言いました。


でかしたぞ! って頭ぐるぐる撫でまわしたら、
とても嬉しそうにしてました。


そうだよ、学校の勉強なんだもん
先生に聞けばなんだって答えてくれんだよ。


もしも答えてくれない先生がいたら、
ママがぼこぼこにしてやるよ(こわいよー)。


このやり方で、親子でやってみて、
それでも、らちがあかなかったら


そこに執着するのもエゴなんで、
彼の意志を尊重した学習機関を利用することも、
もちろん考えるけれど、


植物と同じく(そうだった、ウンベラータの話しをしてたんだった 笑)、


子供を育てることも 


最初からお金で解決ない方がいいんじゃね?って思う。


お金出して外注するのはとても簡単。


子供が塾に行っている間、

親の自分は、好きなことができる・・・・


子供に教えると喧嘩しちゃうとか、
自分が教えられないって言う人もいるけど、


喧嘩したって怒りとばしたって、
こちらが一生けんめいなら想いは伝わるし、
それは親側の忍耐の問題。

私だって怒り抑えて、いやうそだな。
怒り炸裂しながら、やってんだよ!


そして、

中学の勉強を自分が一から一緒にやり直そうと思ったら、
面白いし、子供の質問に全く答えられない親に
勉強しろって言われても
子供は納得できないんじゃないかと思う。


能力の問題じゃなく、親のやる気の問題。

不安だから、とか、
みんな行ってるから、とか


そういう安易な気持ちから塾にやるのは、
私には違和感がある。


塾のゴールは、志望校合格だから、
そこに向かってとにかくお尻を叩くのだろう。


もちろん
塾にだって
本人のやる気を引き出してくれる
先生もいるだろうけど、


とにかく理屈はいいから、覚えろ、
みたいな教え方もあると聞く。


目先の目標を達成するだけなら、
それだってありだし、そのほうがむしろ簡単。



でも、そうやって
思春期の大切な成長期に、
上からの押し付けばかりで
受け身で居続けたら、


社会人になって突然、

「自分から動ける人材になれ!」


なんて言われたって、


どうしていいかわからないよね。
そんなの「教わってない」もんね。

心が病気になっちゃうよね。


私の講座にいらっしゃる方の中にも、


いい大人なのに、
受け身の、ちょうだいちょうだいの人がたまにいる。


そういう人、案外、
世間のものさしで
高いと言われる学歴や職歴だったりする人も多い。


立派な社畜になるために、
いい子ちゃんで親の言うなりになって、
飼育されまくったあげく、


自分で自分のことがわからなくなり、
他人のことを思いやる想像力の欠落した
子供の面かぶった大人・・。



安易に塾に入れて、
大人の言うこと、とにかく聞かせて、
世間の良いといわれる学校や職業へのレールを走らせたら、
当然そうなるよね。


(もちろんそこですべての人には
反抗する自由があるので、自分はそれだって思う方、
親のせいにしてはいけません!)


・・・・て、話がそれましたが、


中学や高校で、
勉強することの目的は
ただ志望校に合格することではなくて、


社会に出たときに、
内なる声・・・自分なりの意志を持ち、
自分で自分を幸せにしながら、
社会の役に立てる力を養うことだと思うから、


学習方法や、
成績をあげていくプロセスについても、
その目的を見失わないで、
自分でたどり着けるよう
見守ってあげたいなって思う。



私の住む神奈川県では、
内申点が重視されるそうで、


英検や漢字検定をとると、内申点が一点もらえるから、

という理由だけで、

とにかく、
英検を受けさせることがはやっているらしい。


その話を聞いたとき、

なんか、違くね?って思ったけど、


そう思う親はどうやら少数派なんだろうな。


でもさ、
内申点1点とるために、
やみくもに検定を受ける、その時間は、
思春期の二度と帰らない貴重な時間なんじゃないかなって思うし、


親が受けなさいって言ったから受ける、

みたいな考え方を身に着けさせることは、
内なる声に目を背けさせることにほかならず、

長い目で見てその子の人生は、
負のループになりかねない。


なんか違うんじゃないのー!!!


