六単塾塾長の「ちょっと英語が楽しくなるアメブロ」

六単塾という英語学習サービスの塾長をやっています。英語がちょっと楽しくなるコツ・方法をメルマガやブログで書いています。最新記事をアメブロにてご紹介します。


テーマ:

学歴と頭のよさは比例しない


【まとめ】

・記憶をプログラム化するには2つの方法がある
・「使用頻度を高めること」「意味を持たせること」

・体にプログラム化されなければいずれは忘れる
・祐樹式暗記力養成講座では体への記憶プログラム化も視野にいれる

・脳を鍛える市販教材は、脳科学的に、ボケ防止には確かに有効
・だが能力を向上させるものではない
・よって記憶力の落ちた能力を活性化するものではない

 

■学歴と頭のよさは比例しません。東大卒の官僚が使い物にならないことが多いことからも明らかです。逆に学歴がなくても実社会に出たら圧倒的な能力を持っている人がいますよね。受験勉強ができたからといって頭がいいわけじゃないということ。極論を言えば、受験勉強を作っている人間自体、賢いわけではない。証明できない。

 

■脳科学といっても一から信じるわけにはいきません。前提条件を無視していることが多いからです。たとえば「クリティカルエイジ」という考え方があります。8歳~13歳で母国語としての言語の習得が止まってしまうという考え方です。ですがそれをそのまま信じるのは時期早々。生活習慣の前提条件を忘れているからです。

 

■クリティカルエイジ(8歳~13歳で言語習得能力が止まる)という考え方は、語学を既に習得しているから、それ以上語学を習得する必要がないから(生活のうえで)という生活習慣についての前提条件をまったく考慮していません。非常に穴の開いた仮説です。そして証明するためには多くのサンプル数を必要がいるんですね。


続きはこちらから

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

メモ:脳科学的に英会話をおぼえるとは


【まとめ】

・記憶には3段階ある
・「考えながら思い出す」「考えずに思い出す」「体が覚えてる」

・英会話は何も考えずに体で話せなければダメ
・体で話すとは、プログラム化されるということ

・プログラム化には「戦略的トレーニング」と「暗記」が必要
・よって英会話で暗記は絶対条件である

 

■さて記憶したいことを体にプログラム化する方法は2つあります。
「使用頻度を高めること」「意味を持たせること」です。逆に自動化されないものほど早く記憶から忘れやすい。忘れるようにできているのです。脳の記憶可能容量は決まっているのだから(将来拡張できたとしても、現時点の可能領域は固定です)。

 

■それ以上憶えるには忘れるか、体に憶えさせるしかないわけです。
そして実質、体に憶えさせるには体にプログラム化させればよいのです。ならば起動ボタン一発で勝手に動いてくれるわけですからね。祐樹式暗記力養成講座でいう「暗記力」とは、頭に効率的に大量の情報を残し体で呼び覚ますところまで遷移することを目標とします。


続きはこちらから

 

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

英会話を体にプログラミングさせよう


【まとめ】

・頭脳は生き残るためにエネルギーを保存したい
・頭脳は考えたくない
・記憶量は一定であり、新しいものがあれば古いものが消去される
・大事な記憶については、プログラムして記憶量を圧縮する
・頭脳はプログラムを体に指令することで記憶を呼び覚ます
・呼吸や徒歩で考えなくて済むのはそういう仕組みである

 

■つまり英会話も体にプログラム化されないとダメなんです。英会話も同じく体にプログラム化されて始めて完成する。つまり会話する内容は、「考える前に」既にプログラム化されている。要するに会話って、歩くのと、種類は同じなんですよ。歩くたびに、「右足を出して左手をあげて…」なんて考えるバカはいないでしょう?


