気をつけて下さい

テーマ:

最近一般家庭に強盗や空き巣ねらいが大変増えています。内容も悪質になってきています。


外構工事や造園工事のご相談の中には必ずと言って良いほど、防犯相談が入ってきます。


防犯に対する対応について私ども外構工事や造園工事を提案・施工する業者の立場から少し書いてみます。


 建築住居侵入までの道路前から建築物までのオープンスペースをどの様にそれぞれの門・塀・アプローチ・ガレージ・

 

庭・他それぞれの用途を考慮した上で防犯を考えて行くかが課題であります。但し、建物の中に侵入されますと次に建    築側の提案となってきます。  


後日又建築内についても書いてみたいと思います。では、外構についての基本的な防犯について少し書いてみます。


 <外構の形態>


     オープン外構・・・・・・・・   一見進入が簡単そうであるが近隣・廻りの視線が大変気になり、侵入しずらい。

     (セミオープン)        しかし、裏側など目線の入りずらい場所には注意する必要があります。


     

      クローズ外構・・・・・・・   建物廻りを塀で囲んで侵入を難しくしますが一旦進入すれば高い塀が近隣の目

                       線をカットするために、建物への侵入が容易となります。



  <外構形態に対する防犯対策>  ・・・については次回に記載しますので是非観てください。

       

        


AD

高い塀

テーマ:

<外構形態に対する防犯対策>・・・少し期間がのびましたが、前回のつずきですヨ!


   クローズ外構・・・  前回のオープン外構のように敷地内に侵入して近隣から見える入りずらさと

               クローズ外構の塀の高さを高くすることによる侵入のしにくさをプラスすると

               高い塀であるが、向こうが見えるフェンスを用いれば解決ですね。

               但し、お庭などの敷地などのプライベートな空間はオープン外構と同様に

               プライベートの確保が難しくなります。

                

               そこで、如何にお庭の中にプライベートな空間創をするかが私たちの提案力となります。

               敷地内を全て外から見えるのに特に抵抗の有る方は目線を防ぐ高い塀となります。

               この場合、塀を乗り越えて進入した場合のことを考える必要がありますよネ。


               やはりそこには先のオープン外構に記載している様に光や音にて侵入者に

               対して威嚇する方法や忍び返しを設ける事を考えておく必要があります。

               敷地内に番犬として犬を放しておくことも一つの案ですよね!

               但し、お客様が来られたらビックリしますので注意の必要があります。


 

AD

照明から

テーマ:

前回の外構工事・造園工事防犯の続きを書いて見ます。


<外構形態に対する防犯対策>・・・前回の続きですよ!


  オープン外構 ・・・  近隣の目が届かない夜間など、留守をされていると進入しやすくなりますよね!

               夜間になると照明が自動的に作動したり、最近では熱センサーライトにて

               進入者の熱を感知して照明が進入者へ向けて作動したり、点滅やアラームまで

               出る照明器具が多数出ています。

               考慮の余地が大変大きいです。

               又夜間になれば、センサーを利用して室内(台所・居間・トイレなど)の照明も 

               留守宅でも動作出来ればいいですよね。

               (電気屋さんやハウスメーカーさんと相談して見て下さい)

 

                


AD

相談会にどうぞ!

テーマ:

4月30日に神戸市内のABCハウジング協賛にて外構工事や造園工事の無料相談会を創園舎が行う事になりました。


今回、神戸方面にての相談会は始めてです。これを機会にもっと多くの皆様に私ならびに創園舎を知っていただければ幸いです。


詳しいご案内は創園舎のホームページにて記載していますので御覧下さい。

お待ちしています。


<創園舎HPアドレス  http://www.souensha.com     >

ガラスと照明で変化を!

テーマ:

 最近、外構工事や造園工事にガラス(強化ガラス)を持ち入る事が流行りつつあります。


創園舎としましてもオリジナルなガラス門柱など以前から提案しております。


 ガラスを扱う事は今までに無い新しい感覚の門・塀が出来る事と、そこへオリジナルなLED照明を配置して更に


夜間の光アート感覚としてエクステリア&ガーデンの外部空間創りを演出します。


 シンプルモダンな中にビビットな感覚としてガラスにデザインを入れ込む事も良し、


ポストモダンとしてアールヌーボ調にデザインされるのも楽しくなりますね。


更にそれぞれにオリジナルLED照明によって夜間の照明効果を楽しくするのも素敵ですネ!


 素材の色々な楽しみを創園舎提案しています。・・・・・コマーシャルでした。(HPのぞいて見てください)


創園舎HPはhttp://www.souensha.com

しばらくブログを休んでおりました。


これからは又ガンバって書き続けます。


新しい情報が入ればドンドン書いて行きたいと思っております。


 外構工事や造園工事の相談依頼者様には 事前に予備知識を持って相談すると


自分の思いを伝え易くなりますよ。又相談者も要点が得易く的確に提案出来ます。



 ではどの様な予備知識を持つのか?どの様な所から情報を保つのかは簡単に下記に箇条書きして見ます。


  <どの様な予備知識を持っておくのか?>


   ① まず、新築やリフォームの場合であっても建築の建物の雰囲気(和風・洋風・和洋風)・壁面・屋根・窓のサッシ

     ・玄関ドアetcの素材とカラーは知っておいて下さい。          

 

      ※ この事はこれから打合せに入る場合、全体イメージを行うにあたり、外構・造園工事イメージ創りと素材と

        カラーを決めるのに大変重要となるからです。

 

 

   ② 次に、利用の方法において門塀・庭・ガレージをどの様にしたいか?

     例えばオープン外構?セミオープン外構?クローズ外構?洋風庭園?・和風庭園?和洋風庭園?

     何台車庫?屋根は?自転車は?など敷地の限られた広さの中から上記の内容を織り込む訳ですから。

     上記のイメージと違って実質的な問題は先に決めておく必要があります。

   

      ※ 上記は書店にてエクステリアやガーデン、外構と言った内容で参考書籍が多く出ていますので

         先に読んでおく事をお勧めします。大変参考になりますよ!

         (当社も記載されている諸本がありますのでHPの中にて案内を見て下さい。)


    ③ その他色々の事項がありますが相談の際に敷地図や建物配置図・建物立面図・敷地高低図など

       現況の分かる図面があればもっと詳しく打合せが可能です。

        

      ※ 上記の内容がわかれば提案図面製作 にあたり、詳細を知って3D上の納まりを確認する事が出来ます。


創園舎HPはhttp://www.souensha.com