気をつけて下さい

テーマ:

最近一般家庭に強盗や空き巣ねらいが大変増えています。内容も悪質になってきています。


外構工事や造園工事のご相談の中には必ずと言って良いほど、防犯相談が入ってきます。


防犯に対する対応について私ども外構工事や造園工事を提案・施工する業者の立場から少し書いてみます。


 建築住居侵入までの道路前から建築物までのオープンスペースをどの様にそれぞれの門・塀・アプローチ・ガレージ・

 

庭・他それぞれの用途を考慮した上で防犯を考えて行くかが課題であります。但し、建物の中に侵入されますと次に建    築側の提案となってきます。  


後日又建築内についても書いてみたいと思います。では、外構についての基本的な防犯について少し書いてみます。


 <外構の形態>


     オープン外構・・・・・・・・   一見進入が簡単そうであるが近隣・廻りの視線が大変気になり、侵入しずらい。

     (セミオープン)        しかし、裏側など目線の入りずらい場所には注意する必要があります。


     

      クローズ外構・・・・・・・   建物廻りを塀で囲んで侵入を難しくしますが一旦進入すれば高い塀が近隣の目

                       線をカットするために、建物への侵入が容易となります。



  <外構形態に対する防犯対策>  ・・・については次回に記載しますので是非観てください。

       

        


AD

高い塀

テーマ:

<外構形態に対する防犯対策>・・・少し期間がのびましたが、前回のつずきですヨ!


   クローズ外構・・・  前回のオープン外構のように敷地内に侵入して近隣から見える入りずらさと

               クローズ外構の塀の高さを高くすることによる侵入のしにくさをプラスすると

               高い塀であるが、向こうが見えるフェンスを用いれば解決ですね。

               但し、お庭などの敷地などのプライベートな空間はオープン外構と同様に

               プライベートの確保が難しくなります。

                

               そこで、如何にお庭の中にプライベートな空間創をするかが私たちの提案力となります。

               敷地内を全て外から見えるのに特に抵抗の有る方は目線を防ぐ高い塀となります。

               この場合、塀を乗り越えて進入した場合のことを考える必要がありますよネ。


               やはりそこには先のオープン外構に記載している様に光や音にて侵入者に

               対して威嚇する方法や忍び返しを設ける事を考えておく必要があります。

               敷地内に番犬として犬を放しておくことも一つの案ですよね!

               但し、お客様が来られたらビックリしますので注意の必要があります。


 

AD

照明から

テーマ:

前回の外構工事・造園工事防犯の続きを書いて見ます。


<外構形態に対する防犯対策>・・・前回の続きですよ!


  オープン外構 ・・・  近隣の目が届かない夜間など、留守をされていると進入しやすくなりますよね!

               夜間になると照明が自動的に作動したり、最近では熱センサーライトにて

               進入者の熱を感知して照明が進入者へ向けて作動したり、点滅やアラームまで

               出る照明器具が多数出ています。

               考慮の余地が大変大きいです。

               又夜間になれば、センサーを利用して室内(台所・居間・トイレなど)の照明も 

               留守宅でも動作出来ればいいですよね。

               (電気屋さんやハウスメーカーさんと相談して見て下さい)

 

                


AD