そんなこと言ったって、
内申一点で泣きたくないじゃん、って考えもあるだろう。


でも、そもそもそういうセコイ本質じゃない
やり方で入った
学校で、

のびのび幸せになれるのか、
はなはだ疑問。



それよりも、
自分なりのベストを尽くして、
その結果縁があった場所こそが、
その人の生きる場所なんじゃないかって思う。



きれいごと、って言われるかもしれないけれど、
きれいごとを貫いた人だけが、
自分で自分を幸せにできる人生の創造主となれる。



私の親は、
きれいごとを貫いて私をそだててくれたんだろう。


おかげさまで、
私は自分で自分を幸せにできるようになりました。


だから、
息子たちも、そうやって育てたいと思う。


って、これはあくまで私の考え価値観であって、
押し付けるつもりはないし、

意見の違う方と喧嘩するつもりもありません。


さきほど書いた、
塾に行かせてないことを責められて
ゆらぎそうになった方などなど、


周囲に違和感を感じつつ、
一人でもやもやしている方がいるなら、

あなたは一人じゃないよ!


そう思って書きました。、


子育て真っ最中の身分で、えらそう?とも思うけど、

そう思って、遠慮して
感じたことを伏せておくのもエゴだし、


もうそういう遠慮はやめていく時代になったことを
ひしひしと感じる昨今なので、

思うがままに、書いてみました。


まあ、ぶっちゃけ、いい大学行ったって、
何の役にも立たない時代にもなったしね。


長くなりましたが、このへんで。

お読みくださってありがとうございます。


追記:

明日まで長男は期末試験。


いまの時期、小学校の頃から
塾に行っている子には楽勝な内容だそうで
英語は100点続出らしい。


いいのよ、あんたは、
いまのうち100点なんかとらなくっても。

一年生のうちは赤手といっぱいとって、
失敗して悔しい思いや、
恥ずかしい思いもいっぱいして、

自分でやり方を見出していけばいいんだよ~。


天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 冨永のむ子です。
 
 
今日はとても大切なことをお伝えします。
 
 
 
夏至を迎え、地球全体が、
大きなシフトチェンジの幕開けともいえる
タイミングに来ています。
 


 
矢印を内側に向けた、他人の神話から、
 
矢印を外側に向けて、
愛から動く、自分の神話へのシフトチェンジの、
大きな大きなチャンス。


ものすごい応援の波が来ています。
 
 
以前私が4月~6月が大切な時期だよって書きましたけど、
 
この三か月は準備や覚悟を決める時期。
 
潜在していた想いが表面化した方も多いのでは・・・。
 

 
これからの三か月は、
その想いに応えるために、
具体的にシフトしていく時期です。
 
 
何十年に一度あるかないかの、
大きな応援の波動が来ています。
 
 

その一方で、
このタイミングを逃すと、
快速電車に乗り損ねてしまった時のように、
進化の歩みは遅くなるかもしれません。
 
 
すべてはご自分の選択だし、
 
その選択も含めて、
すべては天の采配でもあるので、
 
 
波に乗れないことが
ダメとかいいとかではありませんが、
 
 
もしもあなたが、
 
本当の本音で生きていきたい、
 
 
自分を偽らずに、
世界と共鳴共振して、生きていきたい。
 
 
そして、
天命使命をまっとうし、
 
 
「生まれてきてよかった」と、
毎日のように思える人生にしたい。
 
 
そう願うのであれば、
 
 
ぜひ、勇気を出して、
 
 
目の前の世界を信頼し、ハートを開き、
 
おこるすべてを、
あるがまま受け入れて、
 
 
ありのままのご自分を表現して
生きていかれることをお勧めします。
 
 
ここで言っている表現とは、
特別なパフォーマンスを指しているわけではありません。
 
 
生きることは表現すること。
この世界の創造主の一部である、
私たちはだれもが自らの人生の創造主です。
 
 
 
