わたしのなんでも観察日記

ライブイベント情報から日々生活の思いを観察。


テーマ:
藤條虫丸 列島縦断カラダひとつの踊り旅2015@津
2月6日(金)19:00~大岡英介(サウンド)中沢レイ(ダンス)



久しぶりに虫丸さんとのライブです。
長い付き合いなので安心できるパフォーマンスですが
やはり即興は、何が起きるかわからない
予測不可能な事がおきます。
そんな緊張感と闇の中から現れる
身体表現の神秘と非現実を楽しめたライブでしたね。



今回のライブセット。
捨てられてたレコードにフィルターノイズに加工し
ギターでアンビエントな音を生成しながらミックスする実験。
二人のダンサーに、置いてあるレコードでだいぶ遊ばれましたが
面白いパフォーマンスになったと思います。




AD
いいね!した人

テーマ:







「藤條虫丸 列島縦断カラダひとつの踊り旅2015@津」
   天然肉体詩「・・・を待ちながら」
久しぶりの虫丸さんとの共演です。
90年代初期、三重県の桃源郷、宇気郷のオーガニックフェス「風のまつり」(岡野弘幹オーガナイズ)から、ドラちゃんの縁にて1995年の津市観音(恵日 山観音寺)に始めて虫丸さんと共演し、それから何度もツアーで津市に来てくれてます。あの頃はPCも無かったのでたくさんの民族楽器やシンセ、リズムマ シーンなどミキサーに繋いで即興してました。今回、「・・・を待ちながら」が題なので、静寂な音響でサウンドセットで挑むかシ思案中です。
もちろん、虫丸さんとレイさんの共演もあります。
虫丸さんとレイさんは95年にチベットに一緒にツアーに廻った経験もあるので、そんな話も聞けるかもです。三重県の方、是非、虫さんにも会いに来てください!

2月6日(金)19:00~(19:30予定)
出演:藤條虫丸(舞踏)大岡英介(サウンド)
   中沢レイ(ダンス)
料金:2500円(ワンドリンクオーダー別)

場所:アムリタカフェ
三重県津市栄町2丁目423番 ポワンソレイユ1階
お問い合わせ
☎059-273-5556
studiosonorite@gmail.com





藤條虫丸(ふじえだむしまる)ダンサー 演出家 振付家

'72年演劇で初舞台以来、「劇団日本維新派(現・維新派)」他、関西をベースに活動。’89年ソロユニット「虫丸独儀」開始。’91年NYで詩人アレ ン・ギンズバーグ宅で踊ったのをきっかけに「天然肉体詩人」を名乗る。国内外20か国以上で、ソロダンス公演、他ジャンルアーティストとのコラボ、ワーク ショップ多数を行なったほか、アートイベントの企画、主宰するダンスグループThe Physical Poets への作品提供など、その活動は多岐にわたる。'04年屋久島へ移住。米や野菜を自給しつつ、子等3人とキッズダンサーズ「阿羅漢ファミリー」を結成、旅と 芸を続けている。辰年魚座。
http://www.notus.dti.ne.jp/~mushimal/
www.facebook.com/mushimaruworkshop
http://thephysicalpoets.wix.com/tpp-offi ...
www.facebook.com/fujiedamushimaru

AD
いいね!した人

テーマ:





只今、映像と音源展開中のアートフォーラム三重の
バザールセレクションでは、画家のお客様が絵を描く時に
音楽を聞きたいと言う方が多く、順調にCDが売れております。
アートバザール2014は、明日27日10時から5時までです!

そしてCD『Road of the sun』がチリのウェブマガジン
”LOOP"にてレビューを掲載して頂きました。

http://www.loop.cl/index.php?option=com_content&task=view&id=1118&Itemid=27
AD
いいね!した人

テーマ:




今年も終わりに近づいて来ました。
しつこい風邪はまだ完全に完治せずにおりますが
地味に準備を始めております。
で、今年、最後のイベントが来週から始まります。

アートフォーラム三重のアートバザールセレクション2014!
12月23日(火)から27日(土)
AM10:00からPM18:00(最終日は17:00)
三重画廊(三重額椽ビル3F)
三重県津市中央18-19☎059(225)6588
アートフォーラム三重の優れたアーティストが
なんと全作2万円以下で作品を販売致します。
年末なので各種アート作品にクリスマス、干支色紙などなど…

僕の出品は…
・新譜のCD"Road of the sun" &特別特典DVD
 (Road of the sun と Moksha・InstallationのVideo clipsと
 ”Museum”24bit/48khz version(曲のみ)を収録・写真NAMiDACROSS)

・"MOKSHA •Installation" CD-R
 (アートフォーラム三重2013の映像インスタレーションの使用した音源
 "MOKSHA •Installation"のアンビエント3バージョンを収録)

・Underground Storage Gallery CD
 (2012年、京都国立博物館にて出雲大社大遷宮・特別展覧会「大出雲展」の映像展示に用いられた作品・写真は篁ゆかり)

また映像(テレビですが…)と試聴できるように展開致します!

出品アーティスト
浅名桂子  大谷茂  堂本清文
池村智津子 奥野 穂  所 伸一
井谷うらん オノ・ミチ・ヒロ 野田眞章
市川雄康  川西みどり 長谷川宮子
伊藤龍彦  倉岡雅   林 康貴
伊藤宏   小林克巳  前野知恵子
潮田 均   小牧昭夫  増井克利
浦田ファミリー 鈴木幸永 森中喬章
絵門仁   高橋 章 百合智子
大岡英介  田村公男

東京はもちろん海外でも個展や展示をされてる
実力派の素晴らしいアーティストばかりなので是非、来て下さいね。
僕も会場に時々、おりますので、今回のアルバム制作の話など
しょうと思います!

