1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-10-27

研修に参加させる意図は?

テーマ: ├ 部下との関わり方

ようこそ!


人財育成&チーム作りの専門家 粟谷です。


初めての方はこちらからどうぞ。



起業されてる方(個人事業主)は、自費で研修や講演会に出かけます。


もちろん、「自分に必要!」と思う内容や、「この方のお話を聞いてみたい!」という思いからです。


行政(国・県・市町村)が主催する研修や企業内研修は、基本参加費は無料です。


学びを求めて参加される方が多いのですが、「行けと言われたので来た」みたいな方もいらっしゃる。


すっごくありがたい機会なのに、もったいないね~。


以前、派遣で働いていた時、オリンピック選手のメンタルトレーナーの講演がありました。


ちょうどコーチングを学び始めていたので、「ぜひ参加したい!」と派遣ですがお願いしました。


最前列に座ったのは言うまでもありません。


が、社員の方は、後方から順々に座っていくのに、ちょっと驚きました。


まぁ、何事においても、旗を振る人だけが盛り上がってるって感じ満載でしたから。



会社や上司としての思いは伝えられていないんですよね。


部署ごとに人数を割り当てられ、管理職は必ず参加で、ただ「行って来い」と。


経費使ってるのに、費用対効果は・・・



社内(施設内)研修や勉強会を企画する側は、参加者に役に立つようにといろいろ盛り込みます。


ですが、個々の状況も様々。


向上心がある方は、ほっといても自分で取りに行きますが、そうでない方には刺激が必要です。


それぞれに「何を得るのか?」というアンテナを立ててあげるのも、リーダーの役目。


前向きになるためのきっかけとしてなら尚更です。



○○さんを研修に参加させる、あなたの意図はなんですか?



まずは、ここを固めましょ!(o^-')b

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-10-20

待ってました~♪

テーマ:私の思い

昨日、待ちに待った本が届きました!

介護と保育で日本を変える 世代間交流施設「かいほの家」のつくりかた (単行本・ムック) / 貞...

私の目指す事業をされている、貞松さんの本です。


世代間交流施設のつくりかた


異世代交流事業とも言えます。


この事業への思いは、20代の頃に持っていたものが進化したものです。


高齢者と子供が一緒に過ごすことは、お互いにとってすっごくいいんです!


医療では出来ないことが、子供にはできる。


教育機関ではできないことが、高齢者にはできる。


そして、もっと交流を広げることで、地域にいいことが増える。


もっといえば、日本が抱える課題(少子高齢化・医療介護費増大)も軽減する。


語ると長~くなるので、また書きます。



本の内容は【まさに作り方】なので、法律や認可などのややこしいことも分かりやすいです。


根拠がわからないめんどうな規定もありますしね。


読んでいて、「そうそう!」と思うこともあれば、新たな視点もあり、これからの行動がより具体的になります。


夢実現に向けて、一つ一つ具体的にすっぞ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-18

ボツボツと・・・

テーマ:◇ひとりごと

気が付いたら、10月も後半に突入してました。(汗)


大変ご無沙汰しております。


年内は研修が続いており、研修の準備、開催、研修後の分析を繰り返しています。


おかげさまで、多くの情報や視点を得ていますが、整理をつけられない状況です。


追って、シェアしたいと思います。



みなさんそれぞれの立場での課題やお悩みもいろいろおありで頑張っていらっしゃる。


人員不足など職場環境の課題もありますが、人間関係に関する課題もあるなぁと感じています。


上司やスタッフ同士はもちろん、現場では利用者さんやご家族との関わりもあります。


そして、他職種との関わりはチーム力にもつながるので、とても大切。


研修に参加される方の多くは、インプットはもちろんですが、いろんな方との交流を求めていらっしゃいます。


立場によって知識も経験もいろいろですし、先進地域の話はとても参考になりますね。



ただね「うちはダメだわ~」って思って欲しくないのです。


介護・医療に限らず、先を行ってる方のお話を聞くと「私はダメだわ」って言う方がいらっしゃいます。


最初は誰もが初めてで、一つ一つ乗り越えてきての今があるわけです。


今までの過程を知らず(考えず)に、今の状態を「すごいなぁ」って思ったら行動に移せないでしょ~。


で、勝手に自分には無理だという言い訳をほじり出す悪循環に陥るだけ。


じゃなくて、トライしてること・できてる(できそうな)ことを発展させて行けばいいよね。


発展ささる時にぜひ視点を向けて欲しいのが、他の実績をあげている会社(店舗)。


「うちで使えそう!」って発見があるはず。


そのためには、日頃から感度を上げておかないとね。



ってことで、ボツボツ整理しながら、記事アップも頑張ります。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。