先週の水曜日の定休日に社員の皆なとまえのブログに書いていました様に秋の京都の社寺庭園見学と食学に行ってきました。 始めに桂の近くにある一休禅師修養の寺の地蔵院へいきました。なかなかの穴場で背の高い孟宗竹の竹林、通路や足元周りでは地被として沢山の苔が茂っており、なんともいえない空間(遠い昔から変わらない時間が止まって入る様な空間)として感じさせてもらいました。見学者もここでは少なく、中庭では部屋の床にゆっくり座って見学しました。周りからせかされて見るのではなく心もゆっくりとお庭を眺めると自分自身が過去の時代へタイムスリップしたかのように庭と溶け込んだようでした。

 さて、次はダイエット中の私にとっては大変・大変辛いことですが、仕方なく予約をしておりました京都の大変美味しい創作料理をみんなで頂くことになりました。これも又致し方なく食学の為と思い他の方の分も少し頂ましておおいに勉強に(お腹いっぱい!)なりました。

 食事をおえてエネルギーを充電した後は南禅寺方面へむかいました。南禅寺近くでは天授庵を先に参拝して、東庭の枯山水を見学、枯れ水として砂利が敷かれ波文様が描かれその砂利の白さと紅葉した周りの木々のコントラストがあでやかに秋の深みを先の地蔵院とは別の異なった空間に感じました。

 南禅寺では人が多くて周りも薄暗くなってきて今にも雨が降りそうでした。以前にも見学をしており三門・本堂・疏水・お庭をぐるっと一回りしてきました。疏水は130年まえに工事を行い今も上水道の水源として利用がなされているとの事、このレンガで築かれたアーチ式の橋梁に流れる綺麗な水もその姿も700年前から存在するこの南禅寺の景観に対して長い時間・年月がそうさせたのか?違和感の無く昔からそこに在った様な自然感の中に存在しているかの様に感じさせます。

 

 以上で今回の旅は完了です。平日の水曜日だというのに穴場の地蔵院以外は何処も見学者がいっぱいで、これでは週末・日曜の京都への見物旅行は人ごみで大変だと思うしだいです。道路も車が多いので、もし京都へ行かれる際は車で移動せず、電車を利用する事をおすすめします。

        では・・・・長くなりましたが。報告完了とします。   有難うございました。   (周防)

AD

お客様とご一緒にエクステリアプランやガーデニングプランの夢と思いを【手書き図面】にこだわって表現し現実へと築き上げるお手伝いをさせて頂いています創園舎の周防です。


 大変ご無沙汰しておりました。当ホームページ改正の為と言い訳し、実際はズルしてました。スンマヘン!。本日より身も心も入れてガンバッテブログ記載しますので、今後とも宜しくお願いします。

さて、前回のブログより2ヶ月ほど経た今日、会社の窓から外を見渡すと小雨の降る曇り空で何か物悲しい冬の雰囲気が感じられ、下を通る人達も笠をさして背を丸める様に歩いている様にみえます。

 さて、この様な状況下、11月18日(水曜日・定休日)に当社の社員さんと皆で京都へ社会見学と美味しい物の食学へ行ってまいります。私としましては只今ダイエット中ですが、食学の為泣く泣く致し方なくこの日に限り解禁日とする所存です・・・・・?。この結果報告は勉強会の終了後にまたこのブログで報告させて頂きます。


AD