積水・貼るだけ発電シート。
積水は電力小売りにも参入し、
卸売り・原料調達自由化を実現し、
自家発電社会にする事です。

http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/114.html
 投稿者 小沢内閣待望論
日時 2016 年 5 月 07 日 12:28:19: 4sIKljvd9SgGs j6yR8pPginSR0pZdmF8
 
   
 
   
 

電力小売り自由化が、
スマートメーター詐欺と
連動している上に、

全然自由化でないのは
よいこの皆さんも
お分かりの事と思いますが、

一方で代替とフリエネは
ドル詐欺の妨害が弛んだのか、
目白押しです。

東電の奥さんとの
月一の逢い引きが無くなるのは
残念無念ですが、

いつまでも東電に
高い電気代を
払ってる場合ではなく、

火打ち石に戻るでもなく、
ピップエレキバンみたいのを
ピタッと貼って、

照明もエアコンも風呂も
ウォシュレットも車も

エネルギー供給企業に頼らない
社会にしなければ駄目で、

東京ガスの奥さんは
捨てがたいですが、

貼るだけ発電の
アフターケア部門に
転職して貰って、

お茶を飲みに来てもらうとして、
スマートメーターも
不要な社会にしていく事です。

それには、ピップ発電の積水に、
小売り自由化詐欺を承知の上で
参入してもらい、

空振りに終わった他の参入企業に
ピップ売電をしてもらい、

電線もコンセントも要らね、
残念ですが検針の奥さんも

スマートメーターも要らなくね
という風にしていく事です。

ドル詐欺にいじめ抜かれた
シャープも三菱自動車も参入し、

コードレス社会の前倒しに
貢献すべきで、

それでこそドル詐欺に
仇討ちした事になります。

連中は、この期に及んで、
バレバレの鹿児島原発事故を狙う
キチガイですから、

川下から電力会社要らね、
原発要らね運動を盛り上げる事で、

積水はエネルギー業界の
城南電機じゃなくて
城南信用金庫になるべきで、

ニコラテスラのリベンジをして
ロスの電線詐欺を終らせる事で、

電磁波詐欺に移行しろって
意味じゃないからねー、

それ通り越して
ピタ貼り発電にしろって意味だから
勘違いしないでよねー、

つーかサロンパスもホカロンも
ピタ貼り発電に加わったらよくね、
という感じです。  


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


排熱、廃熱、余熱から電気を作る温度差発電シート

2016.05.03 12:05
http://www.gizmodo.jp/2016/05/temperature_difference_power_generation.html


                                                   

1600422-Image10-R.jpg


地球温暖化の抑制にもつながるかも。

積水化学工業がゼーベック効果を用いた、熱源に貼るだけで発電するカーボンナノチューブ温度差発電シートを試作。実用化に向けた認証実験に入りました。

この技術はNAIST(奈良先端科学技術大学院大学)と共同開発していたもの。従来のゼーベック効果を用いた熱電変換技術は金属やガラスファイバー、半導体を用いていたために自由度がなかったのですが、こちらは薄く、軽量で、フレキシブルなのが特徴。たとえばパイプの周囲に貼ることもできるようです。

50℃~150℃といった温度から電気を作ることができるんですって。パソコン、サーバールーム、照明器具、自動車などからも発電できる技術なんですね。

積水化学工業としては「高温多湿な環境下で定期的な交換・診断が難しく、かつ昼夜問わず常時監視の必要な設備のセンサー用電源」として、ビルディングや大型商業施設の地下施設・空調配管・エレベーターシャフト、工場、大型倉庫、コンテナ・船舶などの輸送機器に貼っての発電を目的としているとのこと。


1600426-Image13-R.jpg


また日本電気、NECトーキン、東北大学も、従来より10倍以上の発電効率を持つスピンゼーベック効果の熱電変換デバイスを開発。こちらもフレキシブルなフィルム状になっているのが特徴です。トレンドなのか!