世間の常識にまみれて、
自分を押さえつけることをやめ、
 
「ただ在る」こと。
 
 
「まだまだ未熟」な自分で、
 
「なんてダメダメなんだろう!」と感じる自分で、
 
「世界はバカばっか!」と怒っている自分で、
 
本当に大切なものだけを大切に、
そのまんま生きる。
 
 
素敵ぶってる場合じゃないよ!
 
聖人ぶってる場合でもないよ!
 
 
 
自分の未熟さに苛立ち、
前のめりに空回りするあなたでも、
 
 
世の中に役に立ちたいと願いながらも、
心の奥にある欲望に愕然とし
それを押さえこもうと葛藤するあなたでも、
 
 
それがそのまま、ありのままのあなた。
 
 
そのあなたが、宇宙の一部のあなたです。
 

その自分をそのまんま差し出して生きよ。
 
 
思い煩うことなく・・・、
 
いや、
 
思い煩っても、煩わなくても、
なんだっていいから、
「いま、ここ」を本音で生きよ。
 
 
 
天と地・・・、
 
命をはぐくむすべてのエネルギーが
そう伝えています。
 
 

・・
 
 
世間からの喝采より、
内なる自己の充実に意識を向けましょう。
 
 
他人の言葉ではなく、
内なる自分のの声に、
チャンネルをあわせましょう。
 
 
内なる声は、
ささやきのように小さく、
気のせいとしか思えないかもしれません。
 
 
そして、
その声は、
周囲がよしとする方向とは
真逆へ行けと
言うかもしれません。(たいがいね)
 
 
 
それでも、あなたが
本当に宇宙の一員としての
お役目を果たしたいのであれば、
 
 
あなたが真に満たされ幸せになりたいならば、
 
 
あなたはその声を聞く必要があり、
その声に従うことが、
あなた自身を幸せにする唯一無二の手段なのです。
 
 
いますぐ、
巷にあふれる
自己啓発マニュアルを捨て、
 
 
不必要なキラキラを追い求める
自我満足探求に見切りをつけ、
 
 
大いなる宇宙とつながる、
内なる自分の声のみを羅針盤にして、
 
 
本当の自分の命の使いみちに、
大切な肉体での時間を使っていきませんか。
 
 
あなたが本気でそう望み、
望んだ自分にふさわしい選択と行動を
していきさえすれば、
すぐにでもそれは実現するのです。
 
 
 
・・・というわけで、
 
 
この重要なタイミングを、自分の人生のために
大切に使おうという
意志と意図と、覚悟のあるあなたの、
 
 
大いなるシフトチェンジを半年間サポートいたします。
 
天から与えられた使命を生きる、
自分の神話塾 26期生 受付開始いたします。
 

 
もう、本当に、

顕在意識上で
夢をかなえるとか願望実現とか
言ってる時代は終わるので、
 
本当に大切なものに目覚めて
シフトアップしたい魂に出会えること、
お待ちしています。
 

自分の神話塾のプレ講座にあたるのが、
 
 
こちらだけでも
大きなシフトアップする方も
いらっしゃいますよー。


というわけで、バレーボール休んで一気に書きました(笑)。

また。


自分の神話の歩き方無料メールマガジン バックナンバー


天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは冨永のむ子です。


ネットで注文した、
リトアニアリネンのキッチンクロスが届きました。



実は、10年くらい前に
何気なく惹かれて購入してみたら、

丈夫で長持ち吸水性も抜群!