■そう、英会話もプログラム化されてるんです。日本語の構成を考えながら日本語を話す人がいますか?いませんね。そう、人と人の会話中も、やっぱり頭脳はラクしてる。さぼってる。会話の「内容」については考えますけどね。頭脳も、会話の「内容」についてはエネルギーを消費しますよ。


■「こいつにはどんなことを言ってこらしめてやろうか」とか(笑)。「どんなことを言ってほめてやろうか」とか。こういう会話の内容については、エネルギーを使うしかないですけど。主語がどうたら熟語とか、文法なんぞに、大切なエネルギーを使うわけないです。その詳しい理由はまた述べますが。


続きはこちらから


AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

英会話で暗記力がだいじかを知るはじめのはじめの話


--------------------------------------------
■印象に残ったお話をします。
--------------------------------------------

英会話で暗記力が大事だ!ということをお話する前に、少し昔の話で印象に残ったお話をしますね。


「綾小路きみまろ」という芸人さんがいるのですが、彼が観客にこんなことを言ったことがありました。


「ねぇ奥さん。心臓はあなたが動かしているわけじゃないんですよ。あなたじゃないんです。【勝手に】動いてるんです!」


この言葉には非常に考えさせられました。


たとえば、我々は歩くとき、歩いている足を考えながら動かしているわけではないすよね。

勝手に動いている。


言葉を変えると「全自動で動かされている」わけです。


でも、頭脳活動をしているわけではありませんね。

歩くたびに「右足出して、左手あげて、、、」と考えていては疲れますから。


じゃあどうなっているのかというと、


手をどういうタイミングで出して
足をどういうタイミングで出すか

という公式、もしくは「プログラム」を動かしているに過ぎないんです。


続きはこちらから


 |  リブログ(0)

テーマ:

英会話力ってそもそも何?数字にできるか


日本人の多くが「英会話力をつけたい」と言ってるけど、英会話力って何?と思いませんかね?


力と言うからには「数字で」表現されるべきですね。

つまり定量的に表せないといけない。じゃなければ、その力が本当に「存在するか」「存在しないのか」を判別することができないからだ。


TOEICという試験の場合は、ちゃんとした「数字」がある。

数字によって判断することができるわけだ。

ただし判断できるのは、「TOEICという試験を解く力」であって英会話力とは似ても似つかないものだけどね。


実はTOEICのヒアリング試験だって、本当にヒアリング力を測れる試験なのかは疑問だ。嘘かと思ったらTOEIC問題集の「答え」を見てみればいい。日本語ですらひっかかるような問題が出題されているのが分かるだろう。ヒアリング試験で大事なのは、ヒアリング力ではなくて、試験問題にひっかからずに制限時間以内に解く力だけだ。


続きはこちらから


 |  リブログ(0)

テーマ:

英語やるなら暗記からは、「絶対に」逃れられない。


ボクは常に「暗記力」を重視している。


なぜなら、効率的にするには「暗記」が一番有効だからだ。

頭を使う時間も最小限で済む。


もし、時間を充分に与えられるとするならば、暗記以外の方法でもいいだろうと思う。しかし、残念ながら英会話というのは0コンマ何秒で繰り返されるシロモノだ。

とてもじゃないが、考える時間は「ない」。


英会話の場合、その場で論理的に考えていてはダメなのだ。

なんでも論理で解決しようとする人を「論理バカ」と言う。

「暗記バカ」の対照的な言葉だね。


英会話が実行される場所では、どうしても「暗記」に頼らざるを

得ない。それがここ10年研究してきて出したボクの結論だ。


コンピュータを考えてみよう。

コンピュータは年々進化しており、チェスの世界チャンピオンを

破るまでに成長した。しかもインターネットの台頭により、その記憶量たるやほぼ無限になった。ネットワークでつながっているからね。GOOGLEで検索すれば、1000万件の答えが0.1秒で出てくる。とてもじゃないが人間には太刀打ちできない。


続きはこちらから


 |  リブログ(0)

テーマ:

雑感:英会話上達したければ「無理」は言わないこと


サブリミナル効果という言葉をご存知だろうか? ちょっとは聞いたことがあるんじゃないかと思います。


サブリミナル効果というのは、ざくっとボクの解釈で言うと

「同じ事象を繰り返して与えられると、体がその事象に反応する」

効果のことを言う。


たとえば、昔、おもしろい実験があった。映画のいくつかのシーン中にコカコーラを飲んでいる音と画像を、挿入したんだよね。90分の映画なら100回以上は挿入されていたらしい。


で面白いのは、その映画を観た観客が、口々に「なんだかコカコーラを飲みたくなった」と言ったこと。ちなみにコカコーラを飲んでいる画像が表示される時間は、非常に短かった。人間の目には物理的には見えないはずだったらしい。なのに体が感知しているというのは面白いよね。