そういえば1998年にはセイコーのサーミックやシチズンのエコ・ドライブ サーモといった体温発電腕時計がありました。洋服型の体温発電デバイスが登場する未来、いつか来るのでしょうか。Ingressしながらスマホを充電といったことができるようになるのでしょうか。


source:東北大学



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++











**************************************************************************


熱源に「貼るだけ」で発電するシート、積水化学が2018年度に ... - ITmedia

www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1604/20/news045.html
2016/04/20 - 積水化学工業は「カーボンナノチューブ温度差発電シート」の試作に成功した。熱源に貼り付けるだけ発電できるシートで、2018年度を目標に製品化する方針だ。

「貼るだけ発電シート」、積水化学が実証実験 - 日経テクノロジーオンライン

techon.nikkeibp.co.jp › エネルギー
2016/04/19 - 煙突にペタリと貼れる。積水化学工業は、そんな熱電変換材料を用いた温度差発電シートの実証実験を開始する。同熱電変換材料は、同社が奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)と共同で開発したもの。カーボンナノチューブ(CNT)をベース ...

「貼るだけ発電シート」、積水化学が実証実験:“明日”をつむぐテクノロジー

techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/041901688/?ST=tomene
2016/04/19 - 煙突にペタリと貼れる。積水化学工業は、そんな熱電変換材料を用いた温度差発電シートの実証実験を開始する。同熱電変換材料は、同社が奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)と共同で開発したもの。カーボンナノチューブ(CNT)をベース ...

積水化学さんの貼るだけ発電シート - 知財アナリストのひとりごと

oukajinsugawa.hatenadiary.jp/entry/2016/04/23/060000
2016/04/23 - 積水化学工業さんで、熱電変換材料を 利用して、排熱(廃熱?)で発電をする という実証実験をおこない、2018年度の 実用化を目指すという記事が出ていますね。 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1604/20/news045.html 積水 ...

排熱、廃熱、余熱から電気を作る温度差発電シート : ギズモード・ジャパン

www.gizmodo.jp/2016/.../temperature_difference_power_generation.ht...
4 日前 - 積水化学工業がゼーベック効果を用いた、熱源に貼るだけ発電するカーボンナノチューブ温度差発電シートを試作。実用化に向けた認証実験に入りました。 この技術はNAIST(奈良先端科学技術大学院大学)と共同開発していたもの。従来の ...

熱源に「貼るだけ」で発電するシート開発、積水化学工業が2018年度に製品 ...

rief-jp.org/ct12/60465
2016/04/20 - 積水化学工業は、「カーボンナノチューブ(CNT)温度差発電シート」を開発した。同シートは、熱を排出している機器類に貼り付けるだけで、発電が可能という優れもの。工場や輸送機器などで常時監視が必要な設備のセンサー用電源などに ...

「貼るだけ発電シート」、積水化学が実証実験 - NewsPicks

https://newspicks.com/news/1513045/
2016/04/20 - 煙突にペタリと貼れる。積水化学工業は、そんな熱電変換材料を用いた温度差発電シートの実証実験を開始する。同熱電変換材料は、同社が奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)と共同で開発したもの。カーボンナ…


[PDF]スピンゼーベック効果の発見と磁性絶縁体の熱電変換応用 - NECトーキン

https://www.nec-tokin.com/zaidan/pdf/24kai_happyo.pdf
本発表の重要なメッセージ. 2. ・電子スピンが有する量子力学的な性質を利用した、. 新しいエネルギー変換技術の原理が見えてきている。 ・磁性体における新しい物理現象「スピンゼーベック. 効果」を利用すれば、絶縁体中の熱からも電流や. スピン流を生成 ...

[PDF]スピンゼーベック効果を用いた熱電変換技術の開発

www.icr-eq.co.jp/zaidan/report/pdf/report2014_02_uchida.pdf
スピンゼーベック効果によって生成されたスピン流は、磁性体に金属薄膜を取り付けるだけで. 電圧に変換できるため、この効果を利用することによって従来は不可能だった「絶縁体を用いた熱. 電発電」を実現できる。スピンゼーベック効果を用いた熱電変換は ...

[PDF]新原理「スピンゼーベック効果」による 熱電変換の可能性 - NEC

jpn.nec.com/techrep/journal/g13/n01/pdf/130109.pdf
新原理「スピンゼーベック効果」による. 熱電変換の可能性. 石田 真彦. 1. まえがき. 世界のエネルギー消費量は、新興国を中心とした経済規. 模の拡大などが原因で、年々増加の一途をたどっています。 一方で、エネルギー消費量が無秩序に増加する状態を放置.