だもんで、
穴があいたりして、
かなりくたびれいたけど、

他のクロスも使いつつも、
捨てられず大切に使っていて、

ふとリピートを思いたち・・

お店の名前もすっかり忘れ、
お店がるかないかもわかんないって思いつつ、

リトアリアリネンで、検索したら、あっという間に、
ここよここ!ってお店が出てきてくれました。


当時は、
ネット雑貨屋が始まったばかりくらいの頃で、
店長さんひとりで
やられてた記憶がうっすらあったので、


もうお店ないかしら・・・って思ったら、

ちゃーんと続けてくださってて、

そのことがとっても嬉しかったので、

続けてくださってありがとうございますと
お伝えしてみました。


10年くらい前に買ったクロス、
ところどころ穴があいても吸水性ばっちりなので、
使ってました。ご苦労様でした、ありがとう!



事業を継続することって、
自分のためだけでなく、
お客さまに対してもとてもとても大切なこと。


最近は独立ブームだし、
自宅サロンとか当り前の時代になったから、



気軽な気持ちでサロンでも、
セッションとかセミナーでも、
ネットショップでも、
はじめる人がたくさんいるけれど、



始めたからには、
その商品やサービスは
自分だけのものじゃないって思ったほうがいい。



だから気まぐれで辞めたり変更したりしないで、
継続する努力をしてくださいねって思います。



上から目線かもしんないけどもー、

起業って甘くないから・・。


会社でそれなりに活躍し、
積極的な性格で、
パソコン得意だったり、
プレゼン能力や事務処理能力が高かったりしても、


起業って
使う脳みそやマインドが全く違う。


特にBtoC・・、
個人向けのビジネスをするなら、
表面上の、仕事のできるできないじゃなく、


その人そのものが露わになる。


組織でどんなに、
優秀な会社員だったとしても、
うまくいくとは限らない。


体のこととか家庭のこととか、
女性は特にいろいろあるので
一概に辞めるなというつもりはないし、


自然な流れの中での
よく考えた上での変更や終了は
天の采配だけれども、



せっかく通おうと思ったのに
つぶれてしまうサロンとか、
興味が湧いて、
いつか参加したいなって思っていたセミナーなどが、


やることやってないために
力及ばずで辞めましたっていうのは、


お客さまへの裏切りだよなって
思うんですね。


・・


あなたの商品サービスを
必要だって言ってくれる人が一人でもいるならば、


その背後には、
何十人もの魂のお客さまがいるんです。


だから、そのお客様と出会う努力や工夫
自分の技術を磨く努力を真摯にしていけば、
しかるべくタイミングで必ず花開くのに・・・


そのすべき努力を怠って、


「うまくいかないからやめました」
「なんかこれじゃないかなって思って・・」


って安直に辞めてしまう人。

活動内容を簡単に変える人。


事業をなめんじゃねえよ!

って思うよ。


あ、もちろん主婦のひまつぶしで、
お小遣い稼ぎ程度ならできるよね。


でも、
時間を自由に使える立場で、
サラリーマン時代と同じか、
それ以上に稼ごうと思ったら、
ふらふらしてないで、
本気でやんないと!



収益は、
それに見合うエネルギーとの等価交換。


そして、
まずは先にエネルギーを
出してはじめて循環する。


だから、
スムーズに出すために必要な努力をたんたんと、
そして楽しみながらすればいいだけ。


だって、
そもそもやりたいことさせてもらってるんだから、


感謝して、広げていくだけだよね。


なのに、
みんなすぐによそ見するのね。


昔書いた記事ふと思い出したわ。

やりたいことと違う方向の電車に乗ってしまっていませんか?