いいね!した人

テーマ:



タワーレコードの荷物が届いてまして
タワレコのメディア本部からintoxicate誌113号が届けられてました。
中を見ると、なんと、表紙は 高倉健さんで渋い顔がアップでした。
あまり期待してなかった僕のCD『Road of the sun 』の掲載は
名刺サイズくらいの記事だったので嬉しいと言てうか安心した。
記事を書いてくれたタワレコの担当、長谷川さんの話によると
bounds誌に比べintoxicate誌の方は、jazz,現代音楽や前衛な
アート系のアーティストが多いとか。



大岡英介のCD"Road of the sun"が掲載されました。


読んで見るとサウンド アートの恩田晃さんや東京文化会館で行なわれた
MUSIC EDUCATIONPROGURAM、ライブ情報ではSNIFF OUT 2013で
一緒だった前衛的な実験音楽家、サウンドエンカウンターの
多田正美さんのSuperDeluxe、YCAMなどの情報などあったりで
がっつり 音楽好きやパフォーマンスなどの記事が多いらしいです。
逆に一般うけしないのかもしれないが…Take Freeなので
タワレコに行かれる方は是非、読んで(頂いて)見てくださいね。

タワーレコード "intoxicate"
http://tower.jp/mag/intoxicate/2014/intoxicate113






いいね!した人

テーマ:



翼のある小冊子Kalas 『はったりはられたり』24号が発売中。




小冊子Kalasの『はったりはられたり』24号に
今回、レコーディングで参加して頂いたダンサーの中沢レイさんの
記事の中でCDの紹介と簡単なインタビューが掲載されております。
是非、買って読んで下さい!三重県以外でも購入できます。
カラスの取扱店はこちらまで。
http://www.kalasbook.com/shop.html
いいね!した人

テーマ:




11月29日(土)トイズファームスタジオ講座
ワタリウム美術館代表の和多利浩一さんをお招きした
「シュタイナーと芸術」の講座に参加しました。




シュタイナーの事は20代の頃に
精神世界に飢えてまして、近所の駅の本屋で
A.E. パウエルの『神智学大要』や治療教育(高橋巌)と
教育の基礎となる一般人間学(1919年に行なわれた14回の
講義の訳)新田義之の本を読みました。が、しかし本当に難しいです。
仕事が医術、整体なのでシュタイナーには、昔から意識しておりましたが
現代アートからの視点でシュタイナーを見ると面白く感じました。
あまりシュタイナーの芸術については写真でしか見た事なかったので
あの黒板絵、今度、静岡で展示が行なわれるならば
是非、行きた いと思います。




現代アートのヨーゼ フ・ボイスや
建築家ル・コルビジェの作品にも影響を与えたとか
哲学、農業、精神世界の本を読みあさってましたが
アート界にも影響を与えてたのは驚くばかりです。



シュタイナーのゲーテアヌム(木造)



火事の後、もう一度、建築された
シュタイナーのゲーテアヌム(鉄筋コンクリート)


内部も鋭角が少なく曲線など自然からの
インスピレーションを感じる暖かい作りです。



影響されたのか?建築家ル・コルビジェの建築
有機的なフォルムに共通点があるとか。



シュタイナーの黒板絵。
講義した黒板が今でも見られます。
絵図も販売されているので、Amazonで
検索してみましょう。

「分かりづらいシュタイナーの話ですが
分からない部分がある事が面白い。それは現代美術も同じ」と
和多利さんもおっしゃってました。
確かに、この人生での時間を使っても
理解できないように思います。
しかし、魅力のある人物ですね。

ここから個人的な話ですが…




僕が前から気になってるこの黒板絵です。
なんと日本の事が書かれております。
この、三角形のピラミッドは、地球の図でそうです。
地球の火山を表した図のようでして
なんと、南極、南米、コーカサス火山帯が
ピラミッドの底辺で日本が頂点となってるのです。



この理論は、日本で言う神話に出て来る
神様、国常
立尊、竹内文書、大本教など
シュタイナーの理論と同一してるのも謎であります。

現代アートとしては、黒板絵に対しての意味は
あまり意識されていないように思えますが
まさか、黒板が後世のアーティストに影響を与えてたのは
素晴らしい事だと思いますね。





















いいね!した人

テーマ:





タワーレコード鈴鹿店『Road of the sun 太陽の道』まだまだ展開中でございます。
そして全国タワレコのフリーマガジン"intoxicate"vol.113(2014/12/10発行)に
大岡英介『Road of the sun 太陽の道』掲載される事になりました。
また12月にチェックして下さいね。
いいね!した人

テーマ:



Eisuke oookaのBandcampをリニューアルしました。
ここからCDがPaypalを通じて購入できます。
http://eisukeoooka.bandcamp.com/




「Road of the sun 」も販売中!
http://eisukeoooka.bandcamp.com/album/road-of-the-sun-compact-disc-cd



去年のアートフォーラム三重2013で
映像インスタレーションで使用した音源。
「Moksha」の3つのバージョンも発売します。
抽選で当選した方しか手に入らなかった音源なので
是非、聞いてください。
http://eisukeoooka.bandcamp.com/album/moksha-installation-cd-r-digital-track


いいね!した人

テーマ:


”Vital Weekly”にて大岡英介 -3rdアルバム"Road of the sun"評価されました。
今回は英語なので、なんとなく理解出来ます。
苦しい意見もありますが参考になります。
5曲目” Terminal Station(Elevator in paris)と
7曲目のTimes (U-Bahn Berlin)を気にいってもらったようです。
”mixcloud”のサウンドリストにも加えてもらいました。


http://www.mixcloud.com/Vitalweekly/vital-weekly-956/













http://www.vitalweekly.net/956.html




いいね!した人

[PR]気になるキーワード