造園提案と勉強会

テーマ:

兵庫・大阪と近郊の府県で外構工事・造園工事の提案設計から施工まで行っています創園舎の周防です。今回のブログは当社の社員についてごく簡単に書いてみます。トップページのスタフブログを見て頂ければそれぞれの個性が読み取れると思いますので、ここでは当社の社員さんの意気込みをかいてみます。会社への思いは人一倍・二倍・三倍にも誰にも負けないと言った意気込みで創園舎をメジャーに大きくしたいと同時に自分自身もこの業界で大きくなって認めてもらいたいと言った前向きに考えて行動しています。                                                    我々の取り扱う商品は完成品を売っているのではなく外溝工事や造園工事等の提案から見積り着工・竣工となって、完工検査を終わって始めて商品となるものです。よって自分たちが世間に認めてもらうための基本は如何にお客様に喜んで頂いたかと言った事の積み重ねであることと、更に自分自身どれだけ勉強(専門は当然です。)しているか?新しい情報を得ているかが自分を大きくするこになります。その事はお客様にとっても更に良い提案と商品の提供につながり、会社に対しても大きな力となります。

創園舎では庭組曲メンバー(全国の中でこうした共通の考えを持った特殊メンバー組織)で色々と設計や、施工などあらゆる角度で勉強会をしています。今回は設計について、大変著名な3人の先生のご指導の下で勉強をし、庭組曲メンバーも互いに情報の交換をしあっています。・・・・・社員さん達も作図に対しての評価や個別修正を特に楽しみにしているようです(通常では出来ない勉強をマンツーマンの様に対応しての勉強なので、より濃いものとなってます)。

これからも創園舎が存続する限り勉強と情報の収集は常に取り組んでいくことであり、その横にはお客様が在る事を忘れないことです。自己満足はだめです!・・・・・この様な姿勢で当社の社員さん達と私はこのエクステリアに取り組んでいます。

AD

兵庫・大阪と近郊の府県で外構工事・造園工事の提案設計から施工まで行っています創園舎の周防です。

前回は自己紹介でしたが今回は簡単に会社紹介を書いてみます。当社はエクステリアの御相談から設計・提案・施工まで一環して一般のお客様よりご依頼・受注を受け賜っております会社です。会社のコンセプトはエクステリアとは機能を持ったアートなものであって、人の五感の一部又多くに感じるものでなければならないと言う信念を持ってご提案する会社であるところにあります。

当社は上記の思いと共に、お客様の思いをアートな感性を持った当社の提案・設計者がこだわりの手書き図面(絵)によってお客様といっしょにその夢を現実のものへ創りあげています。

私個人として、当社はエクステリア業界の中でのオートクチュールな会社でありたい思いです。



AD

私紹介・・・・!

テーマ:

 兵庫・大阪と近郊の府県で外構工事・造園工事の提案設計から施工まで行っています創園舎の周防です。

 最近ブログから少し離れていましたので、これでは自分紹介、会社紹介、?紹介にならないナ・・・・と思い、最低月に2回以上、土曜日に書くのだ!と自分自身にも社員皆にも報告しました。以前からかきまっせ!と言って書けていないので、今回おおやけに言った限り書き込みをしなければこの男前の顔が立ちません。・・・・・ガンバラネバ!。

それではまず始めに私の紹介をします。私は写真のとうりの者(・・・物ではあいません)ですが、写真の写りが悪く申し訳ありませんがハンサムに写っておりません、このこと全ての責任は撮影者である堀江さんの腕の悪いの一言です(・・・だよね?)。しかし頭の頭髪がうすくて明るく写っている所は、性格と同様に表現していると思われます。

私のこの業界での経験は大学で芸術学部・造園学科を卒業してから32~33年程になります。年齢は40

過ぎです(本当ですヨ!)。卒業後まだエクステリアと言った言葉も全くなく、造園屋さん・植木屋さん・外柵工事屋さんなどと言った言葉で呼ばれていました。国内の外柵の門扉やフェンスも2~3種類程度で素材もスチールの黒塗りでした。今ではメイカーも多く有り・商品群も多岐にわたって、これでもか!と言うぐらいいっぱいありますよね。又当時の造園工事は、和の庭園がほとんどで、洋風の庭は少なかったくらいです。しかし15~20年前にブームになったガーデニングが今のエクステリア産業に大きな火付け役となりました。このようエクステリアの歴史の中で育ってきた私ですが、意識はまだ若手(苦手ではありません!)ですし知識も誰よりも富(飛ぶでなく・・・??)でいます。・・・・・・ボケの始まり?(社員が言っています。)・・・つらいです。・・・・しかしガンバリマス!ガンバッテいます!。  宜しくお願いします。     

次回は会社紹介をば・・・・・してみます。

AD