自分に矢印向けて、
これじゃだめかなとか、
やっぱ向いてないかなとか、
思い悩むことに時間を使ってみたり、


あるいは、

主婦の起業で、
経済的に困ってなかったりすると、


起業家ぶって、
いろんな場所に参加したり、
素敵ぶった発信することばかりに
時間をつかったり、


何をしたらいいかわからないあまりに、
無意識に逃避して、
華やかな楽しいことに意識が向いてしまったり・・・、



そうやって、
本当に事業を育てていくことを
さぼってしまう。


私もそうだった時期があるので、
気持ちも状況もよくわかるんだけど、



でもそれだと、
永遠に起業準備中で、
永遠に、不毛な時間は終わらない。


どんなに、
あれこれ頭で思い悩んで、
あれやこれや学んでも、


やるべきことやらなければ
事業は育たないし、


どんなに
ネット上や、仕事以外の周囲で
素敵な私を演出していても、


本当の自分の現状は、
誰よりも自分がわかるよね。


そしておなかの中が、
不安と焦りといら立ちでいっぱい、
みたいになって、また外に意識を向けるという負のループ。


そんなのもったいないよね。


せっかくはじめようって思ったんだもの、

せっかくやりたいことが見つかったんだもの。

そして初めの一歩を踏み出したんだもの。


その勇気をほめたたえて、
事業を本気で育てましょうよ。


ふらふらと、学んだりご縁探しばっかりしてないでさ。


上っ面の結果や
華やかな世界に意識を奪われず、


目の前でするべきことを、
たんたんとやりましょうよ。



そういう姿をおてんとうさまは見てるのよ。


そして、必ず、
しかるべくタイミングで花開くからさ。



自分が収益を出せるようになり、
人さまの起業のサポートをするようになって気づいたのは、


収益があがらない人には、
あがらないなりの理由が
必ずあるなってこと。


だからその理由を知り、
やるべきことやりゃあいいのよ。



うまくいく人は、
うまくいくやり方をしているし、


うまくいかない人は
うまくいかないやり方をしている。


シンプルですね。



でも、それをどんなに指摘したとしても、
外の世界で学んだとしても、


自分がやり方を変えようって、
心から思わない限りは、


変えられないし結果も変わらない。


だからやっぱり、
マインドの問題なんだろうなって思いますね。


あなたのマインドそのものを覆すしかないのですよね。



というわけで、
湧いてくるままに書きましたー。


天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは冨永のむ子です。



先週ね、
こんなメールをいただいたんです。


使命をひもとくグループセッションを
受講くださった
青森県の整体師さんから。


・・・・・・・・一部抜粋しますね・・・
 

のむ子さんはのむ子さんのセミナー
受けたことないでしょ?(笑)


すごいんだよー!


欲しいほしい状態から、
すっくと立つ自分を認められる自由さってねえ。

得難いもの。



それは、

「あなたを救いますよ」ではなく、
「あなたはあなたを救えますよ」だ。


あなたがあなたと素で出会えた時、
あなたの見ている宇宙が変わる、ってことだもんね。

出会えてよかった、ありがとう!!

・・・・・・・・・・・・



こちらこそありがとうございました!
 
 
そう、
私は私のセミナーを受けたことないの(笑)
 
だから自分が意図していることが、
どのくらい届いているかは、とても気になります。(←エゴ)
 
そして、
こんなえらそうな私でも、
これでよかったかな?って
自らに問いかける時はしょっちゅうなんで、
 
 
やっぱりこれでいいんだなー、ってあらためて思えて、
すっごく嬉しいのです。
 
 
そして、
自分の講座を
受けてみたくなりましたね(爆←使ってみた!)


あはは、
その願いはどんなに望んでも
一生叶わずじまいですね。



・・って、まあそれはさておき。
 
 
おかげさまで、
世界中からたくさんの方が講座においで下さって
本当に感謝なのですが、
 
 
どんな状態で、いらした方に対しても、
「あなたを救いますよ」
なんて、口が裂けても言えませんぬ。


っていうのは、

人が人なんか救えないって思うから。
 
 
自分が誰かを救えるなんて、
そんなのは傲慢だと思うんですよね。
 
 
思い上がるなって、こと。

といいながらも、
私、昔めちゃくちゃ思い上がってました。
 

小さい頃から、

正義感が強い方だったし、(いま思うとおかしな二元論なんだけど・・・)
人の感情に共感しすぎるタチだったので、
 

すぐに
 
「私がついていないと!」
「私がなんとかしないと!」・・・って、

 
エゴ丸出し! 

