地球温暖化パートⅡ

テーマ:

兵庫・大阪と近郊の府県で外構工事・造園工事の提案設計から施工まで行っています創園舎の周防です。

 先日のブログにて地球温暖化の不安について書いた後、当日夜遅く帰宅途中の車中のラジオ放送の中、日本の大学・企業の協同研究開発の中で、空気中の二酸化炭素に水素と他の化合物(?)を合わせることによって、プラスティックを新しく作ることが可能となったようです。これが近い将来に広く実現するようであれば、化石燃料である石油から作るのでなく空気中の二酸化炭素を使用するので地球温暖化にたいして、ほんの少し歯止めが出来るのかも?・・・・・・このように人間は知識・智恵の向上をはかって新しく環境問題の解決策を生み出しています。しかし現実の環境破壊は、複合汚染から発生しているためにプラスティックだけでなくあらゆる分野において、早急の取り組みが要求されます。環境破壊に対してその緩和対策が送れない事を、研究され実践されている方達に切にお願いします。私たちも今出来る身近なゴミの仕分けやガソリンの無駄使いを確実に行動していきましょう。電気の無駄使いもネ。・・・・本当にガンバラネバ!

AD

地球温暖化!

テーマ:

兵庫・大阪と近郊の府県で外構工事・造園工事の提案設計から施工まで行っています創園舎の周防です。しばらくご無沙汰しておりました。勝手にブログに夏休みを頂きました。やっと休みが明けこれからガンバッテ書いていきます。乞うご期待下さい。・・・・?。

 この夏は地球温暖化を体全体で体感した思いです。これからの日本の気候はどうなるのでしょうか?

私たち植栽に携わる造園家としてはこれからの日本の気候が亜熱帯気候へ変化していくことに対して大変不安な思いです。それは庭の植栽計画に大きく関わってくるからです。日本の四季折々の変化を楽しむ庭に対して、亜熱帯気候の高温・多湿の気候がどのよう日本の生態に影響を及ぼし、植生に変化をもたらすのか創造がつきません。どうすればよいのでしょうか?・・・・次回のブログにて少し思いを書いてみたいと思います。 

 

AD