アフロな毎日☆

赤裸々に、微笑ましい日々。 …だったらいいなぁ。 土臭さとたくましさと情熱、そしてシンプルな品格の両立。 アフロヘアーではないけれど、アフリカンな心持でいたい、グラウンディング調律師、あきの野生なアレコレ☆ 横浜・鶴見の心理サロンSOULKNOCKより発信中。


テーマ:
{DAABAAED-B044-4DB2-874B-228D55954665}


講座が始まった途端に泣く。

そんなこと、初めてだった。


感じるチカラを伸ばすジャンベ流で
心や体、大地や未来まで調律する
たいこの娘
SOULKNOCKあきデス☆

この記事は前回の続きなので
良かったらこちらへどうぞ


泣いたのは娘のAOさん。

AOは、自宅でも外でも、
あんまり泣かなくて、
欲求が明確なので、
そこに応えればすぐ泣きやむ。

新しい環境や知らない人たちに
囲まれたとしても
黙って観察して理解して
順応して行くように見える。

色んなワークショップや講座へ
一緒に連れて行ったけれど、
ほとんど泣いたことはない。

そんな彼女が、ギャン泣き。

ナオこと辻直美さん
まぁるい抱っこの講座のときね。


私や場の緊張を感じ取ったか、

ここ(自分を理解してくれるナオ
がいる所)なら泣けると思ったか、

泣いて直接指導を受ける
チャンスを作ってくれたか…

ああいうとき、
自分の底が見えるよねぇ。


普段自宅でAOが泣いたときは
泣きやませようとするより
泣いている原因を知って、

そこにアプローチすることで
AOはスーッと泣き止んでいた
(と思う)んだけど、

抱っこの講座が始まって
誰も泣いていない中で
いきなり泣き出したAOを、

私は明らかに泣きやませようと
力技で押さえ込んでしまった。

当然、AOはますます大声で泣く。


見ていられなくなったナオが、
AOを抱っこした。

AOは、ピタッと泣き止んだ。

なんというか…キョトンとして
「なんだこれは?」という感じ。


赤ちゃんって敏感だから、
周囲の、特に母親の状態に感応して
緊張したりリラックスしたりする。

そして新米ママは誰だって
最初は抱っこが下手だけど、
一生懸命に愛情を注ぐから、
赤ちゃんはママの抱っこが好き。

毎日のお世話の中で、母親が
「この子はこういう抱っこが好き」
と発見した抱き方で
赤ちゃんが一番落ち着くのは、
母親が自信を持って安定するから。

私も夫が「AOはこうするのが
好きなんだ」と言いながら、
どうみても抱かれ心地が悪そうな
直線的な抱っこをしていても、
AOが黙って抱かれているのを
目撃してきたの。

それでもやっぱり
ある程度の時間が経つと、
母親の抱っこがいい!と求める。

より心地よい抱っこを
知っているからだよね。


赤ちゃんは、今体感していることが
嫌だと思えば泣くけれど、
どうであればより良いのかは
未体験なら知る由も無い。

AOがナオに抱っこされた時の
キョトンとした感じは、

「なにこれ、初体験!
すごく楽なんですけどー!」


という驚きだったのではないかな。


その後に私が抱っこしたら、
「違う違う、そうじゃなーい!」
(by 鈴木雅之)

と、まぁ泣くわ泣くわ…
生後半年間に泣いた時間数を
講座の間だけで超えるのでは?
と思うほど、泣かせてしまった。

そうだよねぇ。
知ってしまったら、戻れない。
気持ちの良い抱っこがいいよねぇ。
おかーちゃんが自信なくて
不安になってるのも感じちゃうし。


やり方を変えようとする時、

今までの古いこなれたやり方を
安定した気持ちでやるのと、

できるようになったら絶対良い
けど自信がないやり方を
心細くやるのとでは、

やっぱり今までのやり方の方が
うまく行くように感じる。


だけど、新しいやり方を
もし本当にマスター出来たとき、
古いやり方とは段違いに
素晴らしい作用を得られるなら…

なんとか頑張って身につけたい。

だから、日々練習することにした。


まだ下手くそで、
AOに嫌がられるけど、
それでもやらなければ
上手くなんてなれないから…

と、講座の翌日も、
友達とのランチしながら
自分にできる範囲で
教わったことをやってみたの。

そしたらね、なんと、それまでは
スリングに入った時しか
昼寝をしなかったAOが、
素手の抱っこで寝たの!!!

寝る前のひと泣きも無く、
自然にすとーんと寝た。

びっっっっっくりした!



やった方がいい!と
本当に感じていることならば、
やればいい。最初は下手くそでも。

ナオは災害時の動き方なども
教えているのだけど、
まぁるい抱っこが身につけば、
本当の緊急時に、子どもを
守ることができる、と言う。

そうしたければ、日常的に
繰り返し練習しておくこと。
普段からやっておかないと、
緊急時にさっと動けないもんね。

腕の中で気持ちよさそうに
すーすー寝ているAOを見て、
私はAOが安心して身を預けられる
安全な土台になりたいと思った。

それから毎日、練習中。


私ね、ナオのブログや
Facebookの記事を読んでいて、
「分かったつもり」のことが
とてもたくさんあった、と

講座に実際に参加して初めて
色々気付くことができたんだ。

特にまぁるい抱っこの体感は、
直接教えてもらわないと
なかなか分からない。


ナオは先日、抱っこの本を出して、
そこに重要なポイントは、
ほとんど書かれているの。

今すぐ知りたい!って方は
まずは本がオススメだよー☆
  ↓ ↓ ↓
まぁるい抱っこ

その上で、やっぱり直接
講座に参加して体感するのが
なんと言ってもベスト!


赤ちゃんにとっても
お母さんにとっても優しい
まぁるい抱っこ。

抱っこをする時間が
より幸せな時間になる。

おすすめです。


ナオ、ありがとう!



今日もワンクリック応援いただけると嬉しいデス♪
↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へ
にほんブログ村

読者登録してね


アフリカ太鼓ライブ&ワークショップ
【ジャンベ関連インフォ】
どっしりなのにかる~い自分になる
【セラピー・セッションメニュー】
アタマやココロの仕組みを知って楽ちん思考に!
【講座・セミナー情報】

イベント情報

◎オルゴナイト 20~50%OFF⇒呼吸するお守り


◎対面・スカイプセッション
こっそり受付中

お気軽にお問い合わせください☆
↓ ↓ ↓
お問い合わせ・お申し込み クリック


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)