東京都文京区の椿山荘で8日から行われた第68期名人戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は9日、102手で羽生善治名人(39)が挑戦者の三浦弘行八段(36)を降した。第2局は20、21の両日、岩手県遠野市「あえりあ遠野」で行われる。

【関連ニュース】
【特集】将棋のページ
【動画で見る】緊張の中、始まった将棋名人戦 三浦八段が第一手
【動画】名人戦 前夜祭 羽生名人と三浦八段が抱負を語った
将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
将棋:王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利

<幸田町汚職>容疑の町議 弟から報酬、一部受領 (毎日新聞)
首相、「たちあがれ日本」の党名を論評せず(産経新聞)
工藤会会長宅を捜索=ビル発砲、関与の疑い-福岡県警(時事通信)
踏切信号故障?JR遅れ5万人近い影響 京都・大阪(産経新聞)
外国人参政権、慎重検討論相次ぐ=意見集約は見送り-知事会(時事通信)
AD