自分の人生を生きてる気がしない
生きてる実感があまりない

もっといい人生になれたのではないかと思えて仕方ない

 
そう感じるなら、心のどこかで、
「これは本当のわたしではない」
「この人生は、わたしが望んでいたものではない」
と、今の自分を否定しているということ。
 
ありのままの自分を受け入れられなくて、
今とは違う人生を歩んでる自分を求めて、
自分の人生を、そして、自分自身を、
どこかで否定しているのです。
 
だから、今の自分を受け入れられないと思ってしまう。
こんな自分は嫌だ、こんな人生は嫌だと思ってしまうのです。
 
魂は、色々な体験を通して成長しようと、
この世界にやってきています。
 
だから、どの魂も、自分にふさわしい環境を選んで、この世界に来ているのです。
 
どの魂も、課題を持ってやってきています。
 
中にはすごく気合の入った魂もいて、
とても過酷な環境を選んできたりもします。
 
どんな魂であっても、
今回の人生で、過去生の罪を清算して、
重荷を下ろして、神の元に還りたい
と思っています。
 
その度合いが多少違うだけです。
 
過去生の罪というのは、今のわたしたちに、
思考や感情の癖として現れたり、
人間関係の難しさで現れたり、
心や体の病として現れることもあります。
 
そうやって、体験を通して、解消されていくものなのです。
 
ただ、現実の体験を通して解消していくのは、やっぱり大変です。
 
頭ではわかっていても、時には、
「こんな人生は嫌だ」
「どうして私ばっかりこんなに苦しい思いをするのか」
と嘆きたくなることもあるでしょう。
 
だからと言って、

「わたしは何にも悪くない」

「わたしは被害者だ」 と言って、

人に責任を押し付けても、

被害者であるうちは、幸せにはなれません。

 

被害者は、責任を人に押し付けるので、

責任を取らない分、人に振り回されます。

だから、心穏やかでいられないし、幸せも見つけにくいのです。

 
どんな状況でも幸せを見つける心でいるためには、

被害者をやめて、現実を引き受けて、

これが自分の人生だと生きていくこと。

 
頭でわかっても、できないなら、
霊的なエネルギーが作用していると考えて、
浄化していきます。
 
過去生の自分が、同じような人だったのかもしれません。
過去生で、多くの人に、突然受け入れがたいことを強いたのかもしれません。
 
ご先祖様に、そういう人がいたのかもしれませんし、
そういう目に合わせた人がいたのかもしれません。
 
そう思って、愛をかけたり、謝っていると、
その霊的なエネルギーが浄化されていきます。
 
そうすると、ガラッとエネルギーが変わり、
思考や感情の癖が抜けたり、、
人間関係が楽になったり、、
心や体の病が癒されたりして、
自分の状態が変わっていきます。
 
なかなか自分の人生を受け入れられないと思うなら、
たっぷりと時間をかけて、自分に愛をかけたり、
自分の中にいる人たちに謝ったりしてみませんか。
 

 
image
東京は猛暑が続いています。皆さんに、少しでも涼しさが届きますように。
 
今日も、心と魂に愛と光をいっぱい入れ、想いを溶かしてくださいね
神様の愛と光が、たっぷり注がれますように。
神様、今日もありがとうございました。


facebookソウル・セラピーのフェースブックページ


沢山の方に神とつながってほしいと ランキング に参加しています。
応援クリックありがとうございます。みなさまに感謝です。
人気ブログランキングへ

『世間の常識では、こうだから』

『皆、こうしている』

『普通はこう』

 

よく聞く言葉ですが、『世間の常識』も『皆』も『普通』も、実際に目にすることはできません。

 

目にすることができないからと言って、すべて幻想ということではないのですが、でも、すべて頭の中にあるものです。

 

あなたの頭の中にある、『世間の常識』や『皆』や『普通』の人たちが言ってることなのです。

 

つまり、あなたにとっての、『世間の常識』であり、『皆』であり、『普通』ということ。

 

だから、人から「そんなこと気にしなくていいよ」と言われても、あなたが頭の中にある『世間の常識』に縛られているなら、『世間の常識』に縛られます。

 

『世間の常識』に縛られていると、『世間の常識』は守るべきものであり、守らない人は常識外れで非常識の人になります。

 

「守らなければいけない」と思っている人ほど、守っていない人がいると、何の疑いもなく攻撃してしまいます。

だって、『世間の常識』は守るべきものであり、自分は一生懸命守っているのですから、目の前に守らないで平気な人がいたら、面白くないのです。

 

だから、「守るべきでしょう!」と非難します。

 

