わたしのなんでも観察日記

ライブイベント情報から日々生活の思いを観察。


テーマ:



タワーレコードの荷物が届いてまして
タワレコのメディア本部からintoxicate誌113号が届けられてました。
中を見ると、なんと、表紙は 高倉健さんで渋い顔がアップでした。
あまり期待してなかった僕のCD『Road of the sun 』の掲載は
名刺サイズくらいの記事だったので嬉しいと言てうか安心した。
記事を書いてくれたタワレコの担当、長谷川さんの話によると
bounds誌に比べintoxicate誌の方は、jazz,現代音楽や前衛な
アート系のアーティストが多いとか。



大岡英介のCD"Road of the sun"が掲載されました。


読んで見るとサウンド アートの恩田晃さんや東京文化会館で行なわれた
MUSIC EDUCATIONPROGURAM、ライブ情報ではSNIFF OUT 2013で
一緒だった前衛的な実験音楽家、サウンドエンカウンターの
多田正美さんのSuperDeluxe、YCAMなどの情報などあったりで
がっつり 音楽好きやパフォーマンスなどの記事が多いらしいです。
逆に一般うけしないのかもしれないが…Take Freeなので
タワレコに行かれる方は是非、読んで(頂いて)見てくださいね。

タワーレコード "intoxicate"
http://tower.jp/mag/intoxicate/2014/intoxicate113






AD
いいね!した人

テーマ:



翼のある小冊子Kalas 『はったりはられたり』24号が発売中。




小冊子Kalasの『はったりはられたり』24号に
今回、レコーディングで参加して頂いたダンサーの中沢レイさんの
記事の中でCDの紹介と簡単なインタビューが掲載されております。
是非、買って読んで下さい!三重県以外でも購入できます。
カラスの取扱店はこちらまで。
http://www.kalasbook.com/shop.html
AD
いいね!した人

テーマ:




11月29日(土)トイズファームスタジオ講座
ワタリウム美術館代表の和多利浩一さんをお招きした
「シュタイナーと芸術」の講座に参加しました。




シュタイナーの事は20代の頃に
精神世界に飢えてまして、近所の駅の本屋で
A.E. パウエルの『神智学大要』や治療教育(高橋巌)と
教育の基礎となる一般人間学(1919年に行なわれた14回の
講義の訳)新田義之の本を読みました。が、しかし本当に難しいです。
仕事が医術、整体なのでシュタイナーには、昔から意識しておりましたが
現代アートからの視点でシュタイナーを見ると面白く感じました。
あまりシュタイナーの芸術については写真でしか見た事なかったので
あの黒板絵、今度、静岡で展示が行なわれるならば
是非、行きた いと思います。




現代アートのヨーゼ フ・ボイスや
建築家ル・コルビジェの作品にも影響を与えたとか
哲学、農業、精神世界の本を読みあさってましたが
アート界にも影響を与えてたのは驚くばかりです。



シュタイナーのゲーテアヌム(木造)



火事の後、もう一度、建築された
シュタイナーのゲーテアヌム(鉄筋コンクリート)


内部も鋭角が少なく曲線など自然からの
インスピレーションを感じる暖かい作りです。



影響されたのか?建築家ル・コルビジェの建築
有機的なフォルムに共通点があるとか。



シュタイナーの黒板絵。
講義した黒板が今でも見られます。
絵図も販売されているので、Amazonで
検索してみましょう。

「分かりづらいシュタイナーの話ですが
分からない部分がある事が面白い。それは現代美術も同じ」と
和多利さんもおっしゃってました。
確かに、この人生での時間を使っても
理解できないように思います。
しかし、魅力のある人物ですね。

ここから個人的な話ですが…




僕が前から気になってるこの黒板絵です。
なんと日本の事が書かれております。
この、三角形のピラミッドは、地球の図でそうです。
地球の火山を表した図のようでして
なんと、南極、南米、コーカサス火山帯が
ピラミッドの底辺で日本が頂点となってるのです。



この理論は、日本で言う神話に出て来る
神様、国常
立尊、竹内文書、大本教など
シュタイナーの理論と同一してるのも謎であります。

現代アートとしては、黒板絵に対しての意味は
あまり意識されていないように思えますが
まさか、黒板が後世のアーティストに影響を与えてたのは
素晴らしい事だと思いますね。





















AD
いいね!した人

テーマ:





タワーレコード鈴鹿店『Road of the sun 太陽の道』まだまだ展開中でございます。
そして全国タワレコのフリーマガジン"intoxicate"vol.113(2014/12/10発行)に
大岡英介『Road of the sun 太陽の道』掲載される事になりました。
また12月にチェックして下さいね。
いいね!した人

テーマ:



Eisuke oookaのBandcampをリニューアルしました。
ここからCDがPaypalを通じて購入できます。
http://eisukeoooka.bandcamp.com/




「Road of the sun 」も販売中!
http://eisukeoooka.bandcamp.com/album/road-of-the-sun-compact-disc-cd



去年のアートフォーラム三重2013で
映像インスタレーションで使用した音源。
「Moksha」の3つのバージョンも発売します。
抽選で当選した方しか手に入らなかった音源なので
是非、聞いてください。
http://eisukeoooka.bandcamp.com/album/moksha-installation-cd-r-digital-track


いいね!した人

テーマ:


”Vital Weekly”にて大岡英介 -3rdアルバム"Road of the sun"評価されました。
今回は英語なので、なんとなく理解出来ます。
苦しい意見もありますが参考になります。
5曲目” Terminal Station(Elevator in paris)と
7曲目のTimes (U-Bahn Berlin)を気にいってもらったようです。
”mixcloud”のサウンドリストにも加えてもらいました。


http://www.mixcloud.com/Vitalweekly/vital-weekly-956/













http://www.vitalweekly.net/956.html




いいね!した人

テーマ:



大岡英介のCDが、タワーレコード新宿店にて
地味に展開中3rd album「Road of the sun」と
2nd album 「Underground Storage Gallery」3枚発売中です。





なかなか東京までプロモーションに行けないので
なんとなく地味に置いてあります。
東京のoversoulsoundstudioのstaffの勇吉くん、ありがとう!
アーティストも多いしリリースも多いので
横置きでも難しいのですよね。
こちらも、負けずと地味にがんばります。





いいね!した人

テーマ:




11月16日(日)の伊勢新聞に載ったようです。
『Road of the sun』CD3枚プレゼントだそうですが、たぶん…
応募は、ほとんどないと思いますが…(^^;
もし、まだの方、応募すれば当たるかもしれません!
まだ買っていない方、是非、このチャンスを!


いいね!した人

テーマ:
今回のアルバムは、日本だけでなく
海外へのプロモーションも行いました。
アンビエントミュージックやエクスペリメントなジャンルは
やはりヨーロッパ方面で大きな支持があるようです。
サウンドクラウドなど音楽用SNSでも
やはりフランス、イタリア、ドイツのアーティストの交流が多いし
今回もイタリアの音楽ライター、クラウディオ・バローニ氏に
3rd アルバムEisuke oooka 『Road of the sun』にコメントを頂きました。

英語なら、少しわかりますがイタリア語はわかりにくいですが…
有り難い記事です。




http://blog.libero.it/musica2/13015576.html



Genere Musicale: Microsuoni


Eisuke oooka - Road Of The Sun
(Cd - Oversoul Sound Studio - 2014)

Stanchezza che affonda e sprofonda nel passato. I suoni di Eisuke oooka sono lineari e compatti. "Road Of The Sun" è una creatura che ama la vita ed i colori chiari. I beat (sperimentali) sono compulsioni che colpiscono l'ascoltatore. Un sound meditato e studiato, pronto per essere amato ed apprezzato. Le decisioni debbono, necessariamente, essere precise e questa opera prende l'assoluta decisione di apparire. Apparire nella sua perdurante bellezza. Eisuke ci costringe a vedere il suo personale concetto di bellezza. Una bellezza onnivora, che non si sazia mai. Una bellezza che vuole sempre colpire l'occhio dello spettatore. Questo prodotto è saggio e scolpisce una rigenerante forma di suoni. Note brillanti che procurano sollievo e pace. Mente che vaga e non vuole avere costrizioni. Lacrime che scendono e non vedono la fine...

Claudio Baroni


一応、翻訳サイトで確認しましたが
やはり、よくわかりませんねー



いいね!した人

テーマ:

亀山トリエンナーレのオープニング記念イベントライブにて最後に演奏した

3rdアルバム「Road of the sun」の11曲目の別バージョン

"Sand Step "Dawn tone guitar version 2""を特別無料ダウンロード致します。

アルバム購入された方、まだの方、12曲目としてプレイリストに加えて頂けたら幸いです!
https://soundcloud.com/oversoulsoundstudio/sand-step




亀山トリエンナーレ2014 11/2 (sun)
オープニング記念イベント・ライブパフォーマンス
中沢レイ(ダンス)大岡英介(ギター)
三重県亀山市西町 加藤家屋敷内
ビデオ編集 Oversoul Sound Studio

中沢レイ Ray Nakazwa
http://rayorb0209.wix.com/raynakazawa
http://orbitallink.tumblr.com/

大岡英介 Eisuke oooka
http://souledge1969.wix.com/eisukeoooka

亀山トリエンナーレ2014サイト
http://art-kameyama.com/

http://youtu.be/2DINCz-z3zg


いいね!した人

[PR]気になるキーワード