お前なにさまだよ? って感じ。
 
 
そんな私に、
よく飛んできた、母からの喝は・・。
 
 
「思い上がるんじゃないのよ!」
「思いやりと思い上がりは違うんだよ!」
 
って、
吐き捨てるように言うわけ。
 
こわかったわー。

母は私と違って、
見た目は穏やかで優しそうな雰囲気なわけ

だからよけいに迫力がある。


10歳かそこらで
何度言われたかわかんないけど、

10歳の・・というか成人して社会人になったって、
その意味はさっぱりわかんなかった。

 だから
「お母さんはいつも私を否定する!」って
被害者ぶってましたね。
 
 
でも、
 
母は無意識に
エゴまみれな傲慢な思い上がった状態の私を
見抜いてたんでしょうね。
 
 
母から何度も言われた、

 
思いやりと思い上がりの違いに、
なんとなく気づいたのは
わりと最近じゃないかな。
 
 
自分が何とかしてあげようなんて、

なんて傲慢だったことか・・・、

自力の権化ね・・


恥ずかしすぎて、
当時の私を生き埋めにしたいって思います。
 
 
そして、そう気づいてから、
 

あなたを救いたいとか、
私があなたを救えるとか、
もちろん願いとしてはあったとしても、
 
 
口が裂けても言えない。

言わないっていうより、言えないよそんなの。
 

すべては天の思し召しであって、
 
人間ができることは、相手に対して手を貸すことか、
別の視野を提示するくらいで、
 
 
すべての問題解決は
本人しだいなんだもの。


救われたい、って、他人に甘えているうちは、
誰からも救われない。
 

救われよう、って確固たる意志を持ったら、
そのへんの石ころからだって救われる。

 
最後は本人がどうするか。
 


自分を救えるのは自分だけ、
自分を幸せにできるのは自分だけ。

 
これも宇宙の采配で、
天の叡智とも言うべきものだと思う
 

そんな考え方寂しいとか、
冷たいとか、
思う方もいるかもしれないけれど、
 
 
できもしないことを平気で言う方が、
よっぽど不誠実だって、今の私は思います。
 
 
 
でも、
そんな冷酷なわたくしめが、
 
なんで
人さまのお役に立ってるのかっていうと、
 
おそらくそれは
 
 
私は

どんな人でもその気になれば、
自分で自分を救えるし、
自分のことを最高に幸せにできる!!

 
っってことを
絶対的に信じているから。
 

相手の命の力、存在の力を、
信じることについては、
根拠のない自信がものすごくありますね。


 

 

すべての存在の、
内なる神を信じる力・・・っていうの?

そこはものすごくある自覚がありますね。


そこだけでやってる気がしなくもない。。


 
で、
信じているがゆえに、昔は
つい手を貸したくなっちゃったわけだけど、
 
 
今は、

信じて相手に委ねる。

信じて天にお任せする。
 

自分がやろうとしないってことを覚えた。
 
 
だから、そんな私を信じてくださる方は、
自然に命が目覚めていくんだろうなって思います。
 
 
 
