相模鉄道(横浜市西区)の男性車掌(28)が、磁気定期券の不正乗車防止システムを解除する方法で、今年3月までの約2年半、運賃の一部を支払わないキセル乗車を繰り返していたことが16日、分かった。同社は車掌を同日付で懲戒解雇する。
 同社の説明によると、男性車掌は自宅のある都営地下鉄志村坂上-泉岳寺間の6カ月定期券を2007年10月から購入。継続する度に、複数の同僚に磁気定期券の入出場記録を不正に操作させ、入場記録がなくても定期券でそのまま下車できるようにしていた。 

防災担当相が桜島視察(産経新聞)
民主の議連改革 「超党派」5割 主導権掌握(産経新聞)
首相動静(4月14日)(時事通信)
あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ(産経新聞)
AD