要は、繰り返し情報を与えられつづけると、人間の体はその情報を満たすように「できてる」ってこと。テレビ通販なんて、まさにそれだよね。何度も同じ広告を見せられつづけると、その商品を買いたくなるのは、あなたも経験はあるはずだ。


昔も今も、テレビ通販のやり口は変わってない。…ということは、絶対的に効果があるってことだよね。あれだけの広告費を投入してるんだから、効果がなければやるはずがないからだ。

また、夜中にするのがコツなんだよね。夜中は人間の脳は疲れていて判断能力が低くなる傾向がある。だから夜中にサブリミナル効果の広告をやるわけだ。


続きはこちらから


 |  リブログ(0)

テーマ:

英会話力を得ることによる特典


英会話力を得ることによる特典というのは計り知れないことをあなたはご存知だろうか?

いま、英会話ができたら何が嬉しいか? と問われると、意外と「んー。あまり必要ないし」と答える日本人が多いんだよね。確かに日本で生きていくことを考えれば、英会話力は絶対的ではないよね。自国語だけでも充分生きていけるしね。

でも、矛盾しているけど、英会話力を得ることによる特典は、英会話力を得た「後で」気付くんだよね。面白いことに、今英会話に不自由していないボクでさえ、年を重ねるごとに、英会話から受ける恩恵は次第に拡大している。

たとえば、「借金」について考えてみよう。普通、お金を貸した人って、お金を借りた人よりも立場が強いよね?これって当たり前だよね。民法でもそのように記載されている。

でも、この当たり前がワナだったりする。実は先進国で、日本だけなんだよね。日本以外の先進国では、皆、お金を借りた人のほうが立場が強いんだ。
そう、なんだか不思議だろうけれども、お金を借りた人のほうが法律で保護されているんだよね。それが世間(世界)の常識なんだよね。

日本の銀行がやる「貸しはがし」っていうのはありえないってことだ。
 |  リブログ(0)

テーマ:

雑感:英会話の長い話


最近いただくお話で多いのは、意外と読んでいない人が多いということです。会員でさえも、ですよ?具体的に言えば、英短文をワザワザ覚えているにも関わらず、後ろに戻って英単語を訳そうとしているような人が多いですね。これは初歩以前の問題です。


ボクがあれほど文法をやめなさいと言っているのに、聞き分けのないとはこのことです(笑)。それだけ日本の英語教育の呪縛が強いということなんでしょうね。

 

要するに既存とは全く違うことをしなきゃダメってことです。たとえば…


世の中には覚えていい単語と覚えてはいけない単語があります。アルファベットは覚えてはいけません。TOEICはやめなさい。英検ならやってもいいです。24時間勉強せずに144日間毎日10分学びなさい。外国2年間でダメなら日本にいるのと同じです。英会話学校より空港に行きなさい。


……とまぁ、ボクが教えるのはこういった、既存の方法とは全然違う方法です。意味分かんない人、多いんじゃないかな?実際、意味わかんないでしょ?そう、できない人には意味が分からない。


続きはこちらから

 

 |  リブログ(0)

テーマ:

英会話やりなおすぞ!初心者だけど英会話をやめずにやっていく方法


六単塾の祐樹です。こんにちは。読むと不思議と英語がグングンうまくなるコラムです。よろしければご参考にしてください。

 

【質問】

英会話をこれからはじめる、ほぼ初心者です。昔に学んだ英語は完全に頭から離れました。また止めてしまわないか不安です。英会話をやめずにやっていける方法を教えてください。

 

【回答】
外国人にあいさつすることからはじめるといいよ。

 

【解説】
英会話は「たのしかった!」という経験がだいじです。「たのしかった」という経験がモチベーションになるんです。特に初心者にとってはね。

 

それで英会話が楽しくするにはどうするか。

 

「外国人と楽しく話をした」経験が1度はほしいんです。すると次もやっていける。心が折れずにやっていけるよ。外国人と話すから、おもしろくてたのしいんだよね。日本人とじゃダメなの。「非日常」だから楽しくなるんだよ。


続きはこちらから

 

 |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。