今日は 朝から外構工事中の私の現場を2件確認と指示に行って

先ほど帰社したところです。

帰社後1時間程の間で3件ほどの見積り、相談以来が入って来ま

した。1件はTOEXの自然浴エクステリアのココマシリーズ、2件

は貸し駐車場の電動シャッターについての相談、3件は個人の駐


車場(3台ガレージ)のご相談で顧客様よりのご紹介です。

5月29日(土)・5月30日(日)の2日間に渡ってTOEX大阪ショールーム

にて造園・外構工事などエクステリア工事の無料の相談会をTOEX様

と協賛でさせて頂きます。お気軽に御越し下さい、広い駐車場も御座い

ます。

顧客様よりのご紹介を頂きたい変有り難いです。創園舎では工事の完

両をしましてから永い御付き合いを顧客様として大切に御付き合いさせ

て頂いておりますのでご安心下さい。

    お客様へ・・・・・大変有難う御座います。これからも宜しくお願い

             致します。      周防 清

AD

和モダンの庭園創り!

テーマ:

今晩は 今日は午前中に東大阪市のH邸リフォーム造園工事中の

現場に金物職人さんと事前打ち合わせをして来ました。

造園工事はモダン和風の提案にて設計され現在施工中ですが、

今回既存の塀(H2400程・上部に丸瓦・壁面は杉皮貼り)の杉皮が

古くなって居る事もあって、杉皮を撤去しその後にTOEXの新材の

デザイナーズパーツの壁面用を利用(今回の打ち合わせの職人さんの仕事)

して和モダンの雰囲気を出せればと考えています。又既存の植木や石材


を最大限に利用して面白い雰囲気を作り出す事をもくろんでいます。・・・・

完成後には創園舎のホームページで公開しますので待ってて下さい。

6月の上旬に完成予定です。

  和モダンの庭園創り他の庭園工事と違った意味で楽しいですよ。

                 周防でした。


AD

今日は 朝早くから今外構工事中の現場へ材料の納品確認

と、仕上がりの高さの打ち合わせ、今帰ってきたところです。


昼からは川西市の地元のリフォーム外構工事の見積り依頼の

H邸へ見積もりを届に行きます。更に東大阪のH邸へ左官事

の打ち合わせ・・・帰社後書面のチェックと新規の新築外構の

依頼の豊中市のN邸の図面を設計担当者との打ち合わせ・・・

・・。

今日はお天気が晴れていたので現場での行動がスムーズに

運んでいます。

今日の材料は滋賀県から下の道を通って3時間かかって朝の

8時30分に現場へ到着したそうです。・・・大変ですよね。高速

料金もバカになりません。それぞれの職種で皆ガンバッテいます

よね。・・・・・私もがんばらネバ!   周防でした。



AD

今日は大変良い天気でしたね。


朝から西宮市のS邸へ外構リフォームの現場確認、お昼からは


東大阪のH邸のリフォーム庭園の排水設備と石積みの状況確認


へ行ってきました。


夕方は 豊中市の新築外構工事営業中のN様にご来店して頂き


建物の修正の資料を頂戴いたしました。某有名ハウスメカーにて


ご計画でほぼ決定とのことでした。


ナチュラルなアールのラインのあるセミオープンのご希望で建物も


含めたトータルなイメージでデザインの提案のご希望です。


後日の5月29日又は30日にTOEX大阪ショールームにて創園舎の


ワイワイキャンペーンの無料相談会にて今回のご依頼の完成した


提案図面等をみて頂くことになりました。


   N様へ喜んで頂ける様にガンバリます。宜しくおねがいします。


   

   お客様に喜んで頂ける事は私もうれしいです。・・・・・・周防でした。



今晩は 今日は雨の中でのS邸の外構リフォーム工事の状況の確認に行きました。

道路の勾配がきつく車の乗り入れがきびしい現場では机上の計算だけでなく現場


にてさらに確認の必要があったからです。

我々エクステリアの工事を行う者にとってはこの様に現場にて調整確認をする場合

が大変多いので現場担当者は如何に調整対応を出来るのかその能力を問われま

す。使用材の商品知識・現場のあらゆる敷地状況・施工の知識・経験など総合的な

角度からみて現場担当者は現場判断をくだす事となります。・・・責任重大!です。


さて今回は創園舎の5月のキャンペーンを見ていただけましたか?・・・まだ?

造園の植栽計画に大変御徳ですヨ!是非創園舎のトップページからみて下さい。

今日は 咳が止まらず少し熱っぽいかな?・・・早めにこれから帰宅します。

                              ゴメンナサイ・・・・周防でした。

    



今晩は 5月の連休はどうでしたか?

私は3日間ほど休みを取れ最後の5日に京都国立博物館へ

没400年の長谷川等伯の絵を観に行きました。・・・・感動!大変感動!

長谷川の時代を追って絵の展示がなされておりその時・その時代の

等伯の気持ちがこちらに伝わる様でした。

金箔と色彩豊かな色使いとダイナミックな松などの老木などは当時の

狩野派のこれでもか!といった迫力だけでなく華やかさを感じました。

しかし右腕である息子の永徳(当時26歳)を亡くしその後に書いた涅槃の

絵(大きくてビックリ!)をみていると父親として子を思う特別な気持ちが

私も同じ歳の息子がいますので心の中に感じ入るものがありました。

その後元々水墨画に大変興味を持っていた等伯の絵は色の世界から

離れ黒と金箔の絵の世界(水墨画で金箔を使ったのは等伯が最初との事)

を描き、最後の展示画では更に晩年の究極の絵は中国の水墨画の山水画

とは異なった長谷川等伯の水墨の世界の極みの絵を見せもらいました。

大変ここでは言い尽くせぬ感動を頂ました。

今回は現場報告は無しです。明日からまた報告します。

    等伯絵を見て大感動の・・・・・・周防でした。