信じる信じないって、
できるできないじゃなくて、
 
決めることだと思うんですね。
 
 
信じるって決めたら、それを貫いてみる。

決めた自分なら、
信じてついていってみようって。
 
 
信じられるかどうか、
相手とか物事を品定めしている時間があったら、
全身全霊で信頼してみればいいの。
 

ジャッジせず、
ノーマインドでハートを開いてね。

 
そうしたら天がその信頼に
全責任をとってくれるんだよね。
 
ブラボーって感じよ。ほんとうに。
 
そして、そうやって
すべてを信じて明け渡せるようになると、

 
あらゆる結果を自分で責任を負える、
自由で豊かさに満ちた本当の大人になれるのですよ。
 
 
・・冒頭でご紹介した、
私も自分で受けたくなったセミナー(笑)は、
 


です。

直近の講座は満席となりました。

今後の日程や受付開始については、
メルマガからお知らせしていますので、

興味のある方は、ご登録くださいね。
 
 
自分で自分を幸せにできる
本当の自分に目覚めたいあなた、

 
世界を信じる力を全開にしてねー。


 
自分の神話の歩き方無料メールマガジン バックナンバー


天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは 冨永のむ子です。

今日の湘南は梅雨らしい雨模様。

紫陽花も喜んでますねー。


紫陽花といえば、マンションの下の階
(お庭つきのお部屋)の方からいただいた紫陽花



毎日水を取り替えて、
茎の先端を少しだけカットしてあげると、
ぐんぐん新鮮な水を吸い上げて
かれこれ一か月も楽しんでます。


お花もらっても、
あっという間に枯らしていた自分が
こんなことしてるなんてすげーって思うけど、



枯らしていた自分がいるから、
すげーって思えるんだから、それもすげーって思う。


本当にすべては神の表現、
必要なことがちゃーんと起こっているんだなと。



そこに意識を向けて


日常の当り前の風景から、
美しいことや、楽しいことを見出すセンサーを開き、

目の前にある当り前だけど、
美しく素晴らしい奇跡に目を見張ると、


いろんな意味で、本当に満たされていく。


特別な場所で
きゃーって大騒ぎするとか、


大勢で集まって、
わー楽しいねーって、盛り上がるとか、


そういうアドレナリンを放出して
高揚感を味わうような時間も、割と嫌いじゃない方で、


会社にいたころは、
そればっかりで過ごしていた気がするけれど、


アドレナリンって麻薬みたいなもんで
一度出たら次はもっと出ないと
満足しないようになっているから
ほどほどにした方がいいみたい。



にぎやかで楽しい場は、
スパイスみたいなもんで、

たまにちょびっと利かせるくらいが
ちょうどいい。



スパイス利かせすぎると、
麻痺してくるし、ありがたみが薄れてしまう。


そういうこと、さんざんやってみて、
たどり着いた、私なりの結論は、

アドレナリン放出する場を求めて外をさまようことを辞めて、
セロトニン(幸せホルモン)が内側から
湧き上がるように過ごすこと。



しみじにと穏やかに
ゆるぎなく満たされる静かな日常を大切にすること。


それはとても地味かもしれない。


お花の水を取り替えるとか、
部屋を片付けて居心地良くしつらえるとか、

たとえ一人であっても、
お気に入りの食器でちゃんと丁寧にいただくとか・・




こちらは、

本日のひとり家ランチ。
長男のお弁当の残りの寄せ集めだけど、
お皿マジックで、
セッションの合間においしくいただきましたわ。


こういうことって、地味だけど、
でも自分を大切にする行為。


一人だからって、おろそかにしないこと。

一人だからこそ、大切にすること。


そうやっていると、
自然に内側が満たされていくよ。


満たされない、つまらない、さびしいって、
外に何かを求めるよりも、
満たされるために、
できることって、実はそのへんにいくらでもころがっている。



退屈だからって、やたらに外に出て、
その場はいいけれど、
また家に戻って一人で虚しくなったとしたら、
それは残念。



非日常を200%楽しむためにも、
日常を大切に丁寧に、喜びに満ちて暮らす。


シンプルだけで、馬鹿にしがちだけれど、
とても大切だなって思います。


ってふと湧いてきたので、書いてみたわ。

というわけで、また~。


天から与えられた使命を生きる
自分の神話の歩き方 メールマガジン(購読無料)
※携帯メールアドレスは文字化けする場合がありますので、
PCのアドレスでのご登録をオススメします。

天から与えられた使命に目覚めるセミナー一覧
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)