造園や外構デザインとは?

テーマ:

造園や外構のデザインとは?

何か以前から疑問を感じています。なぜならどこの業者も同じ様な


仕上がりが多くなっています事や、メーカーが作った流行の商材を

我先に使用してあたかも自分が見つけてデザインに取り込み新しい

提案の様に設計や営業で見えてくるところにあります。こうしたことは


お客様のご相談の際に他社様の提案図面を拝見させて頂くときなど

特に感じます。しかしこの様なことが決して悪い事ではないのですが、


何故か寂しいです。

私は造園設計や外構設計をするには、造園や外構の基本的な知識

(歴史・思想・法的な知識・デザイン知識・素材知識・技術・他)から更

に豊富な経験知識をそこへ加味し、お客様のご希望に沿った提案を

設計者の知恵を働かすことによって初めて提案されることだと思って

います。

私個人は工業高校で土木科、大学では造園を専攻してきましたが、今

でも勉強中です。現役中はずーと勉強中と思っています。

周防 清




AD

今日も天気が気になります。

朝から外構リフォーム工事の見積り書と図面の内容確認を3件、今から

神戸市北区のY様邸まで担当の営業者と共に現場確認(リフ-ム工事な

ので汚水配管や枡の移設相談の設備業者さんも含めて)に行ってきます。

前回のブログでも書きましたように、地中内の見えない部分の配管などは

注意して予測しておき、今回のように私達の方で設備工事業者さんとも横の

連絡を取り合って最善の方法をお客様に御提案させていただくことが大切

です。安心した施工と提案そしてオンリーワンなデザインを御提案させてい

ただき、結果喜んでいたでければ創園舎としても大変うれしいです。


ガンバッテ行ってきます。・・・・・・・・周防 清

AD

今日は朝から箕面市のY邸へ現場確認にいってきました。セッパンポートのワイドカーポート


設置確認と既存の土間下の暗渠排水を見てきました。カーポートは予定通りでしたが、排水の

の方は集水会所廻りを掘って調査しますと、暗渠排水パイプ(VU100) の中に周辺の木々の

根っこが進入して完全にパイプの中をふさいでいました。よって今回追加工事となりますがY様

のご了解を得て新たに排水工事を行なうことになりました。

外構リフォームや造園リフォームなどの工事をしていますと、当初ではわからない事も工事する

中で色々と問題点がよく見えてきます。今回は工事前に集水会所の状況がおかしいとY様よりお

聞きしていましたのでパイプ内に何かが詰まっているか、パイプに破損があるなど考えられます

ことを事前にお伝えしていました。よってY様へは現況を見てもらいすぐに了解をして頂きました。

リフォーム工事では目に見え無い重要な部分が発生することが多々有りますので十分にリフォー

ムする業者さんと御話合いが必要です。もし提案に対して疑問がありましたら、創園舎までご御気

軽にご相談下さい。

当然ご相談料金は必要有りませんのでご安心下さい。 ・・・・・・・・・・ 周防 清

AD