そんな自分が世間から外れた行動を取ってしまうと、どうなるでしょう。

 

どんな自分も受け入れて、寄り添いたいのですが、それどころではなくて、自分のことも攻撃してしまいます。

 

どんな理由であれ、人を攻撃する人は、結局、自分のことを愛することができないのです。

 

自分の中の『世間の常識』や『皆』や『普通』に縛られて苦しいなら、あなたはいつも人を、『常識外れ』とか、『変人』とか、『普通じゃない』と言って、裁いているということ。

 

『世間の常識』に振り回されるのは、もう止めたいと思うなら、あなたの常識から外れた人を、『常識外れ』とか『非常識』と言って、ジャッジするのをやめましょう。

 

そのジャッジがある限り、あなた自身のことも、人のことも、裁きます。

 

あなたの中にいる裁判官に、愛をたっぷり注いで、光に還ってもらいましょう。

 

人を裁くとき、わたしたちは、「わたしは違う」「自分はちゃんとしている」と、どこかに相手を見下して、優越感を感じているものです。

 

人を見下すことの怖さについては、先日記事に書きましたが、どんなに立派なことをしたとしても、そのことで人を見下すくらいなら、立派なことなどしなくていいのです。

 

ちなみに、周りの人たちと調和するために『世間の常識』や『皆』や『普通』を大切にすることと、優越感を持ちたいために『世間の常識』や『皆』や『普通』を大切にすることは、違います。

 

周りの人と調和するために、『世間の常識』や『皆』や『普通』を大切にする人は、ご先祖様の影響を受けていることが多いです。

 

昔は、地域の調和を大切にしていましたからね。

 

(今でも、地方では、地域の方の目を気にされる方がいらっしゃいますが、昔はそれが当たり前のことだったのでしょう)

 

ですので、周りの目を気にするご先祖様たちに光に還っていただくと、随分と楽になるようです。

 

話を元に戻して、自分の中に、優越感があるかどうかは、自分が一番わかります。

 

優越感があると、どこに行っても、「勝ち」なのか「負け」なのかを、無意識で比べます。

 

そして、相手に勝つと優越感に浸り、負けると劣等感を味わうのです。

 

もうそのシーソーゲームは止めませんか?

 

魂はちっとも喜ばないゲームです。

 

自分の中に、劣等感や優越感があると感じるなら、そこに愛をかけて、謝って、浄化していきませんか。

 

優越感も劣等感もなくなって、風通しの良い心になって、魂が喜びますように。

 

image

今日もきれいなお月様です。

 

今日も、心と魂に愛と光をいっぱい入れ、想いを溶かしてくださいね
神様の愛と光が、たっぷり注がれますように。
神様、今日もありがとうございました。


facebookソウル・セラピーのフェースブックページ


沢山の方に神とつながってほしいと ランキング に参加しています。
応援クリックありがとうございます。みなさまに感謝です。
人気ブログランキングへ

”天使のペット”

テーマ:

先日、セッションで天使ペットが出てきました。

 

飼い主さんの孤独や悲しみや怒りなど、様々な想いを引き受けて、寄り添ってくれるペットたち。

 

人生のピンチに現れる天使ペットは、短命であることが多いです。

 

そして、そのことを、自分のことで手一杯で十分に面倒を見れなかったからだと、自分を責めたり後悔している飼い主さんも多いです。

 

天使ペットは、飼い主さんがピンチから立ち上がれるようになると、お役目を果たしたとばかりに、天国に還っていきます。

 

だから、「ごめんね」よりも、「ありがとう」でいいのだと思っています。

 

そんなことを思いながら、フェイスブックで、以前書いた天使のペットのブログ記事をアップしたら、高橋ゆりこさんが当時の記事をリブログしてくれました。

 

ゆりこさんにも、人生のピンチに天使のペットが登場していたのですね。

 

今は、空前のペットブーム。

 

今の時代に必要だと、神様が、沢山の天使をわたしたちに送り込んでくれているように感じます。

 

人生のピンチを乗り越えるために、神様から送り込まれた天使ペット。

 

そう思うと、天使を送り込んでくださった神様に感謝。

 

セッションで天使ペットが出てくる度に、そばにいて、寄り添って、ただ存在するだけで、わたしたちに愛と癒しを与えてくれる、本当にありがたい存在だと感じます。

 

 
今日も、心と魂に愛と光をいっぱい入れ、想いを溶かしてくださいね
神様、今日もありがとうございました。


facebookソウル・セラピーのフェースブックページ


沢山の方に神とつながってほしいと ランキング に参加しています。
応援クリックありがとうございます。みなさまに感謝です。
人気ブログランキングへ