平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が夏の衆参同日選の可能性に言及したことについて「全く論外だ。鳩山由紀夫首相自身が決めることを他の閣僚が言うべきではない。内閣は一致結束して、この日本をどうするかということを考えるのが鳩山政権のあるべき姿だ」と強く批判した。 

【関連ニュース】
自民に「衆参ダブル」警戒論=党内引き締めの狙いも
公約修正を提案=「政治主導」に疑問-21世紀臨調
21日の党首討論を決定
鳩山首相、成算なく確約=「5月決着」ぼかす動きも
鳩山政権への対応、一層硬化へ=現実性なき「5月決着」に不信

遺体に多数の刺し傷、夫の行方は? 京都・伏見の母子殺人事件 (産経新聞)
明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」(産経新聞)
医療改革のグランドデザインを承認―日産婦学会総会(医療介護CBニュース)
衆院国交委が日航本社視察=経営陣「状況改善」と説明(時事通信)
情報公開法改正に着手=枝野行政刷新相が私案(時事通信)
AD