幸せのハーモニーをかなでよう☆オーストラリア発・愛いっぱい風水癒し生活〜FengShui for harmony〜

オーストラリア在住、2児の母のハーモニーコーディネーターYOKYがお伝えする空間と心と体を調和して毎日をハッピーに愛いっぱいに過ごし未来の幸せを作る方法♪風水をベースとした空間セラピー、パステルセラピー、マッサージセラピー☆


テーマ:
{41DA9398-EB03-43B9-BD0C-21F0318E149C:01}

うちの次男くん、昨日の夜からダウンしてますカゼ

夜寝る前には38度弱だった熱も、夜中には39度近くなり、
今も、39度越えの高熱がショック!


前にも書いた事がありますが、http://soulfulfengshui.blog.so-net.ne.jp/2013-04-17

我が家は、高熱などの風邪の症状が出てきた時も、西洋の薬を飲ませる事はまずしません。

特にこの国では、38度以上の熱が出ると、すぐにパナドールという解熱剤を飲ませてください、と指導されますが、


我が家では、熱が出ることは悪い事、とは認識していないんです。


もともと、熱が出るというのは、身体がウイルスだったりと戦いやすくなるための自然な自己防衛の反応なんですよね。


なので、どっちみち、熱の出始めの38度くらいで、解熱剤使って無理に解熱しても、どうせ、すぐに戻ってきます。


だって、まだお仕事終わってないんですもの。


ウイルスをやっつけるために、身体は頑張って熱を わざわざ上げてるのに、
それを無理矢理下げられて、また、もう一回頑張って熱を上げなきゃいけない、

という何とも体力消耗することになるだけです。


それならば、しっかり、休養させてあげながら、水分補給もしっかりしてあげながら、熱を出させてあげた方が、回復がスッキリ早いです。


それに、風邪をひいて熱を出す、というのは、身体がバランスを取り戻すために行ってくれるとってもありがたい反応で、
体力がある証拠なんですよね。


そんな理由から、我が家では、熱が出たら、薬を飲ませる事はせず、ひたすら休養。ぐぅぐぅ


とは言っても、子供の症状は急変することも多いので、つきっきりでお世話することにもなり、看病する方も大変ではありますが(^◇^;)


そんな我が家の、だいたいの
いつものパターンな風邪の時の、対処方法を書いてみますね。


うちは、基本的に、ホメオパシーを使って対応します。


まずは、なーんか調子悪いなぁと気がついたら、

Aconite の30cをポンっと一粒。

おでこを触ってみて、熱いようなら熱をはかってみます。


その時に、手の平も触ってみて、
手が熱いか冷たいか、をチェックします。

熱があるのに手が冷たい時は、大抵、まだまだ熱が上がってきます。

手も熱くなってきたら、もうそれ以上はあまり上がってこない。


これは、我が家のボーイズ二人には当てはまるので、私はこれをかなり目安にしています。


そして、その時の症状に合わせて、他のレメディもあげます。


今回の次男くんの場合は、
昼間から、なんとな~く変な感じだったので、
そんな曖昧な時にうってつけの、

FerrumPhosを30cで。


どんどん熱が上がっていってからは、
体力の消耗を助けるために、

テッシュソルトの
Kali-phos を、小さなボトルに水を入れた所に適量を溶かして、ちびちび飲ませてます。


熱が上がりきったかな~と思う頃に、
Belladonna を上げると、熱が下がるきっかけになってくれたりするので、
そろそろ、様子を見ながらあげようかな。

と、思っているところです。


あとは、
キャベツの葉っぱも、熱のある時に、おでこや、頭の後ろにひいてあげると、マイルドに熱を取ってくれます。

アイスノンでは寒すぎるけど、
キャベツや青菜だとひんやり感がちょうどいいです。


豆腐も熱をとってくれますが、結構強力と言われているので、私は40度近くの時にしか使いません。


大切なことは、食欲がなかったら食べなくてもいいけど、水分補給はちゃんと気をつけてしてあげること。

そして、愛いっぱいの看病もラブラブ
そばにいるだけで、安心して寝れるみたいなので。



我が家の風邪編お手入れは、だいたいこんな感じで、
ここに、アロマを足すこともあります。



こんな風に、薬は使わない我が家ですが、

パナドール(解熱剤)なしでも大丈夫。という自信が持てるまでには、やっぱり何年かかかりました。

一人目の時には、わからないことだらけ&不安だらけで、38度5分の熱が出ただけで、パナドールどころか、夜中にエマージェンシーに行ったくらい。笑。


長時間待たされて、ドクターに会えた頃には、もう息子は笑顔になってたという。。にひひ


だけども、毎回、子供が体調を崩すたびに、どんな症状で、どんなお手入れをしたらどうなったか、という、

家族カルテノートを作って、書き記しているうちに、

少しずつ、少しずつ、

薬を飲ませなくても、ここまでは頑張れる!
という境界線が広くなっていきました。


これが全てのお子さんに当てはまるとは思わないけれど、
できるだけ、本当は、解熱剤とか使わずに対応したい、と思ってても、

それに代わる何かがないと、
子供が高熱をだしている時に、何もしない、ってのは、不安すぎてできませんよね。


それでも、少しずつでも、
身体が喜ぶ方法で、手助けできる方向に、進んでいければいいなぁ。


こんな記事がきっかけの一つになる人もいるかもしれない。

と思ったので、書いてみました。


私は治療に関しては、ただの素人なので、
本気で活用したい人は、ホメオパスの方や、ナチュロパスの方などに、相談してねニコニコ


☆写真は、いつもお世話になっている、
MikaHomeoのレメディ&テッシュソルトキラキラ

ウェブサイトはこちら↓


次男くんも、明日はスッキリ元気になるといいね。





今までの過去記事は全てこちら↓



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

YOKYさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。