[PDF]内田 健一助教「スピン揺動絶縁体におけるスピンゼーベック効果と熱電変換」

www.low-carbon.imr.tohoku.ac.jp/.../08_H24teitansojosei-houkokusho-...
スピン揺動絶縁体におけるスピンゼーベック効果と熱電変換. 東北大学 金属材料研究所 量子表面界面科学研究部門 准教授 内田 健一. 1.概要. 本研究の目的は、物理原理・材料・素子作製プロセスを総合的に開発することで熱流に. よるスピン流生成効率を ...

[PDF]「スピンゼーベック効果」を発見

www.keio.ac.jp/ja/press_release/2008/kr7a43000000genl.../081006.pdf
2008/10/06 - 金属の両端に温度差を与えると電圧が生じるという現象はゼーベック効果として古くから知られて. おり、同様に熱によって磁気が湧き出る現象(図 1)、すなわちスピン流版のゼーベック効果が世界中. の研究者によって探し求められてきました。

塗るだけ発電!驚愕のスピンゼーベック素子|デジ・ステーション|J-Net21 ...

j-net21.smrj.go.jp › 製品・技術を開発する › デジ・ステーション
2013/12/25 - 原理となるスピンゼーベック効果は2008年に日本で発見されたものだ。昨年NECと東北大学が開発したスピンゼーベック素子は、基材へのコーティング(塗布)で製造可能なシンプルな構造をとり、地熱などの比較的小さな温度差でも電力への ...

NECら、スピンゼーベック効果を用いた熱電変換デバイスで従来比10倍の ...

news.mynavi.jp › テクノロジー › エネルギー
2016/04/25 - 日本電気(NEC)、NECトーキン、東北大学は4月25日、新しい熱電変換技術である「スピンゼーベック効果」を用いた熱電変換デバイスにおいて、従来比10倍以上の変換効率向上を実現したと発表した。

[PDF]概要:pdf 218kb

www.jst.go.jp/kisoken/presto/complete/mat-bcmos/gaiyou.pdf
熱で電子スピンの流れを自在に作る新しい熱エネルギー変換現象. 「スピンゼーベック効果」を発見. 齊藤英治、内田健一. 1.ポイント. 1. 電流や磁界を用いずに、磁石の両端に温度差を付. けるだけで電子スピンの流れを作り出すことを. 世界で初めて明らかにした ...

共同発表:絶縁体に光を照射してスピン流を創り出す新しい原理を発見~新 ...

www.jst.go.jp/pr/announce/20150108/
2015/01/08 - このような状況の中、内田准教授らは2008年に磁性体に温度差をつけることによりスピン流が生じる現象「スピンゼーベック効果注3)」を世界に先駆けて発見しました。2010年には、スピンゼーベック効果が金属や半導体のみならず絶縁体 ...

[PDF]スピン流を用いた エネルギーハーベスティング技術の開発

www.fbi-award.jp/sentan/jusyou/2012/1.pdf
1 緒言 ―スピンゼーベック効果と絶縁体を用いた熱電発電―. 熱や振動―それらはあらゆる場所に存在する身近なエネルギー源である。身の回りにあり. ふれたエネルギー源を利用した新しいエネルギー変換原理の創出は、持続可能な社会に向け. た環境・ ...



***********************************************************************


ゼーベック効果 - Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/ゼーベック効果
ビジュアルエディターがもうすぐウィキペディア日本語版にも導入されます(詳細)。 ゼーベック効果. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動先: 案内、 検索. ゼーベック効果(ゼーベックこうか、英: Seebeck effect)は物体の温度差が電圧に直接 ...


https://ja.wikipedia.org/wiki/ペルティエ効果
ペルティエ効果(ペルティエこうか、英: Peltier effect)は、異なる金属を接合し電圧をかけると、接合点で熱の吸収・放出が起こる効果。ゼーベック効果の逆、電圧から温度差を作り出す現象である。トムソン効果とともに熱電効果のひとつである。ペルチエ効果、 ...
AD